テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

三石由起子アドバイス

はい。(三石由起子)

こんにちは。(三石由起子)
あ、こんにちは、よろしくお願い致します。(相談者)
困ったねぇ・・(三石由起子)

困りました。(相談者)
困った・・あのねぇ・・(三石由起子)
はい。(相談者)

死ぬ危険というのは・・(三石由起子)
はい。(相談者)
考えて・・(三石由起子)
ええ。(相談者)
大きいですか?(三石由起子)

・・

・・

一旦、うちに・・(相談者)

帰ってきて・・(相談者)
うん。(三石由起子)

まぁ、わたし達と、話し合って、帰って・・(相談者)

仕事に出てるので・・(相談者)

大丈夫かなぁ・・とは、思うんですけれども・・(相談者)
うん。(三石由起子)

あの、一連の・・(三石由起子)
はい。(相談者)
新しい事件が、起きたわけじゃなくて・・(三石由起子)
はい。(相談者)

一連の、この流れからいうと・・(三石由起子)
ええ。(相談者)
わたしは、その危険はもう、去ったと思うんですよね。(三石由起子)

あ・・そうですか?(相談者)
うん。(三石由起子)

はい。(相談者)
あのね・・(三石由起子)

ええ。(相談者)

普通に住んでる夫婦が・・(三石由起子)
はい。(相談者)
いざいざ、別れようっていう時はねぇ・・(三石由起子)
はい。(相談者)

やっぱ、修羅場・・やらないと・・(三石由起子)
はい・・(相談者)

上手くいかないってことが多いのね。(三石由起子)

ウン・・(相談者)
円満離婚なんかしちゃうと・・(三石由起子)
ええ。(相談者)
なんかグズグズしちゃうような・・ことっていうのも多いんですよ、実際は。(三石由起子)
あっ・・(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)
あの・・(三石由起子)

できたカップルなら別ですけども・・(三石由起子)

はい、ええ・・(相談者)
一般の者はね・・(三石由起子)
ええ。(相談者)

やっぱり相手を憎んだり・・(三石由起子)
はい。(相談者)
ねえ。(三石由起子)

はい。(相談者)
え・・いっぱい傷ついたり・・(三石由起子)

ええ・・(相談者)
相手も傷つけたっていうことがわかってね。(三石由起子)

はいはい。(相談者)
しないとダメなんですよ。(三石由起子)

わたしは一つ、持論があって・・(三石由起子)
はい。(相談者)

人間が別れる時っていうのはね・・(三石由起子)
はい。(相談者)

・・

まあ・・(三石由起子)

・・

ぁ・・ほら・・してもらったこともいっぱいあるけど、してやったこともあるじゃないか。(三石由起子)

はい。(相談者)
ねえ。(三石由起子)

はい。(相談者)
傷ついたこともいっぱいあるけれども・・(三石由起子)
ええ。(相談者)
傷つけたこともいっぱいあるじゃないかっていう・・(三石由起子)

はい。(相談者)
つり合いの問題だと思うんですね。(三石由起子)
はい。(相談者)

どのくらい傷つけたか?(三石由起子)

うーん、はい。(相談者)
自分が、どのくらい傷ついたかって・・(三石由起子)
ええ。(相談者)

これねぇ・・(三石由起子)
はい。(相談者)
お嬢さん、バランスとれてないからねぇ。(三石由起子)
はい。(相談者)

別れられないんですよ。(三石由起子)

どうバランスがとれてないかっていうとね・・(三石由起子)
はい。(相談者)

彼女、傷ついてないんです。(三石由起子)

甘ったれてるの。(三石由起子)

ぁぁ・・(相談者)

ああ、大丈夫じゃないか、許されるじゃないか・・って。(三石由起子)
はい。(相談者)
「お前がやったことは、許されることじゃない!」(三石由起子)

そうですよねぇ・・(相談者)
うん・・(三石由起子)
はい。
っていうことはね・・(三石由起子)
ええ。(相談者)
やっぱり、母親がいい顔をして・・(三石由起子)
ええ。(相談者)

女性の思いとしてなんか、聞いちゃダメなんです。(三石由起子)
あ・・はい。(相談者)

「お前のような女の考えてることなんか、わからない!」(三石由起子)

うーん・・(相談者)
っていう態度、大事じゃないですか?(三石由起子)

そうですよねぇ。(相談者)
母親として。(三石由起子)

はい。(相談者)

今から・・だってねぇ・・(三石由起子)
ええ。(相談者)
このお嬢さん、33歳ですよ。(三石由起子)
はい。(相談者)

今からまた・・恋愛もするでしょうし。(三石由起子)
はい。(相談者)

今からまた、別の人と結婚もするでしょう。(三石由起子)
はい。(相談者)

新しい人生っていうのが、あるわけですよ。(三石由起子)
はい。(相談者)

そんな時にね・・(三石由起子)
はい。(相談者)

ここ・・で、あなたが甘やかしてね・・(三石由起子)
ええ。(相談者)

わたしはいいことは、一つもないと思う。(三石由起子)

はい。(相談者)
「お前の気持ちなど、わからない!」っていうことをね。(三石由起子)

はい。
示して突き放してやることが、わたしは・・(三石由起子)

あなたが出来る事だと思う。(三石由起子)

はい。(相談者)
つまりね。(三石由起子)
はい。(相談者)

メールとか・・(三石由起子)
はい。(相談者)
送ってきたら、「五月蠅い!」だよ。(三石由起子)

あ・・(相談者)

うん・・(三石由起子)
はい。(相談者)
「腐れ女の戯言、聞きたくない!」・・(三石由起子)
ふふっ・・(相談者)
ぐらいのこと、言っていいと思います。(三石由起子)

あはっ・・そうですか?(相談者)

わたしなら、言ってやる。(三石由起子)

あっ・・(相談者)
わたしなら言ってやるよ。(三石由起子)
そうです・・うーん・・(相談者)

うん。(三石由起子)
そうですよねぇ・・(相談者)
お前のような人間と・・(三石由起子)

ウン・・(相談者)

え・・会話をしたら、自分が穢れると。(三石由起子)

あぁ・・そうですか・・(相談者)
うん、しばらく・・(三石由起子)

ええ・・(相談者)
わたしには、連絡してくれないで・・(三石由起子)
ええ・・(相談者)

欲しいと。(三石由起子)
うーん・・(相談者)

連絡寄こすなと。(三石由起子)

あぁ・・(相談者)
自分がしたことを、一生懸命、ちゃんと考えなさいと。(三石由起子)
ええ・・(相談者)

そのくらいのこと、突き放さないとね・・(三石由起子)
ええ。(相談者)

彼女はねぇ・・(三石由起子)
ええ。(相談者)
もう人と・・グズグズ、グズグズ話して、なんとなく人生過ぎていってしまうのよ。(三石由起子)

ウーン・・(相談者)
なんとなく、痛みも緩み・・(三石由起子)

ええ・・(相談者)
傷も癒えてしまい・・(三石由起子)
ええ・・(相談者)

そんなことはねぇ・・(三石由起子)

わたしは母親が片棒担いで、いいことだと思いません。(三石由起子)

ウン・・(相談者)

でね、今ね・・(三石由起子)
はい。(相談者)

元の夫、追いかけてるわけですよね?(三石由起子)
はい。(相談者)

放っとけばいいんですよ。(三石由起子)

こんなの追いかけたら嫌われるだけなんだからね。(三石由起子)
あぁ・・(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)
やっぱりあのぅ・・(三石由起子)

この優しい夫がね。(三石由起子)
ええ・・(相談者)

もう、五月蠅い、迷惑だ・・って、言ってもくれるでしょうし・・(三石由起子)
ウーン、ハイ。(相談者)

電話番号jも、変えてもくれるでしょうし。(三石由起子)
ええ、ええ。(相談者)

メールも着拒してくれるでしょうし・・(三石由起子)
ええ・・(相談者)

そこまでしてくれるんだけれども・・(三石由起子)
ええ。(相談者)

親として出来ることはね。(三石由起子)
ええ。(相談者)

やっぱり、あなたの生き方は、認められない・・っていうことを・・(三石由起子)
はい。(相談者)

あなたは、はっきりと教えることであって・・(三石由起子)
ええ・・(相談者)

わかってやることじゃないと思う。(三石由起子)

ア・・ハイ・・(相談者)
っていうのはねぇ・・(三石由起子)
はい。(相談者)

これが、中学生や高校生ならいざ知らずですよ。(三石由起子)
はい。(相談者)

33歳です。(三石由起子)
はい。(相談者)

ねぇ。(三石由起子)
はい。(相談者)

33歳っていうのは、ちゃんと、大人なんだよ。(三石由起子)

そうですよねぇ・・(相談者)
大人でなきゃ、いけないんですよ。(三石由起子)
はい。(相談者)

で、こんなね、男女のグズグズしたことはね・・(三石由起子)
ええ。(相談者)

・・

親に言うことじゃないんだよ!(三石由起子)

うーん・・(相談者)
恥を知れ!ですよ。(三石由起子)
うふふふっ・・(相談者)
そこはねぇ・・(三石由起子)
はい。(相談者)
親にも隠さなくちゃいけないんだよ。(三石由起子)
ふふっ・・そうですよねぇ・・(相談者)
うん、それ、笑ってるとこじゃない!(三石由起子)

あ、すいません。(相談者)
そこ笑ってるとこじゃない。(三石由起子)
はぁい。(相談者)
うん。(三石由起子)

ウーン・・(相談者)
親には恥ずかしくて言えないとかね。(三石由起子)
はい。(相談者)

そういう自覚がないといけないの。(三石由起子)

ふーん・・(相談者)
それをね、あのぅ・・(三石由起子)
はい。(相談者)

娘の気持ちを・・(三石由起子)

わたしがクッションになって、お父さんに・・って、バカ言ってるんじゃない!あなたもだらしない・・って・・(三石由起子)
あぁ・・(相談者)
思われるよ。(三石由起子)

ぁ、そうですねぇ・・(相談者)

そうですよ。(三石由起子)

もう、こうなればねぇ・・(三石由起子)
はい。(相談者)

あなたも・・まぁ、56歳・・(三石由起子)
はい。(相談者)
一人前の女性と言うにも、なんだけども・・(三石由起子)

はい。(相談者)
相手も・・ねぇ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
あの、お嬢さんも、33歳。(三石由起子)

はい。(相談者)
ねえ。(三石由起子)

これは、女性の生き方ですよ、お互いにね。(三石由起子)

はい。(相談者)
こんなもんに理解示してどうします。(三石由起子)

はい・・え、もう、ほんと、理解はしたくないんですよね、ええ・・(相談者)
だから、口もきいちゃいけないって言ってるの、わたしは。(三石由起子)
あぁ・・(相談者)

メールなんか着拒でいいと思いますよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
そんなグズグズ・・お母さんは聞きません。(三石由起子)

はい。(相談者)
耳が穢れるから止してください。(三石由起子)

はい。(相談者)
悩むんなら、お一人でどうぞ。(三石由起子)

はい。(相談者)
と、わたしなら言います。(三石由起子)

はい。(相談者)
あなたが、できるかどうか、わからないけど。(三石由起子)

ぁ・・(相談者)

はい、わかりました。(相談者)
ウン・・うん。(三石由起子)

はい。(相談者)

厳しく育てましょうよ。(三石由起子)

あ、わかりました・・はい。(相談者)
はい。(三石由起子)

はい、ありがとうございます。(相談者)

ふふふ・・(今井通子)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク