テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月13日(金)は、加藤諦三&大迫恵美子。妻から離婚調停を起こされている40歳男性からの相談。婿に入ったという相談者。5年位前から些細な事で喧嘩するようになり、2年位前には夫婦関係も崩れてしまう。あちこち出掛け、夜も遅くまで飲みに行き連絡も取れない。理由の如何を問わず義両親は妻の味方で仲が悪い。見捨てられる不安から離婚したくないという相談者だが・・
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:40歳男性(婿養子) 妻43歳 子供二人 長女(高校1年生) 中学1年の子供(性別不明) 妻の両親

もしもし?(加藤諦三)
あっ・・(相談者)

よろしくお願いします。(相談者)
はい、テレフォン・・はい、最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

40です。(相談者)
40歳。(加藤諦三)

結婚してます?(加藤諦三)

ぁ、はい。(相談者)

え・・奥さん何歳ですか?(加藤諦三)
ぁ、43です。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)

高校1年・・の・・女の子とですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

と、中学校1年・・です。(相談者)

はい、わかりました、でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えっと、現在あの、離婚調停中でぇ。(相談者)

えっと自分の方が、別れたくない方なんですね。(相談者)

はい、はい、はい。(加藤諦三)
でぇ、向こうはあのぅ・・(相談者)

「もう別れたい」の一点張りなんですけども。(相談者)
ハイ・・(加藤諦三)

結婚は恋愛結婚?お見合い?(加藤諦三)

ぁ、恋愛です。(相談者)
恋愛結婚?(加藤諦三)

はい。(相談者)
・・
まぁ、5年ぐらい前から・・あのぅ・・ま、些細な喧嘩とかは、してたんですけども。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

ぇ、2年ぐらい前から、かなり・・崩れてきましてぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、結構、外交的な・・かみさんなんでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あちこち・・よく出掛けるんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、夜もあのぅ・・(相談者)
・・
お酒をけっこう、あのぅ・・飲みに行ったりとかするんでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、わたしの電話も出ませんし。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

「そんな飲んでる席で・・」(相談者)
ええ。(加藤諦三)
「掛けてくる旦那なんかいないよ」ってことでぇ・・(相談者)

でぇあのぅ・・誰と飲むとは、一応言うんですけども。(相談者)
うん。(加藤諦三)

それがホントかも、ちょっと、わからないんでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)
しつこく聞くと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ウン、ますます機嫌が悪くなりますのでぇ。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

そうすると・・(加藤諦三)

好きな男性が、できたという・・(加藤諦三)

ことも、考えられるわけですね。(加藤諦三)

うん、もしかしたらちょっと・・まぁ、考え過ぎなのかわかりませんけども。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

うん・・(相談者)

・・

これ・・(加藤諦三)
そうですねぇ・・ただ、わたし・・(相談者)
要するに・・はい。(加藤諦三)
うん・・(相談者)

あの、やきもちやきなんでぇ・・(相談者)

ああ、そう・・(加藤諦三)
結構あの・・(相談者)

嫉妬深いんですよ、わたしの方が。(相談者)

でも、嫉妬深い・・って言ったってぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
奥さんが、12時、1時までねぇ・・どこに居るか、わからないということが、度々あったら・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

それは、嫉妬深かろうが、嫉妬深くなかかろうが・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

「どうしたんだ?」ってことになりませんか?(加藤諦三)

まぁあのぅ・・友達とか・・ねぇ・・(相談者)

ま、こういうふうに話すと、「そんな女は、別れちまえ」ってことでぇ・・みんな言うんですけども。(相談者)

友達は、言ってるってことね?(加藤諦三)
そうですね、ただ・・(相談者)
でぇ、離婚の調停は、どちらが起こしたんですか?(加藤諦三)

あっ、えっと・・妻の方です。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

ただ・・わたしも別居するとか・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

あの、別れるっていう気持ちがないんでぇ。(相談者)

そのあなたが別れるっていう気持ちが、全くないというのは、どこから来てるのかしら?要するに・・(加藤諦三)

周りのね、友達がね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
この・・「こんな女と別れちゃえ」って・・(加藤諦三)

言ってるというのも、わかるような気がするんですけれど。(加藤諦三)

わたしあのぅ・・ちょっと、婿に入ったものでぇ・・(相談者)

は・・うん。(加藤諦三)

あのぅ・・向こうの親とも仲悪いんですよ。(相談者)

はぁぁ・・ん、でぇ・・(加藤諦三)
そうですねぇ。(相談者)
あなたとすると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
この調停を・・(加藤諦三)

どう対処したらいいか?っていうのは・・相談ですか?(加藤諦三)

そうですねぇ、はい。(相談者)
はい、わかりました、今日はあのぅ・・スタジオに弁護士の、大迫恵美子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

あっ、よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

  1. こんな状況なのに「離婚したくありません」なんて言ってるようじゃどうしようもありません。
    だからこそ回答者も「断念しなさい」とアドバイスしてます。
    行き詰まり、もうどうしたらいいかわからなくなった時には、こだわり・執着を捨てるしかないのです。そうすれば新しい道が開けるのです。

    その決心がついてからでしょうね。どのように有利な展開にもってゆくかのアドヴァイスは。
    先ずは覚悟を決めることです。そうしない限りとことん惨めな人生になるでしょう。

  2. 今までの生き方のせいで、執着心が強いのですね。
    生きてさえいれば、人との縁は生まれるのだから、勇気を持ってほしいです。
    望むならば、きっと優しい人が現れて同じ価値観で幸せを築いてゆけると思います。そうなったとき、過去を手放してよかったと、きっと思うはずです。

    一歩踏み出してください。