テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年4月1日(土)は、今井通子&坂井眞。10年ほど前、95歳位で他界した父の相続の遺留分を請求したいという相談。兄に財産を全部相続させるという父の遺言書は裁判所で検認済み。兄と揉めたが1千万を貰って渋々納得。兄嫁は父と養子縁組しており、土地は、生前贈与で全部兄の物になっていた。本来、課税価格で2億超、遺留分として4千万あるはず。納得いかないのでそれを請求したいのだが。
パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:71歳男性 7~8年前に95歳位で亡くなった父 実兄・兄嫁(父と養子縁組)

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

71歳の男性から、えーっと、相続の問題なんですけども。

はい、あなた、おいくつ?(今井通子)
あぁ・・わたしは、71。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・(今井通子)

腑に落ちない

相続っておっしゃってるんだけど、どなたか、亡くなったんですか?(今井通子)
うん、わたしの父です。(相談者)
あ、お父様?(今井通子)
はい・・もう・・(相談者)

おいくつでいらっしゃいました?(今井通子)
うん、90・・5ぐらいやったかな。(相談者)

あ、つい最近なんですか、亡くなったのは、じゃあ。(今井通子)
いや、もう7~8年・・10年近くなるんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)

うん、ちょっとそれで、腑に落ちないことがあるんで・・(相談者)
あ、なるほど。(今井通子)
ええ、ええ。(相談者)

あのぅ・・(相談者)
10年前ぐらいに亡くなった?(今井通子)
はい。(相談者)

はい、そうすると、お父様の相続について・・(今井通子)
はい。(相談者)

あなた自身、ご兄弟は?・・どういうふうに・・いらっしゃる?(今井通子)
兄弟はね・・(相談者)
はい。(今井通子)

わたしとね・・(相談者)
はい。(今井通子)
それから、兄貴・・と・・(相談者)
お兄様?(今井通子)
兄嫁?(相談者)

兄嫁っていうのは・・(相談者)

これは結局・・あのぅ・・ホントの・・子供じゃないんですけど・・養子縁組ってやつ?(相談者)

お嫁にもらってから・・養子にしたんです、(相談者)
うん。(今井通子)

で、ご夫婦が養子ってことですよね、だから。(今井通子)
いや、だから、兄貴は、本・・実の子ですよ。(相談者)
あ、わかりました。(今井通子)
うん。(相談者)

だから、ふふふ・・あの・・(相談者)
ぁ、そっか、そっか。(今井通子)
兄貴は本当の子で・・(相談者)
はい。(今井通子)
嫁を貰ったら、あの、その嫁さんを、養子にして、本当の子供として・・(相談者)

ああ、なるほど・・(今井通子)
遺産分割じゃ・・遺産をするのに・・(相談者)
うん。(今井通子)

結局、あの、長男には多くやって・・(相談者)
ええ。(今井通子)
で、次男は・・あの、しようっていうふうな考えだったらしいです。(相談者)

うーん・・(今井通子)

でぇ・・(今井通子)
あ、は、はい・・(相談者)

ご兄弟は、そうすると・・お兄さんと・・(今井通子)
ぁ・・二人・・本当は二人。(相談者)

ええ。(今井通子)
だけど、実質は三人になるわけですよね。(相談者)
なるほど。(今井通子)
うん。(相談者)
はい。(今井通子)

それで?(今井通子)
はい、それで・・(相談者)
ええ。(今井通子)
結局、相続の申告書を書いた時にですね・・(相談者)
はい。(今井通子)

兄貴が書いて、それで、それ、申告書だすんだからって言うんで・・(相談者)

あのぅ、印鑑を押してくれって言うんで、実印を押したんですよ。(相談者)
はい。(今井通子)

それで、後で遺産・・(相談者)

の・・(相談者)

協議っていうのかな?・・なるわけですよね?・・本当はね。(相談者)
うん。(今井通子)
遺産の・・結局、いくらよこすっていうふうなことで・・(相談者)

はい。(今井通子)
それで、いろいろ揉めたんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)

うん、わたしもよく、ほら・・(相談者)

その、申告書の見方とか、そんなのわかんないじゃないですか?(相談者)
はい。(今井通子)

で、結局、1千万しか・・もらわなかったんですよ、これで・・んじゃあ、なんとかしろってことで・・(相談者)

はい。(今井通子)
あとは・・兄貴と・・兄嫁で分けたってんが、後でわかったんですわ。(相談者)
はい。(今井通子)

うん、とまぁ、だいぶ経ってからの、これは、ごく最近なんですけどねぇ・・(相談者)
うん。(今井通子)

だいぶあのぅ・・全部・・(相談者)

兄貴と姉さん(兄嫁)のものになってるんですよね。(相談者)

はい。(今井通子)

生前贈与

それって・・(今井通子)
それで、わたしの取り分はないんですよ。(相談者)

あ、もともと、1千万は、いた・・もらったんですね・・(今井通子)
うん、1千万はもらったんだけど・・(相談者)
うん。(今井通子)

結局・・(相談者)
その・・お兄さんとお義姉って、おっしゃるんだけど・・(今井通子)
うん。(相談者)
まず・・(今井通子)

どんな物があったんですか?・・例えば、不動産は何がとか。(今井通子)
うん、不動産と・・(相談者)

それから株券と・・(相談者)
はい。(今井通子)

まあ・・(相談者)

だいたい、そんなもんですよね、ここに書いてあるけど。(相談者)

有価証券と・・(相談者)
うん。(今井通子)
現金点があるけど、これは、3万とか、5万とかだから・・(相談者)

はい。(今井通子)

でぇ・・それからあとは土地・・(相談者)
はい。(今井通子)

うん・・(相談者)

そんぐらい、それだけですね、やっぱりね。(相談者)

ご実家は・・(今井通子)
うん。(相談者)

持家だったんですか?(今井通子)

あ、家はもちろん、あの、親も代々受け継いだ家だから・・(相談者)
うん、持家だ・・(今井通子)
あん、持家なんですよね。(相談者)

で、そこを、お兄様が、まあ・・(今井通子)
うん・・(相談者)

奥さん・・(今井通子)
これ、兄貴が取ったわけね。(相談者)
うん、で、それ・・(今井通子)
うん、で、住んでるわけだからね。(相談者)
うん・・住んでらして・・(今井通子)
うん、住んでる。(相談者)

でぇ、その、お父様とは、同居してらしたの?(今井通子)

そうそうそうそう、同居してて・・(相談者)
はい。(今井通子)
世話をしてたわけ。(相談者)

はい。(今井通子)
わたしは次男坊だから・・(相談者)
うん。(今井通子)

遠くの方に、出されちゃったわけ。(相談者)
ああ・・(今井通子)
ふふふふ・・おめぇさん、向こう行けってんで・・(相談者)
はい。(今井通子)
うん。(相談者)

でぇ、お母様は・・(今井通子)
もう、ん、そのぅ・・(相談者)
もっト前に、亡くなった?(今井通子)
うん、あのぅ、5年・・5~6年前・・(相談者)

あの、親父が亡くなる、5~6年前に亡くなってるわけ。(相談者)
はい。(今井通子)
うん。(相談者)

お袋の時は、まあ、わたしも何も、言わなかったんですけどね。(相談者)
ええ。(今井通子)
ええ。(相談者)

ご実家は、自営だったんですか?なんかの?(今井通子)
あ、もちろん、自営なんです。(相談者)
はい。(今井通子)

だから、土地があるんですよ。(相談者)
なるほど。(今井通子)
うん・・(相談者)

それで、さっき・・はい。(相談者)
それで、その・・ん?・・借金?(今井通子)

ん?いやいや、借金じゃなくて、そこに・・あのぅ、これ、見ますと・・(相談者)
ええ。(今井通子)

株式?(相談者)
はい。(今井通子)

が、結構あったんですね、これがほとんどですね。(相談者)

・・・

あ、じゃあ・・(今井通子)

そのお父様は、株をいっぱい持ってらした。(今井通子)

ぁ、あの、好きだったですね、わたしが子供の時からねぇ・・ふふふ・・(相談者)
ふーん・・(今井通子)
うん。(相談者)

そして・・ぇぇ・・(今井通子)
それで、土地の方はね・・(相談者)
はい。(今井通子)
これは、出てないんだけど・・(相談者)

わたしが・・調べたんだけど・・(相談者)
はい。(今井通子)
生前贈与って、なってたんですよ。(相談者)

だから、これはあの・・(相談者)
あっ・・(今井通子)

あのぅ、遺産相続の方の・・アレには出て来ない。(相談者)

ん、全部・・(相談者)
この生前贈与は・・(今井通子)
うん。(相談者)
お兄様に?・・それとも、お兄さんと、奥様、ややこしいんだけど・・(今井通子)
うん、あの・・(相談者)
お義姉さんに?(今井通子)
いいえ、お義姉さんには・・あの、いらない。(相談者)

兄貴にだけは、結局・・あのぅ、俺も親からもらったんだから・・ここを守る人に、やるんだっていうようなことを、ちょっと言ってたような気がする。(相談者)

はあ、はあ、はあ。(今井通子)
うん、結局、ここの家を守る人に、これをやるんだって・・(相談者)
はい。(今井通子)

それだから、わたしが調べても・・全部兄貴でしたね、名義は。(相談者)

なるほど。(相談者)
全部、贈与でしたね。(相談者)
はい。(今井通子)
はい。(相談者)

遺留分

そうすると、さっきのお話で、その・・お兄さんと、お義姉さんが養子に入れば・・(今井通子)

あの、二人で、わ・・取り分が多くなるって、おっしゃったけど・・お義姉さんの方には、なんにも行ってないんですか?(今井通子)

わかんないけども、結局、株やったんじゃないですかね?(相談者)

なるほど。(今井通子)
だから、見えないですね、こっちはねぇ。(相談者)
うん。(今井通子)
うん。(相談者)

ということは・・なにがちょっと、疑問なんですか?(今井通子)

いや、だからですね、その申告した金額の・・遺留分が・・(相談者)
うん。(今井通子)
1千万じゃあ、わたしは少ないなと思うんで・・(相談者)

遺言書があったんですか?・・なんか。(今井通子)
遺言書、ありましたけれど・・(相談者)
あ、なるほど・・(今井通子)
全部、兄貴にやれと。(相談者)

うん。(今井通子)
やると、遺言・・遺言書なんですよ。(相談者)
ああ、なるほどね。(今井通子)

それで、その遺言書はだから・・わたしは疑ってるんですけど・・(相談者)

そこはだから・・(相談者)

鑑定してもらおうかなと思ったけど、こっちも・・金がないから、まあ、いいやってことになっちゃったんですけど。(相談者)

うん、ふんふんふんふん・・(今井通子)
ええ。(相談者)

だから、その検認を、裁判所でしてもらったから・・(相談者)
うん。(今井通子)

そしたら、ふにゃふにゃふにゃって・・(相談者)

あのぅ、ホントに・・めめずが・・のたくったような字で、書いてありましたね。(相談者)

あの、強制的に書かせたか・・(相談者)
ふーん、うん・・(今井通子)

な、これは、わたしは・・疑問に思ってますけど。(相談者)

・・・

なるほどねぇ。(今井通子)
ええ。(相談者)

でぇ、結局、今日のご相談は、そうするとなんですか?(今井通子)
うん・・だからこの、遺留分がもらえるかどうかっていうことなんですよ。(相談者)

・・・

いや、その遺留分って、全体は、いくらだか、おわかりになってるの?(今井通子)
全体はね、うん、わかってるんです。(相談者)

えーっと、課税価格の合計額っていうのがですね・・(相談者)

2億1千8百2十万・・1千円・・(相談者)

それで、一人頭、だいたい8千万ぐらいあたりなんですけども・・(相談者)

うん、それが・・(今井通子)
遺留分に・・点があって、遺留分は、これは・・あの、子供であれば、もらえる額・・まぁ特別親を虐待したとか、そういうのがなければでしょうけども・・(相談者)

額、額ね・・(相談者)
っていうより・・遺言状に・・(今井通子)
ええ。(相談者)

全部、お兄さんにってことがあったので・・(今井通子)
ええ。(相談者)

遺留分としては・・(今井通子)
はい。(相談者)

えー、だから、8千の半分で、4・・4千万が・・(今井通子)
ええ・・そうです。(相談者)
もらえるはずだと。(今井通子)
ええ・・(相談者)

いうふうに、思ってらっしゃるわけね?(今井通子)
そういうことです。(相談者)

で、これ、お兄さんに、言ったんですか?(今井通子)

ああ、言いました。(相談者)
はい、で・・(今井通子)
でも、言う・・話す・・前に・・(相談者)
ええ。(今井通子)

喧嘩になっちゃうんですよねぇ。(相談者)

喧嘩になって・・(相談者)
ええ。(今井通子)
んでぇ、結局、1千万やって、お前は納得したんだから、いかんべぇ・・っていうふうなことで・・終わりになっちゃうんですけど。(相談者)

うーん、世話もしなかったんだから・・(相談者)
うん。(今井通子)
それでいいだろうってことなんですよね。(相談者)
うん。(今井通子)
ええ。(相談者)

で、あなたとしては、それが不満?(今井通子)

そうです。(相談者)

・・・

の、理由は?(今井通子)

・・・

理由はって言われれば、遺留分っていうのは、誰でももらえる・・額で・・(相談者)

結局、それを・・あのぅ・・二人でね・・分けちゃうってことは、どうも納得がいかない・・(相談者)

ですよね。(相談者)

うん。(今井通子)
結局、法律的には、もらえることになるんでしょうから。(相談者)
うん。(今井通子)

はい・・そういうことです。(相談者)
うん。(今井通子)

それで・・(今井通子)
はい。(相談者)
結局・・(今井通子)

ご質問としては?(今井通子)
はい・・(相談者)
その、裁判される・・されるとか?(今井通子)
ただ・・はい、その事は、結局、ただだいぶ時間が過ぎちゃったっていうことと・・(相談者)
はい。(今井通子)

遺産分割協議書・・これも作ってないっていうことと・・(相談者)

それからちょっと、問題になるのは・・あの、申告書にですね・・(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ、実印を押して出しちゃったけども・・(相談者)
うん。(今井通子)

これ・・で・・裁判しても、いいものかどうか?(相談者)
うん。(今井通子)

を、知りたいんですけど。(相談者)

わかりました。(今井通子)
はい、はい。(相談者)
今日はですね、弁護士の坂井眞先生がいらしてますので・・(今井通子)
あっ・・(相談者)
伺ってみたいと思います。(今井通子)
はぁい、すみません。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク