テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年11月11日(土)は、柴田理恵&大迫恵美子。ひと月ほど前に同い年の従兄が他界。従兄の両親は既に他界しており腹違いの兄弟4人とは絶縁状態。他の従兄や叔母と協力して葬儀・火葬を行い費用は30万ほど。従兄の住んでいたアパートを引き払ったので保証金9万円を大家から返してもらえるが、葬儀費用に補填したいと思っている。保証金を大家から直接受け取ることはできないだろうか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:52歳男性 妻42歳 子供なし 実母(82~3歳)の姉(他界)の子(従兄同い年の52歳)

もしもし・・テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

はい。(相談者)

今日は・・どんな、ご相談ですか?(柴田理恵)

えーっとですね・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

え・・・(相談者)

アパートの・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

保証金の・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

返還・・についてなんですけども。(相談者)
保証金の返還・・はい。(柴田理恵)

はい。(相談者)
あのぅ、あなたはおいくつですか?(柴田理恵)

52歳です。(相談者)

52歳・・ご結婚、なさってますか?(柴田理恵)

はい。(相談者)

奥様は?(柴田理恵)

・・

42歳・・(相談者)
42歳・・はい・・(柴田理恵)

お子様は、いらっしゃりますか?(柴田理恵)

いないです。(相談者)

はぁ。(柴田理恵)

えっと、アパートっていうのは、どういう・・(柴田理恵)

ことでしょうか?(柴田理恵)
えーっと・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

わたくしではなくて・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

わたくしの従兄が・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

・・

ぇ、ひと月ほど前に、亡くなりまして・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

・・

それでぇ・・えーっと・・(相談者)

その従兄っていうのが・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
え・・・(相談者)

生涯、結婚してなかったもんですから・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ、もぅ、子供もいないと、もちろん。(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ・・両親はもう・・以前に他界してもう、いないと。(相談者)
はいはい。(柴田理恵)

でぇ・・(相談者)

ぇ、一応、腹違いの・・兄弟が、いるんですけれども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

あのぅ・・まぁ、あの絶縁状態で・・え・・(相談者)

付き合いがないと。(相談者)
はい。(柴田理恵)

いうことで・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
でぇ・・(相談者)

アパートで、ま、病気で・・亡くなってたんですけれど・・も・・(相談者)
はいはい。(柴田理恵)

で、そのアパートを引き払うのに・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
え・・まぁ・・(相談者)

・・・

ま、多少の従兄とか、まぁ・・身内の何人かで、その、片付けをしまして・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

・・

でぇ・・大家さんに・・(相談者)

大家さんというか、ま、管理・・会社・・なんですけれども・・(相談者)
うん・・はい・・はい。(柴田理恵)

に、ぇ、まぁ、一応・・え・・(相談者)

20日ほど前に・・(相談者)
・・
うん・・(柴田理恵)

一応、月末までという・・契約にはなってる・・もんですから・・(相談者)
うん・・はい・・(柴田理恵)
契約上。(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ、まぁ・・月末前に・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
え・・鍵は・・返しました。(相談者)

はい。(柴田理恵)

それで、一応・・(相談者)

・・

契約書の中には・・9万円というものが、え・・(相談者)

・・

保証金として・・(相談者)

あるということが、うたってあって・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

で、出て行った時には・・(相談者)

え・・返却しますという・・ふうに、うたってあるんですよ。(相談者)
はい。(柴田理恵)

・・

ま、もちろんそれには、本人に返しますということが、うたっては・・あるんですけれども・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ・・(相談者)

そのぅ・・9万円というものが・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

あのまぁ、わたし・・とかには・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

まぁ、返却・・という形で・・(相談者)

もらえないのかどうなのか?(相談者)

ああ、はあ、はあ、はあ、はあ、はあ・・(柴田理恵)

・・

でぇ・・まぁ、一応・・(相談者)

そのぅ・・今、身内・・身内っていうか、まぁ、そういう・・(相談者)

・・

親族が、まともにいない状態だったので・・(相談者)
うん・・はい。(柴田理恵)
で、まぁ・・(相談者)

友人とか、まぁ・・(相談者)

その従兄とか、まぁ・・叔母・・(相談者)

さんとかが、まぁ・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
お金を出して合って、葬儀というか、火葬・・を、したという・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
状態なんですよ。(相談者)
はいはいはい。(柴田理恵)

で、ま、本人さんは、まぁ、もちろん、生命保険もなくて・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
え・・(相談者)

貯金もなかったもんですから、お金はまぁ・・ほぼ、ゼロ・・に、近い状態だったんですよ。(相談者)
うん、うん・・うん。(柴田理恵)

だから、まぁ、そういうふうで、みんなで・・(相談者)

やった・・もんですから・・(相談者)
うんうんうん。(柴田理恵)
ま、そういうお金でも、戻って・・きて・・くれれば、ありがたいなと。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

なるほど・・(柴田理恵)
いう・・ことで、そういう請・・請求って、おかしいんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
法律上、そういのは・・(相談者)

無理・・無理・・本人が・・まぁ、相続を・・してるわけじゃないんでね。(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)

法定相続をしてるわけじゃないので・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)

あのぅ・・(相談者)

請求っていうか、返してもらうのは、無理なのかどうなのか?(相談者)
あぁ・・その、保証金ってものがねぇ?(柴田理恵)
はい・・はい。(相談者)

つまりその、保証金は・・当人じゃないと、受け取れないか・・ってことですよね?(柴田理恵)
そういうことですね、はい、はい。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)

これって、な・・(柴田理恵)
その辺が、ちょっと聞きたいんですけど・・(相談者)

亡くなられた場合はねぇ・・(柴田理恵)

あの・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
周りの方も、面倒みてらっしゃるわけだから・・(柴田理恵)

そうですね、はい。(相談者)
少しでも・・っていうふうに、思われたわけですねぇ?(柴田理恵)
はい。(相談者)
ふーん・・(柴田理恵)

従兄さんって、おいくつだったんですか?(柴田理恵)

えーっと、同じです、52歳です。(相談者)

ああ、そうですか・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

あの・・割と・・あのぅ・・このぅ・・(柴田理恵)

まぁ、アパートで、一人暮らし、なさってる間・・(柴田理恵)

あの連絡とか、取り合ってらしたんですか?(柴田理恵)
いや・・(相談者)

みんな、結構、疎遠になっていたんで・・(相談者)
ああ・・なるほど・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
うんうん・・(柴田理恵)

ふーーん・・(柴田理恵)

で、やっぱり・・(柴田理恵)

亡くなられたってこと・・お聞きにな・・なって、連絡がきて・・それで・・まあ・・(柴田理恵)

あのぅ・・(柴田理恵)
はい、結構、ま、あのぅ・・(相談者)
お葬式とか、いろいろ・・(柴田理恵)
アパートの・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
保証人自体が、わたしの母親が、一応、保証人には、なってたんですよ。(相談者)
あ・・そうなんですか?(柴田理恵)

はい、それで・・(相談者)
はいはい・・うん。(柴田理恵)
あの、その、まあ・・仕事は、ちゃんとしていたもんですから・・(相談者)
うんうんうん・・(柴田理恵)
まぁ、貯金等は、なかったんですけれども・・(相談者)
うんうんうん・・(柴田理恵)
仕事は、していたもんですから・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)
会社の方が・・あのぅ・・(相談者)

連絡がなかって・・前の日に・・(相談者)

ふぅーーん・・(柴田理恵)

あのぅ・・無断欠勤っていうか、連絡しても、つご・・連絡つかなかったので・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
その日の夜、見に行ったら、な・・(相談者)

家で倒れれていたと。(相談者)

あっ・・突然、亡くなったんですね?(柴田理恵)
そうです、はいはい。(相談者)
あら・・ぁ・・(柴田理恵)
で、それで、そういう経緯があったもんですから・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
連絡がすぐきて・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ま、倒れた時に、そのまま・・わたしも、行ったんですけれども・・(相談者)
うんうんうん・・(柴田理恵)

・・

まぁ、あのぅ・・警察の方が来て・・(相談者)

現場検証っていうか・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)
そういう形・・に、なったんですけれど・・(相談者)
うんうん・・(柴田理恵)

そうしたら、病気で亡くなったんだってことが、わかったってことですか?(柴田理恵)
はい、まぁ、そういうことですね、はい。(相談者)

今その、保証人になられた・・あなたのお母様っていうのは、お元気ですか?(柴田理恵)

まあ・・はい、はい。(相談者)

へぇ・・あ、おいくつなんですか?(柴田理恵)

もう、80・・2歳だか、3歳だか・・はい。(相談者)
ふーーん・・(柴田理恵)

ま・・あの、お母様にとっては・・甥っ子・・(柴田理恵)

そうですね、はい、はい。(相談者)
という形になるんですかねぇ・・(柴田理恵)
はい、そうですね・・はい。(相談者)
ふぅーーん・・(柴田理恵)

じゃあ、お母様と、従兄さんは・・連絡は、取り合ってらしたんですか?(柴田理恵)
ま・・(相談者)

わ・・(柴田理恵)

ひと月、ふた月に一回は、お墓参りに来ていたらしいので、その時に顔を合わしとったということですけど。(相談者)
あぁ・・あぁーーん・・(柴田理恵)

ぁ、なるほどねぇ・・(柴田理恵)

・・・

・・・

ウン・・あのぅ・・そのじゃあ・・えっと・・あなたのお母様・・つまりその・・(柴田理恵)
はい?(相談者)

そのぅ・・従兄さんの、お母さんとか・・(柴田理恵)

は、どうなんですか?お父さんとかは?(柴田理恵)

あ、さっき、亡くなったっておっしゃってますけど・・(柴田理恵)

はい?(相談者)

ですよね?(柴田理恵)

はい、亡くなってます、はい。(相談者)
えっと・・(柴田理恵)

お父さんも、お母さんも、その従兄さんの、お父さんも、お母さんも・・(柴田理恵)

亡くなってらっしゃるんですよねぇ?(柴田理恵)

そうです、はい。(相談者)

えっと・・(柴田理恵)

どちらとの・・(柴田理恵)

あの・・(柴田理恵)

血縁なんですか?(柴田理恵)

お母さん?(柴田理恵)

お母さん同士・・(柴田理恵)
え・・わたしの母親の・・(相談者)

あ、はぁ、はあはあはあはあ・・(柴田理恵)
はぁい・・母親の・・姉の息子ですね。(相談者)
ああ、なるほど・・はい。(柴田理恵)
はい。(相談者)

わかりました。(柴田理恵)

・・

じゃあ・・先生にちょっと、聞いてみましょうかね?(柴田理恵)
はい。(相談者)

ご相談内容は・・(柴田理恵)

従兄さんが亡くなった後の・・このアパートの保証金の・・(柴田理恵)

返還は・・(柴田理恵)

あのぅ・・受取人は・・(柴田理恵)

本人じゃなくても・・自分達でもいいんだろうか?・・っていう、ご相談ですよね?(柴田理恵)
まぁ、そうですね、はい、はい。(相談者)
はい。(柴田理恵)

では、今日の回答者の先生は・・弁護士の大迫恵美子先生です。

先生、お願いします。(柴田理恵) 

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク