テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年6月25日(月)は、加藤諦三&大原敬子。42歳の息子は44歳の年上女房の所有するマンションに住む。普通のサラリーマンだが、収入は平均の約半分の月に30万近く。嫁が強く、昨年、仕事から帰ってくるとマンションの廊下にスーツ等を投げ捨てられ「出て行け」と追い出される。10日ほど実家に居るも溺愛する息子の為に虐待覚悟で戻っていき、また追い出されるの繰り返し。
加藤諦三氏の〆の言葉『弱い人は、自分からトラブルを呼び込んでしまいます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:70歳男性 妻70歳 二人暮らし 所帯を持って独立した子供も二人 長男42歳(妻44歳・男の子6歳) 次男38歳

もしもし?(加藤諦三)

はい、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい、お願い致します。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)
わたしは、70歳です。(相談者)
70歳・・(加藤諦三)

結婚してます、今?(加藤諦三)

はい、してます。(相談者)
奥さん何歳ですか?(加藤諦三)
妻・・も、同じ歳です。(相談者)

70歳・・(加藤諦三)

でぇ、今は・・あのぅ、お二人で暮らしてるんですか?(加藤諦三)
そうです。(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

長男・・(相談者)

次男、二人の子供がいます。(相談者)

はい、長男、何歳ですか?(加藤諦三)
42歳。(相談者)
はい。(加藤諦三)

次男は?(加藤諦三)

次男は、38歳。(相談者)
はい、でぇ、二人共、結婚してるんですね?(加藤諦三)
そうです。(相談者)

そいでもう・・所帯を持って・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
別・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
そいでぇ?(加藤諦三)

それでぇ・・(相談者)

長男の・・(相談者)
・・
嫁が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・44歳でぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

この長男の嫁が、マンションを所有しておりまして、そこで住んでるわけです。(相談者)
あっ・・長男・・夫婦が、そこに、マンションに住んでるわけねぇ?(加藤諦三)
はい。(相談者)

名義は・・(加藤諦三)

ぉ、お嫁さんの名義ですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

だからあのぅ・・やっぱりあのぅ・・(相談者)
・・
ちょっと、強いんですよね。(相談者)

ああ、お嫁さんの方がね。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

地所がある・・だけにですね・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)

長男の方が、ちょっと、収入が、普通の・・サラリーマンだ・・なんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

収入が・・ちょっと平均の、半分・・ぐらいしかないんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、常に、なんかあのぅ・・お金のことで、揉めてまして・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

昨年も・・(相談者)

そのマンションの廊下に・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

あの、長男は会社に行ってる間に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
背広・・ですとか・・(相談者)

あの、所有物を投げ捨てられて・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

「もう、出て行きなさい」・・という意思表示をされて。(相談者)

ええ。(加藤諦三)
あの、約10日ぐらい・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
実家に・・わたしのとこに、戻ってきたことがあるんです。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

で、それで、その時は・・「もう一度我慢する」と。(相談者)

6歳の、子供が一人、いるんです、長男、男です。(相談者)

はい。(加藤諦三)

小学校1年生が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

非常にかわいいんで。(相談者)
はい。(加藤諦三)
「僕はこの子のためにまた・・」(相談者)

あの、「どんな虐待を受けてもまた、戻ってみる」と、「努力してみる」ということで、戻って行きました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そしたらまた、あのぅ・・最近になって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
また同じような、問題で・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
収入が少ないもんですから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そういう話になりまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、最近になっては、特に・・相手の方から・・(相談者)

「出て行け」とか。(相談者)
うん。(加藤諦三)

「タヒんでしまえ」とか。(相談者)
うん。(加藤諦三)

去年のことを、「なんでまた戻ってきたんだ?」とか。(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういう言い方をしょっちゅう・・されるん・・らしいですよ。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

はい。(加藤諦三)
わたしは、直に聞いたことはありません。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、それでぇ・・やっぱりあのぅ・・そんな状態で。(相談者)
うん。(加藤諦三)

夜遅くまで・・仕事としてるのに。(相談者)
うん。(加藤諦三)

精神的に、大丈夫かなぁ?・・と、思ってまして。(相談者)
うん。(加藤諦三)

どうしたらいい・・いいものか・・ですねぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
あのぅ・・相談・・(相談者)

したわけなんですけども。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

収入が半分ぐらいで・・しかも・・マンション・・が、お嫁さんの所有と、お嫁さんは、働いてるんですか?(加藤諦三)

バイト的な・・ものをやってます。(相談者)
でぇ・・(加藤諦三)

その、バイト的でも、収入はご主人よりはあるわけ?(加藤諦三)

いやぁ、ありません、ありません。(相談者)

5~6万の・・アルバイトです。(相談者)
はい、なるほどね・・(加藤諦三)

そうすると・・収入は低いけれども、あなたの長男の方が多いわけですよね?(加藤諦三)
ああ、もちろんそうです。(相談者)
・・
そ・・(加藤諦三)
あと、30万近くあるんですけれども。(相談者)
はい・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

マンションが、お嫁さんの所有になってるというのは・・(加藤諦三)

二人で・・(加藤諦三)
長男の、妻の・・お父さんの方から・・(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
あのぅ、買ってもらったやつですね。(相談者)
あっ・・買ってもらったやつで、二人でその、ローン組んだっていうんでは・・ないんですね?(加藤諦三)
ああ・・違います。(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)
はい。(相談者)

ま、ちょっと・・(加藤諦三)

あなたの話・・の・・通りだとすると、ちょっと酷いですねぇ・・廊下にその、背広や・・なんかそのぅ・・投げ捨てて・・(加藤諦三)

「出て行け」だの・・ま、言葉といえ、「タヒんでしまえ」・・とかねぇ・・(加藤諦三)
・・
はい・・(相談者)

でぇ・・帰ってきたら、「なんで戻ってきたんだ」って言われて・・(加藤諦三)
そうです・・わたしもそう思いまして。(相談者)
ええ。(加藤諦三)
もう、あのぅ・・(相談者)

精神的に・・(相談者)

おかしくなるから・・(相談者)

とりあえず、その時は・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
うち・・(相談者)

少し・・あのぅ、「冷静期間を置きなさい」ということで、10日は・・(相談者)

わたし・・の方の家に・・来てたんですけれども。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

6歳の子供を、すごく、あのぅ・・長男は溺愛してるんですよ。(相談者)

一人しか・・あのぅ、いませんので。(相談者)
うん。(加藤諦三)

だから、今回も・・(相談者)

あの、また・・あのぅ、そういうことがありました後に・・(相談者)

最近になって・・(相談者)
・・
ええ・・(加藤諦三)
やっぱり、子供の為に・・(相談者)

あのぅ・・「俺は残る」とか、また言い出しまして・・それ、あのぅ・・40面(ヅラ)した・・(相談者)

大人の、子供の・・ことですんで。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
子供に任せるのが・・(相談者)

わたしの・・(相談者)

常識的な・・アレは・・あのぅ・・(相談者)

そうかと、思いますけれども。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

長男の方が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

「子供と離れられない」とかいう・・そういう、言動、するわけですよねぇ。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)

・・

お嫁さんとの関係は、長男自身は・・(加藤諦三)

別にもう・・妻はどうでもいいって、なってるんですかね?(加藤諦三)

・・

そうですねぇ、もう・・(相談者)

あまり口も利かないし・・(相談者)

通常の夫婦関係ではないようです。(相談者)

・・

でぇ、42歳と、44歳・・(加藤諦三)
年上です、はい。(相談者)

ですよねぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ、長男は、なんかやっぱり・・(加藤諦三)

姉さん女房の方が良かったとかって、なんかそういうことはあるんですか?(加藤諦三)

いやだから・・結構車当初にわたしも・・ちょっと苦言したんです。(相談者)

「そんな・・マンション持ちの・・女性だから・・」(相談者)
うん。(加藤諦三)

あの、「家賃はいらないから・・」っていう、計算した・・結婚・・の、仕方すると、「出て行け」っと、将来的に、言われたら・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

「お前、惨めになるよ」と。(相談者)
ええ。(加藤諦三)
いう、再三再四・・苦言は、呈したんですけれども・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)
やっぱり・・そういう計算が・・あったかもしれません、長男には。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
我々が・・あのぅ、孫も面倒をみると。(相談者)

通常の、今の・・常識では、やっぱり・・親権は、お母さんのほうに、とられるでしょうけれども。(相談者)
はい。(相談者)

最悪・・(相談者)

子供の責任は、どう取るのか?とか、言われた、先方から、言われた場合にですねぇ。(相談者)

うん。(加藤諦三)
孫も・・連れて、戻ってきて・・もう、いいぞと。(相談者)

わたし達、面倒看るよと・・まぁ、言って・・いるんですけれども・・同居する・・しないに、関わらずですね。(相談者)
ええ。(相談者)

援助できることは、援助するぞとは・・言ったんですけれども・・はい。(相談者)
はい・・でぇ、そこら辺の所が・・適切な・・アドバイスであったかどうか?っていうことですねぇ?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

はい・・(加藤諦三)
優柔不断で、決断ができないですねぇ・・長男の方が。(相談者)

ですよねぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

それは、いろいろ問題は出てきますよねぇ。(加藤諦三)
そうですね。(相談者)
はい、分かりました、今日はあのぅ・・スタジオに、幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてんのでぇ。(加藤諦三)
はい!(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 息子さんはもう大人なのですから、お父さんが口出さなくてもいい。
    息子さんは「弱虫」なのだから、このお嫁さんで丁度良い。
    出て行けと言われて、実家に帰ってくるとか、情けないです。
    もっと自分で考えさせないといけません。
    お父さんが決める人生になってしまいます。

    なんだかんだ言ってもそれなりに夫婦やっていく人たちもいます。

    なるようになるのです。
    お父さんはお嫁さんの悪口とか言わないで、成り行きを見守ってあげてください。