テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年5月19日(金)は、加藤諦三&中川潤。妻との価値観・考え方の違いから、離婚を一人考えている相談者。その基準がわからず相談。今できる事は、なるべく早くやってしまう相談者と、なんでも後回しにする妻。結果的に、誰かに助けてもらえればと思っている甘えがあり、それは夫である自分。表面上は、子供の前でハグやチュウしたり、夫婦で会話をするが、事前とできる間柄ではない。
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:45歳男性 妻47歳 婚姻17年 中3長女 中1次女 小3長男 5人家族

加藤諦三氏の〆の言葉『離婚が大問題の人もいれば、離婚なんてどうでもいいって人もいます』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

45歳の男性から、妻は47歳、子供は3人、中3の長女、中1の次女、小3の長男。

はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えー、妻・・との・・ぉ・・離婚・・問題・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
はい。(加藤諦三)
です。(相談者)

妻と価値観・考え方が違う

そのもう・・離婚・・しようか、どうかっていう話しを、奥さんとしてる・・わけですか?そうじゃなくて、あなた一人が、そう・・今、思ってるの?(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

一切まだ、言っておらず・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そうですね、自分の頭の中で・・毎日考えてる・・ということ・・(相談者)
んん・・(加藤諦三)

いつ頃からですか、その、ああ、もう・・これ、二人でやっていくのは・・(加藤諦三)

できないかなぁっていうような・・思い出したのは?(加藤諦三)
・・
えっ・・・結・・婚してから、10・・12年ぐらい・・経ってからですかねぇ。(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
ぇぇ・・(相談者)
結婚して・・からは、今、ど・・何年経っ・・(加藤諦三)
今、10・・7年ぐらいですね。(相談者)
・・
結婚してから17年・・じゃあ・・(加藤諦三)

4~5年で、もう、そんなふうに、思い出したということですね?(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

ふーん・・恋愛結婚ですね?(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・・

でぇ・・どういう・・ところです・・からですか?(加藤諦三)
えっ・・(相談者)
いやぁ、ちょっと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
無理だなぁ・・と、思い出したのは?(加藤諦三)

そうですね、あの・・まず・・(相談者)

価値観の・・違い。(相談者)
・・
価値観の違・・ん?(加藤諦三)
あー、ですから、先ほど、10・・5~6年前から・・って、言いましたけど・・(相談者)

そういうふうに言ったら・・じわぁっと、だから・・もうちょっと、前からだったのかなと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
思いますけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ぇ・・価値観の違い・・考え方の違い・・(相談者)
んん・・(加藤諦三)
でぇ、それって、よくあることかと思うんですが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

その、例えば、価値観の違いっていうの・・は、いろいろあると思うけど、具体的な生活の場面でいうと、例えばどんなことですか?(加藤諦三)

・・・

心は離れている

ん・・そうですね、あのぅ・・物・・ぉ、ま、自分は・・なるべく早く、今、できることをやってしまうタイプなんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ぇ・・まぁ、その逆で・・(相談者)
・・
ん・・全て後回しと・・(相談者)
・・
はぁ・・ふん、ふん・・(相談者)

特に・・え・・っと、嫌な事・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)
ぁ、生活すれば、いろん・・なこと、ありますけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

んん・・取り組んじゃう自分に対して・・ぅ・・なるべく、後回しで、見ないようにして・・(相談者)

ん、ん・・(加藤諦三)
ただ最後の最後には、どこも行くわけないんで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
出てきますよね。(相談者)
・・
ん・・でぇ、そうなった時に頼むと・・(相談者)
・・
うん・・(加藤諦三)
・・
うん・・(相談者)
そうすると・・まぁ、た・・単純な言葉で言うと・・まぁ、優柔不断と言うか・・(加藤諦三)

言うと、後回しにしてる・・中で・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
誰かが、助けてくれるだろうとか・・(加藤諦三)

そうですねぇ・・はぁい・・(相談者)
あるいはなんか・・幸運が・・あって・・解決できるだろうとか・・(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)
ま、そうい事態を、甘く見るタイプ?(加藤諦三)

そうですね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

まぁ、それ・・が、までは、当然ながら・・ぁ・・自分が全部・・(相談者)

ぅ・・やってまして・・(相談者)

え・・・っと、お金の・・こととか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
え・・・(相談者)

たまにしか書かないような・・難しい書類とか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・ちょっと、腰据えなきゃ・・時間括って、腰据えなきゃいけない・・(相談者)

書類・・え・・時間はないと・・ぁ、夜中に書くしかないんだけど・・って時にはもう・・締め切り直前まで放っといて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
それを、見かねた自分が書くと。(相談者)

ただ自分・・自分、甘えてるとしたら、自分・・自分の旦那に甘えてるってことだと、思うんですけど。(相談者)

いや、さっきの言った、誰からが・・やってくれるってのは、ご主人が、やってくれるっていう・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
・・
で、自分は、そういうの・・嫌いじゃないんで。(相談者)
うん。(加藤諦三)

物事、なんですかね・・きちっとするのが、逆に好きなんで。(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん・・(相談者)
・・
疲れているのに、きちっとするっていうのが・・好きなんですよね、結構。(相談者)
んん・・(加藤諦三)

その・・アレですか・・(加藤諦三)
・・
この・・(加藤諦三)

きちんとしない・・っていうのは、わかったんですけれども・・(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)
心・・の、触れ合いの方も、なくなってるわけ?(加藤諦三)
あっ・・(相談者)
・・
そうです、でぇ・・(相談者)

でぇ・・自分は・・会話を・・しようって・・うん・・(相談者)

うん、ずっと言ってまして。(相談者)

はい。(加藤諦三)
うん・・夫婦が会話・・とにかく会話しよう・・笑ってよう・・(相談者)

うん。(相談者)

うん。(加藤諦三)
そんな、感じで、子供の前でも・・無理矢理・・チュウしますし・・(相談者)
・・
あぁ・・(相談者)
・・
ハグしますし・・(相談者)

・・・

そうすると・・あなたが・・(加藤諦三)

から見ると・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
自然となんか、知らないけども、無駄話をするっていうんじゃなくて・・(加藤諦三)

「さあ、会話しましょう」って言って、会話するって・・感じなの?(加藤諦三)
ああ!・・ああ、まあ・・(相談者)

あ、そう、そうです、今、そうです、そうだなと思いました。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
「さあ、やるぞ」って言って、やるんです。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
もう、自然にやれるような・・間柄じゃないんです。(相談者)

ああ、もうそこまで・・(加藤諦三)
ああ・・(相談者)
・・
心が、離れてるってこと?(加藤諦三)
・・
ええ、見た目には全く、気付く人は、いないと思いますけど。(相談者)

・・・

近い人との内面的遠さ

うん。(加藤諦三)
・・
ああ・・(相談者)

わかりました、そして、今日の相談と・・してというのは・・まあ、今、夫婦関係が、そういう・・関係になっていると。(加藤諦三)

はい。(相談者)
奥さんに対しては・・言ってないけれども、自分の中で・・(加藤諦三)
・・
は、離婚ということを、考え出していると。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・・

どうしたらいいのかなぁ?という・・ことですね?(加藤諦三)
・・
そうですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ、ただ、妻が、憎いわけではないんですよ。(相談者)

ぇぇ・・(相談者)
憎いわけではないけれども・・(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)
内面的に、遠い存在なんです・・(加藤諦三)
遠いですねぇ・・かなり、遠いですねェ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
要するに・・(加藤諦三)

近い人との、内面的遠さですよ。(加藤諦三)

ああぁ・・ふっ・・(相談者)

大変、難しい相談・・だ・・(相談者)
あれ・・ただ・・(相談者)
・・
これで、離婚しなさい・・とか、いう言葉を、求めてるわけではないんですよ。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

そういうのがあれば、結構、深刻な問題だから・・離婚するのも手だよ・・(相談者)
・・
って・・ちょっとでも、言ってもらえるかなぁ・・と、思います・・でぇ、それとも、「何を言ってるんだ!こんなことで離婚なんて、馬鹿者!」って、言われるのかなぁって、その辺、今、基準が・・(相談者)
・・
だね、そうだね・・(加藤諦三)
ああ・・(相談者)
今日はスタジオにね・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
弁護士の中川潤先生がいらしてるので・・ご意見を、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.