テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年12月19日(火)は、今井通子&三石由起子。嫁とトラブルで不仲になり、逆上した息子から暴言を吐かれて家を追い出される。以前のように仲良くしたいが嫁からは拒絶。どうしていいかわからず人生相談に電話した。嫁と同じ職場でアルバイトが決まったことで嫁を激怒させる。中に入ってくれた実姉に息子が、積み重なったことだとのこと。自殺未遂するまで追い込まれた相談者。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:64歳女性 夫は30年前に他界 現在一人暮らし 息子41歳 嫁34歳 孫男二人 10歳と7歳 遠方に住む姉

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)

はい、お世話になりますぅ。(相談者)
はい。(今井通子)

今日はどういったご相談でしょう?(今井通子)

嫁と・・(相談者)

はい。(今井通子)
トラブルで・・(相談者)

あら?(今井通子)

すごい不仲になってしまったんですね。(相談者)
あら。(今井通子)

それで・・(相談者)
はい。(今井通子)
わたしのほうとしては・・(相談者)
はい。(今井通子)

前のように嫁と、仲良くしたいっていう気持ちが・・(相談者)

あるんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)

嫁のほうで・・もう拒絶・・(相談者)

されたもんで・・(相談者)
はい。(今井通子)

どういうふうにしたら良いか・・もう、悩んで悩んで、お電話差し上げたところだったんです。(相談者)

はい、わかりました。(今井通子)

あなたはおいくつですか?(今井通子)

えーっと、64歳です。(相談者)
64歳・・ご主人は?(今井通子)

えーっともう・・30年前に亡くなりました。(相談者)
30年前・・(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

そうすると、息子さんがおいくつなんですかね?(今井通子)
41です。(相談者)
41歳・・(今井通子)
はい。(相談者)
で・・お嫁さんは?(今井通子)

30・・4です。(相談者)
34歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ・・息子さんと・・あのぅ、お嫁さんの間に・・お子さんいらっしゃいますか?(今井通子)
えーっと、二人、います。(相談者)

男の子、女の子、年齢を・・教えて下さい。(今井通子)
男の子二人で・・(相談者)
はい。(今井通子)
えっと、10歳と・・(相談者)
はい。(今井通子)
7歳ですかねぇ・・(相談者)
はい。(今井通子)

嫁と同じ職場

でぇ・・同居してらっしゃるの?(今井通子)

1年半前までは・・(相談者)

同居して・・(相談者)

はい。(今井通子)
その後、今は、別居状態です。(相談者)

その頃に・・なんか、あったの?トラブルが?(今井通子)

えーっとですねぇ・・(相談者)

わたしの母の・・(相談者)

はい。(今井通子)
介護の為に・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

お金が大変なので・・(相談者)
はい。(今井通子)

わたしが働こう・・っていうことから・・(相談者)
はい。(今井通子)

たまたま・・嫁と、同じ職場の所だったもんで・・(相談者)
はい。(今井通子)

それが、主な原因だと、わたしは思ってるんです・・あとは、あんまり思い当たることはなく・・(相談者)

それまでは、もう、ほんとに・・親子以上、仲良く・・暮らしてきた、つもり・・ですけども・・(相談者)
あら?(今井通子)

嫁のほうは、そう思わなかった思うんです、今となれば。(相談者)
なるほど。(今井通子)
・・
ええ・・(相談者)

その・・お母様がいらしたわけね、あなたの。(今井通子)

そうです。(相談者)
現在は?(今井通子)

えーっと、急に亡くなったもんで・・(相談者)
いつ頃・・あの何年前ぐらい?(今井通子)
え・・えーっと・・去年です。(相談者)

介護っておっしゃってたんで・・結構、手のかかる方だったわけ?(今井通子)

目の病気で・・(相談者)
はい。(今井通子)
まるっきり・・(相談者)

あの、目が見えなくたって・・(相談者)
はい。(今井通子)

それで・・介護してたわけです。(相談者)

そうすると・・(今井通子)

ぉ、お母様、何年ぐらいじゃあ・・この自宅にこもった感じ?(今井通子)

10年ぐらい前からですね・・今に・・はい、はい。(相談者)
あ、10年前から・・はい。(今井通子)

ということは・・(今井通子)
ええ。(相談者)

お嫁さんがいらした時には・・(今井通子)

もう、それで、1年ぐら経ったらもう・・お母様の面倒は・・(今井通子)

ええ。(相談者)

看なきゃならない状態に、なってらしたわけ?(今井通子)
もう、ほとんど・・(相談者)

お嫁さんは看ないで、わたしだけが看て・・看てましたね。(相談者)
ああ、なるほど、なるほど。(今井通子)
ええ。(相談者)

原因がわからない

でぇ・・(今井通子)

あなたが、結局、経済的なことがあるんで、働きに出られるようになったって・・(今井通子)
はい。(相談者)
おっしゃいましたが・・(今井通子)
ええ。(相談者)

その前に・・(今井通子)
ええ。(相談者)
あなたはもともとは・・専業主婦じゃなくて働いてらしたの?(今井通子)
そうです、そうです。(相談者)

お店を・・(相談者)

一応、やりながら・・(相談者)
はい。(今井通子)
それでもお金がない、足りないので・・(相談者)

はい。(今井通子)
そのぅ・・空き時間を利用して・・(相談者)

もともと自営でらしたの?(今井通子)

そうです。(相談者)

じゃあ、自営のお店はずっと、やりっぱなし?(今井通子)

はい。(相談者)

そして・・(今井通子)
ええ。(相談者)
それと同時に・・(今井通子)

ええ。(相談者)
アルバイトに出られたのが・・(今井通子)

ええ。(相談者)
お嫁さんの勤めてらっしゃるとこの・・(今井通子)

えーっと、アルバイトしようと思ったところが、嫁のところで・・(相談者)
うん。(今井通子)

んでぇ、それ・・が・・(相談者)

結局は、嫁・・のところだからダメだっていう感じになってしまって・・(相談者)
はい。(今井通子)

アルバイトはしないでしまったんですね。(相談者)
あっ・・じゃあ・・(今井通子)

アルバイトには、お金、足りないからっていうアルバイトは、してないのね?(今井通子)

してないです。(相談者)
あっ、してない。(今井通子)

はい。(相談者)
そうするとその、自営のお店をやりながら・・(今井通子)

はい。(相談者)
お母様の面倒は・・ずっと看てらして・・(今井通子)
はい・・はい。(相談者)

え・・昨年まで、看てらしたと。(今井通子)
はい・・はい。(相談者)

それで・・(今井通子)
ええ。(相談者)

え、とっても・・仲が悪くなっちゃったっていう・・(今井通子)
はい。(相談者)

その原因は、なんだったんですか?(今井通子)
わたしもよくわからないんですけども・・(相談者)

うん。(今井通子)
たぶん・・嫁の・・その、働く場所と、一緒の場所だったから・・(相談者)

えーっと、嫁も面白くなかったんじゃないかなって・・思う気がするんですね。(相談者)

それしかわたしには考えられないんですよ。(相談者)

追い出される

うん、でも・・(今井通子)

そこへは行かなかったんでしょう?・・あなたは。(今井通子)

行かないですけども・・ほら、そういうふうなので、こういうふうなところで働きますっていうことを・・(相談者)

お話したら、嫁が逆上して・・(相談者)

んでその、その上に、息子まで逆上して・・(相談者)

うん。(今井通子)
わたしとこ、もう罵って・・(相談者)

うん。(今井通子)
息子も、すっかり嫁の肩をもってしまって・・(相談者)

うん・・(今井通子)

もう・・(相談者)

「殺すぞ」とか・・もう、そういう暴言を吐かれたりして・・(相談者)
うん。(今井通子)

わたしもかなり・・もうショックを受けたりして・・(相談者)

こういうふうに・・追い出されたり・・(相談者)
うーん・・(今井通子)

一切・・あの、話しにもならない・・(相談者)

ただ、わたしに姉がいるもんで・・(相談者)
はい。(今井通子)
この、仲・・違い(なかたがい)になった時に・・(相談者)
うん。(今井通子)

姉にも来てもらって、中に入って・・(相談者)
うん。(今井通子)

一応、いろいろ聞いてもらってるんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)

もう息子は、わたしとこを許さない・・って、何で許さないのか、その理由も・・(相談者)

わからないと。(相談者)

姉が聞いても・・(相談者)

積み重ねだって・・いうことで・・(相談者)
はい。(今井通子)

もう・・なにもかにも・・わかんない・・っていう・・感じなんですね、だから・・あっ・・これは、嫁さんに・・(相談者)

なにかいろいろ、わたしの嫌なことを・・(相談者)

あの、言われて、出そうっていう思いで・・(相談者)

そういうふうに言ってたのかな?・・って、わたしは、自分で、思・・ってるんですけども・・(相談者)

っていうことは、お姉さんは・・(今井通子)

それに対して、あなたの味方なの?(今井通子)
そうです、姉は、わたしの・・味方です(相談者)

お姉さんは、近くに住んでらっしゃるの?(今井通子)
いやいや、遠いところに居ますけども、電話連絡したり・・(相談者)
うん。(今井通子)
あとは、わたしが、あんまり体が丈夫でないもんですから・・(相談者)

はい。(今井通子)
しょっちゅう具合が悪くなって、倒れるもんですから・・(相談者)
はい。(今井通子)

心配で、月に1回ぐらいは・・(相談者)

あの、遠い所から、来てくれたりしてるんですね。(相談者)
ほう・・(今井通子)
その時だけは・・(相談者)

姉と一緒に行って・・(相談者)
うん。(今井通子)

お婆さんに、線香をつけてきたり・・姉の力を・・(相談者)
まぁ、ご実家ってことですよねぇ。(今井通子)
そうです、そうです、そうです・・ええ。(相談者)
うん。(今井通子)

そういうふうにしてるんですね。(相談者)

それで今回は・・(今井通子)
うん。(相談者)

ご相談としては、そのお嫁さんと、仲が・・仲良く・・が、したいの?(今井通子)
うん・・なるべくだったら・・(相談者)

わたしも、今は、まるっきり一人になってしまって、自分も体調がほんとでない。(相談者)

はい。(今井通子)
だから、できれば・・少しでも・・距離を縮めて・・(相談者)

うーーん・・(今井通子)
前みたいにはいかないけども、少しずつ、仲良くなりたいなって思うので、どう・・したらいいか、いろいろ・・(相談者)

悩んだりして、その時期は、ほんとに、嫌な話しですけども、自殺もしましたけども・・(相談者)

なかなか死にきれなくって・・(相談者)
あ、自殺は未遂で終わったのね?(今井通子)

はい。(相談者)

もう、ほんとに・・辛かったんですけど、そのくらい・・(相談者)

もう、生きてるもの嫌だったんですねぇ。(相談者)
うーーん・・(今井通子)

うーーん・・(相談者)
なるほど。(今井通子)

ええ、ええ。(相談者)

お嫁さんと、どういうふうに仲良くしたらいいか?・・ですねぇ。(相談者)

そう・・ですねぇ・・(相談者)

今日は、スタジオにですねぇ・・(今井通子)
ええ。(相談者)
三石メソッド主宰で、作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので、伺ってみようと思います。(今井通子)

先生、よろしくお願い致します。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク