テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年1月29日(月)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。二歳下の同僚女性に好意を持ち、なにかと誘うも、好意は持てない、友達から始めましょうと言われながら、しつこくメールを送ってしまい、返事は返せないと言われた29歳の恋愛経験ない男性。恋愛感情はないと言われているにも関わらず、恋愛関係に入りたくて気ばかり急く相談者に、マドモアゼル愛と加藤諦三がアドバイス。
加藤諦三氏の〆の言葉『感情表現を失った人がいます。小さい頃、両親と感情を共有できなかった人です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:29歳男性(会社員) 両親と3人で実家暮らし 父54歳 母55歳 好意を抱いている職場の女性27歳

もしもし?(加藤諦三)

あっ・・もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あっ・・よろしくお願いします。(相談者)
はい・・最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい、29歳です。(相談者)
29歳・・(加藤諦三)

結婚してます?(加藤諦三)

は、してないです。(相談者)
独身ですか?(加藤諦三)

独身で。(相談者)
はい。(加藤諦三)

すると今・・一人で暮らしているの?(加藤諦三)

両親と、実家暮らしです。(相談者)
あっ・・両親と・・(加藤諦三)

ご両親、何歳ですか?(加藤諦三)

父が、えーっと・・54歳・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

母が・・55歳・・(相談者)

・・

はい、わかりました・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
でぇ・・ぇ・・三人で暮らしてるんですね?(加藤諦三)

そうですね・・はい。(相談者)
はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

お友達という関係

職場の・・(相談者)

女性の方との・・付き合い方・・のご相談なんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・わたしが・・勤める職場の・・(相談者)

ま、二つ・・歳下の・・女性なんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

わたしの方が・・あのぅ、その女性に好意を・・あの、抱いてしまいまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ま、その女性の方とは・・ま、連絡を取り合える仲で・・(相談者)
・・
あのぅ・・(相談者)

二人で・・(相談者)
・・
あのぅ・・遊びに・・行ったりとか・・そういうことも・・(相談者)

していたりするんですけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

何回か・・会う・・うちに・・あのぅ、女性の方から・・(相談者)

「わたしに・・好意があるのですか?」という・・ご質問を受けまして・・(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

わたしの方が・・ま、「好意の方は、ちょっと、抱いています」ということで・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あのぅ・・そう女性の方に、お伝えした・・んですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

その女性の方からは・・(相談者)

「わたしの方からは、好意を抱けない」ということで・・(相談者)

「友人関係から・・(相談者)

始めましょう」ということで・・(相談者)

答えをいただいたんですけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

女性の方・・とも、連絡を取り合・・(相談者)

ってるんですけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

・・

ま、あのぅ・・こちらが、あのぅ・・(相談者)

連絡・・ですね、ちょっと・・(相談者)
ハイ・・はい。(加藤諦三)

必要以上に・・し過ぎてしまったせいか・・わからないんですけれども・・(相談者)

で、必要以上に・・連絡し過ぎるっていうのは・・そのメールがしょっちゅう行くとか、電話・・(加藤諦三)

電話をかけるとか・・(加藤諦三)

えーっと・・(相談者)
ぇ・・主としてメ・・あの、連絡っていうのは、な・・何で・・連絡したんですか?(加藤諦三)
あっ・・(相談者)

連絡は、メールですね、文章でのやり取りです。(相談者)
文章でのね、やり取り・・はぁい。(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

ま・・(相談者)

本人の方からも、あの直接、自分の方に・・(相談者)

ちょっと、連絡の・・(相談者)

度合いが・・(相談者)

多かったので・・(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)
ちょっと・・返事を返せないとか、そういうことも・・ありますということで・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

ま、わたしの方は、「わかりました」ということで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

ま、その時は・・(相談者)

了解したんですけれども・・(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

その時に、改めて、女性の方から・・(相談者)

「今は、特別な関係ではなく、お友達という関係なの・・(相談者)

・・

で・・」ということで・・(相談者)
ええ・・はい。(加藤諦三)
あのぅ・・はぁい。(相談者)

指摘と言いますか・・ま・・そのようなことを、受けまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

ま・・今でも・・ま・・(相談者)

そうですね、女性の方からは、あの・・(相談者)

誘われれば・・わたしの方は・・(相談者)

出掛けたりとか、そういうことはしますので・・という・・(相談者)

その時ですねぇ・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

そういうふうに、言われたんですけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

自分の方としては、どうしても・・(相談者)
・・
あの、友達ではなく・・一人の女性として見てしまうという・・あのぅ・・(相談者)

考えですか?(相談者)

うん。(加藤諦三)

公私の区別

あの、女性の側から見る・・(加藤諦三)

・・

・・

って・・(加藤諦三)

はい。
堅苦しかってことはないんですか?あなたが?(加藤諦三)

・・

・・

あのぅ・・もしかしたら、そうなのかもしれないですねぇ・・(相談者)
・・
その時に、女性の方からですねぇ・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

「わたしとしては、なんでも話し合える仲になりたいということで・・友達から・・(相談者)

始めてくださいという・・意思もありました」という・・話しで。(相談者)

わたし・・こちらですね・・の方が・・(相談者)

わりと、気を使ってしまいまして・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

はい、あのぅ・・(相談者)
よ、要するに・・(加藤諦三)
はぁい?(相談者)
自然・・とね・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
話が・・(加藤諦三)

出て来て・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
黙ってる時は、自然・・と、黙っていて・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
無理のない・・んではなくて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
さぁ・・(加藤諦三)

話を始めましょう!(加藤諦三)

って・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
なんか、要するに・・(加藤諦三)

学校で言うと、授業が始まりまーす・・って。(加藤諦三)

はい。(相談者)
いうような感じで・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
話が始まって・・(加藤諦三)

二人だけの・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

もう、プライベートな・・私的な・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
その場ではなくて・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
なんか、公的なぎょう・・二人で会ってるのに・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
まるで、オフィシャルな・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
時間のような感じが・・相手はもったっていうことはないんですか?(加藤諦三)

おそらく・・そう・・(相談者)

思ったかもしれないですねぇ・・はい。(相談者)
ぅ、うーん・・(加藤諦三)

・・

・・

・・

あなたは、これまでに恋愛っていうのは?(加藤諦三)

は・・ないですねぇ・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

ないですか?(加藤諦三)
恋愛・・経験も・・(相談者)

そうですねぇ・・こちら・・そんなにな・・ありません・・っていう感じでぇ・・はぁい。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)

・・

・・

・・

そうすると・・(加藤諦三)

なんか・・こう・・(加藤諦三)

公私の区別っていうのかなぁ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
公と・・私の区別ね。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

そこら辺が、気持ちの上で、あんまり、はっきりしていない・・っていうことは、ないのかなぁ?(加藤諦三)

・・

スゥ・・(相談者)

おそらく・・(相談者)

そう・・かも、しれないですねぇ・・はぁい。(相談者)

・・

・・

恋愛関係に

わりと・・あなた・・(加藤諦三)

・・

・・

はい。(相談者)
その、ご両親との関係でもねぇ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

怪我したら、これは、お医者さんが治すことですっていうような・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
なんか、そういうような・・(加藤諦三)

家庭生活の中に、いたんじゃないの?(加藤諦三)

・・

・・

うーーーん・・(相談者)
これは、親がやることです・・これは、いしゃしゃん(ろれつが回らなかった)・・お医者さんのやることですとかね・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
これは、先生のやることです・・とか。(加藤諦三)

はい。(相談者)

なんか、話しをしてる時に・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

プライベートな話しでないように感じたんじゃないのかなぁ?(加藤諦三)

・・

・・

・・

そう・・なのか・・はぁい・・(相談者)

ということはねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

あなた、ご・・ご両親・・との、関係の中で、無駄話・・っていうのは・・(加藤諦三)

小さい頃・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
・・
しながら成長したってことは・・(加藤諦三)

・・

あります?(加藤諦三)

・・

・・

そう・・(相談者)

ですねぇ・・まぁ・・(相談者)

・・

・・

・・

無駄話・・と言いますか・・まぁ・・(相談者)

その日、あったことを、お話ししたり・・とか、そうですねぇ・・そういこととかは・・あったりとか・・は、しましたけど・・はぁい。(相談者)

・・

・・

・・

要するに、無駄話・・っていうのは、話しの内容は、問題じゃないんですよ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

・・

無駄話・・は・・(相談者)

話しの内容を、離れたところに、みられるんですよねぇ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

・・

・・

女性の側からすると・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
職・・場に居るのと、同じような感じになるんじゃないのかなぁ・・(加藤諦三)

だから、一応、とにかく、恋人はちょっと無理ですねぇ・・って感じだと思うんだけど。(加藤諦三)

・・

・・

あっ・・はい。(相談者)

・・

・・

・・

・・

で、今日のあなたの相談というのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
要するに、まぁ・・(加藤諦三)

相手は、二人では、遊びに行くけれども、あなたの方は、恋愛感情を持ってるけれども・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
彼女・・は、べつに、悪意を持ってるわけではないけれども・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
恋愛感情は、持っていないと・・今は、特別の関係ではないと。(加藤諦三)

・・

そう・・ですね、はい。(相談者)
と、「友人関係から始めましょう」と言われているけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなたの方は・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

もう、恋愛関係に・・(加藤諦三)

・・

はい。(相談者)
入りたいけど、どうしたらいいですか?・・ってこと?(加藤諦三)

そう・・ですね、今後の・・(相談者)

どのようにして・・いけば・・(相談者)

いいか?という・・(相談者)

アドバイスをなにか、いただければと思いまして・・はぁい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

はい。(相談者)
今日はあの、スタジオに心についてのエッセイストとして・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
活躍されている、マドモアゼル愛先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク