テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年11月18日(土)は、加藤諦三&坂井眞。相談者は77歳男性、親から相続した土地がほぼ囲繞地、袋地の土地、1メートル未満の農道にしか接していない。周りを民家に囲まれ、畑か田にするしかない。ただ同然で隣地の人に貸して草取りをしてもらっているが、同年輩の為、返すと言われ困っている。農道を広げるよう交渉するも上手くいかず、税金を払うばかり。市役所に交渉したいが・・・
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:77歳男性 妻75歳 二人暮らし 長男48歳 長女40歳

もしもし?(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
はい。(相談者)

お世話になります。(相談者)
はい、最初に年齢、教えてください。(加藤諦三)

77歳。(相談者)
77歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)
はい。(相談者)

ぇ、奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)
な・・75歳。(相談者)
75歳・・お子さんは?(加藤諦三)

あの、二人・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

男が・・48・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

下が、女で・・40歳。(相談者)

はい、で、今、奥さんと二人で暮らしてるんですね?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
はい、わかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)
あの市・・(相談者)

市街化区域の土地ですけどねぇ・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

その土地が、あのぅ・・(相談者)

1メーター未満の・・(相談者)

農道があるだけで、袋地になってものですからね・・(相談者)

その今・・話してる農道の話しですね?(加藤諦三)

わたしの・・あの土地がね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、1メートルぐらいの農道しかないです。(相談者)

の、袋地になっちゃってる。(相談者)

・・

・・

袋地になっていて・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
その要するに・・先にないんですね、それで小さな・・(加藤諦三)

そう。(相談者)
農道で・・(加藤諦三)

そうです。(相談者)
それが、1メートル未満・・(加藤諦三)

そうです。(相談者)

・・

で、その周りに、あなたの土地があるわけ?(加藤諦三)

・・

そこの土地・・ええ、ほんでもう、周りは全部、はぁ、民家が建ってますからねぇ。(相談者)

・・

ああ、はいはい・・(加藤諦三)
はいはい。(相談者)
それでぇ?(加藤諦三)

・・

・・

1メートル未満の・・(加藤諦三)

農道で・・はい。(加藤諦三)

・・

ぁ、それでも、な、なにも、そんな売る事もできなくて・・あのぅ・・(相談者)

・・

隣接の人に、あのぅ・・草取りをしながら・・(相談者)

野菜つく・・作ってますけどね。(相談者)

・・

ただ同然で、貸してあるわけです。(相談者)

・・

・・

ああ・・なるほど、このあなたの土地なんだけれども・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

・・

1メートル未満で・・ぃ、行き止まりだから・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

他の人が、そこを使ってると。(加藤諦三)

あ、そういうことです。(相談者)

で、これが・・あなたの土地なんだけども・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

・・

・・

ただ・・(加藤諦三)

・・

どう・・同然で・・(相談者)
だから要するにもう、人・・人の・・土地みたいに、なっちゃったってこと?(加藤諦三)

ま、人の土地だけどねぇ・・もう、まぁ、その人も・・(相談者)

もう、だいたい、わたしらと、同じ年代で、はや・・もう、草取りができないもんでね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

もう、返してもいいって、言ってるんですけどね。(相談者)

ああ、あなたに・・(加藤諦三)
で、こちらもまぁ、年齢的にもう、草取りできないもんですからね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで困ってるんです。(相談者)

・・

あなたの方としては・・まぁ、相手は返してもいいと言ってるけれども、あなたとしては、返されても・・(加藤諦三)
それでは困るわけです。(相談者)

困るわけ・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

この1メートル未満の農道は、長さどのくらいあるんですか?(加藤諦三)

・・

200メートルとか・・ありますねぇ。(相談者)
結構あるじゃないですか・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

農道だもんで、なんにも・・あのぅ・・(相談者)

・・

あの、工事の車も入れないですよね・・(相談者)

そんな、1メーター未満ですからねぇ。(相談者)
まぁ、1メーターの、はぁ・・工事の器具・・入れないねぇ。(加藤諦三)
そんで・・で・・で、なんにもできないです・・(相談者)

・・

・・

はい。(加藤諦三)

もち、もちろん・・家も建つことはできない・・ですよねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、これ・・は・・(加藤諦三)

ど・・(加藤諦三)

ずーっと前から、あなたの土地・・(相談者)

・・

ええ、あの・・(相談者)
先祖・・(加藤諦三)

一応・・(相談者)

親からの相続ですけどね。(加藤諦三)

親からの相続・・ということは、かなり前から・・(加藤諦三)
もう、もう、何十ま・・もう四十年も・・(相談者)

五十年も、ずーっと・・(相談者)
四十年も五十年分も・・(加藤諦三)
今の状態が、もう・・(相談者)

続いてるわけです。(相談者)
続いてるわけねぇ・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
それでぇ・・(加藤諦三)

周りのその価値って、土地の価値っていうのは、どのぐらいなんですか?要するに・・(加藤諦三)

あの、周りはねぇ・・(相談者)
ま、さっき、あの、売ること出来ないって言いましたけども・・(加藤諦三)
うん、周りはほんだで・・道路さえ付けば・・もう・・(相談者)

坪・・ま、今ので・・(相談者)

30万ぐらいには、ぅ、売れると思うんですけどねぇ。(相談者)

うーん・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

・・

そうすると、この、200メートルぐらいで、1メートル未満の・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

土地・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

で、売ることはできないけれども・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
返してもらっても、困る・・(加藤諦三)

ええ、あの、草取りができないから、こっち・・ほんで・・(相談者)

で、わたしも、年金暮らしですからねぇ、そのぅ・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
税金を払う・・ま、約6万ぐらいですけど・・税金払って、その・・その上に、あの草取り・・の、費用も出すの、ちょっと厳しいもんですからねぇ・・ほんで困ってるんです。(相談者)

で、これはあのぅ・・例えば、不動産・・(加藤諦三)

の人なんかが・・(加藤諦三)

こういう使い方できるよ・・とかって、そういう・・(加藤諦三)
ああ、あ・・そういう・・のも、ぃ、一応不動産屋にも、相談しましたけどねぇ・・(相談者)

道が付かない限り、なにもできないってことですねぇ。(相談者)

道が付かない限り・・(加藤諦三)
ええ、そう・・ええ・・(相談者)

・・

うーーん・・(加藤諦三)

農道が、し・・よ、4メーターぐらいに・・(相談者)

広がればねぇ、まぁ・・(相談者)
農道が4メーターぐらい、そりゃそう・・(加藤諦三)
まぁ、道・・(相談者)
4メーター道路と・・1メール・・(加藤諦三)
ま、広がれば・・な、な、そういうことも、なかなか、で、なかった・・(相談者)
できない・・ですね、そりゃ・・(加藤諦三)
できないですからねぇ・・(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)

まぁ、市にも相談に、行きたいと思うんですけどねぇ・・(相談者)

ほんで実際、このぅ・・税金を払う、この・・ねぇ、土地の評価額って、ぁ、ぁ・・(相談者)
ありますよねぇ。(加藤諦三)
ねぇ・・(相談者)

それが・・880万ぐらい・・(相談者)

なってますけどねぇ・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)
まぁ・・いらい・・道路が付けば、つ・・坪、30万ぐらいでもね・・まぁ、3000万以上の・・土地になりますけどねぇ。(相談者)

ええ・・(加藤諦三)
まぁ、もう・・道路・・付く、見通しもないもんでね。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

ほい、ほいで、困ってる・・ちゅうことですねぇ・・(相談者)

まぁ、ふ・・不動産屋さんが、いろいろそのぅ、こういう・・ふうにしたら価値がでるっていうふうに、あんた・・対処が・・例えば農道が・・(加藤諦三)

この1メートル未満をねぇ・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
ちょ、ちょっと・・その、脇を譲ってもらって・・4メートル道路ぐらいに・・(加藤諦三)
ぉぉ・・(相談者)
まで・・して・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

一気に、この・・土地・・土地が、大化けして価値があるものになるなんて・・ことは、ない・・わけね、そういう素人考えが・・(加藤諦三)

そう、なかなかもう、そのぅ・・(相談者)

す、すぐにはそういう・・(相談者)

もう、ま、また、三十年、四十年先は・・わからんですよねぇ。(相談者)

ここ十年、二十年じゃあ、難しいと思いますねぇ。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

っていうのは・・(加藤諦三)

要するに、専門家に・・不動産屋さんに・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
相談して、どうにもならん・・って、言われてるわけだね?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

で・・(加藤諦三)
ので、せめて、あのぅ・・(相談者)

あの、市役所に・・相談に行ってねぇ・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
まぁ、税金でも・・多少、や、安くならんか、いろんなねぇ・・相談したいと思ってるんですけど。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

どう・・どう言っていいだか、ちょっと、わからんもんでね。(相談者)
あ・・だからあの、市役所にまだ、行ってないわけ?(加藤諦三)
まだ、ぅ、これ、これから行こうと思ってるですよねぇ。(相談者)
あ・・なるほど・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
こ、これから行く時に、どういうふうなことを・・(加藤諦三)
そう。(相談者)

こう・・わかって行った方がいいかな・・っていうことですねぇ?(加藤諦三)
あ、そうです。(相談者)

はい、わかりました、今日はあの、スタジオに、弁護士の坂井眞先生がいらしてるので、ちょっと、難しい・・あの、質問だと思いますが・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
御意見、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク