テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年9月22日(金)は、加藤諦三&中川潤。三ヶ月前、妻が書き置きを残して家出。財産の一切はいらないと、離婚届も添えてあった。前触れはなく、あるとすれば更年期障害だったかも。ここ10年ほど、家事や食事の支度はほとんどせず、夫がやっていた。子供達の成長が気になり、離婚はしなかったと夫。この状況で、離婚に踏み込むべきかどうか、意見が聞きたいという相談。
加藤諦三氏の〆の言葉『心の問題は、体の不調となって表れます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:47歳男性 妻47歳 長女22歳(県外に住む) 長男20歳(大学生) 次女13歳 実父(年齢不明)

もしもし?(加藤諦三)

もしもし。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

よろしくお願いします。(相談者)

最初に、年齢を、教えて下さい。(加藤諦三)

わたし、47歳です。(相談者)
47歳・・結婚してます?(加藤諦三)

結婚しております。(相談者)
えーっと、奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)

同じ、47歳です。(相談者)
47歳・・(加藤諦三)

お子さんは?(加藤諦三)

3人、おります。

・・

上から、年齢でいうと、どうなりますか?(加藤諦三)
えっと・・(相談者)

22歳・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

女・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

20歳・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
男。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

13歳・・女です。(相談者)

はい、わかりました、それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

妻の家出

三カ月前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

うちの妻が、書き置きを残して・・(相談者)

はい?(加藤諦三)

一人で、家を出て行ってしまい・・って。(相談者)

・・

つまり、13歳の女の子を残して、一人で出て行ったと?(加藤諦三)

そう・・そうです。(相談者)

と、前触れもな・・ない?(加藤諦三)

ということですよね、書き置きして、出て行っちゃったってことは。(加藤諦三)
そうです。(相談者)

で、あなたは、それでなんか・・(加藤諦三)

なん・・(加藤諦三)

か、最近、変だなっていうような・・なんか、そんな感じもなかったの?(加藤諦三)

しいて言えば・・んっと・・なんか・・更年期・・(相談者)

かなぁ・・だ、だるい・・体がだるい・・重い・・とかって・・(相談者)

うん、そういう・・話しは・・聞く・・ん、聞いてたんですけども・・(相談者)

要するに・・あなたは、更年期障害だ・・っていう・・(加藤諦三)

ぅ、ぐらいにしか、考えてなかったんだねぇ?(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)
体が、だるい・・っていうことをね。(加藤諦三)
はい。(相談者)
うーん・・はい。(加藤諦三)

・・・

それで・・(加藤諦三)

書き置きには、な・・一人で、出て行った・・なんて書いてあったんですか?(加藤諦三)

最初、お父さんへ・・と、書いてありまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

で・・(相談者)

えっと、わたしは・・(相談者)

今日・・家を出て行きます・・と。(相談者)

はい。(加藤諦三)

で・・(相談者)

んっと・・理由は・・(相談者)

今、聞かないでください、いずれ、話す時が来るでしょう・・と、書いてありました。(相談者)

ああぁぁ・・(加藤諦三)

・・・

それで・・(相談者)

離婚届・・も・・そ、一緒に挟ま・・(相談者)

っていて・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

そのぅ、あのぅ、わたしは・・一切・・あのぅ、財産も何もいりませんと。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

わたしのことでしょうけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あなたは・・(相談者)

自分で・・(相談者)

こ、子供達の面倒もみれるし、自分で生活もできるでしょうから・・わたしは・・(相談者)

この家を・・うん、出て・・(相談者)

行かせてもらいます・・と、書いてありました。(相談者)

はあぁぁ・・(加藤諦三)

・・・

・・・

無反応な子供達

で、それが・・(加藤諦三)

えーっと、あなた・・(加藤諦三)

朝・・(加藤諦三)

仕事で出るわけですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)

で、帰ってきたのは、何時ですか?(加藤諦三)

えーっと、帰ってきたのは・・夕方・・6時過ぎなんですけども・・(相談者)
夕方の・・まぁ、6時として、そこに・・どこに置いてあったの?(加藤諦三)

えーっと・・うちの、その、一番下の娘が、見つけまして・・(相談者)

あっ・・(加藤諦三)

あなたが、帰ってきた時はもう、お嬢さんが、見つけてたの?(加藤諦三)

はい、そうです、なんか、ちょっと、ま・・(相談者)
この22歳の、お嬢さん?(加藤諦三)

いえ・・(相談者)

一番下の・・(相談者)
あっ・・(加藤諦三)
13歳です。(相談者)
・・
ええ。(加藤諦三)

で、もう、も知ってた?読んでたわけだね?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

・・・

それで・・どんな様子だったの?(加藤諦三)

・・

うん・・あの、とりあえず・・(相談者)

わたしの父・・あのぅ・・その、13歳の子の祖父が・・(相談者)

あの・・(相談者)

同居してるもんですから・・同居っちゅうか・・二所帯で、一緒にいるもんですから・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

えっと、その、とりあえず、おじいちゃんに、しゃべ・・(相談者)

って・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・・
で、すぐ・・で、わたしに・・すぐ・・こう、こう、こういう書き置きがあるよ・・と、連絡が・・(相談者)

あの、携帯の方に、入りました。(相談者)

あ・・そうか、そうすると、あなた、夕方6時に帰って来る前に、知ってたわけね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
ふぅーん。(加藤諦三)

・・

で、22歳のお嬢さんと・・(加藤諦三)

20歳の・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
息子さんは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
どんな、反応だったんですか?(加藤諦三)

・・・

いや・・(相談者)

全然・・(相談者)

あのぅ・・わたしの前では・・(相談者)

どういうわけか・・一切・・(相談者)

その、おかんの・・お話・・話しも、あの、13歳の娘もしません。(相談者) 

・・・

・・・

家事は夫

そうすると、例えば・・その日の夕食っていうのは、どうなったわけ?(加藤諦三)

あの、22歳の娘は・・あの、け、県外に離れてるもんですから・・(相談者)
はぁい?(加藤諦三)

20歳の・・(相談者)

この大学生なんです・・けど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
同居してて・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
え・・っと・・(相談者)

結局・・(相談者)

四人であの、うちの・・(相談者)

親父・・(相談者)

からの・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そ・・ええ、と四人で・・(相談者)

とりあえず食事は・・夕食は、とりに行ったんですけど。(相談者)

とりあえず夕食したって、誰が作ったの?(加藤諦三)

えーっと・・あ、わたしです。(相談者)

あなたが作ったわけ?(加藤諦三)
はい。(相談者)
帰ってから?(加藤諦三)

はい。(相談者)

ふぅーん・・(加藤諦三)

で、そのぅ・・(加藤諦三)

・・

材料は、アレですか?(加藤諦三)

ちゃんと・・(加藤諦三)

・・

奥さんが・・(加藤諦三)

・・・

はい。(相談者)
そ、揃えておいてくれたの?(加藤諦三)

いや・・(相談者)

実の話しをしますと・・あーっと・・(相談者)

10年ぐらい前から・・(相談者)

か、家事一切、するの、苦手な人で・・(相談者)

はぁ・・あぁ・・(加藤諦三)
わたしが、作って・・いた・・365日のうち、360日は、わたしが作っていたような感じだったんですよ。(相談者)

あ、家事・・一切しないの?(加藤諦三)

いや・・(相談者)

しないわけでもないんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
気・・抜いた時じゃないと、や・・(相談者)

やらない・・(相談者)

人・・(相談者)

だったんですねぇ。(相談者)
はぁーん・・(加藤諦三)

・・

そうすると・・ぉ・・(加藤諦三)

13歳の子・・育てる時なんかは、どうだったんですか?(加藤諦三)

子育ては、やるの?(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

まず、育児放棄・・その他は、なかったんですけども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
例えば・・(相談者)

食事与えるにしても・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
わたしは、できるだけ手を加えて・・(相談者)

初め、一から作って・・ありあ・・あのぅ、あわせの物じゃなくて・・自分で作って・・食べさせようと・・思うんですけども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

それ・・つ、妻の場合は、すぐ、インスタントを与えたり・・(相談者)

あの、弁当買ってきたり・・(相談者)
ああ・・(加藤諦三)
そういう感じの・・方(?)ですよねぇ・・(相談者)

うぅーん・・(加藤諦三)

うん。(相談者)

・・・

踏ん切り

あのぅ・・(加藤諦三)

それは、家事が・・嫌いだとか・・(加藤諦三)

その、料理が嫌いだとか・・っていうのじゃなくて・・(加藤諦三)

なんか、大変に失礼な・・し、質問するけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

夫も・・子供も・・あんまり好きじゃなかったってこと、あるの?(加藤諦三)

うーん、今、考えると、もしかすれば、そういうところも・・(相談者)

あったのかもしれませんね。(相談者)

・・

で、おじいちゃんが居るし・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・・

わ・た・し・は・・(加藤諦三)

・・・

家政婦じゃないわよ・・と。(加藤諦三)

はい。(相談者)

だけど・・(加藤諦三)

・・・

・・・

うん、なんか、みんな・・(加藤諦三)

おじいちゃんも含めて、あなた達のことが、好きになれない・・と。(加藤諦三)

・・・

・・・

ま、書き置き見る限りは、なんか・・(相談者)

そういうふうにも、とれるような気がしました・・けども。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

わたしは、一切の財産、いらないわよ・・と、書いてあったんでしょう?(加藤諦三)

書いてありました。(相談者)

・・

ただ、一番下の子だけが・・の、成長だけが、心配です、よろしくお願いします・・(相談者)

ということ・・で・・(相談者)

最後、〆てありました。(相談者)
ふぅーん・・(加藤諦三)

・・

いずれ、話す時が来るっていうのは・・(加藤諦三)

今、話しても・・(加藤諦三)

わた・・わたしの気持ち、今、話しても、あなたには・・達には、わかんないわねぇ・・っていうような、ことなのかな?(加藤諦三)

たぶん、そうだと思いますけれども・・(相談者)

・・

だから・・ま、家事を、料理をしない・・っていう事を含めて・・(加藤諦三)

・・

なんか、奥さんからすると・・(加藤諦三)

・・・

このぅ・・夫も家族も・・(加藤諦三)

・・・

おじいちゃんも、みんな・・(加藤諦三)

・・・

遠い存在だったのかなぁ・・(加藤諦三)

うん・・今、思えば、そういう・・(相談者)

ふうに・・(相談者)

感じれる・・た、ふうもありますね。(相談者)

ねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
そして・・(加藤諦三)

そうすると、今日の、あなたの相談っていうと・・これ・・(加藤諦三)

こんなような状態の中で・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

・・・

わ・・わたしは、このまま・・(加藤諦三)

果たしてこのまま・・(相談者)

放っておいていいのか・・(加藤諦三)
その・・夫婦生活・・ええ?(相談者)
それとも・・(加藤諦三)
・・
自分の方から、積極せ・・ったらいいのか?・・と、どういう態度をとったらいいのか?・・ですか?・・っていうようなことですかね?(加藤諦三)

こういう妻と、今まで、やって・・なんとか子供がいたんで、頑張ってきたんですけど・・(相談者)

はいはい。(加藤諦三)
これから・・(相談者)

もう、47にも、お互いなりますし・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
・・
子供達も・・ある程度、成長したので・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

ここらで・・別れた・・(相談者)
はあ・・なるほど。(加藤諦三)
踏ん切り、つけた方がいいのか?・・(相談者)

はいはい・・(加藤諦三)
皆様の・・お知恵を、拝借したく・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
電話した・・差し上げたとこでございます。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

今日はあの、スタジオに、弁護士の中川潤先生がいらしてるので・・伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

あ、よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク