テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

加藤諦三まとめ

ええ・・あのぅ・・(加藤諦三)

最初・・(加藤諦三)

ズズッ・・(相談者)
から、そうではないかなぁ・・と思って、いろいろ質問してたわけです。(加藤諦三)

ハイ。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

あのぅ・・あなたが・・(加藤諦三)

・・

最後の方に、ほんとにみんな素直になりましたからねぇ・・(加藤諦三)
ソウ・・(大原敬子)

・・

・・

これで・・あなた・・自身は、救われてくると思います。(加藤諦三)

ぁぁ・・(相談者)

わかりました・・(相談者)

ズッ・・(相談者)
でぇ・・息子さんに対してはねぇ・・(加藤諦三)

ぇぇ・・(相談者)

・・

あなたが、わたしの・・生きている意味を与えてくれた・・ありがとうですよ。(加藤諦三)

わかりました・・(相談者)

感謝します息子に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ウン・・(大原敬子)

はい。(相談者)
それで、わたしは、あなたと一緒に生きていきますですよ。(加藤諦三)
ウン・・(大原敬子)

ああ・・はい、わかりました(泣きながら)。(相談者)

ゥゥッ・・(大原敬子)

ここで・・(加藤諦三)
ズッ・・(大原敬子)
いろんな人生の真実がわかって・・(加藤諦三)
ズッ・・ゥ、ゥ、ゥ・・(大原敬子)

・・

あなたの・・(加藤諦三)

・・

これから生きている意味・・(加藤諦三)

が、わかるわけですから。(加藤諦三)

はぁい(泣きながら)、わかりました・・(相談者)

幸せになってください。(大原敬子)

ぅ、ありがとうございます(泣きながら)・・(相談者)
ほんとうに思います。(大原敬子)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)

失礼します。(相談者)




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

今回、加藤先生の〆の言葉はありませんでしたが
大原先生の言葉が、なかなかいい

『人間はいくら後悔しても、後悔は自分の慰めであって、相手に対する感謝はない』

まさに、書いてある通り
相手には、届きません

テレフォン人生相談2017年12月12日 (火)予告

病気で子供が産めなくなり余命宣告もされ・・姑からは跡取りを産めない嫁に用はないと離婚させられた。成人してない娘がいるのに今後どうすれば?という相談。

パーソナリティが柴田理恵さん、弁護士の大迫恵美子さんが回答者です。

テレフォン人生相談SPW放送予定 2017年12月11日~15日

「不倫・自殺・相続~近くて遠いドロ沼家族」

テレフォン人生相談2017年12月13日 (水)予告

夫が5人の女性と同時に不倫していることが分かった。この5人の女性には何らかの復讐をしたい。でもそんなことをしたら、夫の逆鱗に触れるのでは?また、結婚30年という年月を考えると、子供もいるし、孫もいるし、離婚すべきか悩む。

パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)

テレフォン人生相談2017年12月14日 (木)予告

タイ人の女性と再婚。子供を妊娠したがどうも計算が合わない。おそらく自分の子供ではない。子供は育てていこうと考えるが、自分の財産は子供に相続させたくないので認知をしたくない。どうすれば?

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:塩谷崇之(弁護士)

テレフォン人生相談2017年12月15日 (金)予告

居酒屋で知り合った男の子供を出産。男は結婚・認知を拒否。シングルマザーに…今でも男と結婚し、男の両親といい関係を築きたいと思い、話し合ったが先方は激怒。これからどうすれば?

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)

123次へ »
3 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 今日は重かったです。

    息子さんは、お母さんの愛が欲しかったんでしょうね。
    私のところも息子二人を連れての初婚男性との再婚でした。
    養子縁組して育て上げてくれました。
    私たちの間には子供はいません。
    私が息子と喧嘩をすると、夫は子供にひきます。
    夫婦で出かけてもしも事故にあったりして、両方がいなくなるとだめだよなぁとか、子供が小さいうちは色々考えていた様でした。
    「二人共いなくなったら、子供たちの帰る世界がなくなる」
    そう言っていました。
    それほどに優しくて、穏やかな夫に恵まれました。

    それだけに、この相談者さんの地獄のような思い、切なくて泣けてきました。
    内縁の夫はいつからの内縁の夫?
    息子さんとは何年間暮らしたのでしょうか?
    なんで入籍しなかった?
    このような関係は絶対に内縁の夫は息子を責めてはいけないのです。
    母親はどんなに感情的になってもいい、けれども夫は逃げ道を塞いではいけなかった。息子さんはつらかったでしょうね。幼いころからの色々な思いと反抗で、彼はお金を持ち出して使ってしまった。責められて追い出された。そして絶望。自殺。
    これでも内縁の夫を愛していけるかなぁ。。。
    相談者さんの人生の学びになるために、息子さんは自殺したのです。

    息子さんに向き合って、弔いながら生きてゆくしかないと思います。

    つらい人生相談でした。

  2. 息子に向けるべき愛情を与えてなかったんでしょうね。
    息子を捨てて男に尽くしてきたんでしょう。
    その結果です。