テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大迫恵美子アドバイス

もしもし?(大迫恵美子)

はい・・(相談者)
はい、こんにちは。(大迫恵美子)
よろしくお願いします、はい。(相談者)
はい。(大迫恵美子)

えーっとですねぇ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あのぅ・・ちょうどその、腹違いの・・兄弟がいるっておっしゃいましたよね?(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)

え・・ご両親が亡くなっていて・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

ま、しかもこの人には、生涯、配偶者がいなかったってことですよね?(大迫恵美子)

はい。(相談者)
そうすると・・ま・・お子さんが・・いるかいないかについては・・(大迫恵美子)

わかりますか?(大迫恵美子)

・・

あ、本人には、いないです。(相談者)

うん。(大迫恵美子)
それは・・(相談者)

はい。(相談者)

あの、そうすると、今・・わかっている相続人は、腹違いの兄弟ってことだと思います。(大迫恵美子)

ああ、はい。(相談者)

で、その人がね、相続人なんですよ。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
そうすると、その人が・・大家さんに請求できる立場なんですね。(大迫恵美子)

はい・・はい。(相談者)
法的には、そういうことなんです。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

で、大家さんとしては・・まぁ、相続人に払わなくちゃいけないのでね。(大迫恵美子)

その腹違いの従兄の人が・・請求した時に、払いますよっていうね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
え・・それは・・一応、ありうる考え方なんです。(大迫恵美子)

あぁ・・(相談者)
まず、これがあの、抑えておくべきところなんですね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あの、まぁ、議論の出発点としては、そういうことになると思います。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

でぇ・・(大迫恵美子)

その亡くなった従兄にとっては・・(大迫恵美子)

あの親族っていうのは、その人だけなんですよ・・いくらそのぅ・・もちろんね、あのぅ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

いろいろ複雑な、かん・・あのぅ、感情とかが、あるようなご関係だったとしても・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
血は繋がってたわけですからね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

そうすると・・その・・そちらの方が、強い権利を持ってることになっちゃうので・・(大迫恵美子)

ああ・・(相談者)

ン、ン・・(大迫恵美子)

ま、あなたが方は・・ぁ・・あの、相続人ではない立場で・・亡くなった人の為に、いろいろ、やってあげてるんですけど・・(大迫恵美子)

・・

それはあくまでも・(大迫恵美子)

まあ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

善意で・・(大迫恵美子)

え・・やって・・くれた・・ってことなんだから・・(大迫恵美子)

あのぅ・・かかった分、全部、払えとかね。(大迫恵美子)

・・

それから、あのぅ・・(大迫恵美子)

損害・・が、発生したから・・(大迫恵美子)

弁償してくれとかって・・なんか、言い辛い・・(大迫恵美子)

あはっ・・(相談者)
立場で、やっちゃってるってことなんですよねぇ・・あ(大迫恵美子)
ウン・・(柴田理恵)
はい・・(相談者)

・・

あの・・ちょっと、お聞きしてもいいですか?(柴田理恵)
はぁい。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あの・・(柴田理恵)

葬儀・・代っていうか・・(柴田理恵)
ええ。(大迫恵美子)
そういうのって、いくらぐらいかかったんですかねぇ?(柴田理恵)

・・・

え・・まぁ、あのぅ・・(相談者)

一応、そのなんですか、告別式とかは、やってないんですけれども・・(相談者)
うんうん・・(柴田理恵)

え、葬儀屋さん・・の方で、ま、遺体の引き取りとか、そういうこと、いろいろしていただいて・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ま、約、30万円ぐらいは・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
うーん・・(大迫恵美子)

・・・

これってあの、先生・・保証人やってるお母さんは・・(柴田理恵)

そういう敷金とか、そういうのって・・もらえないもんなんですか?(柴田理恵)

あの、お母さんがね・・保証人として・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
なにか・・そのぅ・・(大迫恵美子)

うん、まぁ、保証・・債務としてね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
え・・滞納家賃を払ってあげたとか・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
なにか、そういうことってありました?(大迫恵美子)

は、ないと思います。(相談者)
うん・・そういうのがあればね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
お母さんは、直接その、亡くなった人に対して・・(大迫恵美子)

わたしが保証人として、やってあげたの返してよ・・って権利があるのでね。(大迫恵美子)

ああ・・はい、はい・・(相談者)
ン・・そ・・ま、その本当は、だから・・連絡がつくところにあるのであればね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
その人から大家さんに・・(大迫恵美子)

あのぅ・・ま、そちらに払ってやってくれと・・いうふうに言ってもらうのが、一番いいんですけど・・(大迫恵美子)
うん。(柴田理恵)

ああ・・(相談者)
大家さんとしてはね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あの、二重払いの危険があるので・・(大迫恵美子)
うん・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

あのぅ・・ま、事情はわかったから、こっちに払うってことは、なかなか言えないわけなんですよ。(大迫恵美子)

ハア・・(相談者)

後から、そのぅ・・人が現れて、相続人だから、うちに返せって言うとね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
断れなくなってしまうので・・(大迫恵美子)
ああ・・はい。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

ま、いろいろ、事情からみてね、そのぅ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
腹違いの・・(大迫恵美子)

従兄の人が・・請求してくるってこと、考え難いという事情がある時に・・(大迫恵美子)

例えばその・・あなたの方・・(大迫恵美子)

からね・・(大迫恵美子)
ハイ。(相談者)
その大家さんに対して・・(大迫恵美子)

え・・ま、こういう事情で・・うちが・・もらうけど・・なんか紛争があった時は・・わたし達の間で解決しますから・・(大迫恵美子)

あの・・っていうことを、一筆書いてね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
差し入れて・・(大迫恵美子)

で、大家さんが、ま・・(大迫恵美子)

それなら大丈夫かな?・・っていうことでね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
大家さんが、リスクをとって・・(相談者)

ああ・・はい。(相談者)
納得してくれれば・・(大迫恵美子)

ああ・・(相談者)
払ってくれるでしょうけど・・(大迫恵美子)

・・・

ただ・・大家さんの立場としてはね・・(大迫恵美子)
ハイ。(相談者)
このまま、うやむやになっていると・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ま、払わずに、済むかもしれないなぁ・・っていう状況があるので・・(大迫恵美子)
ハァ・・ウーン・・(柴田理恵)

うーん、うーん・・(大迫恵美子)
そうですよねぇ・・やっぱり。(相談者)

ああ・・(相談者)
そうすると、あんまりそんなにね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
積極的に協力してくれないって方が・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

普通の行動ですよねぇ。(大迫恵美子)
ウン・・(相談者)

その、腹違い・・の、兄弟であれば・・請求する権利は、一応あるってことなんですね?(相談者)
うん、その人、相続人ですからね。(大迫恵美子)

じゃあ、その・・兄弟・・え・・義理の・・義理の兄弟っていうか、ま、腹違いの兄弟から・・(相談者)

まぁ・・連絡がついて・・(相談者)

してもらえるんであれば・・(相談者)

それで、してもらうのが、一番いいっていう・・ことなんですね?(相談者)
ウン・・(柴田理恵)
もう、それはねぇ・・大丈夫なんです、で・・タダその時ね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
その兄弟って、何人いますか?(大迫恵美子)

一応、四人いますw(相談者)
ふふっ・・(大迫恵美子)
四人いるんだ!(柴田理恵)
そうするとねぇ・・(大迫恵美子)
あらぁ~!(柴田理恵)
その人達はねぇ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
四分の一ずつ権利を持ってることになっちゃうんですよ、9万円の四分の一ずつ。(大迫恵美子)

・・

ああ・・(相談者)
もう、ほんとに面倒臭いですね。(大迫恵美子)

・・

はい。(相談者)
あのねぇ・・(大迫恵美子)

え・・まぁ、ほんとに・・言うと、例えばね、戸籍謄本、全部取って・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
この人達の、相続関係を明らかにして・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
そして・・え・・実印でね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
それから、印鑑証明つけて・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あのぅ・・わたし達・・(大迫恵美子)

は、それ、くださいと言って、もらって・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
で、それを・・あのぅ・・全部集めてね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
よ、四人の人の・・が、全員、全部で9万円をもらって・・こっちにくれる?っていうふうに、円満にいくといいんですけど・・(大迫恵美子)

ぉ・・(柴田理恵)
もう、考えただけでも大変ですよね。(大迫恵美子)

ああ・・そうですねぇ・・ふふっ・・(相談者)
ふふふ・・(大迫恵美子)
ははは・・(相談者)

ほんとに・・ふふふふっ・・(柴田理恵)

9万円のために、そんなに・・(相談者)
そう!ほんとにねぇ・・(大迫恵美子)

あの、き・・わたしも、言いながら、お気の毒だと思っちゃいますけど・・(大迫恵美子)
はぁ・・(相談者)

ま、あのぅ・・ほんと、相続が起きると、そういうことなんですよねぇ・・(大迫恵美子)
あぁぁ・・(柴田理恵)

でもなんか・・親切で・・お葬式までだしてあげた人達の・・(柴田理恵)
そうですよねぇ・・(大迫恵美子)

こと考えるとねぇ・・(柴田理恵)
ふふふっ・・(相談者)

ふふふ・・(大迫恵美子)
なんだかなぁ・・法律って・・って、思いますねぇ。(相談者)

まあ、そうなんですよ。(大迫恵美子)
まあ、そうですねぇ・・ふふっ・・(相談者)

うーーん・・(柴田理恵)

ただ、やっぱり、そのリスクをとらなきゃいけないのが、大家さんってことに、なっちゃうのでね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
・・
大家さんは、二重払いの危険に、常にされされちゃうので・・(大迫恵美子)
はい・・はい。(相談者)

で、まぁ、あなたもねぇ・・その四人の全員が・・ぁ、こうい人柄で、こういう性格で、こういう生活してるから・・こ、これは大丈夫なんてね。(大迫恵美子)

こう、具体的に・・すごく言える状況でもないでしょう?(大迫恵美子)

そうですねぇ。(相談者)
ふふふ・・そうすると、なんだかたぶん、大丈夫じゃないですか?みたいなことでね・・ふふっ・・(大迫恵美子)
ははは・・(相談者)
ウーン・・(柴田理恵)
大家さんもなかなか、リスクはとれないと思うんですよ。(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

でも、だめもとで言ってみた方が、いいんじゃないかな?と思いますけど・・ふふふ・・(柴田理恵)
いや、だから、どうなんでしょう・・(大迫恵美子)
ふふふ・・(柴田理恵)
だからそれをね・・あの、言われるのが、大家さんなのか・・どう・・どうなのか・・っていうのも、微妙な感じで・・(大迫恵美子)
うん・・(柴田理恵)

あのぅ・・そっちの・・四人のうちの、どなたかに言えるのであればね。(大迫恵美子)

うん、そうねぇ・・(柴田理恵)
はい。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

それと、その人と連絡をとって・・それで、まぁ、事情、言ってねぇ、わたし達もすごくお金立替えてるんで、もらっていいですか?・・って言って・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
例えばそのぅ・・内の一人がね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
まぁ、よくわかんないけど、いいんじゃないですかって、とかって、そのくらいまでなんか、いけば・・(大迫恵美子)
うん、うん。(柴田理恵)
はい。(相談者)

それを、大家さがんが納得してくれるかもしれないですけど・・(大迫恵美子)
うーん・・(柴田理恵)

ああ・・(相談者)
うん。(大迫恵美子)
はいはいはい。(相談者)

でぇ、それで結局、最後に・・二重払いの話しが出てきたときには、こっちで処理します・・って、約束しないといけないですけどね。(大迫恵美子)
うん。(柴田理恵)
はぁい・・はい。(相談者)

うん・・でもまぁ・・それで大家さんが、まぁ、これなら大丈夫かなと思って・・っていう・・ほんとに全部、お願い・・ですとか・・あのぅ・・(大迫恵美子)
はああ・・(相談者)

判断のベースでね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
法的な処理とは言い難いんですけど・・(大迫恵美子)

はぁ・・(相談者)
まあ・・常識の範囲内で、収まらるかなぁ・・というような話しなんですよね。(大迫恵美子)

はぁ・・(相談者)
ま、あなたにとっても、そんな・・9万円をねぇ・・(大迫恵美子)

あのぅ・・取るために・・ヒヒッ・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

大変なことですけど・・(大迫恵美子)
うーん・・(柴田理恵)
はぁ・・(相談者)
逆に言うと、四人の人達は、その四分の一を取るために、頑張らなきゃいけないっていうことなので・・(大迫恵美子)
そういうことですね、はい。(相談者)

ええ、だからそれは・・ある意味、向こうもそんなことしないんじゃないかな・・っていう・・ことは・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)
あり得ますんで。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

あのぅ、そこが、少し、希望を・・が・・あるところかな・・って感じですねぇ。(大迫恵美子)
あはは・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
ありがとうございます・・ふふふ・・(相談者)
いえいえ・・ふふふ・・(大迫恵美子)

でもねぇ・・(柴田理恵)
ほんとに、あのぅ・・ねぇ・・(大迫恵美子)
うーん・・(柴田理恵)
亡くなった・・可哀想な・・従兄の方の為に、一生懸命・・やって・・(大迫恵美子)
うーーん、ねぇ・・(柴田理恵)
くださったのにねぇ・・(大迫恵美子)
ふふっ・・(相談者)

ねえ・・(柴田理恵)
ほんとそれはあのぅ・・まぁ、今時・・そういうふうにならずに、もう、引き取り手もないっていうような事件も、たくさんありますので・・(大迫恵美子)
そう・・うーん・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

それを考えると、ほんとに、従兄の方はね、幸せだったと思いますよ。(大迫恵美子)
うーん、そうねぇ・・(柴田理恵)

この・・情けは人の為ならず・・って言うじゃないですか。(柴田理恵)
あはは・・そうですねぇ・・(大迫恵美子)
あははは・・(相談者)

ふふふ・・(大迫恵美子)
あの、人の・・(柴田理恵)
ふふふ・・(相談者)
人にしてあげたことは・・自分に必ず返ってくるという・・(柴田理恵)
うん・・ええ・・(大迫恵美子)
思いで・・(柴田理恵)

頑張ってください。(柴田理恵)
あはは・・(相談者)
ふふふふ・・ほんとに・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

でも・・やられたことは、ほんとに素晴らしいことだと・・(柴田理恵)
うん、ほんとに・・ねぇ。(大迫恵美子)
思いますよ、この世知辛い世の中でねぇ・・(柴田理恵)
あのぅ・・ええ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

じゃあ・・(柴田理恵)
わかりました、ありがとうございます。(相談者)
すいません、ほんとに。(大迫恵美子)

やれるだけやってみてください。(柴田理恵)
そうですねぇ・・(大迫恵美子)

そうですね、はい。(相談者)
はい。(柴田理恵)
ありがとうございます。(相談者)
がんばって・・いくことをお祈りしてます。(大迫恵美子)
はい、ありがとうございます。(相談者)
はい・・ふふっ・・失礼します。(柴田理恵)
はい、お世話になりました。(相談者)
はぁい・・はい・・(柴田理恵)
ありがとうございます。(相談者)
ごめんくださーい。(柴田理恵)
失礼します。(相談者)




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

同じような、子供・兄弟と疎遠・絶縁状態で
葬儀費用を立替えた相談者さん

他界した姉の年金が受け取れない

尋ね方ひとつで、まったく印象が違う

やはり人間、正直でもあるべきですね

テレフォン人生相談2017年11月13日(月)予告

妻と些細な事で喧嘩してから一年半、会話がなくなった。
この状態が続いてどうしていいかわからなくなったんです、という相談です。

パーソナリティが加藤諦三さん、弁護士の塩谷崇之さんが回答者です。

12次へ »
2 / 2 ページ
スポンサーリンク