テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大原敬子アドバイス

こんにちは。(大原敬子)

あ、こんにちは。(相談者)

ねぇ、お子さんをなくすって事は・・(大原敬子)

んん・・・(大原敬子)

他人にわかりませんよね、その辛さはね。(大原敬子)

そうですねぇ・・(相談者)

だけど・・(大原敬子)

慰められない

本来はここで・・(大原敬子)

わたしはあなたに・・(大原敬子)

慰めなくちゃいけないんですけども・・(大原敬子)

ええ。(相談者)

慰められないんですよ。(大原敬子)

はぁ・・きつく言ってしまいますけど。(大原敬子)

はい。(相談者)

それが・・(大原敬子)

わたしは、この坊やちゃんの・・(大原敬子)

ぇぇ。(相談者)
供養になると思って・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)

・・

・・

一見、見れば・・(大原敬子)

他人がよく、こんなこと言うなと・・(大原敬子)

思われることも、百も承知で・・(大原敬子)

はい。(相談者)
ご無礼はあることは、絶対、知ってます。(大原敬子)

はい。(相談者)
今回、こういう状況の時には・・(大原敬子)

慰めて・・(大原敬子)

励まし合う事が、絶対っていう・・この、常識も、わたしわかっています。(大原敬子)

はい。(相談者)
でも・・(大原敬子)

言わざるを得ない・・(大原敬子)

はい。(相談者)
怒りが出てるんです。(大原敬子)

はい。(相談者)

どういうことかと言いますと・・(大原敬子)

はい。(相談者)

あなたの中に・・(大原敬子)

ズッ・・(相談者)
息子さんと立ち会う・・向き合った時には、涙するんです。(大原敬子)

はい。(相談者)

ズッ・・(相談者)
人間、悲しい時っていうのはね・・(大原敬子)

もう、四ヶ月前ですね。(大原敬子)

はい。(相談者)
なに言われても・・悲しいんですよ。(大原敬子)

・・

そうです、はい。(相談者)
ところが・・(大原敬子)

あなた自身の話しになると・・ガラっと変わってしまうんです、あなたの中に。(大原敬子)

・・

・・

ああ、そうですねぇ。(相談者)
それが、あなたの感情なんです。(大原敬子)

・・

冷えた内縁の夫との関係

はい。(相談者)
なぜかって言うと・・(大原敬子)

夫もわたしも・・(大原敬子)

辛くて苦しんでる・・(大原敬子)

ハイ。(相談者)
あなた、おっしゃいましたねぇ。(大原敬子)
・・
はい。(相談者)

ところが・・(大原敬子)

加藤先生、お話しをしている最中にね・・(大原敬子)
はい。(相談者)

いいえ・・(大原敬子)

・・

・・

・・

夫を好きですって言ってるんですよ。(大原敬子)

・・

・・

・・

・・

・・

ああ・・(相談者)
夫をねぇ・・(大原敬子)

はい・・はい。(相談者)
に、もう、好きだけど、今はね、非常にね・・(大原敬子)

・・

あの時に、夫がっていうふうにねぇ・・(大原敬子)

わたしもいけないんだけれど・・(大原敬子)

責める気持ちがあって・・(大原敬子)

夫とまともに顔が見れないんですと・・(大原敬子)

今日の相談は・・(大原敬子)
ああ・・そうですねぇ・・はい。(相談者)
今日の相談は・・(大原敬子)
そうですぅ(泣く)・・う、う、う・・(相談者)
夫との関係は、うまくいってないじゃないとわたし思ってるんです、実は。(大原敬子)
うううううう(本格的に泣く)・・(相談者)

そうですぅ・・(相談者)
その執着のあなた、電話じゃないですか、これ?(大原敬子)

はぁい(泣きながら)。(相談者)

・・

もういいと・・(大原敬子)
ぅぅぅ・・(相談者)
極端に言えば・・息子も可哀想だけれど・・(大原敬子)
う、う、う・・(相談者)
今、わたしのこの体は、夫が欲しいんだと・・(大原敬子)

でも、夫と冷めかけていますってことを・・(大原敬子)

わたしは、それしか見えなかったんです、今日。(大原敬子)

・・

うぅ・・(相談者)

あなたの中に・・(大原敬子)
ズズッ・・(相談者)

ズッ・・うう・・(相談者)

・・

・・

・・

・・

ぅ・・そうですねぇ、確かにそうです。(相談者)

そうだったら、息子さんも浮かばれるんです。(大原敬子)

本音

あなたはねぇ・・(大原敬子)

スイマセン・・ハイ・・(相談者)
今日、わたしが、怒りになったのはねぇ、息子の代わりになった時に・・(大原敬子)
ぅ、ぅ、ぅ・・(相談者)

お母さん、違うじゃないかと。(大原敬子)

ばぁい・・(相談者)
例えば、先ほどもね・・言ってくれればいいのに・・(大原敬子)

言ってくれる環境じゃないじゃないかと。(大原敬子)

そうですぅぅぅ・・はい。(相談者)
そして、自分はいい子になって・・(大原敬子)

で、あの時は・・その時は、お母さんは・・(大原敬子)

あな・・僕、お母さんだったら・・(大原敬子)

うん・・ぅぅ・・(相談者)
義理のお父さんでも・・(大原敬子)

止めるだろうと。(大原敬子)

ハイ。(相談者)
でも、お母さんは・・(大原敬子)

義理のお父さんに・・(大原敬子)

・・

合わせたよね・・って。(大原敬子)

・・

ズズッ・・うん・・ごめんな・・(相談者)
それが、僕が死んじゃったら・・(大原敬子)

いや・・お父さんと、わたしは本当に辛いんです・・(大原敬子)

・・

って、言ってる。(大原敬子)

ウン・・(相談者)

違うじゃないか、今日の電話は・・(大原敬子)

今日の電話は・・(大原敬子)

僕のこの、四ヶ月前のこの事があってから・・(大原敬子)

ぁぁ・・(相談者)
お母さんは、お父さんと上手くいってないんだろう・・って。(大原敬子)

それが心配で電話したんじゃないかってことが・・わたしには、本音と思ってるんですけれど。(大原敬子)

ぶぶぶ・・そうです・・(相談者)

・・

・・

そうですよねぇ?(大原敬子)

はぁい。(相談者)
素直ですねぇ。(大原敬子)

これ、絶対、あなた認めないと・・(大原敬子)

息子さん、浮かばれない。(大原敬子)

はぁ・・そうです。(相談者)

わかりました・・(相談者)
えっ?(大原敬子)

ぅ、ぅ、ぅ、わかりました。(相談者)

供養

わかりました?(大原敬子)

はぁい。(相談者)
もう一つ・・(大原敬子)

はい。(相談者)
息子さんの、御霊前で言って欲しいことは・・(大原敬子)

はい。(相談者)

・・

この息子さん・・(大原敬子)
ズズッ・・(相談者)

別れた夫に、似てるんですよ。(大原敬子)

うん、そうなんですよ・・そっくりなんです(泣きながら)・・(相談者)
そうでしょう?(大原敬子)

はい。(相談者)

・・

・・

その怒りを・・(大原敬子)

・・

この息子さんに向けたんですよね?(大原敬子)

・・

はあああ・・(相談者)

・・

・・

・・

ズズズッ・・(相談者)

そうですねぇ・・きっと・・(相談者)

・・

・・

わたしは仏教、よくわからないんですけども・・・(大原敬子)

ハイ・・(相談者)

いつも・・(大原敬子)

やっぱり、一番辛いのは(大原先生も感極まる)・・(大原敬子)

・・

・・

・・

・・

ズッ・・(相談者)

・・

・・

・・

別れですよねぇ・・(大原敬子)

そうですねぇ・・(相談者)
わたしもその別れっていうのはいつも・・(大原敬子)

なぜ人間は、こういうふうに別れがあるんだろうかというふうに思うんですよ(震える声)。(大原敬子)

はい・・(相談者)

・・

・・

ある方がね・・(大原敬子)

・・

・・

・・

人間は誰でも別れがあるけれども・・(大原敬子)

・・

別れの時に・・(大原敬子)

・・

別れる人が、教えてくれるんですって。(大原敬子)

・・

・・

・・

ああ・・(相談者)
今ねぇ・・(大原敬子)
はい。(相談者)
ブツブツ、ブツブツ文句を言ったりねぇ・・ああだ、こうだと言いながらやってるけれども・・(大原敬子)

ハイ・・(相談者)

・・

・・

こうして人は・・どんどん、どんどん去って行くんだよって。(大原敬子)

ズズッ・・(相談者)

・・

そうしたら・・(大原敬子)

今、自分が生きてることを・・(大原敬子)

感謝しなくちゃね・・って。(大原敬子)

別れの意味っていうのは・・(大原敬子)

ああ・・自分は今、こうしていられること・・(大原敬子)

感謝しようと・・思う、気持ちを・・(大原敬子)

相手に・・(大原敬子)

・・

託すことによって、相手は浮かばれるんですって。(大原敬子)

ああ、そうなんですか?(相談者)

ねぇ・・(大原敬子)

はい。(相談者)

・・

悲しみも苦しみも憎しみも・・(大原敬子)

ぇぇ・・(相談者)
時と共に風化されて・・(大原敬子)

また・・(大原敬子)

傲慢な人間になるんですって。(大原敬子)

だから・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)
その、仏様とか・・(大原敬子)

神様の前では・・(大原敬子)

ぇぇ。(相談者)

ごめんなさいでも・・わたしは、こうしてしてしまったんだ・・(大原敬子)

・・

・・

はい。(相談者)
ここでも、あったんだ・・って。(大原敬子)

ええ・・(相談者)
自分の気持ちを素直にしゃべることが・・(大原敬子)

・・

ひとつの供養になるんですって。(大原敬子)

ああ、そうなんですねぇ。(相談者)

わたし・・ずーっと・・(相談者)

息子の前で・・座ってもう、嘘ついてました。(相談者)

嘘でしょう。(大原敬子)

そうですねぇ・・(相談者)
お母さんは、あの時にね・・(大原敬子)

だ、はっきり言えば・・あなたがわたしのお父さんみたいなことよねぇ。(大原敬子)

前の夫の憎しみを・・(大原敬子)

あなたにぶつけていたんだって。(大原敬子)

うん・・(相談者)

でも、こうしていなくなってしまうと・・(大原敬子)

本当に辛いって・・(大原敬子)

はぁい(泣く)・・(相談者)

でも、お母さんは生きるよ・・って。(大原敬子)

・・

生きて・・(大原敬子)

あなたの供養するよ・・って。(大原敬子)

ぶぁい・・(相談者)

ズズズズズッ・・(相談者)
あなたに向かった時は・・けして嘘はつかない・・って。(大原敬子)

・・

ウン・・ハイ。(相談者)

・・

・・

それで、許して欲しいって。(大原敬子)

・・

はい・・(相談者)

ズッ・・(相談者)
絶対に・・死ぬなんてこと考えないよ・・って。(大原敬子)

はぁぁ・・ぅ、ぅ・・(相談者)
必ず・・命日の時には(泣きそう)・・(大原敬子)

・・

お花を・・(大原敬子)

・・

・・

・・

・・

ズズッ・・ぅ、ぅ・・(相談者)

・・

・・

人間はいくら・・(大原敬子)

・・

後悔しても・・(大原敬子)

・・

はい・・(相談者)

・・

後悔は・・(大原敬子)

自分の慰めであって・・(大原敬子)

・・

ぅ・・(相談者)
相手に対する感謝はないって言うんですね。(大原敬子)

ハイ・(相談者)

ズズズッ・・(相談者)

・・

感謝は・・(大原敬子)

自分の、ほんっとうの気持ち・・(大原敬子)

だーれも言わない・・(大原敬子)

自分の本当の醜い話し・・(大原敬子)

・・

・・

・・

それを初めて・・(大原敬子)

この息子さんに話した時に・・(大原敬子)

・・

ウン・・(相談者)

親子の交流ができるんで(相談者)ないでしょうかねぇ(震える声)・・(大原敬子)

ぅ・・(相談者)

わかりました(絞り出す)・・(相談者)

ズズッ・・(相談者)

少し・・(相談者)

わかったような気がします。(相談者)

ありがとう。(大原敬子)

・・

ハイ。(相談者)

ありがとうございます。(相談者)
わたしはねぇ・・(大原敬子)
はい。(相談者)
この坊やちゃんの・・(大原敬子)
ズズッ・・(相談者)

・・

・・

・・

・・

・・

死をですねぇ・・(大原敬子)

ええ・・(相談者)

・・

無駄にしたくないんです。(大原敬子)

・・

ズズッ・・そうですねぇ・・(相談者)

ハイ。(相談者)

是非・・ご供養なさって欲しいことと・・(大原敬子)

はい。(相談者)
ご主人様には・・(大原敬子)

・・

ずるさのない・・(大原敬子)

はい。(相談者)
ありのままのあなたで・・(大原敬子)

触れて欲しいなと思うんですけども・・(大原敬子)

ちょっと待ってくださいね、加藤先生に・・(大原敬子)
はい。(相談者)
伺いますね。(大原敬子)
はい。(相談者)

はい・・(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 今日は重かったです。

    息子さんは、お母さんの愛が欲しかったんでしょうね。
    私のところも息子二人を連れての初婚男性との再婚でした。
    養子縁組して育て上げてくれました。
    私たちの間には子供はいません。
    私が息子と喧嘩をすると、夫は子供にひきます。
    夫婦で出かけてもしも事故にあったりして、両方がいなくなるとだめだよなぁとか、子供が小さいうちは色々考えていた様でした。
    「二人共いなくなったら、子供たちの帰る世界がなくなる」
    そう言っていました。
    それほどに優しくて、穏やかな夫に恵まれました。

    それだけに、この相談者さんの地獄のような思い、切なくて泣けてきました。
    内縁の夫はいつからの内縁の夫?
    息子さんとは何年間暮らしたのでしょうか?
    なんで入籍しなかった?
    このような関係は絶対に内縁の夫は息子を責めてはいけないのです。
    母親はどんなに感情的になってもいい、けれども夫は逃げ道を塞いではいけなかった。息子さんはつらかったでしょうね。幼いころからの色々な思いと反抗で、彼はお金を持ち出して使ってしまった。責められて追い出された。そして絶望。自殺。
    これでも内縁の夫を愛していけるかなぁ。。。
    相談者さんの人生の学びになるために、息子さんは自殺したのです。

    息子さんに向き合って、弔いながら生きてゆくしかないと思います。

    つらい人生相談でした。

  2. 息子に向けるべき愛情を与えてなかったんでしょうね。
    息子を捨てて男に尽くしてきたんでしょう。
    その結果です。