姑の嫌味と嫉妬

テレフォン人生相談
嫁姑問題

テレフォン人生相談2016年8月19日は、加藤諦三&マドモアゼル愛。夫と姑と自分との3者の関係に悩む相談者。息子の学校の近くに自分と息子とで2人暮らしの妻、夫は姑と二人暮らし。4ヶ月前に癌が発覚、夫の元へ通いながら世話をしていると、何もできない姑がやきもちを妬く。頼られている事はわかるが、夫の世話をすると嫉妬。20年の積み重ねで、姑に会うと動悸や頭痛、吐き気をおこすようになり、通うこともできない。主人は「病気だから相手にするな」離れろと言ってくれるのだが、100%主人を信用することもできない。

テレフォン人生相談2016年8月19日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:48歳女性 夫51歳 息子16歳 姑81歳 息子と相談者は学校の関係で2人暮らし 夫は姑と2人暮らし

加藤諦三氏の〆の言葉『苦しみは成長へのチャンスです』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

48歳の女性から、夫は51歳、家族の事情で16歳の息子と二人暮らし、夫は姑81歳と一緒に暮している。

癌の主人の看病でやきもちを妬く姑

私と主人とお姑さんの、3人の関係のご相談なんですけれども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
あの、まあ、一筋縄ではない、お姑さんともう20年来の付き合いになります。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、4ヶ月前に、主人の、あの、大きな病気が発覚しまして・・(相談者)
はい、大きな病気っていうのは、何ですか?(加藤諦三)
あ、癌・・癌です。(相談者)
癌ですか、はい。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

で、あの・・その時・・それからずっと、4ヶ月前から、私があの、主人の所へ行って、通いで看病をしている状態です、今もですね・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

はい、で、それであの、お姑さんと主人は一緒に暮しているもので・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
あの、お姑さんも私に・・こと、頼りにはしているんですけれども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

私が必死で看病をすると、やきもちが凄いんですね。(相談者)
はい、はい、はい、はい。(加藤諦三)
でも、頼りにはしてるのは、凄く分かるんです。(相談者)
うん、うん。(加藤諦三)

だけど、やきもちが凄くって、それを、あの、いろんな形で私にぶつけてくるんですね。(相談者)
はい、はい、はい。(加藤諦三)
で、あの・・(相談者)

嫉妬心から嫌味

で、例えば、具体的に言うと、まあ、一つはなんか具体的な話しっていうのは・・はい・・(加藤諦三)
はい、あの私・・もう、お姑さんも高齢なもので・・あの私・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

おいくつですか?(加藤諦三)
81歳です。(相談者)
81歳・・はい。(加藤諦三)

私にあの、来て、来てとは言うんですけれども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
私が行ったら、主人の食事の準備とか、全部、お弁当から全て・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あの、やるんですね。(相談者)
はい・・(加藤諦三)
そうしたら、「私は、あなたのようにはできない」「おかずが多過ぎる」・・もう、朝の6時頃から、グチグチ言われるんですね。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で・・もう、あんたのようにはできない・・自分ができないことが、まあ、悔しいんでしょうね・・で、そう・・そういうこと嫌味・・(相談者)

ぁ、あ、あなたのように、できないってことは、あなたのように、ちゃんとした食事を、私ができないという意味ですね?(加藤諦三)
そう、そうです・・主人、この・・(相談者)

そいで、そのことを、非常に、嫌味っていうか、自分の哀れさを訴えながら・・あの・・(加藤諦三)
はい、あの、嫉妬心を出してくるわけです。(相談者)
うん、うんうんうん・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

ストレスで頭痛や動悸

そういう感じで、もう、あの、きちんと私にはして欲しいので、少しでもあの、主人のこと、疎かにすると、怒るんですね。(相談者)
うん、うん・・(加藤諦三)

だけれども、きちんとすると、やきもちを妬く・・(相談者)
ああ、そう、そうですね、うん、うん・・(加藤諦三)
はい・・で、それで20年もの積み重ねで私も・・爆発してしまいまして・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

あの・・まだ看病がちょっと、通いで必要なんですけれども・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
あの、頭痛や動悸がしてきて・・あの・・(相談者)
頭痛や動悸って、あなたの方で・・あなたが、頭痛や動悸ですか?(加藤諦三)

はい、そう、私・・はい、ちょっと主・・お姑さんのストレスで・・(相談者)
はい・・はい・・(加藤諦三)
動悸がしてきてちょっと、通えなくなってしまってる状態です。(相談者)

姑の心の矛盾

ああ・・まあよく・・わかる話ですね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
ちょっと、例え悪いかもしれないけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

家庭内暴力の息子と、同じようなもんですよね。(加藤諦三)
ああ・・(相談者)
食事を作らなければ、飯も作らないのか?って言って怒ると・・(加藤諦三)
はい、はい、はいはい・・(相談者)

そうして、食事を作れば、こんなもん食えるか!って言って、蹴っ飛ばす・・(加藤諦三)
ああ・・(相談者)

要するに、作っても、作らなくても、不満なんですよね。(加藤諦三)
そう・・そうです・・私と主人が仲良くするのが、やっぱり・・自分の孤立してる感じが、悔しいわけですね。(相談者)

うん、だから、そりゃそうでしょうね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
で、だからいって、依存してるわけですから・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

あの・・お姑さん、81歳ですから・・まあ、非常に孤独とか、寂しさには・・弱いんでしょうけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
お姑さん・・あの、自身が、非常に心の・・矛盾ですよね、葛藤ですよね。(加藤諦三)

病気だから離れろ

うーーん、そうです・・でまあ、主人も、あの「病気だから、もう相手にするな」っと言って、私の味方はしてくれるんですけど・・(相談者)
ああ、そうですか・・(加藤諦三)

病気だ、病気だ、発作だと言うんですね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
あの、姑さんが文句を言い出すと・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

だけどもう・・その場から、離れろ、離れろって、私には言うんですけれども・・私が、どうしてもそれが・・主人みたいに割り切れなくって・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

だけど主人の看病は、まだ続くので、主人には尽くしたい・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

うん、で、私の立ち位置が、この家族の中で、わからなくなってしまっていて・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

で、私もちょっと・・もう、家を出て行きたくなってしまって・・だけども、主人がですね、私を100%守る自信が、私もないとか感じられないんですね、○▽♯か・・(相談者)

あの、ご主人に対して・・その、愛情を感じられないということね。(加藤諦三)
あ、愛はある・・ある、感謝はしてると思います、まあ、私が一生懸命してるので・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

だけれども、その、お姑さんから100%、私を守るというのが・・どうしても感じられなくって・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)
うーーん・・(相談者)

お姑さんが、居る時じゃなくって・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
あの・・あなた一人で居る時にも・・あの吐き気・・動悸、頭痛が、するんですか?(加藤諦三)
あ、いえ・・会うとです。(相談者)

お姑さんと会う・・(相談者)
あ、一人で居る時は、それは出ない?(加藤諦三)
はい・・(相談者)
ふーん・・(加藤諦三)

そいで今、どうしたらいいでしょうか?って・・いうことね?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

この・・大変難しい質問です。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
もの凄い難しい質問・・だって、これ、ニッチモサッチモいかないことですから・・(加藤諦三)
はあ・・(相談者)

ええ、大変、難しい質問なんですけれ・・相談なんですけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
今日は幸い、スタジオにはですね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

心についての、エッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生に・・(加藤諦三)はい・・(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

【おすすめ記事】



マドモアゼル愛アドバイス

どうも、こんにちは。(マドモアゼル愛)
よろしくお願い致します。(相談者)
はい、どうも・・(マドモアゼル愛)

問題は夫婦が別々に暮らし始めたところから

で、あの・・お話し伺ってて・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
なんか、一つだけどうしてもわからないのが・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

なんで、旦那さんが・・舅さん(姑の間違い)と暮らして、別れてるんですか?・・あの、ご夫婦が・・(マドモアゼル愛)
ああ・・はい、あの、ちょっと、子供の学校の関係で、私が、子供とちょっと、あの、学校の近くに住んでまして・・(相談者)
はい・・(マドモアゼル愛)

お姑さん・・が、主人と、今、暮らしてるという感じですね。(相談者)
うーん・・その・・要するに、この問題は、もう、そこから始まってたような気がするのよ・・今っていうよりも・・(マドモアゼル愛)
ああ・・はあ、そうですね・・(相談者)

そういう形態に・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
なってった事、自体に・・(マドモアゼル愛)
はい、はい・・(相談者)

それぞれ、まだ、決定的ではなかったものの・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
今、抱えた問題の・・種っていうか・・スタートがね・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
あると・・(マドモアゼル愛)
そうです、はい。(相談者)

そいで、そこの・・もっとさらに言えば・・お婆ちゃんと・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
夫との、ひとつの関係・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

それから、さっき、いみじくも仰ったように・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
自分を、最終的に守ってくれるかどうかは、100%は、信頼できないという・・夫婦間の・・不審関係っていうか、不審って言うかね・・(マドモアゼル愛)
はい、はい、はいはいはい・・(相談者)

その場から離れろ

そいで・・旦那さん自身・・ああいう、自分のお婆ちゃん、お母さんの性格を知っていて・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

かと言って、そこから・・切り離して・・(マドモアゼル愛)
うん・・(相談者)
自分の人生を・・送ることもできない・・まあ、弱さがあるよね、やっぱり・・旦那さんにね・・(マドモアゼル愛)
そうそうそうそう、そうですね、やっぱり・・親ですから、はい。(相談者)
うーーん・・(マドモアゼル愛)

そいで・・すごいね、か・・この言葉が、僕ね、凄いさっきから・・胸を打ったのが・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

病気の旦那さんが・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
あなたと、舅の(姑の間違いね)トラブルを見ていて・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

もう、お母さんはおかしいんだから・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
その場から離れろ・・と。(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

凄いよね、このリアリティ・・その場から、離れられなかったのが夫なんだよ・・(マドモアゼル愛)

あああ・・(相談者)

これは苦しいよね・・きっと・・だから、彼は・・旦那さんは・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
お母さんが、心理的にやっぱり、捨てられないんだよね。(マドモアゼル愛)
あ、そうです。(相談者)

っていうか、お母さんが、心理的に自分を、つき・・あの・・くってしまうことを拒否できないんだよね。(マドモアゼル愛)
ああ・・はい・・(相談者)

だから、その場から、お前は離れろっていうの、なんか・・病気なのに苦しいよね・・なんかね・・(マドモアゼル愛)
うーん・・(相談者)

3人で暮らすべき

だから・・僕は、もう、基本的にどうこうするんじゃなくて・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
家族3人で、暮らすべきだと思いますよ。(マドモアゼル愛)

ああ・・(相談者)
そいで、余裕できた分で・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
お母さんの、面倒を、みんなで看てあげると・・(マドモアゼル愛)
はあ・・(相談者)

いう形になれば・・こういう複雑な・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
葛藤や思い・・(マドモアゼル愛)
うーん・・(相談者)
を、抱く必要がないもんね。(マドモアゼル愛)
うーーん・・(相談者)

でも・・それぞれがみんな、依存が強いから・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
なんか、独特の・・子供がいるからしょうがない、こっちに私達は暮らす・・じゃあ、二人でっていう・・本当はその依存を隠すために、こういう構造が、実はできあがってただけで・・(マドモアゼル愛)
うーん・・(相談者)

本当の事実と・・本当の未来に・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
・・を得る為にね。(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

きちっとした・・その、覚悟と、行動が、できなかった人達が・・(マドモアゼル愛)
ああ・・(相談者)
やっぱい、あの・・問題を生み出してるんだと、いう気がするんだよね。(マドモアゼル愛)
はあぁぁぁぁ・・(相談者)

だから・・親子が3人で、また暮らすようになれば・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
問題も、かなり解決するだろうし・・(マドモアゼル愛)
はあぁぁぁぁ・・(相談者)

夫の・・病気だって・・心安くなるから・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
まあ、治るとか治らないは言えないけれどもね・・(マドモアゼル愛)
はいはい・・(相談者)
あの・・気持ちは楽になると思うよ。(マドモアゼル愛)

初めからスタンスが間違っている

はあぁぁぁぁ・・そこからがやっぱり問題だった・・(相談者)
だって、そこが、スタートがおかしいから、やっぱり・・(マドモアゼル愛)
はあ・・(相談者)

あの・・今、どうこうしたって・・喧嘩しても、あの、もう見ない方がいいとも言えるし、なん・・なんだって言えるけれども・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

それは・・なんの問題の解決にもならないよね。(マドモアゼル愛)
ああ・・(相談者)
スタンスが間違ってんのよ・・(マドモアゼル愛)

はあぁ・・そうですね・・(相談者)

せっかく・・(マドモアゼル愛)
はあ・・(相談者)
今回の件で、旦那さんとまた・・信頼関係、ある程度、取り戻したわけだから・・(マドモアゼル愛)
そうです、はい。(相談者)

いい、チャンスなんじゃないの?(マドモアゼル愛)

それ、お婆ちゃんとしても・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
え?いなくなっちゃうの?ってなれば・・(マドモアゼル愛)
そうです、はい。(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)

やっぱり、こんな態度、と・・通さないなってことになっていくし・・(マドモアゼル愛)
うん・・(相談者)
そいで、旦那さんは・・厳しいながらも、親から自立して・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

心理的に親を捨てていく・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)
そして、本当に男になって、お父さんになって・・(マドモアゼル愛)
はい・・(相談者)

そして、その・・成長した男として、お母さんを支えるっていう、次のプロセスに・・(マドモアゼル愛)
ああ・・(相談者)
することができるわけじゃない。(マドモアゼル愛)

ああ、そっか・・(相談者)
うん・・その場から離れろ、俺は・・俺が残るから・・(マドモアゼル愛)
うん・・(相談者)
そして、病気になったじゃあ・・なんか寂しいよね。(マドモアゼル愛)

ああ・・はあ・・いや・・初めて気づきました、そこからが間違いだったということ・・(相談者)
その時から全て、この問題が始まってたんだと思う、僕は。(マドモアゼル愛)
わかりました・・(相談者)

加藤先生に伺ってみたいなと思います・・はい。(マドモアゼル愛)
ありがとうございます。(相談者)

加藤諦三まとめ

今・・マドモアゼル愛先生、言ったようにね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

天国と地獄の岐路

みんなの依存心が・・表現されたのが、この構造なんですよ。(加藤諦三)
うん・・ね、そうですね・・本当にそう、気付かされました。(相談者)

で・・で、今あなた、大きく成長するチャンスなの・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

で、逃げたら、これはもう、本当にね、あなたね・・地獄へ行く道と、天国へ行く道の今、岐路に立たされてるみたいなもんなんです。(加藤諦三)
あ、ああぁ・・(相談者)

真実から逃げようとしたら、地獄へ行きます。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

どんなに辛くても、真実に立ち向かって行ったら、天国に行きます。(加藤諦三)
はああ・・(相談者)

じゃもう、家を出るとか、考えずに、このまま主人に尽くすというのが、一番よろしいわけですよね。(相談者)

ええ・・それで、ご主人にも・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
母親からの自立は、きちんとしてもらう。(加藤諦三)
ああ・・はい・・(相談者)

姑は幼児と同じ

で・・81歳の、お母さんは、お母さんとして・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
もう、要するに、幼児ですから・・(加藤諦三)
ああ・・(相談者)

81歳って言うけれども、年齢は、8歳以下ですから、心理的には・・(加藤諦三)
ああ・・そうなんですね・・ふーん・・(相談者)

だから、いい子、いい子って、するような感じでね。(加藤諦三)
ああ・・(相談者)
そりゃ、小さな子供が・・あの、お母さんの手伝いをして・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

あの・・食器割っちゃったらもう、困るけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
あなたがするから、お母さん、困るから、もう、あっち行ってって言ったら、子供・・がもう、子供が不貞腐れるでしょ?(加藤諦三)
うーん・・そう・・(相談者)

○○ちゃん、助かってくれるから、お母さん、ありがたいわぁって言ってりゃいいわけですよ。(加藤諦三)
ああ、はい。(相談者)

81歳とは思わない。(加藤諦三)
はああ・・(相談者)
まだ8歳になってないと思いなさい。(加藤諦三)

あははははははは・・ああ、わかりました・・(相談者)

いいですか・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
もう、本当に、腹をすえて・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

立ち向かってください。(加藤諦三)
わかりました、本当によく、わかりました、本当にありがとうございます。(加藤諦三)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
はい、ありがとうございました、失礼致します。(相談者)

管理人のちょっとひと言

81歳を、幼児だって断定するのは、どうかとは思いますね。
個人差は、当然あって、そうでない人もいますから。
そこんとこは、ちょっとどうかとは思いましけど、この姑については、間違ってなさそうです。

マドモアゼル愛先生も言ってますけど、逃げろっていうのは同感。
まともに渡り合っても、無駄ってもんです。
それこそ、幼児を相手にしているようなもんで、ある意味、それよりも大人な分、質が悪いです。

ただね、この先、ますます悪くなる一方。
可能ならば、早目に旦那も、逃げた方がいいですけど・・・。
たぶん、逃げられないでしょうね。

逃げられるかどうかっていうのも、それこそ個人差あって、誰にでもできるもんじゃないと思います。
本人、理解してるのに逃げられないってことは、勝手な推測ですが、弱っていく親を、一瞬でも見捨てられないんだと思いますけど。
これは、良し悪し関係ないし、男らしさとか勇気とか、そんなことも関係ないです。

できない人は、できない。
もっと、若い時なら、できたかもしれませんけどね。
そこんとこ、見誤ってるような気がします。

もともと姑、旦那のこと、溺愛してたんでしょう。
20年来の確執っていうか、よ~~く我慢してきたなぁと思います。
辛かったでしょう。

アレルギーみたいなもので、蓄積され、蓄積され、その結果、姿を見ると、動悸に頭痛、そして吐き気ですか。
こうなると、ちょっとね、もう、戻れませんな。
子離れする機会を失うと、こんなふうになっちまうんでしょうね。

スポンサーリンク

コメント

  1. いつも拝見しています。
    相談内容より、管理人様のコメントが心に響きます。いつもスカッとするようなコメントで読んでいて勇気が湧いてきます。
    今日のコメントも納得いくコメントでした。
    これからも楽しみにしています。
    いつもありがとうございます。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.