テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年3月3日(土)は、加藤諦三&塩谷崇之。30年前に夫から会社を引き継ぎ社長となる。お金が欲しい、欲しいと言ってくる最古参のパート従業員の言うがまま、貸したお金が積もり積もって300万円。それ以外に、給料日前にお金がないと借りに来る。お金を借りているとメモ書きのように書いているが、いつ返すのか?と迫ったところ、会社を辞めると言う。貸したお金をどうやって返してもらえばいい?
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:82歳女性 夫は30年前に他界 娘三人は嫁いで一人暮らし 飼っているトイプードルの世話で娘が行ったり来たりしている 夫から引き継いだ会社の社長 現在の従業員8名

もしもし?(加藤諦三)

・・

はい?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

・・

はい。(相談者)

すみません。(相談者)
はい。(加藤諦三)

最初に・・(加藤諦三)
おねがいしたい・・はい?(相談者)
はい・・(加藤諦三)

最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

わたくし?(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

もう、82歳です。(相談者)

はい。(加藤諦三)

今、結婚して・・ます?(加藤諦三)

はっはっ・・おかしい・・(相談者)
ご主人はな・・はい?(加藤諦三)

もう・・(相談者)

三十年前に亡くなりました。(相談者)

あっ・・そうですか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そうすると今・・お一人で暮らしてるんですか?(加藤諦三)

・・

ええ、娘三人いるんですが、もう、三人共、お嫁にまいりまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

今、一人ですが・・(相談者)

最近いったのが(おそらく、最近嫁いだ娘という意味)、行ったり来たりしております。(相談者)

・・

・・

ぁ・・あのぅ・・お嬢さんの・・三人の中に、お一人が・・行ったり来たりということですか?(加藤諦三)

・・

・・

あのぅ、わんちゃんがいるもんですからねぇ・・(相談者)

ああ、わんちゃんが?(加藤諦三)

うんうんうん・・(相談者)
すると、わんちゃんの世話で、娘さんが時々、来るんですか?(加藤諦三)

・・

・・

そうそうそうそうそう。(相談者)
ふぅーん・・(加藤諦三)

わんちゃんは何?・・小型犬?大型犬・(加藤諦三)

・・

・・

いえいえ、トイプードル、お家の中の。(相談者)

ああ、そうですか。(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

わかりました、それで・・どんな相談ですか?(加藤諦三)

・・

・・

・・

ああ、ご相談っていうの?(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

はい。(相談者)

もう・・(相談者)

ぇ・・従業員と、わたくしの関係なんです。(相談者)

・・

あの、なんか・・(加藤諦三)

自営で・・(加藤諦三)

お店かなんか、やってるわけですか?(加藤諦三)

・・

あの、自営をやってるんです。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

・・

はい。(相談者)

それでぇ・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

・・

・・

「お金が欲しい、欲しい」って、言うままに・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

貸し過ぎちゃったんですの。(相談者)

・・

・・

・・

えっと・・(加藤諦三)

かけ・・(加藤諦三)

じゃあ、あの、自営で・・これは何人ぐらいの規模ですか?自営といって・・お店ですか?(加藤諦三)

・・

・・

・・

・・

うん・・(相談者)

・・

・・

店ではないんですけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

・・

・・

個人・・(相談者)
お店でない?じゃあ・・(加藤諦三)
営業・・(相談者)
あの、従業員っていうのは、何人ぐらいいるんですか?(加藤諦三)

・・

・・

・・

あっ・・もう、今はいないんです。(相談者)

・・

今は、7~8人ぐらいしかいないんです。(相談者)

・・

・・

今は、7~8人、従業員が、いるわけですね?(加藤諦三)

・・

はい。(相談者)

だけど、昔はもっと・・(加藤諦三)

・・

もっと・・(相談者)
に・・に・・(加藤諦三)
二十人ほどいました。(相談者)
二十人ぐらいいた?(加藤諦三)

はい、はい。(相談者)

はい、はい。(相談者)
そいで、あなたは、その何?社長さんかなんかですか?(加藤諦三)

・・

そうです。(相談者)

・・

・・

そいで・・それは・・(加藤諦三)

・・

株式会社?・・有限・・(加藤諦三)

・・

・・

うん、有限。(相談者)
有限・・(加藤諦三)
有限・・(相談者)
有限会社?(加藤諦三)
はいはいはい。(相談者)

何年ぐらい経ってるんですか?(加藤諦三)
・・
設立してから?(加藤諦三)

・・

・・

・・

もう・・三十年以上になります。(相談者)

三十年以上・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ということは、ご主人が・・(加藤諦三)

・・

はい。(相談者)

・・

生きていた頃から・・(加藤諦三)
そうです、そうです。(相談者)
もう、この会社・・(加藤諦三)

・・

そうです。(相談者)
それで、ご主人が亡くなられてから、あなたが社長になったと、こういうことですか?(加藤諦三)
そうです。(相談者)
・・
そうです、そうです。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

そうです。(相談者)

それで今・・7~8人の従業員がいると?(加藤諦三)

・・

はい。(相談者)

・・

7~8人って・・(加藤諦三)

いやいや、8人います。(相談者)

8・・社員が、8人?(加藤諦三)

はい・・はい。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

それでぇ?(加藤諦三)
・・
その・・(加藤諦三)

8人の社員と、あなたとの関係っていうのは、どういう・・が、問題だっていうのは、どういうことですか?(加藤諦三)

・・

・・

従業員と、雇い主なんですが・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ある一人が・・(相談者)

この8人の中の一人が・・(加藤諦三)
はい・・うんうん、一人の事なんですけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

「お金が、欲しい、欲しい」って言うから、言うままに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

お金を出してたんですけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

今、現在は・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

お給料、払って・・あるんです。(相談者)

はい。(加藤諦三)

・・

・・

それに・・まだまだ、「お金が欲しい」って、来るもんですから・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

うん。(相談者)

「もう、これ以上、出せません」って、言ってます。(相談者)

・・

・・

あのぅ・・言われるままにお金を出していたという・・(加藤諦三)

言いましたけれども・・(加藤諦三)

アレ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あのぅ・・きゅう・・(加藤諦三)

きゅ・・(加藤諦三)

会社の給料・・(加藤諦三)

以上に出していたという意味?それとも・・(加藤諦三)

会社の給料日にな・・前に出してたという意味?(加藤諦三)

うん、給料日の前に・・(相談者)

・・

・・

・・

ぃ・・いくらいる、いる・・っていうから・・(相談者)

・・

・・

・・

渡してたんです。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

・・

こ・・これはまぁ・・あのぅ・・(相談者)

・・

現在の事でぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
その前に・・(相談者)

・・

300万ほど、貸しがあるんです。(相談者)

・・

あ、このよ・・(加藤諦三)

・・

人に今、300万円、貸しがある?(加藤諦三)

はい。(相談者)
この方は、何歳の方ですか?(加藤諦三)

・・

もう、70・・(相談者)

・・

・・

3ぐらいです。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

そうすると、普通の会社で言うと、もう定年になってる方ですねぇ。(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

・・

・・

そうですねぇ。(相談者)

だけどまぁ、あなた・・の・・(加藤諦三)

会社では・・(加藤諦三)

・・

・・

かなり長いこと働いてくれた方ね?(加藤諦三)

・・

ええ・・(相談者)

この人・・一番古いです。(相談者)
一番古いわけですか?(加藤諦三)

はい。(相談者)

はい。(相談者)
そうすると・・(加藤諦三)

この人に、300万円・・(加藤諦三)

余計に、お金を渡しているということですね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなたの言葉を借りると・・(加藤諦三)
そうです。(相談者)
言うままに、ということですねぇ。(加藤諦三)

・・

はぁい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、今日の相談というのは、この・・(加藤諦三)

3・・300万円、貸したお金の話ですか?(加藤諦三)

・・

・・

そうです、そうです。(相談者)
この、300万円を・・(加藤諦三)

うん。(相談者)

どうやってこの・・73歳の従業員から、返してもらったらいいか?という話?(加藤諦三)

・・

そうです、そうです。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
・・
今日は、あの、スタジオに・・(加藤諦三)

弁護士の塩谷・・崇之先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. お金を貸すときの証書って、必要な記載事項はだいたい決まってるんですけどねえ。
    貸した人の氏名、借りた人の氏名、貸した日付、金額、使途、返済期日、返済方法(分割か一括か、分割ならその方法)、利率及びその返済方法、繰り上げ返済について、期限の利益の喪失について、遅延損害金について、担保について、住所変更などがあった場合の報告義務について、争いが生じた場合の裁判所をどこにするか、などは常識です。
    この相談者さん、社長さんなのにこの常識を充分には身につけてなかったようです。社長が務まるのかなあ?
    いずれにしても、こうしたお金は返してもらえないことを前提で貸しませんとね。
    社長には企業を守る義務があるのですよ。たとえ非情だと非難されようとも。甘かったですね。

  2.   もう 御歳 ですから もしその金が帰ってこなくても 会社経営には影響ないのなら きっぱり 損失でしょり そして なにより大事なのは ご相談者の頭の中も すっきり なさったほうが  いつまでも (墓場までも) 持ち越すことが一番ご不幸です。