テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年9月14日(木)は、ドリアン助川&三石由起子。高校二年生の娘、ここ2~3ヶ月でストレスの過食で太る。真面目で頑張り屋さんで進学コースだが、課題ができないとか、勉強について行けない様子。目指す大学に進学したいのだが、成績も上がらない。特進クラスに進むと友達とも離れ離れで、クラスに居場所がない。それでも、理系の進路を変える気がない娘。どう対応すればいい?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:48歳女性 夫51歳 長男19歳 長女17歳 次女15歳

もしもし?テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

あ、もしもし?(相談者)
あっ・・(ドリアン助川)
よろしくお願い致します。(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

え、今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

えっと・・娘のことについて、ご相談したくて、お電話しました。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

え・・お嬢さん?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ぇ、どんな問題が今・・ありますか?(ドリアン助川)

過食

えっと今、高校二年生なんですけれども・・(相談者)

勉強のこととか、友達関係のことで、いろいろ悩みがあるようで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えーっと・・(相談者)

どう見ても・・どう・・あの、過食をしているようで・・(相談者)

過食?(ドリアン助川)

食べ過ぎですね。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

でぇ、ここ、2~3ヶ月の間に・・(相談者)

・・

随分、太ったようで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

で、自分でも治さなければと、思っているんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

なんか、気分の浮き沈みがありまして・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

なにか、あのぅ・・上手くいかないこととかがあると、どうも・・(相談者)

あの、食べ物に、走ってしまうようで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ、こんな自分では、駄目だ、変えなければっていう気持ちが・・強いんですけれども、また、上手くいかないと・・(相談者)

食べてしまって・・っていうことを、繰り返していて・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

・・

このままちょっと・・親として、どう接していけば・・いいか?ということ、悩んでおりまして・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)
で、お電話しました。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えー、では、もう少し、詳しく教えてくださいね。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
まず、あなた様は、おいくつでしょうか?(ドリアン助川)

48歳です。(相談者)
48歳・・(ドリアン助川)

え・・ご主人は?(ドリアン助川)

51歳です。(相談者)
51歳・・(ドリアン助川)

そして・・(ドリアン助川)

お嬢さん、お一人ですか?(ドリアン助川)

いや、三人兄弟の真ん中です。(相談者)
三人兄弟の真ん中?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・お兄さん、お姉さんが、いらっしゃるんでしょうか?(ドリアン助川)
えっと・・兄が、19歳・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

本人が、17歳。(相談者)
はい。(相談者)

で、下に妹が、15歳です。(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)

・・

で、この・・(ドリアン助川)

真ん中の、17歳のお嬢さんが・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
2~3ヶ月前から、過食?(ドリアン助川)
はい、はい。(相談者)
食べ過ぎてしまうと。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
う・・・(ドリアン助川)
・・
どんな・・ふうなんでしょうね?(ドリアン助川)

まぁ、朝昼晩は、食べますよね?(ドリアン助川)

食べます・・が・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
えーっと、以前から・・(相談者)

高校二年生になった頃から、ちょっと、学校を時々、休むことがありまして・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

お腹が痛いとか、ちょっと、熱があるとか、いう・・ことで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

何日・・か、休んでいまして・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

その事でも、心配して、いたんですけれども・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

最近・・も、やっぱり、そういうことが、続いていて・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

困ったなぁ・・と、思ってたんですけれども・・(相談者)

やっぱり、あのぅ・・(相談者)

食べる・・時は、わたし達が、見ていない時に、食べるんですね。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

でも、顔つきとか、体つきを見ていると、明らかにもう・・太ったのが、わかって・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

本人にも、聞いたところ・・(相談者)

どうも、2~3ヶ月で8キロほど、太ったようなんです。(相談者)
ああ・・それは、ね、ずいぶんですねぇ。(ドリアン助川)

そうですね・・はい。(相談者)
8キロ・・で、え・・その、原因の方に、今から、あの、話しを・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
展開していきたいんですけども・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)

友達と離れ、勉強にジレンマ

え・・精神的な、なにか今、葛藤が、あるようなんですね?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
学校、休んだり・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
うん・・で・・(ドリアン助川)

その、何が起きてるということは・・(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)
お母さんに、話しするんですか?(ドリアン助川)

えっと・・まぁ・・わたしも、いちいち、見てるわけではないので・・(相談者)

娘からの、話し・・なんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ま、一つは・・(相談者)

進学コースにおりまして・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ただ・・(相談者)

自分が、思ったように・・(相談者)

勉強はしているけれども、成績は伸びない?(相談者)
はい。(ドリアン助川)

みんなに、なかなかついていけない。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

うん・・(ドリアン助川)
でぇ、あの、自分の・・大学・・進学したい大学が・・あるんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そこにも、なかなか・・成績が、届かない?(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

そういうので、ジレンマが、あることと・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あと・・えーっと、だんだん、学年が上がるにつれて、文系、理系とかと、分かれていくと・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あの、仲のいい友達と、離れてしまって・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

例えば、なんか・・(相談者)

体育だったり、理科だったりの・・(相談者)

教室が変わる時に、移動する・・メンバーが、いなくなったっていうことで・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

悩んでいたりとか・・(相談者)
仲のいい友達が、今、いない・・ってことですかね?・・つまり。(ドリアン助川)
はいはい。(相談者)
同じ・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
教室の中に・・(ドリアン助川)

えっと・・(ドリアン助川)

理系ですか?(ドリアン助川)

え、理系です。(相談者)
理系で・・はい。(ドリアン助川)

あとは、何かありますかね?(ドリアン助川)

理想と現実のギャップ

あとは、まぁ、えっと・・(相談者)
・・
親から見ても、とても頑張り屋さんなので・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

課題とかも・・小さい時から全部、こなす子だったんですけれども・・(相談者)

一生懸命、やっても、やっても、課題がこなせない?(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

でぇ、ただし・・部活動・・していまして。(相談者)

そんなに無理なようなら、部活動も、考えれば?・・って、言うと・・(相談者)

部活動は、辞めたくない?(相談者)
・・
はい。(ドリアン助川)
中途半端では・・終わりたくない・・って言って・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

なので・・(相談者)
部活動は・・(ドリアン助川)
・・
あのぅ、差し支えなければ、なにやってらっしゃるんでしょうか?(ドリアン助川)
えっと、吹奏楽部です。(相談者)
吹奏楽部?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

なので・・(相談者)
これ・・あの、お母さんには・・あ・・の・・伝えてない・・ことかもしれませんけれども・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

恋の悩みってことは、考えられないんですか?(ドリアン助川)

えっと・・(相談者)
誰か、好きな男の子・・(ドリアン助川)

今は、まったく、そういうことは、ないようです。(相談者)
気配、ないですか?(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

とすると・・(ドリアン助川)

え・・・(ドリアン助川)
・・
勉強の悩みと、友達が今、いないってこと・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
の、二点ですかね?(ドリアン助川)

と・・あと、やっぱり、理想の自分が、あるんだけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

自分はいっつも、その理想と、反対のことをしてしまって・・例えばその、過食もそうなんですけれども・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

食べたらダメ・・って、分かってるのに、また、食べてしまった。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
勉強しなければいか・・いけないのに・・(相談者)

また、できなかった・・(相談者)
・・
学校、休んだらいけないのに、また、休んでしまったっていう・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
ことで・・(相談者)

理想の自分と、現実の自分のギャップ・・(相談者)

を、感じることに・・(相談者)

それが・・あの子を、追い詰めてるような気がして・・(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)

まあ、しかしそれ、けっこう、誰にでもあることでねぇ・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

あのぅ・・今日は、原稿を書くはずだったのに・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
お酒、飲んじゃった。(ドリアン助川)

はぁい・・ふふふ・・(相談者)
よくわたしは・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
ありまして・・(ドリアン助川)
うん・・(相談者)

え・・ま、そのジレンマ、慣れっこなんですけど・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
若い時って、それが・・(ドリアン助川)

大変、心の傷になったりして・・(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)
ねえ。(ドリアン助川)

こんな自分じゃダメだ・・みたいな。(ドリアン助川)
うん、うん、うーん・・(相談者)
で、そのぅ・・傷・・埋める・・為に、夜、食べちゃったりとか・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・(ドリアン助川)

まあ・・あのぅ・・(ドリアン助川)

振り返るとね。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あのぅ・・自分達・・まぁ、わたしもそうでした・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
あのぅ・・高校生の頃なんていうのは、ほんとに・・(ドリアン助川)

心に傷ができちゃって・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
学校を、しばらく休んじゃったりとか・・(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)

え・・そういうこと、自分にもあったので・・(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)

で、勉強も、まあ・・(ドリアン助川)

してもなかなか伸びないっていう経験も、もちろんありますし・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
わかるんですけども・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ここ、どう乗り超えるかですね?(ドリアン助川)

過食に走った母親の過去

そうですねぇ・・(相談者)
え・・お兄ちゃんとかは・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
そういうこと、なかったんですか?(ドリアン助川)

まったくなかったです。(相談者)
まったくなかった?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
え・・青春のなんか、こう、乗り越えなきゃいけない山みたいなの、なかったですか?お兄ちゃんは・・(ドリアン助川)

えーっと、反抗期も、あまりなかったですし・・(相談者)
なかった?・・ええ。(ドリアン助川)

うーん、本人の中には、あったのかもしれないけれども・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
お兄ちゃんは・・(相談者)

手のかからない子ですねぇ。(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)

お母さんは、どうですか?振り返ってみて?若き日々。(ドリアン助川)
あっ・・(相談者)

わたしと娘は、すごく似ていて・・(相談者)
はいはいはい。(ドリアン助川)

あのぅ、わたしも、ちょっと、過食・・に、走った時が、あったので・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

娘が打ち明けてくれた時・・実は、お母さんもあったんだ・・っていうふうなことで・・話しをして・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)

うんでも、必ず、乗り越えられるよ・・っていうふうに・・(相談者)

励ました・・(相談者)

りは、していたんですけれども・・(相談者)
お母さん、どうやって乗り越えたんですか?(ドリアン助川)

わたしは、気が付いたら、治っていた・・っていう感じで・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

なんか、そんなにストレスを感じなくなった?(相談者)
はい。(ドリアン助川)
他の事に、気が行くようになって・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
やっぱり、わたしも自分は・・(相談者)

ストレスを感じる度に、食べていて、食べたいから、食べるんではなくて・・(相談者)

ストレスを、忘れたいために、食べていたんですね、わたしの時は・・(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

うーん・・(ドリアン助川)
なので・・娘の気持ちが、すごくわかるし・・(相談者)

・・

うん。(ドリアン助川)
あのぅ・・他のことに気を、紛らわ・・したら・・とかいう声は、かけているんですけども・・(相談者)

・・

うーん・・(ドリアン助川)
もう、なんか・・(相談者)

やっぱり・・(相談者)

心が弱くなると、食べてしまって、結局・・(相談者)

なんかもう・・泣き腫らした顔で・・(相談者)

いるような時もあるし・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

たぶん、自分をすごく、責めているんですね。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

うーん・・でも・・かと言って、そういう、クラスの居場所もなさそうなので・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

今、娘が行ってる学校は・・特進コースとかあるので・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それを、選ばなければ・・(相談者)
・・
友達と一緒になれそうなので・・(相談者)

あえて・・(相談者)

あの、じゃあ、特進コース、諦めれば・・っても、言ったんですが・・(相談者)

でも、やっぱり、目指したい大学があるから・・(相談者)

はいはい。(ドリアン助川)
特進コースに、行きたいって言って、あの・・すごく、理想を求める姿勢が、高いんですねぇ。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

まあ、その辺の心、娘さん・・のねぇ・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
内側が・・ほんとにどこまで・・今・・(ドリアン助川)

うん・・(相談者)

え・・語ってくれてるか・・っていうことも、あるかと思うんですけれども・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
まあ、しかし、いい方向に・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
ぃ、行けたらと思いますので・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
それじゃあ、今日の回答者の先生、紹介致します。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
え・・三石メソッド主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク