テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年8月4日(金)は、加藤諦三&田中ウルヴェ京。人生を上手く生きるにはどうすればいいのか?という相談。生きるのに不器用という23歳大学院生の男性。上達するのが遅いし、恋愛経験もない。心を打ち明けて話せる親友は一人いるが、言動に注意しているのに、周りに敵を作ってしまう。何が原因か、自分ではわからない。どうして自分は、みんなから理解してもらえないんだろう?

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
相談者:23歳男性 大学院生・一人暮らし 両親健在で25、6歳の姉一人

加藤諦三氏の〆の言葉『実際の感情と認識された感情とは、まったく別の物です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

23歳男性から、一人暮らしの大学院生。
両親は健在で、兄弟は姉一人で、25か6歳。

はい、わかりました・・で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

人生、上手く生きるには

えーっと・・不器用・・(相談者)
・・
なんですよ、僕って。(相談者)

不器用なの?(加藤諦三)

なので、もう少し・・(相談者)

人生、上手く・・生きるには、どうすればいいだろうなぁ・・って・・不器用・・(相談者)
人生上手く・・要するに、不器用って、手が不器用っていうんじゃなくて、なんか、生きるのに不器用ってことね?(加藤諦三)

そうですね。(相談者)

うん。(加藤諦三)

その・・(加藤諦三)

まあ、生きるのに不器用っていうのは・・(加藤諦三)

わかるんですけど、もうちょっと、具体的に言うと、どういう・・(加藤諦三)

例えば・・(相談者)
はい、例えば?(加藤諦三)

僕、大学院生なんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
大学院生に・・なってから・・まあ・・(相談者)

・・

合唱、始めたんです。(相談者)

そこでまぁ・・(相談者)

・・

まあ、上手くなってやろうと・・まあ周りから・・(相談者)

・・

「あ、上手いね」って・・(相談者)

・・

うん。(加藤諦三)
こう・・ある程度、評価される・・程度に、上手くなってやろうと思ってですねぇ・・(相談者)
・・
ええ。(加藤諦三)

練習し・・(相談者)

てるんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まあ・・(相談者)

周りからして、明らかに、上達が、遅いようなんですよ。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

・・

それでこのぅ・・合唱部・・で・・は、とにかく、上手くなってやろう、評価してもらおう・・そうして、あなた自身は、非常に一生懸命、やっている・・(加藤諦三)

人よりも、時間をかけて・・(加藤諦三)

だけど・・(加藤諦三)

人から・・(加藤諦三)

望むような評価をもらっていないと。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

恋愛経験なし

で、あなたの言葉で・・言うと・・(加藤諦三)

生きる事が、不器用だと。(加藤諦三)

まあ、歌だけではないんが・・(相談者)

まあ、他・・の、事もあるんですよ・・(相談者)
で・・他のこともあるってのは、他の事って、例えばどういうことです?(加藤諦三)

まあ・・(相談者)

え・・恋愛に関することです。(相談者)
ああ、ああ・・(加藤諦三)

・・

恋愛は・・(加藤諦三)

高校時代から、何回ぐらいしてるんですか?(加藤諦三)

いやぁ・・それが・・(相談者)

ちゃんと・・付き合ったことが、これまでに、まだないん・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

じゃあ、恋愛経験は、ないと考えていいわけですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)

うん。(加藤諦三)

でぇ・・(加藤諦三)

あなたが、生きるのが不器用というのは、そ・・そのこと・・いうことがメイン?(加藤諦三)

まあ・・(相談者)

あと・・その他、人間関係に関しても・・(相談者)

ま、ちょっと・・(相談者)

上手く・・いって・・いないん・・(相談者)

その他、人間関係について・・(加藤諦三)

上手くいっていないっということは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
親友は、いない?(加藤諦三)

・・

親友?(加藤諦三)

・・

ぃ、いないわけではないですが・・(相談者)

まぁ・・なんだろう?(相談者)

・・

友達の定義にも、よるんですが・・(相談者)

・・

なんか・・僕・・(相談者)
親友がいないっていうのは、もっと簡単に言えば・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

心を打ち明けて、話しのできる・・友達が・・いない。(加藤諦三)

いや、そういう人はいます。(相談者)

・・

いや・・(加藤諦三)

そ、それが親友じゃないの?本当の・・カ、カッコつけてんじゃなくて、本当の自分の感じてることをこう・・お互いに、言えたらそれは・・(加藤諦三)

親しい友人じゃないの?(加藤諦三)

・・

まあ・・(相談者)

そういう・・友達は・・(相談者)

確かな人は、一人います。(相談者)

・・・

はい、一人はいるね・・はい。(加藤諦三)

一人はいます。(相談者)

・・・

・・・

嫌われる

ま、それ以外の人・・(相談者)

でぇ・・まあ・・(相談者)

・・

例えば、高校時代・・(相談者)

クラス・・の・・(相談者)

数割の人達を、敵にまわすようなことも・・(相談者)

ありましたね。(相談者)

で、大学の時も・・(相談者)

まあ・・クラスの、同じコースの人達・・の、数割の人は・・(相談者)

ちょっと、敵にまわしたことも・・(相談者)

ありますし・・まぁ、要は・・(相談者)
・・
何割かの人には、どうやら嫌われているような感じです・・僕って。(相談者)

・・

うん・・嫌われている・・敵にまわしたっていうのは、例えば、どういうことですか?(加藤諦三)

・・

僕は・・(相談者)

言動・・の、一切を・・(相談者)

慎重に・・を、やって・・(相談者)

るつもりなんですが・・(相談者)

・・

その、数割の彼等は、僕の何かを、気に入らないようなんですよ。(相談者)

・・・

うん・・(加藤諦三)

・・・

なにが嫌われているんだか、わからないけれども・・(加藤諦三)

なんだか、嫌われていると。(加藤諦三)

そうですね・・あ、今は・・(相談者)

ま、その数割の人は、だいぶ減ってるようには見えます、ま、僕から見た・・らです。(相談者)
うん。(加藤諦三)

見ればですが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

わかりました・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そうすると、要するに・・(加藤諦三)

&%$(相談者)

生きることが不器用だったと・・(加藤諦三)

はい、その・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
&%$、主に、$%&と・・恋愛と・・&%$#でした。(相談者)
恋愛・・恋愛関係も、人間関係も・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

で、どうしてわたしはこんなに・・(加藤諦三)

・・・

・・・

みんなから理解してもらえないんだろう・・っていうことかな?(加藤諦三)

理解っていうか、まあ・・(相談者)

不器・・なんか、物事、上手くこなせていない・・(相談者)
・・
ねえ。(相談者)

こなせて・・(加藤諦三)
あまり、理解もしてもらえていない・・ようですし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・・

ほいで・・(加藤諦三)

どうしたら、上手くいきますか?っていうことね。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・・

・・・

たいへん・・むずかしい・・(加藤諦三)

質問だと、思・・思います。(加藤諦三)
ああ、申し訳ございません。(相談者)

今日はあの・・(加藤諦三)

幸いですね・・ス・・あのスタジオに・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
シンクロの・・銅メダリストで・・(加藤諦三)

メンタルトレーナー・・(加藤諦三)

を、なさっている・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
田中ウルヴェ京先生がいらしているので・・(加藤諦三)

伺ってみてください。(加藤諦三)

はい。(相談者)
・・
よろしくお願い致します。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク