テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年6月20日(水)は、ドリアン助川&塩谷崇之。65歳の女性から。婚姻40年ほどで、半年前に退職した夫が家に居るようになり、生活リズムの違いから家庭内別居状態になる。家計は相談者が任されていた為、夫はいくらあるのか知らない。その為、提示するよう求められたが、癌闘病中の娘の生活と老後の為に蓄えてあった分は、誰にも知られたくない。財産分与と分けることはできるか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:65歳女性(33年間働いていた) 夫70歳(半年前に退職し家に居るようになる) 婚姻40年ほど 娘40歳前後(癌闘病中で家に居る・働けない) 3人暮らし 結婚し家を出た息子一人

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)
はい、お願いいたします。(相談者)
はい、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

え・・(ドリアン助川)
あのぅ、離婚についての財産分与についての相談なんですが。(相談者)
離婚・・の財産分与?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

あなた様の・・離婚ですか?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

え・・今、どんな状況なんでしょう?(ドリアン助川)

今、家庭内別居のような状態です。(相談者)
家庭内別居?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

はい、じゃあまず年齢から伺ってよろしいですか?(ドリアン助川)

わたしが65。(相談者)

主人が70です。(相談者)

え・・お子さんは?(ドリアン助川)
は(わ)、娘が・・(相談者)

家に一人おります。(相談者)
はぁ・・い。(ドリアン助川)

娘さんはじゃあ、ま・・まだ、お一人・・ということですね?(ドリアン助川)
そうです、はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ、三人で暮らされてるんですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

結婚されたのは、どれくらい前ですか?(ドリアン助川)
・・
もう、40年ぐらいになります。(相談者)
40年?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

この年齢になってから離婚を考えてるというのは、どんなことが、家庭で起きているんでしょうか?(ドリアン助川)

えっと、半年ぐらい前からですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

主人が、え・・家に・・(相談者)

居るようになりまして。(相談者)

でぇ・・(相談者)
家に居るようになった?(ドリアン助川)

あの、退職を・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
して、家に・・居るようになりまして。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あの、娘・・と。(相談者)

ぇ、若い者と、年寄りの生活のリズムの違いって言いましょうか。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そういう、あの、日々の生活の中でのストレスっていうのがありまして。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

娘がちょっと、体調があまり良くないので。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

まぁ、わたし・・が、面倒みないといけない状態で、主人と仲が悪・・あ・・っていうような状態だから・・(相談者)

ふぅーん・・(ドリアン助川)
あの、まぁ・・別に住んだ方がいいんじゃないか・・っていうことを、言い始めたんですね。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

それでぇ・・あのぅ・・(相談者)

まぁ、別れた方が・・まぁ・・今までもそういうことは何度か・・あったんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
まぁ、あのぅ・・(相談者)

まぁ、娘が病気・・っていうことで・・わたしも・・いろいろあった中で、耐えて今まで来たんですが。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
もう、これから先・・(相談者)

もう、あんまり長くないので。(相談者)

まぁ、この辺で、踏ん切りをつけようかなと。(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)
思って・・(相談者)

ちょっと・・(相談者)

財産・・を、その娘に残してやりたいと思ってますんで。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
どのぐらいの・・(相談者)

になるんか・・っていうのがですね。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

ちょっとご相談しよかなと思いまして。(相談者)
なるほど。(ドリアン助川)

あのただ、40年という暮らしがあって・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
結婚されてきて。(ドリアン助川)

ええ。(相談者)
例えば、別居する・・別々に暮らすっていう方法はない・・ないんですか?(ドリアン助川)
あっ、それを・・提案したんですけど。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

まずはそのぅ・・(相談者)

お金を見せてから・・(相談者)

に・・して欲しい・・って言うんですけど、見せたら・・その先どうなるか・・別居するか・・(相談者)

そのぅ・・どうするか・・っていうのが、ちょっとわたし・・(相談者)

分からないので、お金が、いくらある・・っていうのは、見せてないんですね、主人に。(相談者)

今まで結婚してから、全部、わたし一人で、してきたものですから・・(相談者)
あっ・・ちょっと待ってください。(ドリアン助川)

お家の・・経済というか・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
それは・・あなたが握ってる・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
わけですね?(ドリアン助川)
そうです、そうです。(相談者)
ぁ、なるほど、なるほど。(ドリアン助川)

ご主人は、あのぅ・・家庭に今、お金がいくらか・・あるか、わからないわけですね?(ドリアン助川)
そうなんです。(相談者)
ああ、そういう状況なんですか。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

それでぇ・・ま、そのご主人が知らない・・額を、わたしが聞くのもなんなんですけども。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
大変失礼なんですが。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

いかほどお持ち・・ですか?(ドリアン助川)
あ・・そんな、いかほどっていう程でもないんですけど、まぁ、娘が、生活をしていくだけ・・ぐらいは・・(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)
あの、蓄えておかないと、あの、働けないので、と思って・・(相談者)
ええ、ええ・・(ドリアン助川)
その、娘がちょっと、体が弱いのでですねぇ。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

その、生活、老後と思って・・(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)
あのぅ・・蓄えたものなんです。(相談者)
なるほど。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

お嬢さんは、あのぅ・・(ドリアン助川)

え・・体、悪いというのは・・こ、ここ・・心の方の病なんですか?(ドリアン助川)
いえ、そうじゃなくて・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

なんて言うんですか?癌・・って、言うんですかね?ちょっと・・(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)
はぁい、あの、体の方の・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
精神的なものではないんです。(相談者)

ぁ、そうなんですか?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
でぇ、で、お勤めは、してらっしゃらない?(ドリアン助川)
してないんで、出来ないんです。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

お嬢さん今、おいくつですか?(ドリアン助川)

40・・(相談者)

ぅ・・前後です。(相談者)
40前後?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

あの、お子さんは・・(ドリアン助川)

先ほど・・家に一緒に居るのは、娘さんだけだとおっしゃいましたけども。(ドリアン助川)
はい・・はい。(相談者)
他に、いらっしゃらない?(ドリアン助川)

えっと、息子が一人おります。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
が、あの、もう・・結婚をして・・(相談者)
けっ・・(ドリアン助川)
もう、孫もおります。(相談者)

あっ、そうなんですか?(ドリアン助川)
外に出ております。(相談者)
独立されて・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

でぇ・・まぁ、あ、そのぅ・・お嬢さんが、え・・今後・・(ドリアン助川)

暮らしていける分ぐらいの、お金はあると。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
でぇ、これ・・が・・(ドリアン助川)

離婚となった場合に・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

ん・・どうなるのか?っていう・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

ことですねぇ。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

でぇ、このぅ・・(ドリアン助川)

あの、離婚・・については・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

ご主人は・・(ドリアン助川)

じゃあ・・ぅぅ、そうしようか・・っていうこと。(ドリアン助川)
・・
言ってるんですか?(ドリアン助川)
言ってます。(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

まぁ、穏やかな・・(ドリアン助川)

関係で、離婚の話が進んでるというよりは。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

え・・旦那さんは、ちょっと、こう・・(ドリアン助川)

ぅ・・え・・怒り心頭っていう感じなんですか?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

ぇ、そうなんです。(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)

でぇ、家庭内別居って・・あの、先ほど伺いましたけども。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

冷静に話をするような状況ではないんですか?(ドリアン助川)
あっ・・それはあのぅ・・してます。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
してますって言うか・・あの、一方的に、わたしに言う・・ような状態です。(相談者)

はいはい。(ドリアン助川)

これ例えば・・あの、体の具合が悪いにしても・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

え・・どこか近所にアパート借りて・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
そこでお嬢さん暮らすっていう選択肢はなかったですか?(ドリアン助川)
ああ・・それはちょっと、一人には出来ないですねぇ・・あの、日々の生活がですね。(相談者)
まぁ、そうなんですか?(ドリアン助川)
はぁい・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)
あのぅ、はい、買い物とか、まぁ、衣食住がですね。(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)
無理・・だと思います。(相談者)

息子さんと一緒・・っていうのも、難しいですかねぇ?(ドリアン助川)
あ、はぁ・・無理ですね。(相談者)
家庭がありますもんね。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

なるほど。(ドリアン助川)

ん、ん、でぇまぁ・・じゃあ・・「別居しましょう」と、言ったら、お父さんが逆上して。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

え・・「いくらあるんだ?」と・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
それによって、かん・・考えるよと。(ドリアン助川)
は、はい、そうなんです。(相談者)

でぇ、今はもう、離婚に向けて、まっしぐら、という形なんですか?(ドリアン助川)
は、はい。(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

でぇ・・(ドリアン助川)

あなた様としては・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

どうしたいんですか?(ドリアン助川)

ああ、わたしとしては、あのぅ・・(相談者)

主人名義の、ちょ・・預貯金もあります。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
だから、その分は・・(相談者)

まぁ、見せるっていうか、主人に渡してもいいと思います。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あとの残った分・・残った分っていうか・・わたしの・・まぁ、貯めた分もあります。(相談者)

それは・・(相談者)

あの、誰にも言いたくなくて、娘に残してやりたいと思います。(相談者)
はい、40年・・(ドリアン助川)
だから・・(相談者)

はい。(相談者)
こつこつと・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

それはあのぅ、娘の為に・・(相談者)

せ・・老後の為にと思って、わたしが、貯めたお金・・まぁ・・あの、それは、利己主義ですけれど・・思って貯めたお金だから、もう、誰にも言いたくないんです。(相談者)

は、はぁい。(ドリアン助川)

ま・・(ドリアン助川)
だから、その方は、残したいから、それは主人に内緒なんです。(相談者)

爪に火を灯すようにして貯めたお金ですか?(ドリアン助川)
あはぁ・・そうなんです。(相談者)

うーーん・・(ドリアン助川)

それはもう・・なんとしても、娘・・さんに、ということですね?(ドリアン助川)
はぁい・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

離婚となった場合・・一般的には、どういうことかも含めて・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

それでは、伺ってみましょう。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
え・・今日の回答者の先生紹介いたします。(ドリアン助川)
・・
弁護士の塩谷崇之先生です。よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. お話の感じからは、ご主人との関係がわからなかったけれども、家にいるってことがそんなにストレスって。。。二人の娘さんなのになんで協力してやっていけないのかと。そんなこと言って、別れたいだけでしょう。
    娘のためというけれども、お金握っていたいのは相談者さんではないのかな。
    何千万円かはわかりませんが、今こうしてお金を貯めることができたのはご主人のおかげではないでしょうか?娘さん、病気抱えて親御さんのいなくなったあとに一人で生きていかなければならないって、どんな病気なのでしょうか。
    本当にそのためだけですか?

    よくわからないな~

    キレイごと言う人って、こんな感じ。

    金額を、絶対に言わないのは、どんな人かわかる気がする。

    私ならすぐに言っちゃうな~

    娘さんのために、夫婦で協力するなら理解できるけども。
    この話だけでは「お金をわたしたくない」しか見えませんでした。。。
    相談者さんにすべてを任せてきたご主人を切りたいんですね。

  2. ariari さんに同感です。
    この相談者さんの言い分は、まるで「夫のものは私のもの、私のものは私のもの」ってことですよ。
    ずいぶん自分勝手な考えです。
    離婚したい理由ってのも自分勝手な理由なんじゃないかな?