テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年3月1日(水)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。親の反対を押し切って結婚した娘、以降、音信不通で絶縁状態。結婚する息子の希望で姉も式に出席して欲しいと打診、すると相手側の両親に対して謝罪がなければ出席しないと言ってきた。娘の事は諦めいた相談者夫婦。息子の為に、謝罪した方がいいのか?という相談。

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:65歳女性 夫65歳 二人暮らし 長女34歳 長男30歳

加藤諦三氏の〆の言葉『本当の自分を隠している人は、心が頑なです』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

65歳の女性から、夫も65歳、娘が34歳、息子が30歳。今は、夫と二人暮らし。

娘の謝罪要求

で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
はい・・えー、6~7年前にですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい、あの、親の反対を押し切って・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あの、娘が結婚をしました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい、それで・・あの、現在ですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
弟が・・の方が、あの息子、長男の方が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ、来年、結婚をする、予定がありまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

弟は、その姉の方に・・あの、結婚式に、出て欲しいと、強く・・あのぅ、思っているんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

娘が結婚する時に・・あのぅ、わたし達・・が、あの・・反対をしまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

その・・謝罪がない限り・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えー、結婚式には出ないと・・(相談者)

・・・

あっ・・(加藤諦三)
と・・(相談者)
と、お嬢さんの方が、言ってるわけですね?(加藤諦三)
そうです、(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

それで・・ま、わたし達はもう・・なんて言うんでしょうか・・あの、娘のことはもう、諦めて、元気で、あの、生きていればいいかな・・っていう、ぐらいの・・心境にはなったのですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい、あの・・音信が全然、ないんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
接触もないんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、そういう気持ちにはなったんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そのぅ・・長男の方が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

出て欲しいという、希望がありまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ま、親としては、その息子が、願うことならば、できることなら、やってあげたいとは、あのぅ、思っているん・・ですが・・(相談者)
はい、(加藤諦三)

そのぅ・・娘の方の・・夫の・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
両親に、謝って欲しいっていうんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えーっと、それを・・(相談者)

謝るべきかどうか・・あの、相談したいんですが。(相談者)

反対を押し切り結婚した娘

ああ、はぁはぁ・・でぇ、そもそも、そのぅ・・6~7年前に、そのぅ、あなたが・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
達が、反対したという、理由ってのは、なんですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)
その・・(加藤諦三)

えーっとね、当時、27歳だったんです。(相談者)
あ、娘が、27歳で、相手の方も、28ぐらいだったと・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
思うんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、えー、再就職・・して・・3ヵ月ぐらいしか経ってなかったんですね、その時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、相手の方が・・(相談者)
で、ま、新しいとこに就職しまして・・えー、これから、税理士を目指したいと・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・将来、1年ぐらいは・・学校に・・行かなければならない状況にもなる・・とか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、そういう話しをしていましたので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えー、少し、その、落ち着いてから、結婚を考えたら、いいんじゃないかっていうような・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ことを、わたし達は、話してたんです。(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)

それで・・あの、それでも、あの、娘の方は、どうしても結婚したいと。(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういうふうに、言い張っていたんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ、えー、3ヶ月、4ヵ月ぐらい経った頃に・・わたし達、まったく関係のない・・用事で・・戸籍抄本を・・あ・・見る・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
状況があったんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、それで、その、戸籍抄本を見た時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・籍が抜かれてるんですね。(相談者)

結婚した・・(相談者)
要するに、あなた達の了解はないまま、あるいは、結婚式をしないまま、結婚していた・・結婚し・・(加藤諦三)
そうですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい・・で、それで・・あのぅ、わたし達も、大変、驚きまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

娘と接触しようとしたんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
会話に・・応じようとしないんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

えーっと、それで・・出産とか・・向こうの両親の所で、あの、出産したらしいんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、えー、わたし達はそこで、まあ・・まあ、諦め・・ているような・・あの、状況なんです、娘との関係は・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)

心が頑な

あのぅ・・(加藤諦三)

いい、悪いは別としてね・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
社会的には、よく、そういうこと・・が、トラブルにはなりますよね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

ちゃんと、社会的に落ち着いて、経済的に・・生活できるようになってから・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
結婚しろというような・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
話しはね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

ですから、それが、ここまで、こじれるっていうことは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、しかも・・なんか、夫の両親に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
謝れっていうことは・・な、なんか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
もう、もっと・・(加藤諦三)

奥になんか、あるんじゃないですかね?(加藤諦三)
いや、あの・・(相談者)

うーん・・(相談者)

もともと、あなた達と・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お嬢さんの関係っていうのは・・(加藤諦三)

なんか、よくなかった・・んでしょう?(加藤諦三)

良くなか・・ったって・・ふっ・・ぇ・・それまでは、普通だ・・ったとは、あのぅ・・思って、いるんですが・・(相談者)
んん・・(加藤諦三)

あの・・ま・・ベタ・・てってような・・育て方は、しなかったような気がするんです。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

かなり・・あの・・やっぱり、距離をおいて・・(相談者)

ええ。(加藤諦三)
えー、なんか、育てたような、気はしています。(相談者)
うん、例えば・・常にあったのは、親がいなくても・・あの、一人で生きて・・いって欲しいなっていうのが・・(相談者)
っていうことは、あなたが、言った?(加藤諦三)

えっ?(相談者)

と、親が・・(加藤諦三)
いや、わたしは・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
わたしが・・あの・・(相談者)

思って・・育てていた、だけであって・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
直接、そういう話しは、したことはありません。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

あ・・のぅ・・お嬢さんの方は・・(加藤諦三)

それほど、その、無茶苦茶なね・・(加藤諦三)

いや、そこまで酷いこと言ったら、怒りますよっていうような・・滅茶苦茶なことを言ってるわけではないのに・・(加藤諦三)

あの・・親に・・言わな・・知らせが・・な、ないで、勝手に籍を抜いて・・結婚していく・・(加藤諦三)

うんうん。(相談者)

そして、今度は、弟が、結婚式に出てくれって言ったら・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
夫の両親に謝らなければ・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

あな・・(加藤諦三)

出ないと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
その・・話しが聞いていると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
全部、合わないんですよ。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

ですから・・むしろ・・言ってることじゃなくて、あなた達の、心の問題が・・(加藤諦三)

もっとなんか、難しいですね。(相談者)

うん、心がなんか・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
もの凄い、頑ななところって、ないんですか?(加藤諦三)

かたくな・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
いや・・あの・・(相談者)

んん・・(相談者)

何か、言い出したら・・(加藤諦三)
かたく・・(相談者)

聞かない、言い張り・・だ・・言い張っちゃうとかね。(加藤諦三)

なんか、常識では、ちょっと、考え難いような、プロセスがあったんではないかと・・僕は、思いますけども・・今日はですね・・(加藤諦三)

心についてのエッセイストとしてお馴染みの・・(加藤諦三)
あぁ・・(相談者)
マドモアゼル愛先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク