テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年5月24日(木)は、柴田理恵&坂井眞。68歳の女性から40年連れ添い4年前に亡くなった内縁の夫の貯金についての相談。結婚していたと知らず付き合い始めて一緒に暮らすようになり、4~5年経ってから、結婚して子供4~5人いることを知る。離婚していたかどうかは不明。内縁の夫から渡された生活費を夫名義の口座に入れていたが夫の死亡によりお金をおろせなくなった。どうにかならないか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:68歳女性 40年一緒に暮らした内縁の夫が4年前に68歳で他界 夫は5人兄弟だが皆と仲が悪い 伝聞で子供が4~5人いるとのこと 離婚しいたかどうか不明

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

はい・・よろしくお願い致します。(相談者)
ぁ、よろしくお願いします。(柴田理恵)
・・
今日はどんなご相談ですか?(柴田理恵)

内縁関係40年

あのぅ・・(相談者)

主人と云っても・・(相談者)

苗字は入ってなかった、別姓だったんですけども。(相談者)
はい。(柴田理恵)

それの貯金通帳のことについてぇ・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

ちょっとお伺いしたいですけど。(相談者)
はい、あなたおいくつですか?(柴田理恵)

68です。(相談者)
68歳・・ぁ、そのぅ・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

ご主人・・って言うか、籍入ってないってことは、内縁の旦那さんってことでよろしいんですか?(柴田理恵)
そうです。(相談者)

旦那さんはおいくつですか?(柴田理恵)

亡くなったのは68です。(相談者)
何年前に亡くなられたんですか?(柴田理恵)

4年ぐらい前です。(相談者)

ぁ、4年前に亡くなった・・はい。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

そんでそのぅ・・お子さんはいらっしゃいますか?(柴田理恵)

前の・・(相談者)

女(ひと)の子が・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
四人か五人・・(相談者)

居ると思うんですけど・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

後で知ったので、よく・・詳しいことはわからないんです。(相談者)
・・
最初は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

付き合ってる時に、結婚してるとは思わなかったんです・・一人だと思ってたから・・(相談者)
ああ・・はぁい。(柴田理恵)
お付き合いをしてたんですよ。(相談者)
はいはいはい。(柴田理恵)
そいでぇ・・(相談者)

三~四年経ってから・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ぐらいに、その・・(相談者)

子供さんがいる・・っていうの、知ったんです。(相談者)
ああぁぁ・・はい。(柴田理恵)

あの・・(柴田理恵)
でも・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

向こうは・・なんか前の・・奥さんと別れる・・っていうことでぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

あの、ずーっと、付き合って、一緒に暮らしてました、四十年ほど。(相談者)

あっ・・(相談者)

えっ、四十年も?(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
ああ、そうですか、じゃあ・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
えっと・・一緒に暮らしてらっしゃったのは、四十年?(柴田理恵)

はい。(相談者)
でぇ、四十年前ってことは、28歳の時ぐらいから、もう・・(柴田理恵)

あのぅ、一緒に暮らしてらっしゃるんですね?(柴田理恵)
そうです。(相談者)

ふぅーーん・・(柴田理恵)

なるほど。(柴田理恵)
・・
はぁい。(相談者)
話で・・奥さんとはそれで、お別れに・・な、なられたわけですか・・旦那さんは?・・旦那さんっていうか・・(柴田理恵)
だと思います。(相談者)
・・
ほう、だと思う?(柴田理恵)

って言うのは・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

そちらの・・(相談者)

家族とは、連絡が全然ないんです、知らないんです。(相談者)
うん、ぅ、うん、うん・・(柴田理恵)
家族のことを。(相談者)
うん。(柴田理恵)

だから・・子供さんも・・(柴田理恵)

四~五人は居るっていう、なにしろ・・子供が多いんだ・・っていうのだけは・・人の噂で聞いただけでぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

うん。(柴田理恵)

直接、確かめてもないし・・(相談者)
うん、うーん・・(相談者)

わたしも・・なんとなく、籍は入れるのはちょっと・・(相談者)

アレかなぁ・・なんて、もう・・(相談者)

思ってたもんでねぇ。(相談者)

ぁ、じゃあそのぅ・・四十年暮らしてるなかでぇ・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
一度も、結婚の・・お話っていうのは、出て来なかったわけですか?(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
あの、あなたからも・・「ねえ、奥さんと別れたんだから、結婚してくださいよ」・・って、もう、おっしゃらなくって・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
旦那さんの方も・・「結婚しよう」・・とも、おっしゃってくださらなかったんですか?(柴田理恵)
ぁ、はぁい。(相談者)

ふぅーん・・(柴田理恵)

凍結された内縁の夫の口座

それでぇ、最初にお話になった、貯金っていうの、いったいどういうことですか?(柴田理恵)

あのですねぇ・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

貸し家を・・アパートを借りましてぇ。(相談者)
はい。(柴田理恵)

公共料金が・・引き落としになりますよねぇ?(相談者)
はぁいはい。(柴田理恵)

その都合でぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
わたしが・・(相談者)

勝手に、うちの人の名義でぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

通帳・・作ったんです。(相談者)

はぁい。(柴田理恵)

でぇ、うちの人は、ホントに銀行になんて行ったことない人なんですよ、カードも使えないっていう感じなんです。(相談者)
はあ?(柴田理恵)

お金のいるときは・・「いくら用意しといてくれ」って、前もって言うから、それをわたしが準備するだけでぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

あのぅ・・(相談者)
えっ?あのぅ・・(柴田理恵)

生活費っていうのは・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
ご主人が、出してらっしゃったん・・ですか?(柴田理恵)
はい、そうです。(相談者)

自分で働いた・・**は全部・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

わたしに渡して・・(相談者)

銀行とか振込みだったり・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

わたしに渡して・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
自分がお金が必要な時は、わたしに・・「いくら必要だから」とか・・(相談者)

はぁぁ・・(柴田理恵)
言うんです。(相談者)
はぁ、はぁ、はぁぁ・・(柴田理恵)
うん・・(相談者)

だから別にこれってお小遣い・・月にいくらとも決まってません。(相談者)

ふぅーん・・(柴田理恵)

じゃあ、全部あなたが、お金いただいてぇ・・(柴田理恵)
ええ。(相談者)
その中から・・あの、アパート代であるとか・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
公共料金であるとか・・(柴田理恵)
ぁ、はぁい。(相談者)
そういうの・・払ってた?(柴田理恵)

はい、そうです。(相談者)
そしてそのぅ・・(柴田理恵)

ったらその・・貯金を見たら・・(柴田理恵)
その・・通帳から・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
こう・・(相談者)

引き落とし・・のは、されますよね、みんな、公共料金は?(相談者)
はい、はい、はい。(柴田理恵)

そいでぇ、うちの人の名前でぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
一応、全部、それはやってたんです。(相談者)
はい。(柴田理恵)
だから・・(相談者)

周りの人にも・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

なんて言うの?名前、苗字が一緒に入ってないってことは、一切、言ってないんです。(相談者)
うん、はい。(柴田理恵)

はい。(柴田理恵)

夫婦のように暮らしてました。(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

それでぇ、わたしが通帳を・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

その、残金が残ってるのを・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
亡くなった時に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
その前に処分するっていうのを、知ってればぁ・・(相談者)

うん。(柴田理恵)

うん。(柴田理恵)
まぁ、対処の仕方があったと思うんですがぁ・・(相談者)
うん、ふん、ふん。(柴田理恵)

それを知らないでぇ・・自分でいつもカードでおろしてたもんですからぁ・・(相談者)
うん、うん。(柴田理恵)

また、その、それでおろせると思っちゃってたんですよ、わたしは。(相談者)
うん、うん。(柴田理恵)

そして、銀行に行ったらもう・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
入ってももう、ストップなんですよ。(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)

もし知ってればぁ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
まだ・・(相談者)

ね、命がある時に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・

全部処分・・したんだろうと思うけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)

それを全然知らなくて、後から聞いたもんだから・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

もう手遅れだったんです。(相談者)

つまり・・(柴田理恵)

二人で生活していた時に・・(柴田理恵)
・・
はぁい。(相談者)
旦那さんがどんどん・・(柴田理恵)

稼いで来てくださったお金を・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
あなたが、貯金通帳作って入れてて・・(柴田理恵)

ええ。(相談者)

その中から生活費やり繰りしたり・・(柴田理恵)

ぁ、はぁい。(相談者)
え・・(柴田理恵)

いざというときのため、お金を貯めていたり・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
二人で使っていたものが・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
旦那さんが、お亡くなりになったってことでぇ・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
使えなくなってしまったと。(柴田理恵)

そうですねぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
今、わたしは年金生活してるんですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)

うちの人の・・(相談者)

残り・・(相談者)

たいした金額ではないんですがぁ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

残ってますんでぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

どういうふうにしたら・・(相談者)

おろせるのかなぁ?・・と思って今日・・ご相談したんです。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

宙に浮いたまんまですよね?向こうのご家族が、あのぅ・・(柴田理恵)

「うちの父のものを」って言って、こう・・亡くなった時に・・(柴田理恵)
そういうのも全然ないんです、もう・・(相談者)
いらっしゃってる・・(柴田理恵)

あのぅ・・うちの人の方は、兄弟があまり、仲が良くなくてぇ・・(相談者)
ご主人のご兄弟は何人ぐらい、いらっしゃるんですか?(柴田理恵)

五人なんですけど。(相談者)
はぁい。(柴田理恵)
うちの人、入れてぇ。(相談者)
はぁい、はいはい。(柴田理恵)

兄弟の・・仲が・・(相談者)

ホントに・・(相談者)

あんまり・・(相談者)

電話もしないし・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

行き来がないんですよ。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

そいでぇ、わたしは、そのうちの人の、お父さんとお母さんも、もう亡くなっていないんです。(相談者)
うん。(柴田理恵)

だからその、命日・・に・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
ぅぅぅ(泣いてる)・・(相談者)

いつもお墓参りに・・(相談者)

行っていたことも・・知らないんです。(相談者)

ああ・・あっ!(柴田理恵)

あなたが向こうのお父さん、お母さんのお墓参りに・・行かれてたんですかぁ?(柴田理恵)
そうです!・・はぁい・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

そうですかぁ・・(柴田理恵)
はぁい・・(相談者)

わかりました、じゃあ・・ご主人・・の、ご親族の方っていうのは、まったく疎遠であると。(柴田理恵)

そうです。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
・・
そしたら・・(柴田理恵)

ま、四十年ね・・一緒に居た・・あなた・・が・・(柴田理恵)

ま、ご主人の思い入れも含めて、その通帳を・・自分の物に出来ないものか?・・っていう、ご相談でよろしいですか?(柴田理恵)
ぁ、はぁい、そうです。(相談者)

わかりました、じゃあ、先生に相談してみましょうね。(柴田理恵)

はぁい・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
お願い致します。(相談者)

はい・・今日の回答者の先生は・・弁護士の坂井眞先生です。(柴田理恵)
ズッ・・はい。(相談者)
先生、お願いします。(柴田理恵)
はい・・(相談者)
よ・・(坂井眞)
よろしくお願いいたします。(相談者)
はぁい・・(柴田理恵)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 気の毒な話です。知識が無かったせいですね。

    内縁関係のまま放置してたのが一番の原因。
    亡くなった内縁の夫がだらしない。キチンと手続しておけばこんなことにはならなかった。相談者さんも自身が不利益を被るわけですから、もっと強く籍を入れるよう要求すべきでした。
    知識があればこんなトラブルは容易に予測できたはずです。
    死にそうになったら、急いで口座を移しておくことも必要でしたね。
    他山の石として参考にすべき事案でした。

  2.  よくもまぁ  内縁関係(ご相談者は苗字を入れてないと おっしゃいますが)を 長年続けて 亡夫の 戸籍すら把握 なさって おられずに 過ごしてこられましたねぇ!
     通帳に いくらの額が あったか分かりませんが  無知税だと お思いになさったほうが良いですね。
     生命保険金は満額 お受け取りになられたのですから。

  3. 多分入籍させてくれって言ったんだろうけど、相手に「なら別れる」って言われたんだろうね。
    この人も御金に困らないし相手に依存(愛してるとも言うかw)してるので、事なかれでココまで来たのだろう。
    しかし戦後生まれでもココまで無知な人っているんだね・・・

    相手の子供数とか離婚?してるのか全く知らない(調べようともしない)って凄いなあ・・・

  4. 私もあんまり同情出来ないです
    まあ不倫の慰謝料だと思えば安いものではないでしょうか