テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年12月21日(木)は、ドリアン助川&高橋龍太郎。通信制高校で学び、1年浪人してAO入試で受験、どうしても通いたかった800キロほど離れた大学へ入学した息子。基本的な学習の習慣や、学力不足でついていけず、大学へも行かなくなり、前期ほとんど単位を取れず、辞めて戻ってくることになった息子。生活の基本を教えて、母息子二人、人生を立て直して幸せに生きていきたいという相談。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:50歳女性 離婚し一人息子20歳と二人 息子は現在、800キロ離れた大学1年生 AO入試で入学

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

はい、もしもし?(相談者)
あ・・よろしくお願いします。(ドリアン助川)

よろしくお願いします。(相談者)
今日はどんなご相談でしょ?(ドリアン助川)

単位不足

一人息子が・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あのぅ・・遠方地で、大学生をしてるんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ、単位が足らずに、戻ってくることになりそうで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

うん。(相談者)

わたしも離婚したりなんだりで、今、親子二人なんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

たぶん息子の・・心が、まだいろいろ混乱しているんだろうと思うんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

息子自身・・自分を立て直してね。(相談者)

なんで、明るく・・幸せに生きていく・・ために、わたしが、なにができるのかな・・と思いまして。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

電話をしたんです。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

あのぅ、単位足らずに戻ってくるということですけども。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
えー、大学って・・あの、単位足らなくても・・(ドリアン助川)

まぁ、何年か行けますよね?(ドリアン助川)

・・

そうなんです。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

ただ、まぁ、いろんな事情がありまして・・(相談者)

ま、奨学金も借りることに・・(相談者)

してあるんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

あの、一学期・・(相談者)

の成績が・・(相談者)

来たんですが、ほとんど単位が取れてない状態で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ・・二学期に・・(相談者)

あのぅ、早々にちょっと、入院をしまして。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

風邪をこじらせましてね。(相談者)

で、もう、このままだと、留年をすることになってしまうと、学校のほうから言われまして。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

きっと、本人も・・(相談者)

コツコツとその、学校に通っ・・(相談者)

えてなかったようなんですね。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

あのぅ、一人で・・(相談者)

考えた結果・・(相談者)
・・
わたしのところに戻ってきて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ、一般入試で、受け直したいと。(相談者)
・・
はい。(ドリアン助川)

・・

言っているんです。(相談者)
・・
一人で、その生活をしていくっていうのも大変だったんでしょうけども。(相談者)

基本的な学習の習慣と、学力がやっぱり・・(相談者)

ちょっと、足りなかっ・・たと思うんです。(相談者)

あのぅ、ただ・・一応、大学生にはなれたんですよね?(ドリアン助川)
なれました。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
AO分の入試で入ったんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・入る前から、その先生方も、わたしも・・(相談者)

達もみんなで、その基本的な学力は大丈夫か・・っていうことは心配してたんですね。(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)

・・

志望校

じゃあちょっと、話し整理しますけども・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

これは例えば、大学に7年通って・・(ドリアン助川)

で、もう、全然単位が取れなくて、や・・辞めたということではなくて・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
まず、一年、入られたわけですね?(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
一年目なわけですね?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
で、浪人はされた・・されてないんですね?(ドリアン助川)
ぅ、ぁ、してます、だから・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

今、まだ一年生ですけど、二十歳です。(相談者)

あ・・一年浪人をされて・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
で、一年、行かれて・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)

でぇ・・親元離れて・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・遠方の大学に行かれたとということですね?(ドリアン助川)

そうです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ・・その一年目・・一学期・・前期と言うのかな?・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
あの、たん、単位が全然取れず・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
でぇ・・えー、後期も・・本人が入院をしたりで・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
えー、全然、ダメだったと。(ドリアン助川)

はい。(相談者)

でぇ・・(ドリアン助川)

もう一回、やり直すということで、戻って来るという・・(ドリアン助川)

ぁ、はい。(相談者)
ことですか?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

ということは、もともとここは、志望校ではなかったんですかね?(ドリアン助川)

ぁ、志望校だったんです・・(相談者)
志望校だった?(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

オープン・・キャンパスから・・(相談者)

あの・・行きまして・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)

・・

どうしても・・行きたいと、ま、800キロ近く離れてるんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

どうしてもその学校に行きたい・・って・・(相談者)

行ったんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

たぶんその、専門外のそのぅ・・そういうふうにあの、勉強・・のやり方も、わからないし・・ついてもいけなかったんだと思うんですね。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

一度、4月・・の時点では・・(相談者)

出席はきちんとしていたようなんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

5月くらいになってから、担任の先生から・・(相談者)

連絡があったりして・・(相談者)

あの、授業に出て来ていないから、心配だということで。(相談者)

ああぁ・・(ドリアン助川)

もう、ほんとに、ギリギリ・・(相談者)

だったみたいで。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

心配かけて・・だからわたし・・(相談者)

その、生活していくということの基本を、やっぱり、教えて・・いなかったのかしらと・・思いまして。(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)

・・

・・

人生を立て直す

まぁ、わたし・・も、浪人も経験してますし、留年も経験してますので・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

えー、なんだか、ちょっとこう・・半分、自分のことも、思い出しながら、今、話してるんですが・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)

ま、とは言えですねぇ・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
例えば、友達が何人かできるとね。(ドリアン助川)

・・

あのぅ・・(ドリアン助川)
は、はい。(相談者)

いや、それでもここにいようかなと思う・・んだと思うんですけども・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

その、友人関係っていうのは、どうなっているんでしょうかね?(ドリアン助川)

・・

あの、入った当時は・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
友達と一緒に撮った写真とか・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

あと・・バイト先での写真とか・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

送ってきたんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

ちょっと、今はもうほとんど・・(相談者)

付き合いが無いみたいですね。(相談者)
ふぅーん、なんか、そっちの方が、こう、話しを聞いていてますとね。(ドリアン助川)

はい。(相談者)

えー、大きい要素になってるのかなというような、予感もしたんですよ。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・勉強のことだけではなくて・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

一人暮らしをされたのは、ま、もちろん初めてだと思うんですけども・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

つまり、生活全般がうまくいっていないということなんですかね?(ドリアン助川)

・・

ぅ・・そうだと思います。(相談者)
ウーーン・・(ドリアン助川)
たぶんその、きちんと生活していくっていうことを・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ことが、あの・・(相談者)

わか・・体で分かっていなかったんじゃないかと、わたしも教えてこなかったんじゃないかと・・(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)

思っているんです。(相談者)
うん。(ドリアン助川)
ただ・・(相談者)

あのぅ・・一念発起してね、その、いろいろ家も、ゴタゴタしてたんですが・・(相談者)

新天地で、あの・・(相談者)

自分の力で、やっていくかもしれないという・・(相談者)

望み・・望みというか、そういう・・(相談者)

希望・・(相談者)

そういう・・(相談者)

ことを思って、わたしも、送り出したんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのまぁ・・こんなふうになる・・かもしれないということも、一応・・予測はしていたんですね。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

あのぅ・・(ドリアン助川)
ただ・・(相談者)

はい。(相談者)

お母さんも含めて、親子二人で・・人生立て直さなきゃいけない時期にきているという話ですね?(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

そうですか、で、その・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
共通の見解はあるんでしょうか?おか・・お母さんと息子さんに?(ドリアン助川)

つまり・・もう一回二人で・・(ドリアン助川)

うん、一丁やったるか・・っていうようなろことは、あるんでしょうか?(ドリアン助川)

・・

わたし・・(相談者)

は、まぁ、あるという・・あると言っても・・(相談者)

あの、やったるぞ!と思・・(相談者)

ってみたり・・もしかしてもう、取り返しがつかないんじゃないかと思ってみたり・・わたしはしてます。(相談者)

で、息子のほうは・・(相談者)

・・

わたしと一緒に、その人生やり直す・・(相談者)

というか、自分の人生をやり直すという・・(相談者)

エネルギーと気力はあると思うんです。(相談者)

まあ、二十歳ですしねぇ。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
お母さん、おいくつでしたっけ?(ドリアン助川)

わたしは50になります。(相談者)

50歳?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
若いじゃないですか・・無茶苦茶。(ドリアン助川)

うふっ・・そうでしょうか(嬉しそう)?(相談者)
ねえ・・(ドリアン助川)
ふふふ・・はい。(相談者)
まだ、人生半分残ってますよ。(ドリアン助川)

50代、楽しいですよ。(ドリアン助川)

あはっ、ありがとうございます。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

はい。(相談者)

ま、なんかそのぅ・・(相談者)

わたしが・・息子に・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

なにをポイントに・・(相談者)

・・

接したらいいのかというか・・(相談者)

一番・・大事に・・しなきゃいけないのは何なのかっていうか・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
では、これから・・どうしていったらいいのか・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・今日の先生に、ご相談してみたいと思います。(ドリアン助川)

はい、お願いします。(相談者)
精神科医の高橋龍太郎先生です。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. ホント、高橋先生の言う通りコレを最後にして叩き出さないと、困った事になると思いますよ。次の入試までですね甘やかすのは・・・