テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年8月9日(水)は、ドリアン助川&三石由起子。中3の息子、この春に高校進学で、バイク免許を取ることを楽しみにしている。しかし、心臓病でペースメーカーを入れているので、運転免許取得できないし運動制限もされている。今、思春期の多感な難しい時期で、反抗期。どういうタイミングで告げたらいいだろうか?自暴自棄になったりしないか、心配で仕方ない。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:52歳女性 夫52歳 長男20歳 次男は中学3年生・心臓病患っている

はい、今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)
はい、はい・・えーっと・・次男、中学3年生・・なんですけど。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ペースメーカーと運転免許

心臓病でして・・(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

でぇ・・あのぅ・・春から・・高校に進学いたします。(相談者)
でぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
え・・バイクの・・運転免許が、16歳から取れると思うんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

カラダに・・・ペースメーカーを入れておりまして。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ、それを入れてる者は、やはり、運転免許が取れないということを・・わかってるんですね・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
つける時に・・ドクターの方から、そう言われたんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それが、本人には・・あのぅ・・(相談者)

ちょっと告げてませんで・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

でぇ、やはり・・楽しみに・・にっていうんですかねぇ・・(相談者)

え、でぇ、今後、それをどのような形で・・言って・・いけば・・こう・・(相談者)
・・
スムーズに、飲み込んでくれるかなぁ?と思うんですけど・・(相談者)

えっと・・高校進学したら、「バイクに乗りたい」って、言ってるわけですか?(ドリアン助川)
・・
あ・・ものすごく、あのぅ、もう・・ほんとに・・大人しかったら、いい・・よろしいことなんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ、もの凄く、行動範囲の広い・・あのぅ、まぁ・・俗に言う、今風のもう・・中学生なんですね。(相談者)

今風の中学生・・(ドリアン助川)
うん・・(相談者)
みんなバイク乗りたがりますかねぇ?(ドリアン助川)
あっ・・(相談者)

まあ、バイクというかですね・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あのぅ、ま、ま・・それはとく・・16歳ですけど、今後・・例えば、二十歳になれば(18歳ね)、車の免許とか、ございますよね?(相談者)
ええ、ええ。(ドリアン助川)

そういうあのぅ・・先の事でちょっと・・(相談者)

まぁ、そろそろ言わなといけないなぁ・・って、思ってるところでも・・あるんですが・・(相談者)
なるほど、はい。(ドリアン助川)

ただ今・・すごく、多感な時期でですね・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

あの、もの凄く・・日頃から・・反抗期が酷くてですね。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

それでぇ・・あのぅ・・言うのがちょっと、躊躇・・されるもので、ありまして・・でぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
それで、ちょっと、自暴自棄に、ならないかなぁ・・と、思いまして・・(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)

理解はしてるけれども

はい。(相談者)
え・・じゃあ、もう少し、詳しく教えてくださいね。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
えっと・・(ドリアン助川)

あなた様・・あの、旦那さんは?(ドリアン助川)

はい、わたし52で・・(相談者)
・・
主人が50・・同じく、52で、あのぅ・・(相談者)
・・
長男が、二十歳です。(相談者)

はぁい、で、お子さん二人?(ドリアン助川)
でぇ、次男が・・はい?・・はい。(相談者)

旦那さんっていうのは、そのぅ・・割と・・(ドリアン助川)

その次男・・あるいは長男の方と、よく話すタイプの方ですか?(ドリアン助川)
ああ、あのぅ・・非常に・・いい・・お父さんと思います。(相談者)
いいお父さん?(ドリアン助川)
はい・・はい。(相談者)
いいお父さんも・・(ドリアン助川)

ペースメーカーについては・・(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)
え・・次男にまだ、詳しいことは、語ってないんですね?(ドリアン助川)

そうですねぇ、もう・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

まぁ、ま・・え、そういうことです。(相談者)
折見て言おうかっていう形ですね。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
はいはい。(相談者)
折見て言おうか・・と?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
うん、この心臓病っていうのは、産まれつきなんですか?(ドリアン助川)

えーっと・・幼稚園の時に、発覚いたしまして・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

で、現在まで・・小学校、中学校までは、運動制限の中で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あのぅ、ストレス溜めながら・・きてるんですね。(相談者)

運動制限、あったわけですね?(ドリアン助川)
もの凄くありました、体育は、全般的に見学とか・・ですねぇ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ、あとは、あのぅ・・なんて言ったっけ・・(相談者)

例えばあの・・修学旅行ならびに・・ぃ・・ぇ・・そういうものは・・ちょっと、そういう、山の所には・・行くしょう・・行く場合はちょっと、欠席になりましたり・・(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)
スキーはできないとか・・(相談者)

スキー?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あ、山に行ったり、スキーっていうのは、もう、出来ないということですか?(ドリアン助川)
できなかったんですねぇ・・(相談者)
で、う・・(ドリアン助川)
海と・・海とかですねぇ。(相談者)
海とかね?(ドリアン助川)
はいはい。(相談者)

でぇ、この・・都度、まあ、あなたはこういう病気があるので・・(ドリアン助川)

え・・「これ無理なのよ」って説明は、されてきたわけですよね?(ドリアン助川)
あ、当然・・してますし・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
事前に・・学校から、何月に、これがあるからいう・・事前の・・あの、親・・親との、協議ですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
学校、出向きまして。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

でぇ・・それは・・それに対して、出席・・欠席の・・返事をしてきてるんですけど・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

で、学校では、あのぅ・・凄くよく恵まれてまして・・(相談者)
・・
あのぅ・・いい先生にも恵まれて・・あのぅ・・ただそのぅ・・(相談者)

その1点だけなんですね、病気のことに関して・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
で、ストレス溜めて・・下校してくるんですねぇ。(相談者)
あ・・あのね?(ドリアン助川)

えっと、これまで・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
そのぅ・・運動制限とか・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・修学旅行、あなた、これ、行けないのよ・・とか。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
そういう、事を言う時に・・(ドリアン助川)

ぁ、息子さんは、どういう・・(ドリアン助川)

感じでした?(ドリアン助川)

もう、大変、傷ついてましたねぇ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
はいはい、言うと、蹴られ・・はい?(相談者)
それ言うと、どうなっちゃうんですか?(ドリアン助川)

やっぱり、理解は当然、いたしております。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

で・・落ち込んでますねぇ、すごく。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
・・
うーん・・(相談者)
もう・・部屋に引き籠っちゃような感じ?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

はい、そうですね。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

タイミング

でぇ、まあ・・あのぅ・(相談者)

にち・・日常的だったら、お友達には、もの凄く、恵まれて、非常に・・多いですねぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ああ、なるほど。(ドリアン助川)
でぇ・・ええ、お友達のおかげで、今があると思ってるぐらいなんですけど・・(相談者)
友達が、いっぱいできるような性格ではあるわけですね?(ドリアン助川)

あっ・・もの凄く、社交的です。(相談者)
はいはいはいはい。(ドリアン助川)

でぇ、あのぅ・・例えばあの、友達同士でぇ・・まあ、ゆう・・そういう、遊園地とか、行こうと思っても、自分だけ・・乗り物が乗れないとかいうことも、ありますし・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

その、ま・・若干、生活にも・・支障が・・自転車も・・(相談者)

あの、思い切り、こぐことができないとかですねぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ただ、本人は、自覚症状がないので・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
これ以上したら、やはり、倒れるいうことは・・(相談者)

あの、わかっておりますので・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

まあ、自分なりには・・ブレーキ、かけてるところなんですけど・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
やはり、ちょっと、度を踏み外したら・・(相談者)

あの、行き過ぎるところも、あるんですねぇ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

で、これからまぁ・・その都度・・(ドリアン助川)

いろんな問題が、起きてくるかと思うんですけども・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
今、一番・・お母さん、お父さんが、心配されているのは・・(ドリアン助川)

その、バイクの免許とか、車の免許ってのは、今後、難しいんだよっていうことを言うのが・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)

そうです。(相談者)
タイミング・・(ドリアン助川)

ん、ん・・ですか?(ドリアン助川)
タイミングですね、はい。(相談者)
うん・・どういう言い方をしたらいいか?ということですか?(ドリアン助川)
はい、そうです。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

それはつまり、本人が・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
えー、そこに夢があるようなことを、これまで、言ってきたわけですか?(ドリアン助川)

あのぅ・・夢は持ってますよねぇ・・あのぅ、二十歳・・ま、長男が、運転免許、最近、取りましたのでぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あ、自分も・・その、あの車を乗りたいとか・・(相談者)
・・
テレビ、見てましたら、そういうこと言いましたり・・(相談者)

でもそれ・・(ドリアン助川)

言うしかないですよねぇ?(ドリアン助川)

あの、命と、どっちが大切なんだ・・って言うたら、当然、そうなんですけどねぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
あのぅ・・・(相談者)
・・
なんて言うんですか?ひぼう(誹謗?)・・(相談者)

ひぼう・・なんて言うんですか?荒れちゃうって言うんですかね?(相談者)
はい。(ドリアン助川)
その、自暴・・自暴自棄に、なってしまうんじゃないかなぁ・・と思うんですね。(相談者)
まぁ、もともと、15、6って多少、荒れる時期ですからね。(ドリアン助川)
はい、はい・・その通り・・(相談者)
で、プラスアルファ・・そのぅ・・自分が背負ってしまった運命のようなもので・・(ドリアン助川)

どうしたらいいかわかんないっていう気持ちになる時、あるかと思うんですけどねぇ・・(ドリアン助川)

あのぅ・・(ドリアン助川)
はい、はい。(相談者)
男の子の友達は、いっぱいいるわけですね?(ドリアン助川)
・・
もの凄く沢山います。(相談者)
女の子は?(ドリアン助川)

あ、おります。(相談者)
女の子の友達もいる?(ドリアン助川)
はい、はい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

ま、でも、友達・・がね、みんな・・(ドリアン助川)

救い・・(ドリアン助川)
あ・・(相談者)
の手を、差し伸べて・・くれてるような分もあると・・(ドリアン助川)
そうです・・(相談者)
さっき、おっしゃいましたけど・・ええ。(ドリアン助川)
そうです、はい。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
ほんとに、そうです。(相談者)
そうですか?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
どういうタイミングで・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)

それを語るか?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
うん、では・・今日の回答者の先生・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

相談してみてください。(ドリアン助川)
はい、はい、ありがとうございます。(相談者)
三石メソッド主宰で、作家で翻訳家の、三石由起子先生です。(ドリアン助川)
はい。(三石由起子)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク