テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年10月2日(月)は、加藤諦三&大原敬子。孫娘を交際相手と別れさせたいという相談。24歳の孫娘は、若い時しかできないような不安定な仕事をしており、学歴も低い。あまりに離れ過ぎているので、幸せになれないと思う。娘である母親も反対、社会人として大切な時期に、長期の旅行に誘うなど、常識のある職場なら考えられない。世間体と見栄を気にする相談者へのアドバイスは。
加藤諦三氏の〆の言葉『人の成長の過程には、必ず嵐があります』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:76歳女性 夫80歳 二人暮らし 結婚し独立した子供(長男54歳 長女50歳) 娘の子(孫娘24歳・彼氏おおよそ34歳ぐらい)

もしもし?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい。(相談者)

あのぅ、最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)
はい。(相談者)

70・・6歳です。(相談者)
※全体通じ、ゆっくり、丁寧に話す相談者
76歳・・(加藤諦三)

えー、今、結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)
えー、御主人、何歳ですか?(加藤諦三)
80歳です。(相談者)
80歳・・(加藤諦三)

お子さんは?(加藤諦三)

えっと・・二人おりまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの・・(相談者)

50・・4と、50歳で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
上が・・(相談者)

男・・下が、女で・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
結婚して、別に・・(相談者)

います?(加藤諦三)
います。(相談者)
はい、そうすると、あなた今、おふ・・(加藤諦三)

二人で住んでおります。(相談者)
二人で・・はい、わかりました・・で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

孫娘を交際相手と別れさせたい

娘の方の、孫・・娘の相談です。(相談者)
はい。(加藤諦三)

で・・(相談者)

・・

歳は24歳ですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そのぅ・・結婚相手・・(相談者)

結婚あい・・恋愛相手・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
と・・(相談者)

別れさせたいのですけれども・・(相談者)

このぅ・・ま、23歳(間違え)のお嬢さんの・・(加藤諦三)
25歳(訂正が、こう聴こえる)・・(相談者)
相手の男性っていうの、何歳ぐらいの方ですか?(加藤諦三)
えっと・・(相談者)

10・・歳ぐらい・・上です。(相談者)

上?(加藤諦三)
はい。(相談者)
ま、おおよそ、34・・(加藤諦三)
その・・はい、そうです。(相談者)
4歳くらいですね、約ね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

なんで、別れさせたいんですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

それは・・(相談者)

その男性が・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

あの、若いうちしか・・(相談者)

できない。(相談者)

不安定な仕事だからです。(相談者)

あな・・(加藤諦三)
それ・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
と・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

まぁ・・失礼ですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

学歴・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
が・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

・・・

・・・

はい。(加藤諦三)
失礼ですが・・(相談者)

低い・・(相談者)
・・
はいはいはい。(加藤諦三)
あまりに離れてる。(相談者)

はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

そういったことで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

・・・

ま、この先・・(加藤諦三)
幸せにはならないと思って・・(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
はい、あまりにも違うと・・(相談者)
あの・・(加藤諦三)
思うので・・(相談者)

あの、不安定な、仕事・・(加藤諦三)

ということは、なに?もう・・か、体力のいる仕事っていうこと?(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)

あのぅ、だから、34歳で体力のあるうちはいいけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

60歳になったら、もう、そう・・(加藤諦三)
あ、とんでもない。(相談者)

というような・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

まぁ、あなたから見ると、いろいろ問題があるし・・(加藤諦三)

ただ、あなたの娘さん・・(加藤諦三)

この子の、今、問題のお嬢さんの・・(加藤諦三)

母親からも・・(加藤諦三)

問題ある・・(加藤諦三)

でも、どこかで出会って、惹かれたわけですよね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

あのぅ・・・(加藤諦三)

この23歳(そう、インプットされてしまったよう)のね、あなた・・から見る、孫ですけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

今までに・・接してきた男性・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
には、まっ・・たくない、魅力を感じたんでしょうね。(加藤諦三)
えっと・・魅力・・(相談者)

は、なに?・・(相談者)

魅力というよりは、今まで・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

・・・

・・・

3人・・とか、大学時代に、3人とか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
4人とか、いたのですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

・・

あんまり・・(相談者)

男性には、興味は・・(相談者)

・・・

興味はない・・って言うんでしょうかねぇ・・(相談者)

幸せになれいない

ただ・・(相談者)
ところが・・ここで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

もう、今までにない・・(加藤諦三)
そうなんです、全然(テンションが急に上がる)・・(相談者)
魅力を・・(加藤諦三)

感じたんでしょうね。(加藤諦三)
いや、でも、その・・(相談者)

魅力を感じたっていうのが、すごく・・(相談者)

・・

なんで・・(相談者)

まぁ、なんて言ったらいいのかしら?(相談者)

・・

たとえ・・(相談者)

ば、例を・・あげますと・・(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

えっと、旅行へ・・行くのに・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者) 

・・・

もう、孫娘は、社会人なわけです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それなのに・・(相談者)

あのぅ・・今、とても大事なところに、来てるん・・ですけれども、よくしていただいて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そんなさなかに・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

遠方に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
旅行に・・長いこと、一週間ぐらい、行こうという・・(相談者)

そして・・(相談者)

それの・・(相談者)

あのぅ・・ぃ・・(相談者)
うん?長い事、一週・・(加藤諦三)
一週間ぐらい、行こう・・(相談者)

・・

むり・・(加藤諦三)
と言って・・(相談者)

2人で行こうっていうこと?(加藤諦三)
そうです、そうです、もちろん。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

で、計画を・・立てちゃって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

つい・・(相談者)

最近・・(相談者)

申し込んでる・・(相談者)

のが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

孫娘で、そこの・・(相談者)

封筒・・で、来ますよねぇ・・(相談者)
ん、はいはい。(加藤諦三)
いくら・・あのぅ、払い込みとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

わたくし・・(相談者)

共が・・(相談者)

ま、若い頃、結婚する時に、仮にですよ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
うちは、そういうことないけど・・(相談者)

両親が反対しててっていうことを・・(相談者)
・・
相手の男の人に・・話した場合・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
その人は・・(相談者)

こちらの両親に、好かれようと思って・・(相談者)

そんな・・(相談者)

・・

ん・・(加藤諦三)
思い切ったことは・・(相談者)

しない・・常識・・普通の・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
常識を・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

考えるような、仕事場・・へ、勤めて・・いましたらば・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そんなことは、しないはず・・(相談者)

そういうことが・・(相談者)
・・
あのぅ・・(相談者)

あの、ちょっと・・(相談者)

問題じゃないかなぁ・・(相談者)
う、うん・・(加藤諦三)
問題じゃないかな・・って、幸せにはなれない・・(相談者)

っていうふうには、思って・・(相談者)
うん・・うん・・(加藤諦三)

理解できない変わり方

あのぅ・・・(加藤諦三)

・・・

あなたの・・おそらく、事情に、日本の中では、伝統的な・・(加藤諦三)

・・

家庭で、育・・って・・(加藤諦三)
そうですね、古い・・(相談者)

でぇ、あのぅ・・(加藤諦三)
ん・・(相談者)

そのぅ・・(加藤諦三)

伝統的な、価値観・・(加藤諦三)

・・

生活習慣の中で、お嬢さんも・・この今、50歳のね。(加藤諦三)
ええ。(相談者)
お嬢さんも、育ってきて・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

だから、それがとても・・(加藤諦三)

この子を・・(加藤諦三)

・・

こんなぁ・・とても・・50歳の、お母さんと、76歳の祖母には・・(加藤諦三)
ふふっ・・はい。(相談者)

こう・・理解できないような・・変わり方、変身なんでしょうねぇ。(加藤諦三)

おっしゃる通りです。(相談者)
ええ。(加藤諦三)
ただ・・(相談者)

それ・・に、加えて、そういうことなんですけれども・・(相談者)
う、うん・・(加藤諦三)
これでは・・あのぅ・・ちゃんとした、生活ですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

が・・(相談者)

できない・・っていうことは・・(相談者)

思いますねぇ。(相談者)
うん、それは・・あのぅ・・(加藤諦三)

生活の問題になるとね・・これも社会的な問題ですから・・(加藤諦三)

社会的な能力が、あるか、ないかっていうことが、非常に問題になってくる・・(加藤諦三)

そこら辺・・と・・(加藤諦三)

それから、心理的な問題と、二つ、こう・・(加藤諦三)

あって・・(加藤諦三)

もう、あなたがすごく・・(加藤諦三)

驚き・・を、持っている。(加藤諦三)
はい。(相談者)

ということでしょうねぇ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

はい。(相談者)
だけれども、まぁ、だから、あなたから見ればもう、ほんとの驚きなんでしょうね?(加藤諦三)
そうですね。(相談者)

はい。(相談者)
ええっ?(加藤諦三)

もう・・(加藤諦三)

冗談じゃない。(加藤諦三)

・・・

という・・(加藤諦三)
・・
そうですねぇ。(相談者)

ことですよねぇ。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

で、絶対・・に、許せない・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

お母さんの方も、50歳の・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなたのお嬢さん、お母さんの方も、絶対に許せないの?(加藤諦三)
はい。(相談者)

そうです。(相談者)
う、うん・・(加藤諦三)
それでぇ・・それに・・(相談者)
で、ふたの(?)、お嬢さんは、結婚すると言ってるの?(加藤諦三)

同棲・・(相談者)

あの、例えば・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
えっと・・(相談者)

・・・

・・・

赤ちゃんを作ることはないと・・目を見て言ったと、ある・・(相談者)

ある時に・・(相談者)

ぅ、うん、お母さんにね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
50歳・・はいはい。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

でも・・(相談者)

その話しの・・終わりに、そうは言ったけれども、もし・・(相談者)

妊娠してしま・・たらば、赤ちゃんができたらば・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・・

そちらに行く・・(相談者)

行ってしまうっていうことは・・(相談者)

あるの?(相談者)

・・・

で、それは・・あり得る。(相談者)

ただ、自分で・・子供ができたから行くとか・・そういうので作ることは、絶対ない!・・(相談者)

って、言ってる。(相談者)

うん。(加藤諦三)

うん・・(加藤諦三)
そうです。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

・・・

ここはですね。(加藤諦三)

幼児教育研究の・・大原敬子先生に・・(加藤諦三)
あっ・・(相談者)
御意見、伺ってみたいと思います。(相談者)
あっ・・(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク