テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

加藤諦三まとめ

今、あなたね、本当に、あなたの人生全体を考えてね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

愛先生に、いいアドバイス、伺いましたよね。(加藤諦三)

突っ張って

本当に、自分の人生、考えたら最後、このまま突っ張っていてね、とにかくあなた今、突っ張ってるんですよ。(加藤諦三)

そうですか?(相談者)

あ、そうですか?って、そうじゃない?・・突っ張ってんじゃない?(加藤諦三)

だいたい、突っ張るだけの人生でしょう?(加藤諦三)

娘の結婚を・・の認めないから始まって。(加藤諦三)

・・・

はい。(相談者)

なんでそんなに、突っ張りだけの人生なんですか?(加藤諦三)

謝罪があるか、ないのって・・とにかく、もの凄い、ひとつひとつが、柔軟性を欠いてるんです。(加藤諦三)

はああ・・(相談者)

もう、頑なで、突っ張って生きてるの、ずーっと今まで。(加藤諦三)

&%・・(相談者)

だって、今までそれを、そうは思わない?・・ずーっと突っ張って、頑なに生きてきたっていうのは。(加藤諦三)

んん・・(相談者)

思いません。(相談者)

んっ?!(加藤諦三)

思いません(笑いながら)。(相談者)

うん、だからそうなのね・・(加藤諦三)
えー、ちょっと、あの・・(相談者)
ん・・ん・・うん、そうなのきめ・・じゃあ、じゃあ・・(加藤諦三)
心あたりがないんですが・・(相談者)

うん、そうそうそう、そういう・・そう言うでしょうけれども・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
じゃあ、なんでこんなに上手くいかないんですか?・・人間関係・・あなた、悪いこと、なんにもしてないですよ。(加藤諦三)

・・・

いや・・(相談者)

だから・・どうしたらいいか、わからないんですが・・(相談者)
要するにだから、そこ、そこ。(加藤諦三)

どこかで、間違えたんだと思うんですが・・(相談者)
いや、間違ってないの!(加藤諦三)

あなたの心を偽ってるから・・(加藤諦三)

自分の心

ぁぁ・・(相談者)
あなたが・・(加藤諦三)

ほんっとうのあなたの感情と・・(加藤諦三)

うん。(相談者)
あなたが今、認識している感情とは、別なんです。(加藤諦三)

はあ・・(相談者)

あなたは、娘の為だと思ってる・・かもしれないけど・・実際のあなたは、娘のことを思ってないとかね・・(加藤諦三)

だから、こんなに頑なになる。(加藤諦三)

だから、周りと上手くいかないんです。(加藤諦三)

はああ・・(相談者)

だから、愛先生が、あそこまでいいアドバイスしてくださっても・・活かせない。(加藤諦三)

頑なであるということすら、今、認めない程、あなた、頑ななんですよ。(加藤諦三)
ぁぁ・・(相談者)

あなたの心が間違ってたからなの。(加藤諦三)

ああ、そうですか、心ね・・(相談者)
うん、心の底に・・怒りと憎しみがあって・・(加藤諦三)

ああ・・誰かに対しての怒りと憎しみ?(相談者)
そうです。(加藤諦三)

いや、では、怒りと憎しみを、あの、自分の中で、見つけることと・・(相談者)

で、それでですねぇ、そのぅ・・謝罪っていうのは・・どうしたらいいか、わからないんですが?(相談者)
いやそれ、だから、そこ、そこ!(加藤諦三)

あなたが・・とにかく、こだわって、頑なで、突っ張って・・(加藤諦三)

んん・・(相談者)
人の話しは聞かない。(加藤諦三)

はい。(相談者)
自分の世界だけ。(加藤諦三)

はい。(相談者)

あの・・もう、いい・・(相談者)
自分の心を見つめない限り・・(加藤諦三)

人間関係は、絶対に上手くいきません。(加藤諦三)

はい。(相談者)

はい。(相談者)
よろしいですね?(加藤諦三)
わかりました。(相談者)
ありがとうございました。(相談者)

本当の自分を隠している人は、心が頑なです。




YouTube

管理人のちょっとひと言

これ、本当に相談なんだろうか?
『親としては、その息子が、願うことならば、できることなら、やってあげたい』
だったら、謝罪の電話すればいい

それが息子の為なんだから
それで、終わりなのに
何を聞きたいのかな?

そもそも、謝罪の先が、どうして娘の旦那の両親なのか?って話し
そこに至る説明は、一切なし
なのに、相手の両親へ謝罪すべきかどうかって相談

『だから、どうだっていいのよ、僕も、そんなことだったら』

『だって、形だけの話しだもん』

そう、こういう返事になるよね
なにも、人生相談に電話することじゃない
近所の、おっちゃんか、おばちゃんにでも聞けばいい話しだ

これなら、自分にも答えられるぞ
息子の為に、娘に結婚式に出席して欲しいと思っているので
心の中なんかどうでもいい、電話して、形だけの「ごめんなさいね」って言うだけ

それで、娘が結婚式に出席するって言ってるんだからね

まあ、そんな気持ちで電話しても
「心がない」っていうんで
「結婚式には、出席しません」って言うかもしれないけど

踏み込んで、欲しくない所に
加藤先生や、マドモアゼル愛が、踏み込んでくるので
ああいう態度?・・・になるのは、わからなくもないけど

そもそもの相談が
電話するような内容じゃない・・・と思うけど

それとさ、ま、誰も言及してないから
書いておくとさ
これって、息子が仲直りして欲しくて言ってる話しだよね

自分の結婚を利用して、どちらも歩み寄りやすい状況を作ってくれてるんだよ

きっかけを失ってる
両親と姉のために
わざわざ、出席して欲しいって言ってるんでしょ

たぶん、気付いてるんだろうけど
そういうとこには、触れないのね
背中を、押して欲しかったんだろうけど、ちょっと方向が違ったのかな

気付いてなくてもいいや
こんな機会、もうないかもしれない
だったら、間に入って困っている息子の粋な計らいに

乗っかっちゃってもいいんじゃない

嘘か真か、息子の気持ちなんか知らないけど
そういう方向で回答してあげたら
あんなにも、頑なにならなかったんじゃないかな

と、誰ともなしにつぶやいてみる

123次へ »
3 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. せっかく良いアドバイスを貰ったけど、この相談者さんには素直に受け入れる度量は無さそうですね。
    正義の人、信念の人といえば聞こえは良いですけれど、そのことは同時に視野が狭くて頑固と表裏一体です。
    思いやりや優しさに欠けて、自分が信ずる正しさに固執して生きてゆくと、しだいに周囲から人がいなくなるのになあ、と思いました。