テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年9月20日(水)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。半年前に離婚した元妻から経済的理由で復縁の申し出。6年前にも離婚し復縁。もともと、離婚するつもりはなかったが、三度目があるかもと思うと躊躇してしまう。離婚理由は元妻が家事をしない事を指摘した事。子育ては、まるでペットを飼うような可愛がり方で、現実の適応能力のない元妻、本能衝動で行動と加藤諦三。どうすべきか?
加藤諦三氏の〆の言葉『愛と意思とは相関しています。この相互性が壊れた時に人間は破滅します』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:44歳男性 半年前に離婚(2度目) 元妻と3人の子供あり

もしもし?(加藤諦三)

あ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい、お願いします。(相談者)

はい、じゃあ、最初に、年齢を教えて下さい。(加藤諦三)

・・

はい、40・・4です。(相談者)
44歳・・(加藤諦三)

え・・独身ですか?結婚してますか?(加藤諦三)

ぇ、独身です、はぁい・・(相談者)
独身・・あのぅ・・離婚して今独身?それとも、ずーっと独身、どっちですか?(加藤諦三)

半年ぐらい前に、離婚しました。(相談者)
半年ぐらいに・・前に、離婚ですか・・(加藤諦三)
・・
で、あのぅ・・(加藤諦三)

その時・・お子さんは?

・・

は、ぇ・・三人、います。(相談者)
三人・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
この三人は、そうすると、あの、別れた奥さんの方に、今、行ってるんですか?(加藤諦三)

はい・・そうです。(相談者)
そうすると、あなた、今、一人で生活しているわけですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、わかりました。それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

別れた妻から度目の復縁申し出

えー、その別れた・・え・・妻と・・え・・また・・(相談者)

ぃ、一緒に暮らすっていう話しで・・(相談者)

迷ってるんですけど。(相談者)
・・
向こうの方は、あの・・(相談者)
あの、一緒に・・はや・・(加藤諦三)

ぁ、暮らそうって話しは、向こうから出たんですか?あなたの方から出たんですか?(加藤諦三)

向こう・・収入の面で、で・・向こうの方が、やっていけない感じなんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

じゃあ、もう一回、一緒に暮らそうって・・(相談者)

いうふんな感じ・・(相談者)
ぁぁ・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
なるほどねぇ。(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

離婚の理由は、なんですか?(加藤諦三)

ま、家事とか、そういうのを全然やらないんで、僕があのぅ、頭にきて・・(相談者)

あっ・・奥さん・・(加藤諦三)
物を壊したりとか・・(相談者)

で・・(加藤諦三)
で、それに対して・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そういう人とは、暮せないみたいな感じの・・かん・・なってきまして・・(相談者)

それで奥さんの方から、別れたいというふうに、言い出したわけですね?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

で、それもね、ろく・・二回目なんですね、同じ・・離婚したのが、六年前にも・・(相談者)

ほぅ・・(加藤諦三)
同じように・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)
「出て行け」・・って言ったら、もう次の日、離婚届け書いて、提出して出て行っちゃったっていうのもあったんですね。(相談者)

はあ、ぁぁ・・(加藤諦三)
・・
ええ・・だ、同じ人と、二回目・・やって・・(相談者)

また籍を入れるか・・っていう、話しになってるんですが。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

ま、僕は別に、あのぅ、もともと、別れるつもりなかったんで、向こうが、プイっと、出て行っちゃった感じだったんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ええ、だから・・このぅ・・実際こう、また・・(相談者)

・・

あのぅ、籍を入れるにあたって、また・・(相談者)

出て行ってしまうっていう・・(相談者)

そういう・・二度あることは三度あるじゃないですけど・・(相談者)
は・・はい。(加藤諦三)

ええ・・そういうのを、ちょこっと・・(相談者)

どうしたものかな?・・と、子供だけ、こう・・(相談者)

上の二人は大きいんで、下だけまだ、小学生なんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

あのぅ、下の子だけでも、引き取って・・とも、思ったんですけど・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

兄弟、別れ離れ・・にするのも・・やっぱり・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
ちょっと、可哀想だな・・っていうのが・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

・・

で、あなたから見ると、奥さんはこれ、変わらないですね?(加藤諦三)

・・・

変われないと思うんですけどね。(相談者)
・・
ええ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・恋愛結婚でしょう?もちろん。(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)

・・・

出来ちゃった結婚

この結婚する、前は・・(加藤諦三)

どうだったんですか?(加藤諦三)

六年ぐらい・・付き合い・・して・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それから・・籍入れたんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん。(相談者)

・・

ちょっと・・だから・・煮え切らないで・・(相談者)

結局・・(相談者)

子供できたんで・・(相談者)

入籍したって形を、とったんですが・・(相談者)

要するに・・(加藤諦三)

きちんと自分の意思で・・(加藤諦三)

結婚しているとは、いうんではないんですね、最初っから。(加藤諦三)

ええ、ちゃ・・迷ったところは・・かなりありました。(相談者)

・・・

とにかくその場が・・(加藤諦三)

・・

あのぅ・・気持ちが、気が済めば・・後先の事は考えないという・・(加藤諦三)

あ、そうなんですねぇ。(相談者)

そうですよね。(加藤諦三)
ええ、その通りです・・ええ。(相談者)
ですから・・(加藤諦三)

・・・

自分の意思というよりも、その時の感情だけで、全部、動いちゃうと・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)

ペットを飼うような子育て

そして、子育ては、そうすると・・大変だと思うけれども・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
育てられてるわけですか?きちんと?(加藤諦三)

いえ、自分一人の力ではやっぱり、できてないです。(相談者)

僕から見ると・・はい。(相談者)

金銭的にも・・(相談者)

教育的な、そういう考えも・・(相談者)

そして、あの・・(相談者)
ないですね。(加藤諦三)

ペットみたいな感じで・・可愛いいから、「かわいい、かわいい」・・って言って。(相談者)
うん。(加藤諦三)

こう・・ご飯を、餌のようにあげてる・・みたいな感覚で・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう、生き物を育ててるっていう・・ふうな感じだったら、やっぱり・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
まぁ、なんとなくは、やれてるんでしょうが・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

うん、子供、育ててる・・っていう・・(相談者)
・・
僕の中での概念ではないんで・・(相談者)
ないですよねぇ。(加藤諦三)

ええ。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

・・

でぇ・・(加藤諦三)
で、心配になっちゃって・・ええ。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

・・・

・・・

それで、まぁ、あなたの側としては・・(加藤諦三)

・・

もう一度、結婚するのか・・(加藤諦三)

それとももう、このままで・・(加藤諦三)

・・

なんとか子供の・・(加藤諦三)

・・

ぉ・・成長を・・離婚した形のままで、続(つづ)・・あのぅ・・(加藤諦三)

・・

子供を、育てるっていうか、奥さんが育てるのを、サポートするか?・・っていうことですよね?(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)

今日はあのぅ、スタジオにですね・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるので・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク