テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年7月22日(土)は、今井通子&坂井眞。昨年他界した叔父の相続の件で、遺言執行事務通知書が届く。26年前に他界した母は10人兄弟姉妹。叔父は三男で、今現在存命中なのは五女の叔母のみ。叔父から見て、甥姪は相談者と相談者の弟、あと他に一人だけ。遺言内容は、全財産を叔母へ譲るとのことだが、代襲相続で遺留分はないのか?まら諸々の手続きや仕方を教えて欲しい。

パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:58歳女性 夫63歳 母は26年前に他界(10人兄弟姉妹で母は上から3番目) 存命中は母の一番下の妹五女の叔母 三男だった叔父が昨年他界

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

今日はどういったご相談ですか?(今井通子)

えっと、遺産相続の・・ことなんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)

えっと、叔父・・ぁ、叔父というのは、母の・・あの、弟にあたるんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)
叔父が昨年・・亡くなりまして・・(相談者)
はい。(今井通子)

叔父・・の、奥さんは・・今から・・数年前に、もう先に亡くなっておりまして・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・お子さんは、いらっしゃらなかったんですね。(相談者)
はい。(今井通子)
でぇ・・(相談者)

つい最近・・わたくしの元に・・(相談者)
・・
えっと、弁護士・・事務所の方から・・(相談者)
・・
えっと、遺言執行事務通知書という物が、届いたんです。(相談者)
はい。(今井通子)

で、それに関することで・・えっと、これがどういう物なのか・・を・・お聞きしたいんですが?(相談者)

ああ・・(今井通子)

まず・・(今井通子)
はい?(相談者)

あなたのお歳は、おいくつ?(今井通子)
58歳です。(相談者)
58歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

ご主人、いらっしゃいますか?(今井通子)
はい。(相談者)

おいくつですか?(今井通子)
・・は、63です。(相談者)
63歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ、え・・・お母様は・・(今井通子)
はい。(相談者)
もう、亡くなってるん・・ですか?(今井通子)
はい・・母は、20・・6年前に、亡くなっておりまして・・(相談者)
はい。(今井通子)

相続・・する者は・・(相談者)

叔母・・だけだったんですね。(相談者)

えっと、おか・・母の・・(相談者)

一番・・下に・・(相談者)
・・
五女として・・あのぅ・・叔母が・・いたんです。(相談者)
・・
あ、いるんですね。(相談者)

あ、はははは・・はい。(今井通子)
はい、そのぅ・・方・・と・・亡くなった叔父・・が・・兄弟としては、残ってただけだったんです。(相談者)

ああ・・五女?(今井通子)

はい・・(相談者)
ということは・・(今井通子)
なんか、10人兄弟くらい、いたんですね。(相談者)
お・・ははは・・お母様のところは、ちょっと、たくさんいらしたわけね。(今井通子)
はい。(相談者)

そのうちもう・・(相談者)
ちょっと、待って、そうすると・・(今井通子)
あの母は、上からあのぅ・・3番目ぐらいだったんですが・・(相談者)
お母様が、3番目?(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

だったんですが・・(相談者)
・・
その、母が亡くなる前に、先にもう・・何人か、亡くなっておりまして・・(相談者)
ええ。(今井通子)

あの、親しくしてたのは・・(相談者)
・・
亡くなりました、叔父と・・(相談者)
うん。(今井通子)
あの、叔母・・と・・(相談者)

二人だけだったんですね。(相談者)

あ・・っていうことは・・(今井通子)
はい。(相談者)

お母様・・より、前に・・(今井通子)
・・
はい。(相談者)
亡くなった方が、なん・・人ぐらい、いらしゃるの?(今井通子)
はい・・はい、ほとんどなんです。(相談者)
・・
あ、ほとんどなの?(今井通子)
はい。(相談者)

叔父さんと、叔母さんの、あの、兄弟としての・・(今井通子)

兄とか・・妹とかは・・どういう関係?(今井通子)

10人兄弟で・・(相談者)
うん。(今井通子)
男5・・女5だったみたいなんです。(相談者)
ああ・・(今井通子)

はい。(今井通子)
はい。(相談者)
・・
それでぇ・・(相談者)
ええ。(今井通子)
叔母は・・5番目・・(相談者)

5番目・・はい。(今井通子)
一番下・・だったんですね。(相談者)

あ・・(今井通子)
はい。(相談者)

ぉ、女のお子さんとして、5番目で・・(今井通子)
はい。(相談者)
一番下・・(今井通子)
はい。(相談者)
末っ子の方だったのね?(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

で、亡くなりました、叔父は・・(相談者)
うん。(相談者)

3番・・男としては、3番・・目ですかね?(相談者)
ふーん・・(今井通子)
はい。(相談者)

・・・

で、間はもう、じゃあ・・どなたも、いらっしゃらない?(今井通子)
はい、おりません。(相談者)

よ、要はだから・・叔父さんのお家にもう、誰も・・下がいらしたっていうか・・(今井通子)

お子さんも・・(今井通子)
はい。(相談者)

ぇ・・いらっしゃらないわけですよね?(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ・・あなたのところが、一番・・ま、要するに、遺産相続人としては、近いわけ?(今井通子)

・・に、なるんですかね?(今井通子)
・・
すると・・叔母さんと・・(今井通子)

あの、他の・・(相談者)
他の・・・うん?(今井通子)
ええ、兄弟の・・(相談者)
うん。(今井通子)
子供も・・(相談者)
うん。(今井通子)

一人、いるんです。(相談者)

はい。(今井通子)
はい。(相談者)

それは・・あの、一人、ぉ・・おりますが・・(相談者)
はい。(今井通子)
あとは・・あのぅ・・わたくしと・・(相談者)

えーっと、だから・・甥や姪・・ってことなんですか?(相談者)

そういうことですよね。(今井通子)
あのぅ・・そのぅ・・ええ・・(相談者)
・・
・・は、要するに・・(相談者)
叔父さんに、とっての・・(今井通子)
はい。(相談者)
甥御さん、姪御さんとしては・・(今井通子)
っていうのは・・全部で、3人いるんです。(相談者)

あ、3人いらっしゃるのね?(今井通子)
はい、はい。(相談者)
はい。(今井通子)

あなたも・・いれて?(今井通子)
はい。(相談者)
・・
はい。(今井通子)

じゃあ・・(今井通子)

結局・・(今井通子)

相続人としては・・兄弟と・・(今井通子)
この・・叔母さんになると思うんですね。(相談者)

叔母さんと・・(今井通子)
はい。(相談者)
・・
うん。(今井通子)

で、あとは、甥御さん、姪御さんの方へは・・(今井通子)

今、おっしゃってたように・・(今井通子)

あの・・(今井通子)
えっと・・(相談者)

遺言執行事務通知書という物が、届いて・・(相談者)
はい。(今井通子)

遺言・・者・・(相談者)

相続人として・・わたくしの名前が・・(相談者)

あがって・・(相談者)

えっと、届い・・書類が、届いたんですね。(相談者)

・・・

で、その、書類っていうのは・・(今井通子)
はい。(相談者)

あの、どういう・・内容の事が、書いてあったの?(今井通子)
えっと・・叔母に・・(相談者)
うん。(今井通子)

全財産を、相続させるというものだったんです。(相談者)
はい。(今井通子)

はい。(相談者)

で、それの・・(相談者)

えーっと・・公正証書?(相談者)

はい。(相談者)
と、そのぅ・・内容の書類が、届いたんですね。(相談者)

はい。(今井通子)

それで・・(今井通子)

あなた自身は、その・・(今井通子)

叔母さんに対して・・(今井通子)
はい。(相談者)
その、全財産が、叔母さんに・・(今井通子)
はい。(相談者)

相続されるっていうことに対して、反対とか・・賛成とかでもない?(今井通子)

それは・・関係ないわけ?(今井通子)

んっと・・(相談者)

いろいろと、やってくださっていたので・・(相談者)
はい。(今井通子)

別にそれは・・(相談者)

まあ・・いいとも思うんです。(相談者)
うん。(今井通子)
あとは、その、遺留分とか、そういうもの・・は、あるのかな?っていうことも、知りたかったんです。(相談者)

・・

ふーん、ふふん・・あ、それはなに?・・あなたに対して?(今井通子)

はい・・(相談者)

あと、そのぅ・・いわゆる・・(相談者)

代襲相続人に、なるわけですか?(相談者)

えっと、母がもう、亡くなっておりますので・・(相談者)

・・

で・・(相談者)
あ、そうですね。(今井通子)
ええ、で、それ・・に、対しての、要するに・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)
・・
えっと、わたくし・・は、あと・・弟がいるわけなんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)
兄弟として・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・それ・・に、対しての・・(相談者)

遺留分とかって、いうものが、あるのかどうかということも含めて・・(相談者)

知りたかったんですが?(相談者)

なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

まず、だから・・(今井通子)

ぇ・・よ、要するに・・(今井通子)

叔母さん・・に、全財産が、その、相続されます・・けど・・ぃ、いいですか?じゃなくて・・されますよ・・っていう・・(今井通子)

決定的な・・(今井通子)

証書が来た事に対して・・(今井通子)
はい。(相談者)

もしかして、それって・・遺言で、そうなったのかな?(今井通子)

そ、そうですしょうね、遺言・・を、作成したってことなんでしょうね・・(相談者)

なるほど・・(今井通子)
はい・・はい。(相談者)
・・
じゃあ、遺言でなったと・・(今井通子)

はい。(相談者)
だけれども・・それだとしたら、遺留分・・(今井通子)
はい。(相談者)

っていう、話しになるんだけど・・(今井通子)
はい。(相談者)

それを、請求できるのか?・・っていうことが、知りたわけ?(今井通子)
はい、その・・仕方とか、そういうもの・・もろもろですね。(相談者)
わかりました。(今井通子)
はい。(相談者)

今日はですね、弁護士の坂井眞先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)
よろしくお願い致します。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. ja6whm(ジェイエイ シックス ダブリュウ エイチ エム)

    遺言執行事務通知書 が来たのなら 直接その書面の送り主に 問い合わせるのが一番ではないのかな?
     少しばかり相続の事を聞きかじり 「もしかしたら自分にも相続権があるのでは」 と お思いだったのでしょうが。
     相続で よくありがちなのが 相続人の配偶者が 「どうして自分は貰えないのか」 と 疑問に思い  また その配偶者の取り分を少しでも多くしたいと 横(外野)から 口を出し始めると 争族 に発展しますね ?
     ご相談者 これで納得して くださればいいのですが いつまでも未練たらしく 何だかんだと 言い始めたら事ですねぇ!

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.