テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

マドモアゼル愛アドバイス

こんにちは。(マドモアゼル愛)
あ、こんにちは。(相談者)

えっと、あの、ちょっと、お尋ねしますけれども・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

ぇ、5年前に離婚された時・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
お孫さんは、お父さんとの関係は、どうだったのかしら?(マドモアゼル愛)

・・

ぁ、ま、仲はいい・・あんまり仲がいいとか、そういう・・(相談者)

・・

感じはしなかったですねぇ。(相談者)
ぁ、そう。(マドモアゼル愛)

じゃ、離婚することで、お子さんも特に、お孫さんも抵抗はなかったのかなぁ?(マドモアゼル愛)

・・

・・

・・

ま、言わないから・・そんな抵抗はなかったと思うんですが・・(相談者)
うん、おばあちゃんから見て、その別れた旦那さんっていうのは・・あんまり・・イイ人じゃなかったわけね、やっぱり?(マドモアゼル愛)

うーーん・・性格が・・あのぅ・・(相談者)

合わなくって・・(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)

離婚は、誰が進めたのかしら?(マドモアゼル愛)

・・

・・

えっ?・・ああ、娘からです。(相談者)

ぁ、そいでお母さんは、もう、それは、いいよ、いいよ・・ってことに・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

ぃ・・なったと。(マドモアゼル愛)

いうことで・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
そうすると・・(マドモアゼル愛)

本当に、お孫さんが・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
お父さんと仲・・ほんとは悪かったかどうかも・・ある意味、わからない・・よね。(マドモアゼル愛)

はぁ・・(相談者)
ねぇ・・まぁ、わからないけど、僕も。(マドモアゼル愛)
あ・・今・・あまりにちょっと、離れてるもんですしねぇ。(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)

ぃ・・あのぅ・・なんで、伺ったのかというと・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

ま、一応、離婚するっていう、子供にとってもねぇ、あの、非常に・・生活も変わるし・・変化が大きい・・(マドモアゼル愛)

ことじゃないですか?(マドモアゼル愛)

あぁ、そうだねぇ・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)
ショック、大きいですねぇ。(相談者)
ショック、大きいと思うのよね。(マドモアゼル愛)

そいで・・(マドモアゼル愛)

今度は・・(マドモアゼル愛)

お母さんと一緒に・・二人だけで暮らすんだと。(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

いう時に・・(マドモアゼル愛)

まぁ、彼は精一杯に・・(マドモアゼル愛)

その愛情・・が、満たされてるかどうか、わからない・・環境の中で・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

精一杯、生きてるんだという・・(マドモアゼル愛)

前提を・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

まず、周りが見てあげないといけないよね。(マドモアゼル愛)

はぁ・・(相談者)

・・

だから・・(マドモアゼル愛)

彼が今、そのぅ・・いうことをやる、大きな不満は、例えば・・(マドモアゼル愛)

弁当を・・(マドモアゼル愛)

の、残した理由だって・・(マドモアゼル愛)
・・
はい。(相談者)

なんかあるかもしれないよね。(マドモアゼル愛)
・・
はい。(相談者)

例えば、弁当を残した・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

あ、どうしたのか?体が悪いのか、なんとかって、そういう視点で考えれば・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

もう・・喧嘩にならないよね?(マドモアゼル愛)
ああ・・そうですね。(相談者)
お母さんも、負い目があるのよ、絶対に。(マドモアゼル愛)
ああ・・(相談者)

要するに・・(マドモアゼル愛)

この弁当には・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
実は・・(マドモアゼル愛)

母親の愛情というものが、表現されていないんだと。(マドモアゼル愛)

ああ・・(相談者)
いうことは、母親は・・どこかで知っていて・・(マドモアゼル愛)
うん。(相談者)
息子が・・それに・・(マドモアゼル愛)

即応するように、見事に残してくれると・・なると。(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

自分の至らなさを認めるか・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
相手を責めるしかなくなっちゃうのよ、お母さんとしても。(マドモアゼル愛)
あぁ・・(相談者)

・・

なるほど。(相談者)
それから、宿題のことも同じだよね。(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

お母さんが・・(マドモアゼル愛)

社会的に、そんなに立派に生きてってんのかな?・・って、子供は思ってるよ。(マドモアゼル愛)

あぁ・・(相談者)
ねぇ・・そいで・・(マドモアゼル愛)

でも、宿題やんなくちゃいけないっていう、大上段に・・(マドモアゼル愛)

正義を振りかざして・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
なんか、自分を責めるっていう・・という、なかには・・(マドモアゼル愛)
・・
はい。(相談者)

上手くは言えないかもしれないけれど、なに言ってるんだ、自分は問題こそ・・あのぅ・・(マドモアゼル愛)

大したこともできなかったくせに・・(マドモアゼル愛)

ぁぁ・・(相談者)
俺に、なに言うんだ!・・って思い。(マドモアゼル愛)

ぁぁ、なるほどねぇ。(相談者)
だって、俺は今、一生懸命、外で・・(マドモアゼル愛)

こいだけ苦労して、やってるんだ!・・って思いもあるんじゃないの、どっかに?(マドモアゼル愛)
あ・・ぁ、なるほどねぇ・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)

そいで、そこでお婆ちゃんが・・(マドモアゼル愛)
うん。(相談者)
出て来て・・(マドモアゼル愛)

いろいろ聞いても・・(マドモアゼル愛)

割と表面的なもので、孫を見てるような気がすんだね。(マドモアゼル愛)
ああ・・なるほどねぇ。(相談者)
となると孫は・・(マドモアゼル愛)

どこ見ても・・(マドモアゼル愛)

本気で俺のこと考えてくれる人はいないな・・って気持ちはあるよね。(マドモアゼル愛)
ぁぁ・・(相談者)
でも、そいでも・・母さんが好きだから・・(マドモアゼル愛)

うん。(相談者)
甘えたい。(マドモアゼル愛)

でも・・(マドモアゼル愛)

甘えたい気持ちは、素直に、甘えとして出ないで・・(マドモアゼル愛)

当然、反抗として・・(マドモアゼル愛)

出ざるを得ないって、今、状況が・・(マドモアゼル愛)

あるんじゃないの?(マドモアゼル愛)
うん・・なるほど・・(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)

そいで、さっき気になったのは・・おば、お婆ちゃんは・・(マドモアゼル愛)

娘、ちゃんと正社員でやってるし・・ってことを、誇りに思ってる言い方をしたのよ。(マドモアゼル愛)

ぁぁ、ああ、はい。(相談者)

そうだよね?(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

うん・・僕は逆に・・(マドモアゼル愛)

正社員か?って聞いたときに・・(マドモアゼル愛)

お金のことは置いといて・・(マドモアゼル愛)
うん。(相談者)

お子さん大変だな・・ってことに、気持ちが先に来たのよ。(マドモアゼル愛)

ああ・・そうですねぇ・・(相談者)
うん、だから・・(マドモアゼル愛)
それは言えますわ。(相談者)
そういう意味では・・(マドモアゼル愛)

お婆ちゃんも、お母さんも、社会的価値観は似ていると思うよ。(マドモアゼル愛)

あぁ、は、はい(笑う)。(相談者)
うん・・でもお孫さんは・・(マドモアゼル愛)

今・・(マドモアゼル愛)

そういうものも含めて・・(マドモアゼル愛)

人間を作り始めてる時代に入っているわけ。(マドモアゼル愛)
ウーン・・ああ・・(相談者)

ここで・・(マドモアゼル愛)

大人が、なにを教えるかは・・(マドモアゼル愛)

重要な問題だよ。(マドモアゼル愛)

・・

なるほど。(相談者)
うん・・だから・・(マドモアゼル愛)

一度・・ま、こういう、ぅ、ぅ・・娘さんが心配でしょうから、怪我もしてね。(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)

でも、すぐ、どれが良いとか、悪いとか・・またすぐ、仲良くしましょうよって理想論の話しではなくて・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

あの、一度・・(マドモアゼル愛)

娘さんと話し合って・・(マドモアゼル愛)

みたらどうかな、そいで・・(マドモアゼル愛)

お婆ちゃんなりに・・(マドモアゼル愛)

彼の・・お孫さんの、気持ちが、なんとなく理解できたら・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
その・・心を持って・・(マドモアゼル愛)

の、お孫さんと・・(マドモアゼル愛)

ンン・・深い話しをされたらどうでしょうか?(マドモアゼル愛)

ぁぁ・・(相談者)
そういう順番で・・(マドモアゼル愛)

ぇ・・いくのが・ね。(マドモアゼル愛)

あの・・(マドモアゼル愛)
ぁぁ、なるほどね。(相談者)
うん、いいような気がしますね。(マドモアゼル愛)

ぁぁ・・はい。(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)
できるかなぁ・・ふふふっ・・(相談者)
うん、でも、やるしかないね。(マドモアゼル愛)
ぁぁ・・ぁ・・(相談者)
僕、それ、やった方がいいような気がしますよ。(マドモアゼル愛)

・・

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 孫の相談というのは 決まって 祖母からのものが多いですね (・・? 今回も お決まりのパターンで 完全にお孫さんの生活環境を把握しておられないのでは(・・?  そうであれば 直接 母親(娘)から 相談してほしいですね。
     いつものことですが  「どうぞ ご自身 これからの ご心配をなさってください」  老婆心という言葉がありますが とにかく 何か心配事がないと 心が安定しないのかな?