テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年5月3日(木)は、柴田理恵&高橋龍太郎。1年半ほど働いていない43歳の息子。二世帯で暮らしており、食費は再婚同士の嫁のアルバイトで賄っている。パチンコに昼間からお酒を飲み、以前は親から、今は嫁からお金をたかる息子。クレジットで借りられなければ、親や兄弟に借りて来いとまで言うほど金銭感覚がおかしい。このままでは共倒れになる。どうすればいいのか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:67歳女性 夫67歳 同居する一人息子43歳(無職) 息子の前妻の子(中学2年生の女の子) 再婚同士の嫁43歳(47歳と言ってるように聞こえるが?) 二世帯、5人で暮らす

もしもし・・テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

はい。(相談者)
こんにちは。(柴田理恵)

こんにちは・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
よろしくお願い致します。(相談者)
今日は、どんなご相談ですか?(柴田理恵)

はい、あの、息子の事で、ちょっと、ご相談したいんですけれども。(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

む・・えっと、息子さんは、おいくつですか?(柴田理恵)

えっと、40・・3です。(相談者)

43歳・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
えっと、あなたはおいくつですか?(柴田理恵)
はい、わたくしは、67歳です。(相談者)
60・・7・・えっと、旦那さまは?(柴田理恵)

ぁ、主人も67です。(相談者)
67歳・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
でぇ、息子さん・・が、43歳で・・(柴田理恵)
・・
はい。(相談者)
あと、お子さんは・・いらっしゃるんですか?(柴田理恵)
えっと・・息子・・あの、息子の・・あの、あの、前妻の方で、あの、中学・・(柴田理恵)

2年の・・も・・(相談者)
ん?(柴田理恵)
女の子・・中2の女の子がいます。(相談者)

ぜ・・ぜんさい?(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
もしもし?(柴田理恵)

息子さんが・・(柴田理恵)

再婚なさったんですか?(柴田理恵)

はい、そうです。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
ま、再婚同士って、形なんですけれども、今は・・(相談者)

えっ?・・あっ、じゃあ・・すいません、もう一度・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
お願いします。(柴田理恵)
・・
えっと、ご主人と・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
あなた様は・・えっと・・(柴田理恵)
わたし達は・・普通です。(相談者)
・・
再婚ではないです。(相談者)
ああ、そうなんですか?(柴田理恵)
はい、再婚でないです、息子と・・はい?(相談者)
ぇ、息子さん・・(柴田理恵)
はい?(相談者)
今、再婚なさってるんですね?(柴田理恵)
はい・・そういうことです。(相談者)
はい、はい。(柴田理恵)
はい。(相談者)

じゃあ、奥様はいらっしゃるんですね?(柴田理恵)
はい、そうです。(相談者)
奥様は・・おいくつなんですか?(柴田理恵)
いえ、同じく40・・7歳です(7にしか聞こえないが?)。(相談者)
43歳で・・(柴田理恵)

でぇ、その・・(柴田理恵)

息子さんと・・(柴田理恵)

奥さんの間に・・(柴田理恵)

はい?(相談者)

は(わ)、こ・・(相談者)
お子さんは・・いらっしゃらな・・(柴田理恵)
いないです、はい。(相談者)
いらっしゃらなくて・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
前妻さんとのお子さんが、いらっしゃるんですね?(柴田理恵)
はい、そうです。(相談者)

そのぅ・・子が・・中学校?(柴田理恵)

2・・はい、2年だ・・(相談者)
中学校2年生の・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
男の子ですか?(柴田理恵)

女の子です。(相談者)
女の子ですか?(柴田理恵)
はい。(相談者)

ああ、そうですか?(相談者)
・・
えっと、あなた・・方、ご夫婦には・・あんと・・お子さんは?・・もう、息子さんは?(柴田理恵)
は(わ)、一人なんです・・はい。(相談者)
一人っ子なんですね?(柴田理恵)
息子一人で・・はい。(相談者)

ああ・・そうですか?(柴田理恵)
・・
でぇ、その息子さん、43歳の息子さん・・が・・どうかなさったんですか?(柴田理恵)

ええ、もう、ちょっと・・(相談者)

一年半ぐらい前から、ちょっと仕事もしなくって・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
まぁ、ちょっと体調も最初、不良だったんですけれども。(相談者)
うん。(柴田理恵)

でも・・働きながらでも、治せるっていう形だったんですけれども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ・・働かなくって・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
今現在に至ってて・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
まぁ、仕事してくれないのも、ちょっと、困るんですけれども・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
それよりも、もう、金銭感覚・・っていうものが・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

ちょっと、もう・・(相談者)

こっちも、困り果ててて・・(相談者)

うん?どんな?・・うん・・(柴田理恵)
あ・・れ・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

もう、質素にしてくれたらいいんですけれども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
そうではなくって、あのぅ・・もう煙草とかも、お酒、アルコールですねぇ・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
それも・・飲んで、もう・・(相談者)

食費とかいうのは、もう・・わたし達・・は、あのぅ・・電気とか、光熱費は、一緒にわたし・・が・・払ってるんですけど、ただ、食費だけは・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
今の・・嫁の・・バイト代で・・(相談者)

食べてるものですから・・(相談者)
んん・・あのぅ・・(柴田理恵)
まだ・・アルバイトっていう形なんでぇ・・そんなにもらってもないはずなのに・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
もう、それ以上のことを、何か要求してきて、「こんなまずいもの食べれるか」と言ったりとか・・(相談者)
うん、あのぅ・・(柴田理恵)

ちょっとすいません。(柴田理恵)
・・
えっと、今、じゃあ、息子さん・・は、一緒に住んでらっしゃるんですねぇ?(柴田理恵)
はぁい・・あのぅ、ええ、上と下で、す・・同じ・・はい。(相談者)

ああ、はぁ、はぁ、はぁ・・(柴田理恵)
一軒家で、はい。(相談者)

あ、それで、光熱費なんかは・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
あなたが負担しているけれど。(柴田理恵)
はい、はい。(相談者)
食費だけ入れてくれてると?(柴田理恵)
はい、食費だけ・・(相談者)
それはその・・(柴田理恵)

えっと、奥さんの・・(柴田理恵)

はい。(相談者)

はい。(相談者)
奥さんのバイト代で。(柴田理恵)

そうなんです。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

代で、入れてくれてて、じゃあ・・(柴田理恵)
ええ・・(相談者)
あのぅ、ご飯、作ってるのは実際は・・(柴田理恵)

お父さん、お母さんが・・(柴田理恵)
あっ・・それはもう、お互いにも、二人・・夫婦で、まぁ、別々って形でぇ・・(相談者)

あの、作ってます。(相談者)
あっ!じゃあ、食費は関係ないんですね?(柴田理恵)
はい、そうなんですねぇ。(相談者)
あのぅ・・(柴田理恵)

あなた方ご夫妻は・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
ご夫妻でやってらっしゃって・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
でぇ、息子さんご夫妻は、ご・・(柴田理恵)

あの、ご家族でやってらっしゃるってことですね?(柴田理恵)
そうですねぇ、はぁい・・(相談者)
うん・・で、そのだから・・奥さんがバイト代で・・(柴田理恵)

食費を・・稼いできても・・(柴田理恵)

うーん・・(相談者)
文句を言うんですか?(柴田理恵)

はい、大体もう・・(相談者)

それと・・やっぱり足りないから、遊びたいお金が欲しいから・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

ちょっとクレジットで、「借りて来い」とか・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
まぁ、そういう形で借りて来て、返済する分も、溜まってきて・・(相談者)

はぁーん・・(柴田理恵)
でぇ、結局もう、見て見ると、もう、もう・・しょく・・(相談者)

ざい(食材)でも、もう、ほとんど・・もう、冷蔵庫に入ってないような・・(相談者)

うーーん・・(柴田理恵)
感じなので・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
やってるものですから・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
こっちも、「野菜類使ってもいいよ」っていう形で・・(相談者)

うーーん・・(柴田理恵)
そうしてはいるんですけれども・・(相談者)
じゃあ、その向こうの・・(柴田理恵)
どうしても・・(相談者)

息子さんの奥さんとは、あなたは割と行き来して・・いろいろ・・(柴田理恵)

相談に乗ったりしてるわけですか?(柴田理恵)

そうですねぇ、もう、相談・・ってほど・・ないですけど、向こうがもう、堪りかねて、言って来る時は、聞くようにはしてますねぇ。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

ええ・・(相談者)
あのぅ、遊ぶって・・(柴田理恵)

どんな遊び、してるんですか?(柴田理恵)
あ・・そぶ(遊ぶ)っていうのか・・なんか毎朝・・(相談者)
酒タバコ・・(柴田理恵)

ええ、パチ・・(相談者)
酒タバコ・・タバコをそんな・・(柴田理恵)
うん。(相談者)

はい。(相談者)
ものすごい、吸うわけですか?(柴田理恵)

ぃ、一日に二箱ぐらいもう・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
一日中、家に居るものですから・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

お酒は?(柴田理恵)
もう、でな・・はい、お酒も、酎ハイをたぶん・・(柴田理恵)

ぃ・・今は、ちょっとほんとに、困り果ててるから、もう、夜ぐらいだと思うんですけど・・ちょっとお金があると・・もう、昼間でも・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
酎ハイの缶ですか?(相談者)

そんなんを・・二つぐらい買ってきては・・飲んでるような、感じですねぇ・・(相談者)

うーん、別にあのぅ・・(柴田理恵)

アルコール・・(柴田理恵)

依存・・(柴田理恵)
一応・・(相談者)
みたいなことでは・・ないんですか?(柴田理恵)

そ・・それほどでは・・ないと思うんですけど・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
ただ・・ただ・・(相談者)

あのぅ・・気を紛れ・・させる為に、飲んでるようだと思うんですけど・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

あとは、どんなギャンブルとか・・(柴田理恵)
あとは、もう・・(相談者)
女とか?(柴田理恵)

一時は、パチンコ、6万ぐらいとかしたんですけど、それはもう・・(相談者)

出来なくなって、それは、いいんですけれども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
もう、今度は自分が、あのぅ・・(相談者)

あっ・・そのぅ、わたし達は今・・(相談者)

こちらに住んでるんですけれども・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
県外の方で、引越ししてきたものですから・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

で、友達が・・そちらに居るものですから・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
もう、最近はもう・・(相談者)

週に・・一回が・・週替わりでぐらいで呼んでは・・(相談者)

なんか、こっちで遊んでるんですよね、土日になると。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

ちょっと・・(相談者)

訳のある子・・(相談者)

**って、知り合った子・・達も居るし、まぁ、暇じゃんと(?)・・(相談者)
訳もあるって?(柴田理恵)

うん?(相談者)
訳もあるって・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
どういうことですか?(柴田理恵)
え・・ちょっと、あのぅ、悪さをして・・(相談者)

あの、ちょっと・・入っていたとか(笑いながら)・・(相談者)

ふっ・・ふっ・・(相談者)
うん?(柴田理恵)
少年院とかに、入ってるとか・・(相談者)
に・・っていう・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
仲間ですか?(柴田理恵)

ええ、まぁ、うちの子も、そうだったんでぇ・・(相談者)
ああ、ぁぁ・・はぁい、はぁい。(柴田理恵)
そう、知り合い・・とか・・(相談者)

はぁい。(相談者)
はぁ・・ちょっと・・悪仲間と・・(柴田理恵)

ええ・・(相談者)
遊びながら・・自分もその、稼がないで、遊んでるってことなんですね?(柴田理恵)
そう・・(相談者)

そのお金を、出せ・・っていう形で、もう、ここんとこ、週になると頻繁で・・(相談者)
ええ、出せ・・って言うのは、お母さんに?(柴田理恵)

じゃなくって、やっぱり嫁の方ですねぇ・・(相談者)
うーん、うん・・(柴田理恵)
わたしももう、一切、もうないって、もう、かなり出してるもんですから・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
ないお金を。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
だから、一切ないの・・って言ってあるもんですから・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
言うに言えないから、今度、嫁の方に・・(相談者)

あのぅ、クレジットでも、ある程度・・借りれる限度もありますよね?(相談者)
うん、はぁい。(柴田理恵)
他もいっぱいで、借りられないって言うと、今度は、自分の・・親の方へ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

行って、もらって来い・・とか。(相談者)
はぁぁ・・(柴田理恵)

もう、別れた旦那に・・もう、もらって来いとか・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

無茶苦茶ですね。(柴田理恵)

そうなんです・・(相談者)
あはっ・・(柴田理恵)
それでがもう、一番嫌で、もう、わたしも・・まだ前、嫁が来る前は、前は、そういって、わたしも言われてたもんですから・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
兄弟に借りてきたらいいとか。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

言われてたんで、もう、その気持ちも、すっごいわかるもんですから、もう、なんとかもう・・(相談者)

これ以上・・ほんとに出してたら、もう・・ど・・(相談者)

どうにか、もう、共倒れになってしまうんでぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

もう、どうにかしたいんですけれど。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)

もう、ちょっと・・(相談者)

どうしていいのか・・わからなくて・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

あの・・(柴田理恵)

ぅ、息子さんの、離婚の原因はなんですか?(柴田理恵)

ぁ、離婚はやっぱり、ちょっとあのぅ・・(相談者)

ちょっとあのぅ・・(相談者)

薬をしてたんですよね。(相談者)
で、息子さんが?(柴田理恵)
・・
はぁい。(相談者)

薬っていうのは?(柴田理恵)

あのぅ・・(相談者)

うんっと今、覚せい剤ですね。(相談者)

あらぁー!(柴田理恵)
うん・・(相談者)
覚せい剤か・・(柴田理恵)

うん・・(柴田理恵)
そうなんです・・(相談者)

うーーん・・(柴田理恵)

それの治療は、きちんとなさったんですか?(柴田理恵)
えぇ、それは・・もう・・(相談者)

ちゃんともう・・ちょっと・・まぁ、こっちに戻って来てからも・・ちょっと証拠を見つけたんで・・(相談者)

もう、親が・・ちょっと・・通報して・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

二年ぐらいは、ちょっと、刑務所の方に入ってました。(相談者)

ふぅーん・・(柴田理恵)
それからは、もう、してないと・・思うんですけど。(相談者)

うん・・え、じゃあ、覚せい剤・・ぃ・・ぃ・・ぃ・・でぇ。(柴田理恵)

検挙されたっていうことですか?(柴田理恵)

はい、そうです。(相談者)
うん、それでぇ・・それでだから、前の奥さんとは離婚になり・・(柴田理恵)

うん・・(相談者)

ってことですね?(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
でぇ・・(柴田理恵)

確実に・・やめてらっしゃいますかね?(柴田理恵)

・・

たぶん、****は、あの、たぶん、お金が結構・・いるもんだから・・もう、それはないと思うんですねぇ。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

うーん・・(相談者)
あのぅ・・(柴田理恵)

少年院時代・・って、少年・・どういう原因で、少年院に入られたんですか?(柴田理恵)
少年院の時は、ちょっとあの、中学校の先生と・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

喧嘩をして・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
暴れて・・(相談者)

まぁ・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
その前からちょっと、やっぱり、シンナーをやってたから、それを治す為にも・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
ちょっと・・まぁ、入れた方がいいかな?・・っていう形で・・(相談者)
うん、うん、うん・・(柴田理恵)
うん、もう・・(相談者)

もう・・えっと、入らんでも、いい・・良かったんですけど・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
もう、ちょっと、離す為にも・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
まぁ、入れて下さいっていうのか、もうちょっと、入って・・勉強しなさい・・って形で・・(相談者)

でぇ、それも、恨ん・・親に、恨みを持ってるんですね。(相談者)
うん。(柴田理恵)

とにかく、自分が種を蒔いた事なのに、人のせいにするんですよね、なんでも。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

わかりました。(柴田理恵)

今回の、おな・・お悩みはね・・(柴田理恵)

そのぅ、まぁ、息子さん、43歳で暮らしてらっしゃる・・(柴田理恵)

一緒に暮らしてらっしゃる息子さんが・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
ちょっと、働かないで・・(柴田理恵)

あのぅ・・遊んでばっかりいると。(柴田理恵)

うん、はい。(相談者)
でぇ、この息子さんの状態を、どうしたらいいか?・・っていう・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

お悩みせ・・相談ですよね。(柴田理恵)
そうねぇ、金銭感覚を、どうしたらいいか、ちょっと・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)

はい、わかりました。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

ではあのぅ・・先生に聞いてみましょう。(柴田理恵)

はい、お願い致します。(相談者)
今日の回答者の先生は・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
精神科医の、高橋龍太郎先生です。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
先生、お願いします。(柴田理恵)
わかりました、お願い致します。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1.  高橋先生の仰せの とおり  完全に 外へ追い出すことが 果たして この母親にできるでしょうか(・・? いわゆる 非行少年時代から 息子の行動を容認し続けてきたのですから この期に及んで できるでしょうかね?

     我が亡父母に 一円たりとも金をせびった事がない 私に対しても「我々が死んだらどうするのだ」 と 上場企業に勤める私に申しておりましたが 子供の事は死んでもきがかりでしょうからね?

  2. いまさらこんな相談したって、もう手遅れです。
    相談者夫婦の子育ての結果が今日の息子の姿なんです。

    自分たちが助かるためには、この息子を捨てるしかないです。
    それができなきゃ共倒れになるだけ。
    他に手立てはありません。

    実質的には、この息子が生まれたその時に既に捨ててたんでしょう。
    いや、実際に捨ててた方がまだマシだったかも。赤の他人でも、マトモな人に育てられてたら息子だって別の人生を歩めたかもしれません。そういう意味では息子も被害者かも。