テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年1月10日(水)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。リモコンで娘である母親を殴ったり、蹴ったりする孫息子。自分の嫌な事を言われるとキレる。5年前に離婚し、正社員として働くシングルマザーの娘が虐待してると勘違いされ、近所から通報されるほど孫は良い子で、祖母である相談者にも優しく、挨拶もきちんとする子。しかし、学校の様子はわからない。どうすれば母息子の関係性が良くなるか?
加藤諦三氏の〆の言葉『人は一番甘えてる人、一番好きな人に攻撃的になります』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:65歳女性 夫66歳 娘二人 長女40歳(5年前に離婚・シングルマザー・正社員として勤めており、中学生の13歳の息子を育てている) 次女37歳

もしもし?(加藤諦三)
もしもし、はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あぁ、お世話になります。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)
65です。(相談者)
65歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

結婚してます?(加藤諦三)
はい、しております。(相談者)
えーっと、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)
66です。(相談者)
66歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

お子さんは?(加藤諦三)

娘、二人おります。(相談者)

えーっと、何歳ですか?(加藤諦三)

上・・ぇ・・長女が40・・次女が37です。(相談者)

はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

ぁ、孫・・(相談者)

あの、長女の孫が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

気に入らないことがあると・・(相談者)

あの・・(相談者)

親に・・母親に、暴力を振るうんです。(相談者)

はい、孫は今何歳ですか?(加藤諦三)
ぇ、13・・中学校・・入ったばっかり、13ですかね?(相談者)
13歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ですね。(加藤諦三)

・・

それで・・これは男の子ですね?(相談者)
ぁ、男です。(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

で、ぼう・・暴力、気に入らないことがあると、暴力を振るうっていうのは、お父さんに対して?・・お母さんに対して?(加藤諦三)
いえ・・あの、ちょっと、娘は・・あのぅ・・離婚してますので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ひとりで育ててます、子供を、はい。(相談者)

当然、母親に対する暴力ですねぇ?(加藤諦三)
そうです、はい。(相談者)

その暴力っていうのは、どの程度ですか?(加藤諦三)

うーーん・・(相談者)
・・
中学校っていうと、もう、結構、力ありますねぇ。(加藤諦三)
うん、から・・あのぅ・・(相談者)

蹴ったり・・なんか、物で殴ったり・・(相談者)

物で・・殴る?(加藤諦三)
ウン・・(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)
で、あのぅ・・ぼ、暴言?(相談者)
・・
ババア・・とか、そういった・・言葉・・(相談者)
あ、ババアとか・・(加藤諦三)
言うんです、はい。(相談者)

・・

このぅ・・蹴ったり・・物で殴ったりして・・(加藤諦三)

例えば・・お医者さんに行くというようなことは・・な・・(加藤諦三)
あ、そこまではまだ・・はい。(相談者)
・・
そこまでは、ないわけですね?(加藤諦三)
あ、「痛い、痛い」は、言うてますけどね、はい。(相談者)

傷痕が残ってるとかっていう・・そういう事でもないんですね?(加藤諦三)
そこまではない。(相談者)

そこまではない?(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

あの、暴力を振るうのは・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

あの、どのぐらいの頻度ですか?・・つまり、ひと・・ひと月に一度とか・・いや、半年に一度・・(加藤諦三)
ぁ、一週間に・・(相談者)

・・

一度か、十日に一度くらいですねぇ。(相談者)

一週間に一度・・(加藤諦三)
うーーーん・・(相談者)
ぐらいっていうのは・・かなり・・(加藤諦三)
あの・・基本は嫌なこと言われると・・(相談者)
・・
そういうふうに、キレてしまうんですねぇ。(相談者)
・・
ああぁーん・・(加藤諦三)

お母さんからしてみればですよ。(加藤諦三)
うん。(相談者)

そんなしょっちゅう・・(加藤諦三)

本当にすぐ暴力を振るうね・・(加藤諦三)
・・
うん。(相談者)

人と一緒に暮らしてるわけですから・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
怖いですよね。(加藤諦三)
怖い・・怖いです・・「怖い、怖い」って言います。(相談者)

・・

ねぇ、だって、暴力振るってない時だって怖いわけでしょう?(加藤諦三)

振るってなくても・・(相談者)

いつ振るうか・・(相談者)
わからないだろうね。(加藤諦三)
不安いうのか、怖い・・です。(相談者)
怖いですよねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・

うん、だから、いつも、ビクビクして暮らしてるって・・(加藤諦三)
そうそうそう、そんでストレス溜まって・・(相談者)
うん、そりゃ溜まりますねぇ。(加藤諦三)
お仕事もねぇ・・(相談者)

あのぅ・・正社員で・・(相談者)

行っておりますから・・(相談者)

そうすると、しゅ・・おし・・おと・・お母さんの方は仕事は・・あの、あれですか?(加藤諦三)
・・
朝・・出て・・(加藤諦三)
・・
うん・・っともう・・8時頃から、うーん、遅い時やったら・・6時・・とかまわりますねぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

そうすると中学生ですから、クラブ活動なんかあるとは思いますけれども・・(加藤諦三)

帰ってきたときは、家は一人なんですかね?(加藤諦三)
ぁ、一人です、はい。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

・・

それでこの暴力を振るいだしたのは、いつ頃からですか?(加藤諦三)

・・

そうですねぇ・・(相談者)

3年ほど前でしょうかねぇ・・(相談者)

・・

小学校の頃ですね。(加藤諦三)
うん、そうだねぇ。(相談者)

で、離婚したのは、いつですか?(加藤諦三)

いつ・・(加藤諦三)
ぁ、5年ぐらい前ですねぇ。(相談者)
5年ぐらい前?(相談者)
はぁい。(相談者)

それで、お父さんとは・・お孫さんは、会ってるの?(加藤諦三)
いや、会ってないです。(相談者)
まったく会ってないですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

あれはどうですか?(加藤諦三)
・・
あのぅ・・学校生活、中学・・校、さん・・(加藤諦三)
うーん・・なんか・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

よ・・(相談者)

どうでしょう、まだちょっと、本人とまだ、会ってないんですけど、わたしもねぇ。(相談者)
あ・・ん・・そうすると・・(加藤諦三)
ようわからないんです。(相談者)
本人の事は、よくわからないわけです?(加藤諦三)
わからないです、はい。(相談者)
うん、うん、要するに、学校・・(加藤諦三)

学校行って、仲間と上手く、やれてるのか、やれてないのか・・(加藤諦三)

そういうことも、わかんないわけですね?(加藤諦三)
うーーん・・(相談者)

うん、たぶん・・(相談者)

あんまり・・どりょ・・わからないですねぇ、はい。(相談者)
はぁい、そいで・・(加藤諦三)

あのクラブ活動、熱心にやってるとか、やってないとか、それもわかんないわけですね?(加藤諦三)
熱心には、やってないと思いますねぇ・・はい。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

で、要するにあなたとしては・・(加藤諦三)

実・・態はあんまり・・(加藤諦三)

把握してないわけですよね?(加藤諦三)
態度がね、わたし・・どもと、また母親、態度が、コロッと変わるんですわ。(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
わたしらには、ものすごぅ、優しくしてくれるんです。(相談者)

あ、あなたにはすごく優しい?(加藤諦三)
うん・・だから、そんな・・(相談者)

信じられへんですねん、そういう・・(相談者)
ぅぅ・・わ・・(加藤諦三)
二面性があるから。(相談者)

あなたの前では、いい子になるわけ?(加藤諦三)
いい子・・ン・・ム・・まぁ・・あのぅ・・(相談者)

ンン・・ム・・まぁ・・あのぅ・・(相談者)

ンム・・あのぅ・・祖母、祖母やから優しい・・「大丈夫?」とかねぇ・・あの、言うてくれるけどねぇ・・(相談者)
・・
ええ。(加藤諦三)

な、一番キレるのは・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

宿題のこととか・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

・・

好き嫌い多いからね・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

残すんです、お弁当をね。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

でぇ・・母親が・・(相談者)

「なんで、こんな食べないの?」言うたら、「うわっー!」ってキレるんです。(相談者)
うん、そりゃ怒るでしょうね。(加藤諦三)
・・
ま、この自分のこう・・(相談者)

嫌なこと言われたら、この範囲があるから、それにちょっと入られると、クッとキレるんですわ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

そいで・・あの、あなたには・・まぁ、優しいと・・あなたには・・良い中学生になるわけ?(加藤諦三)
そう、そうです、はい。(相談者)

で、このあなたのご主人の・・に、対してはどうですか?(加藤諦三)

ま・・(相談者)
やっぱり、良い中学生?(加藤諦三)

・・

まぁ、あのぅ、普通ですねぇ、別に・・そんな・・主人はちょっと、怒ったら怖いからねぇ。(相談者)

そんな、なにも言いませんわ。(相談者)

孫も・・(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)
ガーっと、怒るから。(相談者)

うんうん。(加藤諦三)

警察沙汰にはなったことはないんですか?(加藤諦三)
いえ・・(相談者)

その、ところが・・なんか・・(相談者)

大きな声で喧嘩してたら・・誰かがお巡りさんに・・(相談者)

「虐待されてるのと違うか?」・・いうことで、なんか、電話されたみたいで・・(相談者)

ゲホッ・・お巡りさん、来られましたわ。(相談者)

うん、虐待っていうのは、お母さんが、虐待されてる・・(加藤諦三)
うん、そう、これ、お母さん・・母親が、子供を虐待してる・・(相談者)

いうこと・・(相談者)
ぁ、お母さんの方が、子供を虐待してると思って、しゅう・・近所の方は、電話したと?(加藤諦三)
そうそう、そうそう。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・

そうすると、近所の方から見るとねぇ・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・

・・

この子は、きっと・・(加藤諦三)

近所の方には・・「おはようございます」「ただいま」・・とか言う・・挨拶もきちんとする、礼儀正しい子なんでしょうね。(加藤諦三)

それはちゃんとします、挨拶は、ちゃんとするんですわ。(相談者)
母親が虐待してんじゃないかと思った・・ということはね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

余程いい・・いい子なんですよ・・(加藤諦三)

あなたにも良い子。(加藤諦三)

はい。(相談者)

その近所の・・奥さん方にも・・きちんと挨拶をする・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

良い子なんですよ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、お母さんに対しては・・(加藤諦三)

蹴ったり・・(加藤諦三)

その物で殴ったのは、例えば、何で殴りました?(加藤諦三)
あの、なんかテレビのリモコンとか。(相談者)

ぁ、テレビのリモコン。(加藤諦三)
横に、そばに、たぶん、あったからだと思います。(相談者)

はい、わかりました、それで・・(加藤諦三)

あなたの今日の相談というのは?(加藤諦三)

どうしたらその・・母・・あの、娘とそのぅ・・孫が・・(相談者)

良好な関係にね・・(相談者)

なるかということね?(加藤諦三)
そうです。(相談者)
今日はあの、スタジオにはですね・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
心についての・・(加藤諦三)
ゴホン(咳)・・はい。(相談者)
エッセイストとして・・(加藤諦三)

抜群の才能を表している・・マドモアゼル愛先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
ああ、はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい・・よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 孫の相談というのは 決まって 祖母からのものが多いですね (・・? 今回も お決まりのパターンで 完全にお孫さんの生活環境を把握しておられないのでは(・・?  そうであれば 直接 母親(娘)から 相談してほしいですね。
     いつものことですが  「どうぞ ご自身 これからの ご心配をなさってください」  老婆心という言葉がありますが とにかく 何か心配事がないと 心が安定しないのかな?