テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年4月24日(月)は、加藤諦三&大原敬子。6ヶ月以上前に嫁姑関係と夫との性格の不一致で、妻が家を出て行った。すると、12歳の娘が父親の財布からお金を取るようになる。金額は2千円から3千円。本を買ったりしているらしく、レシートも見せてくれた。これまで兆候はなく、妻と別居してからのこと。今は仲良く生活しているが、娘とどのように接していけばいいのかわからない。
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:40歳男性 妻44歳 娘12歳 実母75歳 4人暮らし 6ヶ月前から妻と別居中

加藤諦三氏の〆の言葉『悩んでいることを、考えていることと錯覚する人がいます。メリーゴランド型と言います』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

40歳の男性から、妻は44歳、娘が12歳。

で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

親の財布からお金をとる娘

えっと、子供がですね、わたしの財布から、お金を盗るようになりまして。(相談者)
いつ頃からですか?(加藤諦三)

え・・1ヶ月ほど・・前から・・(相談者)
1ヶ月ほど前・・はい。(加藤諦三)
はい・・で、・・(相談者)

どのぐらいですか?(加藤諦三)
ん・・盗るの、ま、だいたい・・2千円とか、3千円とか・・(相談者)
あ、あぁ・・(加藤諦三)
なんですけども。(加藤諦三)

そいでぇ・・まぁ、何か、買って・・いるのかな?っと思ってましたら、本とかを、買っているみたいなんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

はい、もう、それで、一応、注意は・・したんですけれども・・(相談者)
注意したって、どういうふうに注意した?(加藤諦三)

まぁ、そのぅ・・お金を盗るっていうことは、いけないことだ・・っていうことで・・(相談者)

12歳の、お子さんは・・息子さん・・です・・ね?(加藤諦三)
ぁ、む・・娘です・・(相談者)
娘?(加藤諦三)
はい・・(相談者)
お嬢さんですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

その・・お嬢さん、どんな・・(加藤諦三)

最初は、そのぅ、否定をしていたんですけれども・・(相談者)
ぁ、盗ったっていうことを、否定していた・・はい。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

でもまぁ・・何度か、話し合いをするうちに、ま、盗ったっていうことで・・(相談者)

本人は、言いまして、でぇ・・まぁ、本を買ったっていうことで・・(相談者)

で、その、あなたと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お嬢さんとが、話しをしている時に・・(加藤諦三)
・・はい。(相談者)

奥さんは、どこに居ました?(加藤諦三)

妻とは今、別居中でして・・(相談者)

別居・・は、どのくらいですか?(加藤諦三)
ぇ・・6ヶ月・・以上です。(相談者)

だけど、別居する前は・・あのぅ・・盗ってなかったわけですね、財布から?(加藤諦三)

そう・・ですね、そういった兆候は、なかったです。(相談者)
うん、ん・・(加藤諦三)

それで、本・・最初は、本を買ってると言った?(加藤諦三)

ん、そうですね、今、あの、レシートとかも、見せてもらって、確かに本は、買っているっていうのは、わかったんですけれども・・はい。(相談者)

単純に、お嬢さん、寂しんだろうと思うんですけれども。(加藤諦三)
・・はい。(相談者)

離婚してもいいと言う娘

奥さんと、別居するまでの・・(加藤諦三)
・・はい。(相談者)

お嬢さんと、母親との関係は、どんな関係でした?(加藤諦三)

ん・・まぁ、普通・・の、母親・・と、娘の関係には・・わたしの目からは、写ったんですけれども・・(相談者)

まぁ、そのぅ、後、まぁいろいろと、話を聞いたりしますと、まぁ・・子供言う・・言うことには、なんにも、やってくれなかったっていうふうな・・(相談者)

ぁ、なんにもやってくれないというのは・・(加藤諦三)
うん、新しい・・(相談者)
お母さんが、自分に、なんにもやってくれない・・(加藤諦三)
そうです、そうですね・・やってくなかったっていう・・(相談者)
ん・・(加藤諦三)

ふうなことは、聞い・・たことは、あるんですけども・・(相談者)

そうすると・・(加藤諦三)

まぁ、お嬢さんの言葉を、そのままとれば、お母さんは・・自分に、なんにもやってくれなかった。(加藤諦三)

はい。(相談者)
そいで、別居してるということは、お父さんと、お母さんは、仲が良くないと・・(加藤諦三)

そうです、はい。(相談者)

そうすると、12歳の、お嬢さんからすると・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)
非常に、寂しい家庭ですよね?(加藤諦三)

そう・・ですね、はい。(相談者)

で、あなたは・・家には、何時頃、帰ってくるんですか?(加藤諦三)

だいたい・・ま、7時・・ぐらいには・・(相談者)
ぁぁ・・(加藤諦三)
家には、着きます、はい。(相談者)

と・・晩御飯は、一緒に、お嬢さんと、食べてるわけ?(加藤諦三)
はい、食べてます。(相談者)

んん・・その時に、なんか・・ん、無駄話・・いわゆる、世間・・ん、ん・・で言う、無駄話・・どうでもいいような話を、べちゃべちゃやってるの?・・それとも・・黙ってたべてるの?(加藤諦三)

ま、黙っては、食べますけれども、ま、ご飯、食べた後、一緒にテレビ視たりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

はい、まぁ・・わたしの休みん時には・・ぇぇ・・買い物に行ったりとかって、いうふうには、してます。(相談者)
ん・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
そいで・・(加藤諦三)

あなたと・・その、別居したのは、なんでですか?(加藤諦三)

う・・ん・・性格の不一致っていう・・のもあるん・・ありますし・・はい。(相談者)

あとはまぁ・・今、わたし、母と、同居をしているんですけれども・・(相談者)
あっ!今、お母さんと、同居してるの?(加藤諦三)
はい・・そうです。(相談者)

お母さんは、何歳?(加藤諦三)

75歳です。(相談者)
75歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

そうすると、何?・・奥さん・・が、別居したのは、お母さんとの関係が、良くなかった?(加藤諦三)

そう・・ですね、それもありました・・はい。(相談者)

で、あなた自身と・・奥さんとの関係も、良くなかった?(加藤諦三)
そう・・ですね、はい。(相談者)
ん・・ということは、この、お嬢さんからすると・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)
自分以外に、3人、居るわけですね、家へ。(加藤諦三)
はい、そうです、はい。(相談者)

・・・

それみんな、仲悪いわけだ?(加藤諦三)
そうですね、そういう、状態ですね。(相談者)
うん、う、うん・・(加藤諦三)

だけど、今は、まぁ、ん・・なんとか・・ま、も、持ちこたえてると言いますか・・(相談者)

仲良くは、してはいるんですけれども・・(相談者)

だけど・・お嬢さんからすると、やっぱり・・母親がいないという、寂しさはある?(加藤諦三)

あるのではないかなと・・思うんですけれども。(相談者)
んん・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

ただ、まぁ、子供自身は、まぁ、離婚してもいいよっていうふうには・・(相談者)

言ってくれてはいまして・・(相談者)

ふっ・・(相談者)
うーん・・ただ、あれだねぇ・・12歳の、お嬢さんに、離婚してもいいよって・・(加藤諦三)

この、お嬢さんは・・なんか、あなたにとって・・都合の良い、お嬢さんに、なっちゃってるねぇ。(加藤諦三)

そう・・ですね、はい。(相談者)

お嬢さんから見れば・・それあh、キツイ事ですよね?(加藤諦三)
そうだと、思います。(相談者)

あなにとって、都合いいってことであって・・(加藤諦三)
そう・・ですね。(相談者)
そうですよねぇ?(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、今日の、あなたの、相談・・というのは・・この財布のことだけですか?・・お金を盗ったと、2~3千円。(加藤諦三)

そうですね、それを盗ったっていうのと、まぁ、子供との接し方・・(相談者)

を、どのように、してったらいいのかが、まったく、わからない状態でして。(相談者)

うん・・わかりました。(加藤諦三)
今日は、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしているので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと、思います。(加藤諦三)
・・はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク