テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

マドモアゼル愛アドバイス

はい、どうも、こんにちは。(マドモアゼル愛)
あ、よろしくお願いします。(相談者)
はい、よろしくどうぞ。(マドモアゼル愛)

意地の質問なんかどうでもいい

あの、一番気になるのは・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
えっと・・お嬢さんの旦那さん、今、なにされてるんですか?(マドモアゼル愛)

わからないんです、それが。(相談者)
聞きたくもないし・・あのぅ、聞いても・・(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)
いないんですが。(相談者)
あ、そう。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
ま、でも・・別に・・親に頼ってきてないんだから・・(マドモアゼル愛)
ええ。(相談者)
それなりに、普通に・・(マドモアゼル愛)

やってるんでしょうね。(マドモアゼル愛)

うちの方にはね。(相談者)
もしかしたら・・(マドモアゼル愛)
頼り・・っては、来ませんね。(相談者)
うん、もしかしたら・・(マドモアゼル愛)
あの・・(相談者)
税理士になってるかもしれないじゃない。(マドモアゼル愛)

えー、それも、あの、たぶん・・息子の方に聞けば、わかるんでしょうけど・・あのぅ・・わたし達は・・(相談者)

もう、いいかなとは、諦めたようなところが、ありまして・・(相談者)

僕・・どうしてもね、やっぱり、納得、ちょっと、できなかったのがね。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
お母さんの話し聞いてて、わからないのが・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
ん・・(マドモアゼル愛)

娘を・・ま、ちょっと、距離をおいて、育ててきたと・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
そいで、一人で生きてって欲しいと・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
いうような・・(マドモアゼル愛)

そいで、一人で生きて・・いったら、反対しようとしたんだよ。(マドモアゼル愛)

そうなんです。(相談者)

もう、全然、話しが・・ふふふ・・変だよね、ちょっとね・・まさに、生きて・・一人で生きていこうとしたわけじゃない?・・娘さんは、親の・・反対押し切って・・(マドモアゼル愛)

うん、いや、一人でって言うけど、親がなくても、生きていけるような・・あぁ、人に、なって欲しいなっていうふうな、気持ちはもっていました。(相談者)

でも、そうやって生きてったわけじゃない。(マドモアゼル愛)
そうですね。(相談者)
籍まで、抜いちゃって・・(マドモアゼル愛)
はい、でも・・(相談者)

でも、ちゃんと、その、なんて言うんでしょう、親に対しての、誠意っていうのが、あ、あるじゃ・・(相談者)
いやだから、今度は、誠意の話しになるわけよ。(マドモアゼル愛)
あ・・今回、わたしの・・あの、質問じゃないけど・・(相談者)

あの・・え・・今回のですね、そのぅ、あのぅ、相談は・・(相談者)
う、うん。(マドモアゼル愛)
娘と、和解したいとか、そういうんじゃないんです。(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)

その、電話・・謝罪の電話を、入れるべきかってことなんですが。(相談者)

これも、意地で考えてるんですよ。(マドモアゼル愛)
娘との関係を、どう・・自然なものにしていこうかが、目的ではないのよ、もう、質問自体が。(マドモアゼル愛)

うん、うん・・(相談者)
だから、どうだっていいのよ、僕も、そんなことだったら。(マドモアゼル愛)

はあ・・(相談者)

だって、形だけの話しだもん。(マドモアゼル愛)

修復

うん・・(相談者)
僕は、あなたの人生っていうことで、ちょっと考えたいのよ。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
65、まだまだ若いから・・ね。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
これからも・・あのぅ、健康そうだし、あのぅ・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
いいと思うけれども・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
やがて、わたし達も死ぬわけじゃない。(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

自分が死ぬ時・・(マドモアゼル愛)

この問題を、どう思うかしら?(マドモアゼル愛)

やっぱり寂しいよね、死ぬときに、このままじゃ。(マドモアゼル愛)

・・・

んん・・(相談者)

違った、お母さんとして、娘をみてあげたいよね。(マドモアゼル愛)

・・・

うん。(相談者)
あの子も、この子も、こうやって・・わたしが死んだ後も、一生懸命、生きていくんだという娘に対する想いが・・(マドモアゼル愛)

うん・・(相談者)
そろそろ、出て来なくちゃいけないんじゃないかしら?(マドモアゼル愛)

・・・

だって、向こうは・・(マドモアゼル愛)

や・・一生懸命、頑張って、出産をして・・(マドモアゼル愛)

うん。(相談者)
お母さんが、気にそまないかもしれないけども・・(マドモアゼル愛)
うん。(相談者)
もしかしたらでも、税理士やってるのかもしれないぐらいの、可能性だってあるし・・(マドモアゼル愛)

うん。(相談者)
ま、十分やってるわけじゃない。(マドモアゼル愛)

うん・・(相談者)

そしたら、ホント、謝んなくちゃいけないのよ。(マドモアゼル愛)

形だけで・・お前の、恋人・・あの時の恋人を、判断しちゃって、ごめんねということで。(マドモアゼル愛)

やっぱり、お前には、人を見る目があったんだね、とか。(マドモアゼル愛)

ふう・・(相談者)

僕は・・違った、お母さんの側面を見せて・・(マドモアゼル愛)

うん。(相談者)
娘さんと、修復した方が、いいと思いますよ。(マドモアゼル愛)

ああ・・(相談者)

それによって、お母さんの人生が、これから・・老後が楽しくなっていくんですよ。(マドモアゼル愛)

うん・・(相談者)
このまま頑なに歳いって・・(マドモアゼル愛)

うん・・(相談者)
人の悪口ばっかり言って、生きていく人生、つまらないと思うよ。(マドモアゼル愛)

んん・・(相談者)

いいきっかけですよ。(マドモアゼル愛)

そうですか?(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)

ん・・(相談者)

親子の絆

それ、娘さん、あなたが・・思うように・・一人で生きていく・・強い子になったんだから・・(マドモアゼル愛)

ん・・(相談者)
もう、いいじゃない、それは、成功したんですよ、お母さんのね、その思いはね。(マドモアゼル愛)

うん・・(相談者)

もうちょっと、違った面で・・親子関係の絆を・・作っていく、きっかけが・・今回の・・弟さんの・・僕は、結婚じゃないかなって気が・・なんとなくするんですね。(マドモアゼル愛)

また、そういうもので修復しない限り・・(マドモアゼル愛)

ん・・(相談者)
意味、意味がないよね、あまりね。(マドモアゼル愛)

ん・・(相談者)
そいで、親が出ないか・・(マドモアゼル愛)
ん・・(相談者)
若しくは、お姉ちゃんが出ないかっていうことで・・(マドモアゼル愛)
うんうんうん。(相談者)

今度は、彼の中に・・(マドモアゼル愛)

うん。(相談者)
こう、一つの傷っていうか・・そんな意地に、人生かけたら負けなのよ。(マドモアゼル愛)
なる・・ああ・・(相談者)

そうですか・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)

なるほど・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)

んんん・・(相談者)

そうですか・・(相談者)
ま、僕は、そう思う・・うん、加藤先生に・・伺ってみましょうね、またね。(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. せっかく良いアドバイスを貰ったけど、この相談者さんには素直に受け入れる度量は無さそうですね。
    正義の人、信念の人といえば聞こえは良いですけれど、そのことは同時に視野が狭くて頑固と表裏一体です。
    思いやりや優しさに欠けて、自分が信ずる正しさに固執して生きてゆくと、しだいに周囲から人がいなくなるのになあ、と思いました。