テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

塩谷崇之アドバイス

はい、こんにちは。(塩谷崇之)

こんにちは、よろしくお願いします。(相談者)
はい。(塩谷崇之)

えー、今ひと通りお話を聞かせていただきました。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

それで、ま、いろんな問題があるみたいなんですけどねぇ・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

娘に嫌悪感

そもそもあなた・・(塩谷崇之)

ぅ・・お嬢さん・・のことが・・なんか、すごく、嫌いなんですか?(塩谷崇之)

・・

・・

・・

なんかねぇ・・すごく、そういう感じを受けるんだけれども・・なんかこう憎しみに・・満ち溢れてるというか・・(塩谷崇之)

・・

・・

ウーーン・・(相談者)

っていうか・・(相談者)

娘の行動が・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)

あのぅ・・あまりにもちょっと・・(相談者)

・・

普通の・・お子さんよりも、かけ離れているので・・(相談者)

・・

あ、あまりにも本当に男関係が・・(相談者)

だらしないので。(相談者)

うん。(塩谷崇之)
あのぅ・・(相談者)

やっぱり嫌悪感を感じてますね。(相談者)

あなた自身の嫌悪感・・なんですかね?(塩谷崇之)
娘に対して。(相談者)

うーーん・・(塩谷崇之)

・・

なんかねぇ、そのぅ・・・(塩谷崇之)

ま、こういう言い方すると、失礼かもしれないけれども・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

なんかこう、母親としての愛情みたいなのが全然感じられないんですよね。(相談者)

・・

・・

ウーーン・・(相談者)

うん、なんかすごくこう、もう、嫌だと。(塩谷崇之)

娘が嫌だと。(塩谷崇之)

あるいはその娘の・・(塩谷崇之)

生活・・態度がもう、我慢ならないと。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

・・

でぇ・・(塩谷崇之)

ま、よくそういうご相談って、あるんですけれどもね。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

あのぅ・・ただそれは・・(塩谷崇之)

こう、娘・・(塩谷崇之)

お嬢さんがね・・あのぅ・・・(塩谷崇之)

お嬢さんに対する、こう・・(塩谷崇之)

愛情・・でね。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
ぇ・・なんとかそのぅ・・娘を立派な・・(塩谷崇之)

大人に・・まで、育てたいとかね。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

え・・・娘に幸せになって欲しいとか・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

そういう・・ことでね・・(塩谷崇之)

あのぅ・・・(塩谷崇之)

そういうこと、おっしゃる方っていうのは・・(塩谷崇之)

ま、よくいらっしゃるんですけれども・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

なにかこう、あなたの価値観に、押し込めよ押し込めようとするけれども・・(塩谷崇之)

それが・・(塩谷崇之)

え・・お嬢さんがその、あなたの価値観のところに入ってこないんで・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)

それで、それを・・まぁ、おじょう・・その怒りを、お嬢さんに対しぶつけ・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)

ぇ、そしてその、交際相手の男性に対してぶつけ。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

なんか、そこに全然そのぅ・・母親としての愛情・・みたいなものが全然なくってね・・(塩谷崇之)

・・

なんかその本当に・・もう嫌いとか、憎らしいとかいうような、そういう・・感情しか、伝わって来ないんですよね。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

・・

・・

でも、そういうことだと・・(塩谷崇之)

・・

・・

たぶん・・お嬢さん、この状態から・・(塩谷崇之)

・・

抜け出すことってないと思いますよ。(塩谷崇之)

ないと、ないと思うってこと、ないな、あのぅ・・(塩谷崇之)

うーーん、何年かすれば、そういう・・抜け出すことになるのかもしれないけれども。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

あなたがいくら、その、押し込めよう、押し込めよう・・あるいはそのぅ・・あなたの嫌いなものを排除しよう、排除しようとしても・・(塩谷崇之)

あなたの好き嫌いで、そういう・・(塩谷崇之)

ふうに・・(塩谷崇之)

子供に対して接してもね。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

お子さんは・・(塩谷崇之)

それに対してはまぁ、反発するだけですよね?(塩谷崇之)

はい。(相談者)

・・

・・

・・

突き放す

うん、だから・・どうすればいいでしょうか?・・という・・(塩谷崇之)

ご質問に対しては・・(塩谷崇之)

・・

もう、あのぅ・・放っておけば・・いいんじゃないん・・ですかねぇ?(塩谷崇之)

わたしはそういうふうに・・しか・・答えられないんですけれども。(塩谷崇之)

あ、そうですか?(相談者)
うん・・あのぅ・・まぁ、なにか言うとね、「出て行けばいいんでしょう」・・っていうふうに・・言うんであればね・・(塩谷崇之)

ええ。(相談者)

うん・・だったらあの、じゃあ・・あのぅ、「出て行けば」と・・(塩谷崇之)

・・

「出て行って、あなたの好きなように過ごしなさい」と。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

・・

ま、どういう男性と付き合おうが・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

別に、お母さんとしては・・あなたが、そのまぁ・・(塩谷崇之)

え・・ほんとにこう、人の道に外れたことさえしなければね。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
あなたの好きなようにやってみなさいと。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

・・

で、なにか困ったら・・頼って・・きなさいと。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

・・

・・

いうぐらいにねぇ、こうもう一旦・・(塩谷崇之)

あのぅ・・放り出してみたらどうなんですかねぇ?(塩谷崇之)

・・

・・

・・

そうですねぇ・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)

ま、男関係だらしないって、確かに親としては心配・・だと思いますよ。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

でも、今、あの、あなたの状態って、心配だというの通り越して・・(塩谷崇之)

ほんとにこう・・なんかお嬢さんを・・毛嫌いしてるような・・(塩谷崇之)

ええ。(相談者)
そういうふうに聞こえちゃうんですよね。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
わたしがそういうふうに聞こえてしまうんだから、お嬢さん、もっとそれを感じてるんだと思いますよ。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

お母さんは、わたしのことが嫌いだと。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

フゥ・・(相談者)

で、そういう状態であなたが・・(塩谷崇之)

・・

ね、お母さんの価値観・・に、従いなさいと。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
いうふうに言ったって、それは・・(塩谷崇之)

お嬢さんに響かないですよね。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

・・

うん・・(塩谷崇之)

・・

・・

もう少しわたしが・・娘に対して、アレですか・・(相談者)

フゥ・・(相談者)

優しく・・(相談者)

・・

・・

優しい対応をして、あげ・・あげた方が、よろしいわけですか?(相談者)
優しくなくてもいいと思いますよ。(塩谷崇之)

はぁい。(相談者)

いや、厳しくてもいいんだとは思いますけれども。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

あなたの好き嫌いで・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)

お嬢さんを押し込めようとしちゃ、やっぱダメだと思いますよ。(塩谷崇之)

・・

・・

・・

わかりました・・(相談者)

うん。(塩谷崇之)

だからそこをね・・(塩谷崇之)

あのぅ・・まぁ・・(塩谷崇之)

二十歳っていうのはね、あのぅ・・あなたから見ると、ほんとにまだまだ、子供と思うかもしれないけれども。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

他方でやはり・・こう、大人の世界に入って・・きているわけですから・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

・・

え・・(塩谷崇之)

・・

優しくするんじゃなくて・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
突き放してもいいですから・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)

でも、お嬢さんが・・(塩谷崇之)

助けを求めた時には、自分は・・(塩谷崇之)

ぁ、助てあげるよっていうような、そういう・・(塩谷崇之)

そういうなんて言うんでしょうかね、愛情の示し方っていうのが、あるんじゃないかと思うんですよね。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

・・

その辺りをね、考えてみていただくと・・(塩谷崇之)

お嬢さんとの関係もちょっと変わってくるんじゃないかなとは思うんですけれども・・(塩谷崇之)
あ、そうですか?(相談者)
はぁい。(塩谷崇之)

わかりました。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク