テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年2月10日(土)は、今井通子&大迫恵美子。32年前に知らぬ間に再婚していた実父。義母は要介護4の認知症で4年前に施設に入所。会った事もない義母の息子から突然の電話連絡があり、自分には義母の年金をもらう権利があるので、いくらか渡せとのこと。実際は、父と義母の年金を併せても、施設への費用でマイナス。父の蓄えから補填中の状況。再度請求されたら、どう対応すればいい?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:58歳男性 妻57歳 子供は三人(長女35歳 次女33歳 長男31歳)は独立し二人暮らし 実父82歳(5ヶ月前に倒れて緊急入院中) 32年ぐらい前に再婚し義母78歳(認知症・要介護4で4年ほど前から施設に入所) 実姉61歳 義母の子供は娘と息子で共に55~58歳ぐらいで会った事はない

もしもし・・(今井通子)
はい。(相談者)
テレフォン人生相談です。(今井通子)

はい、お世話になります。(相談者)

今日は、どういったご相談ですか?(今井通子)

32年ぐらい前にですね。(相談者)
はい。(今井通子)

わたしの・・お父さんが・・(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ・・再婚したんですよね。(相談者)

はい。(今井通子)

そのぅ・・再婚したお義母さんにも・・義理のお母さんにも、子供がおってですね。(相談者)
はい。(今井通子)

その子供さんが・・その・・(相談者)

自分の実のお母さんの・・(相談者)

はい。(今井通子)

年金なり・・いくらか・・くれ・・っちゅうてですねぇ。(相談者)

・・

・・

はい?(今井通子)

・・

年金とかですね・・(相談者)
ええ。(今井通子)

こう・・いくらか・・(相談者)

ゥ・・(相談者)

もらう権利があるので・・っというような・・形で連絡をしてきたんですよね。(相談者)

・・

ちょっと待って・・(今井通子)

はい。(相談者)
まず最初に・・(今井通子)

はい。(相談者)
あなた、おいくつ?(今井通子)

わたし、58です。(相談者)

58歳・・(今井通子)

はい。(相談者)

・・

お父様・・(今井通子)

はい。(相談者)

今、お話しは・・あなたのお父様?(今井通子)

はい、わたしの・・実のお父さんです。(相談者)
うん。(今井通子)

で、お父様・・は・・(今井通子)

はい。(相談者)

なに?最近、亡くなったの?(今井通子)

いえ、亡くなってません、あのぅ・・5ヶ月前に・・(相談者)

ちょっと、倒れて・・緊急入院しまして、今、入院中なんですけど・・(相談者)
あっ・・(今井通子)

じゃあ、おいくつ?(今井通子)

え・・82です。(相談者)

82歳・・(今井通子)

はい。(相談者)

・・

で、お義母様は?(今井通子)

えーっと・・要介護4で・・もう、施設に・・(相談者)

ぇ・・3・・4年ぐらい前に、もう、入ってですね・・(相談者)
ええ、で、おい・・おいくつ?(今井通子)

ぇ・・78です。(相談者)

78歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

はい。(今井通子)

・・

それでぇ・・あなた、ご兄弟は?(今井通子)

ぇ・・わたし、姉がおります。(相談者)
はい。(今井通子)
ぇ・・61です。(相談者)

61・・(今井通子)

・・

・・

弟さん、妹さんは、いらっしゃらない?(今井通子)
いえ、いません。(相談者)
・・
はい。(今井通子)

・・

・・

ご結婚されてます?・・あなた自身・・(今井通子)
はぁい・・(相談者)
はい。(今井通子)
はい、してます。(相談者)

奥様、おいくつ?(今井通子)

57です。(相談者)

57歳・・(今井通子)

お子さん、いらっしゃる?(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

・・

ぇ・・上から、女・・35・・(相談者)
はい。(今井通子)
33歳の女・・(相談者)
はぁい。(今井通子)

ぇ・・長男で・・31です。(相談者)

31歳・・(今井通子)

はぁい、もう、一緒、住んでおりません、皆さん、独立してます。(相談者)
はい。(今井通子)

・・

・・

・・

でぇ、あなた自身は・・(今井通子)

奥様と、住んでらっしゃるの?(今井通子)

はい、二人です。(相談者)

二人住まいで・・いらっしゃるのよね?(今井通子)
はぁい。(相談者)
はい。(今井通子)

・・

でぇ・・お父様は、一人で住まわれてるの?(今井通子)

そうですねぇ・・(相談者)
うん。(今井通子)

もう、今、はい、もう一人です。(相談者)

でぇ、お母さまは・・(今井通子)

介護の・・(今井通子)
はい。(相談者)
病院に・・(今井通子)
はい。(相談者)
病・・あの・・(今井通子)
はい・・(相談者)

施設の方に・・(相談者)
施設にいらっしゃる・・(今井通子)
もう、入所しております。(相談者)
うん・・いらっしゃるんだもんね?(今井通子)
はぁい。(相談者)

・・

・・

はい。(今井通子)

・・

それで?(今井通子)

はい・・(相談者)
突然、言われたんだけれども・・(今井通子)
はい。(相談者)
その・・(今井通子)

お義母様・・(今井通子)

あの、義理の・・お母さんの・・(今井通子)
はい。(相談者)
娘さん?(今井通子)

はい。(相談者)

お父様が再婚した時・・(今井通子)

はい。(相談者)

子供の時ですかねぇ?・・32年前・・(今井通子)
わたしがもう・・わたしが、20・・(相談者)
あっ、そっか・・子供でもないですね?(今井通子)
5・・25ぐらいの時ですねぇ・・(相談者)
うん。(今井通子)

はぁい。(相談者)

その時に、再婚されて・・(今井通子)

はぁい。(相談者)

そして、その時にお子さん・・が・・(今井通子)

ぇ・・女の子?男の子?(今井通子)

女と男の子、二人・・(相談者)

いて・・(今井通子)

はぁい・・(相談者)
それ・・いくつぐらいの子供だったの?(今井通子)

え・・わたしと同じぐらいみたいですね。(相談者)
・・
55から・・50・・8ぐらい・・っていう感じです・・わたしまだ、お会いしたことないんですけど・・(相談者)

ぇ、なるほど。(今井通子)

はぁい・・(相談者)
じゃあ、55から、58ぐらいの・・(今井通子)

お嬢さんと・・(今井通子)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・(今井通子)

息子さんが・・(今井通子)
長男さん・・はい。(相談者)
息子さんが、いらっしゃるわけね?(今井通子)

はぁい。(相談者)
はい。(今井通子)

・・

・・

・・

で、その・・(今井通子)

連絡してきたのは・・(今井通子)
してきたのは・・息子の方ですねぇ。(相談者)

息子さんの方が、連絡してきたの?(今井通子)
はぁい、はぁい・・(相談者)

はい。(相談者)
それでその・・その連絡っていうのは・・(今井通子)

どういう話が・・来たんですか?(今井通子)

たまたま自宅におったら、電話が入りましてですねぇ・・(相談者)
はい。(今井通子)

そしたらそのぅ・・(相談者)

ま、そこで初めて、自己紹介とか、お互い、しながらですねぇ。(相談者)
ええ・・(今井通子)

したら・・(相談者)

わたしの・・お母さんが・・(相談者)

そのぅ・・施設に入ってるけども・・(相談者)

ええ。(今井通子)
そのぅ・・年金が、いくらか・・あると。(相談者)

ええ。(今井通子)

そのいくらか・・(相談者)

ま、くれないか・・っちゅうことですよね。(相談者)

・・

・・

・・

うん・・(今井通子)
それでぇ・・(相談者)

実際、もう、そのぅ・・親父の・・年金と・・おふくろの・・義理のおふくろの年金併せても、実際、足らないような状態が、今、続いておってですねぇ。(相談者)
ええ。(今井通子)

「もう、その、渡すようなお金、ありません」と・・(相談者)
はい。(今井通子)

「いや、わたしは子供ですよ」と、いうようなことを言われてですねぇ・・(相談者)
はい。(今井通子)

・・

まぁ、そんなこと言われると、なら、まぁ、わたしも・・感情的になりまして・・(相談者)

「まぁ・・じゃあ・・もう夫婦、離婚しますか?」(相談者)

「かまいませんよ」・・と、いうようなことをですね。(相談者)
うん。(今井通子)

まぁ、ついつい、言ってしまったんですよね。(相談者)
はい。(今井通子)

そうしますと・・(相談者)

「お母さんは、認知があるから、それは出来ないやろう」と・・(相談者)

はい。(今井通子)

「しかしわたしも、応援するつもりはありません」と・・いうようなことをですね・・(相談者)
はい。(今井通子)

こう、突っぱねたんですよ。(相談者)
はい。(今井通子)

それから・・まぁ、連絡はないんですけど・・ちょっと、気になってですね・・(相談者)
はい。(今井通子)

で、ご連絡させていただいた・・っていいうところなんですよね。(相談者)

なるほど・・(今井通子)

はぁい。(相談者)

・・

・・

・・

そう・・あなた、会ったことがないっていうことは・・(今井通子)

はい。(相談者)
そのぅ・・なんだろう?・・お父様が・・再婚された時・・(今井通子)

はい。(相談者)

要はだから、そのぅ・・(今井通子)

ぇ・・あなたにとっては、義理のお母様も・・(今井通子)

再婚でしょう?(今井通子)
はい。(相談者)

そうです。(相談者)
うん、でぇ・・(今井通子)

その・・再婚の時・・(今井通子)

お母様が、子供、連れて来なかったっていう事ですよねぇ?(今井通子)
そうです・・はい。(相談者)

っていうことは・・その子、あの・・(今井通子)

ぇ・・電話してきた・・(今井通子)
はい。(相談者)
男の・・人・・(今井通子)

はい。(相談者)
若しくはその・・ぉ、お姉さん?(今井通子)

はい。(相談者)

は・・(今井通子)

父親側で、育てられたってこと?(今井通子)

ま、そう・・みたいですねぇ・・わたしも・・(相談者)

お父さんとはもう・・成人になって・・(相談者)

からじゃないと、ちょっと、仕事の関係で、一緒に生活してないもんだからですね・・(相談者)

実のお父さんとはですね。(相談者)

はい。(今井通子)
だから・・(相談者)

もう・・気が付いたら、再婚しとったっていう・・ところなんですよねぇ・・(相談者)

ああ、なるほどねぇ。(今井通子)
はぁーい。(相談者)

・・

・・

・・

あのぅ・・お義母様はもう・・(今井通子)

かなり認知度が進んでるんでしたっけ?(今井通子)
はぁい・・はい、要介護・・4でもう・・わたし・・が行っても、もう、まったくわからない状態ですね。(相談者)

・・

・・

成年後見人みたいなのは・・ついてないの?(今井通子)

いや・・ないですねぇ・・(相談者)

・・

ただ・・(相談者)

お父さんも、もう・・(相談者)

もう施設に・・入れるような話を、し・・もう、してです・・ですねぇ。(相談者)
はい。(今井通子)

ま、知り合いの方から・・まだ認知が酷くならないうちに・・(相談者)
うん。(今井通子)

その・・もう、いろんな手続きは、しとった方が・・いいよ・・と、いうような矢先に、こんな事、起こったもんですからねぇ・・(相談者)

なるほど。(今井通子)

はぁーい。(相談者)

だから・・(相談者)

まあ・・(相談者)

・・

お父さんも施設に入れれば、お金かかるし・・(相談者)
ええ。(今井通子)

実際・・お義母もお金かかってるしですね・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・(相談者)

まぁ、お父さん曰く・・(相談者)

そのぅ・・お義母さんの分は・・そのぅ・・(相談者)

俺の・・年金でとか・・併せれば、ギリギリ・・出来るから・・っていうような・・(相談者)

感じで思ってたみたいなんですよね。(相談者)
はい。(今井通子)

・・

とこらが実際、自分がもう・・そういうような状況になったからですねぇ。(相談者)
ええ。(今井通子)

もう、迷惑かけられないということで、もう・・施設に・・入って、少々、お金がかかってもですね。(相談者)

はい。(今井通子)

でぇ、施設に入れて・・そのまぁ・・(相談者)

かろうじて・・(相談者)

ひと月・・(相談者)

まぁ、2~3万の赤が出てもですね。(相談者)

ええ。(今井通子)

わたし達・・だけで、やってこうかな・・っていう、ような感じで、もう、実際、今・・進めて・・おるんですよね。(相談者)

・・

なるほど・・(今井通子)

はぁーい。(相談者)

ただ・・お義母さん・・(相談者)
で、お父さんはでも、そのぅ・・アレでしょう・・(今井通子)
ハイ。(相談者)
意識は・・意識はっていうか、普通・・なんですよねぇ?(今井通子)

まぁ・・普通・・よりも、ちょっとは、悪いけどですね・・まぁ、普通・・ですね。(相談者)
うん・・(今井通子)

はい。(相談者)

でぇ、お父さん自身・・の、そのぅ・・財産?(今井通子)

はい。(相談者)

っていうのは、その・・年金以外の・・(今井通子)

あっ、あと家・・が、あります。(相談者)

はい。(今井通子)

戸建ての家を、もう・・(相談者)

まぁ・・お父さんとの・・(相談者)

話の中でですね。(相談者)
ええ。(今井通子)

今後の施設の部分のお金がかかるので・・(相談者)
ええ。(今井通子)

もう、売却しよう・・という話も進めてます。(相談者)

ほうほうほうほう・・(今井通子)

もう、それも早い方が・・(相談者)

まぁ・・よかろうねぇ・・っということですねぇ。(相談者)
うーーん・・で、これ、家ってなに?土地付き?(今井通子)

はい、そうです。(相談者)

なるほど。(今井通子)

はぁい。(相談者)

・・

・・

じゃあ、土地と家と・・(今井通子)

・・

・・

あとは年金と・・(今井通子)

はい。(相談者)

でぇ・・お父さんが出来るところまでやって・・(今井通子)

はい。(相談者)

で、あとは2万ぐらい・・マイナスになっても・・(今井通子)

はい。(相談者)

あなたが受けちゃう?(今井通子)

っていうこと?そこは?(今井通子)
まぁ、自分の実の親だからですねぇ・・(相談者)
うん。(今井通子)

でぇ、まぁ、義理のお母さんでも、わたしの姓になってるんで・・(相談者)
うん・・(今井通子)

もう・・まぁ、親父・・が、再婚した相手でも、戸籍上は、お母さんだからですね。(相談者)
はぁい。(今井通子)

もう、わたしが・・もちろん・・もう・・(相談者)

看なくちゃ・・いけないだろうっていうことは・・もう、準備は、でき・・心の準備はしてます。(相談者)
うん。(今井通子)

・・

・・

あの、ちなみに確認なんですけど・・(今井通子)

はい。(相談者)
あのぅ・・あなたの本当のお母様は・・(今井通子)

はい。(相談者)

若い時、亡くなっちゃったの?(今井通子)

いえ・・あのぅ・・(相談者)
離婚?(今井通子)

離婚です。(相談者)

・・

ああ・・そうなんですか・・(今井通子)

はぁい・・(相談者)

ま、離婚理由が何だかは、なんかわかんないですよねぇ?(今井通子)
もう・・わたしの小さい時なんで、よく・・ぉ、顔も覚えてません。(相談者)
うん・・(今井通子)

・・

でぇ、そのお母様とは・・(今井通子)

まったく連絡取れてないの?(今井通子)

・・

はぁい。(相談者)

ふんふんふん・・(今井通子)

・・

・・

・・

・・

わかりました。(今井通子)

はい・・(相談者)

そうすると・・(今井通子)

もう一回、その、何て言うのかなぁ・・質問としては・・(今井通子)

なに?・・っていうのを、おっしゃってみてくださる?(今井通子)

あのぅ・・(相談者)

・・

・・

・・

義理のお母さん・・のですね・・(相談者)
はい。(今井通子)

年金を、いくらか渡さなくっちゃいけないのかですね。(相談者)
はい。(今井通子)

まぁ・・(相談者)

あとは・・(相談者)

もし・・(相談者)

・・

・・

その、渡す、渡さんで揉めた時に・・(相談者)
・・
離婚・・とかは、出来るのか・・っていうことですねぇ。(相談者)

ふふっ・・なるほど。(今井通子)

はぁい・・はは・・(相談者)
はい、今日はですねぇ、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)

はぁい。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク