テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年6月12日(月)は、加藤諦三&中川潤。詐欺や恐喝で刑務所に入っている父、10年ほど疎遠になっている。魅力のある人だが、親戚の家に行って暴れたり、いい生活をさせてもらったり、愛されて育まれてきたが、それらは不当なお金だった。一緒に生活できない人だが、出所したら父がどうなるのか心配、手を差し伸べたら、一番大事な夫や娘の家族がグチャグチャになってしまうことはわかる。どうすればいいのか、心の整理がつかない。

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:26歳女性 夫32歳 1歳の娘 3人暮らし 収監中の父68歳 姉28歳

加藤諦三氏の〆の言葉『自分の器以上の重荷を、引き受けてはいけません』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

26歳の女性から、夫は32歳、1歳の娘との3人暮らし。

はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

詐欺と恐喝で収監中の父

は、えっと・・疎遠になっている父との、関係を、これからどうしていけばいいのか、ちょっとわからないので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
相談したくて、電話しました。(相談者)

疎遠になってる父って、お父さん今、何歳ですか?(加藤諦三)
・・
68さ・・8です。(相談者)
68歳・・あの、疎遠になってるっていうのは、どの程度・・疎遠なんですか?(加藤諦三)
結婚してから・・ほとんど・・(加藤諦三)
は・・(相談者)
はい?(加藤諦三)

・・

10年・・間の中で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

会ったのは、2回ほどで。(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

でぇ、あのぅ・・連絡は、たまに来てたんですけども・・(相談者)
・・
数年・・(相談者)
・・
とることもなく・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、今、ちょっとあの、父が、刑務所の方に、入っているので・・(相談者)

・・

あの・・会う事も・・(相談者)

行く事もなく。(相談者)
・・
あのぅ・・結婚したことも、娘がわたし・・産んだことも、知・・(相談者)

っていません。(相談者)

そうすると・・(加藤諦三)

結婚式には・・お父さんは、もう、出てないわけね?(加藤諦三)
はい、もう、結婚式も、挙げてなかったです。(相談者)

あっ・・(加藤諦三)

挙げてなかった・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
えっと、そうすると・・(加藤諦三)

ぅ・・まず・・疎遠になったっていう・・(加藤諦三)

そもそも、最初から言うと、どういう・・あなたは、末っ子とか?(加藤諦三)

長女とか・・どういう関係で?(加藤諦三)

わたしは、あの、一番末っ子です。(相談者)
・・
末っ子ですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)
お姉さん、お父さ・・あの、お兄さん?・・上は?(加藤諦三)

あの・・姉が、一人・・・います。(相談者)
お姉さんが・・一人・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)
・・
で、お姉さん、何歳?(加藤諦三)

・・
は、28です。(相談者)
28歳・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・

それで、そのぅ・・お父さん・・と、最後に会ったのは、いつですか?(加藤諦三)

は、えーっと・・3年・・とかですかね?(相談者)

3・・3年・・で、もう数年前?(加藤諦三)
3年・・4年ぐらい前ですね・・一度。(相談者)
3~4年前ですね?・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

そいで・・な、なんで、その・・お父さんは・・(加藤諦三)

・・
ただ、その、疎遠・・に、なったんですか?(加藤諦三)

10年前に、一回、あの、逮捕されまして・・(相談者)
・・
そんでぇ、あのぅ・・(相談者)

・・

その・・後にも、また・・(相談者)

あのぅ・・一回また、逮捕されて、その時に、逮捕された時に、違う罪で、もう一個・・(相談者)

・・
あのぅ・・(相談者)

プラス・・(相談者)

逮捕されたって・・再逮捕って言うんですかね?(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・
されまして・・でぇ、今・・(相談者)

刑務所の中に、入っていて・・(相談者)
はいはい、はい。(加藤諦三)

・・

でぇ・・(相談者)

・・
ぁ・・なんて言うんですかね、その、逮捕する・・される前に、あのぅ・・(相談者)
・・
今回の、入る前に・・ちょっとあの、親戚の方にも・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

・・
いろいろ、迷惑をかけたり・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
家に行って、暴れたり・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
したり・・してた、事とかも、ありまして、そんでぇ、その・・(相談者)

10年前に、逮捕されて、しばらく経った時に、あのぅ、母がもう・・(相談者)

その・・(相談者)

関わるのは・・やめて・・(相談者)

・・

自分の身を守って、生活しなきゃいけないっていう、話しになりまして。(相談者)

・・
あぁ、じゃ・・(加藤諦三)
・・
自分の身を守って、生活しなさいっていうことは、あなたに言ったの?(加藤諦三)

そうです、母・・も、そうですし、あのぅ・・そ・・(相談者)
あ、お母さん自身も、そうっていうことですね、はい。(加藤諦三)
で、わたしにも、そうですし、姉もそうですし・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ちょっとあの・・(相談者)

・・
魅力的なんですけど、変わった人で・・(相談者)
・・
あのぅ、近くに・・(相談者)

・・
居ても、一緒には、生活・・が、できないと、人を、傷つけてしまったりするので・・(相談者)

・・
うん・・(加藤諦三)
・・
でぇ、それ・・で、あのぅ・・(相談者)
・・
捕まったりしてるのも、その・・(相談者)

あの、人の・・(相談者)

・・

お金を・・(相談者)

・・

詐欺で、取ったりもして、捕まったりもしてるので・・(相談者)
・・
うん・・(加藤諦三)

そうすると、詐欺で・・捕ま・・10年前に、逮捕されたって、これは、なん、なんですか?(加藤諦三)

は、えーっと・・恐喝でした。(相談者)

恐喝ですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

うぇーん(赤ちゃん、泣く)・・
あ、すいません・・(相談者)

ゴソゴソ

父が出所したら、どうすればいい?

それで、その・・(加藤諦三)
バイバイ(赤ちゃんの声)・・
さ、先ほど言う・・の、話しだと・・まぁ、今・・(加藤諦三)

このぅ・・お父さんは、刑務所に居るんだけれども。(加藤諦三)

そのぅ・・(加藤諦三)

・・
疎遠のなんか・・父親との関係を、どうしたらいいか?っていうようなことを・・(加藤諦三)

・・

おっしゃった・・(加藤諦三)
あぁ、まだ・・(相談者)

そうですあの、答えになってなくて、でぇ、そのぅ・・(相談者)

10年前に、捕まった時とか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まだ、わたしは・・(相談者)
・・
あのぅ、学生だったので・・(相談者)

でぇ、それまで、すごく・・(加藤諦三)
そうですよね、16歳、まだ、高校生?(加藤諦三)

そうですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
すごく、あのぅ・・いい性活も、与えてもらって、すごく、愛されてたと・・(相談者)

・・

あのぅ、生活、してたんですけども、その逮捕によって、生活が、全部、変わりまして。(相談者)

・・

うん。(加藤諦三)
それで、あの、父は、魅力・・(相談者)
逮捕によって、ぜ、全部変わったっていうのは・・具体的には?(加藤諦三)

は、え・・(相談者)
そこで、せい・・はい?(加藤諦三)

・・
生活・・ですね、生活水準と言いますか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そのぅ・・(相談者)

・・

なぜ父は、その生活を与えれ・・・てたと言うと、不当なお金をもらって・・(相談者)

・・
生活を・・(相談者)

与えて・・くれてたんですね。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

・・
でぇ・・(相談者)

やっぱその、大人になるにつれ・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)
なんか、その、間違った事は、間違った事で・・(相談者)
はははは(赤ちゃんの声)・・
っていうのが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
わかるように・・なりまして。(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

それで、あなたの今日の相談というのは、まあ、だいたいお父さん・・わかりましたけども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

こういうことの中で、ま、疎遠になるのは、当たり前の話しですけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・
最初の・・相談だと、疎遠になった、父親との関係を、どうするか?っていう・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

ことを、おっしゃったような気がしますけど・・(加藤諦三)
・・
はい、そうなんです。(相談者)
そういうことですか?(加藤諦三)

わたし・・の・・今、一番大切なものは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの、主人と娘の家族で・・(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
・・
でぇ、二番目に、姉・・だったり、するんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

ま、父はその、三番とか、なんか、何番とか・・一番、大事なものでは、ないんですが、やっぱりあのぅ・・(相談者)

・・

節々と言いますか、日常で、考えるんですね、どうしてるんだろうか?とか。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
あの・・(相談者)

・・
今後、どうなるのかな?と。(相談者)

うん。(加藤諦三)
出てきたときに、どうするべきかな?と。(相談者)

・・
思ったり、あとあのぅ・・(相談者)
出てきたっていうのは、刑務所を、出てきたということ&%$。(加藤諦三)
そうです、それで・・(相談者)

住所とか、一切、なにも教えてないんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ、父との、戸籍・・も、外してたので、もう、あの、前々から・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
結婚する前から、外してたので・・(相談者)

・・
なにも・・あのぅ・・知る術は、ないんですけど、父ってあの・・(相談者)

母が、家出とかした時とかに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
さが・・探し当てたりするのが、すごく巧かったんですよ。(加藤諦三)

うん・・(加藤諦三)
・・
でぇ・・なので・・もし、見つかってしまった場合・・に・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
会うのが、すごく怖くて・・(相談者)

生活を・・(相談者)

・・
なくされ・・もし、潰されたら、どうしようか?とか・・(相談者)
うんうん。(加藤諦三)
思いまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
で、主人は・・(相談者)

あのぅ、わたしの事を、全部、話して結婚しているので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

知ってるんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
主人の、あの、両親だとかは、知らないので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ほんとに、お世話になっているので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ、もし、何か知って・・(相談者)
・・
うん・・(加藤諦三)

あの、そちらの方へ・・行って、暴れたりしたら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
どうしよう?とか、不安も・・ありまして、もう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
その不安と・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの・・娘なのに・・(相談者)

・・
なに・・も、できない・・(相談者)
・・
し、わたしは今・・(相談者)

もし、手を出してしまったら、もう・・父に、手を差し伸べたら、もう・・どうにも・・ならなくなるっていうのも・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
思いもあって、もう、気持ちが・・あの、ぐちゃぐちゃになって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
自分でもちょっと、整理がついていない状態で・・(相談者)

うん・・(相談者)
すいません、なんかあの・・(相談者)
・・
ああ・・ん・・(加藤諦三)
グチャグチャで・・(相談者)
はい・・はい。(加藤諦三)

と、グチャグチャというよりも・・(加藤諦三)

整理する必要ないですよね、要するに、今の気持ちとしては、こういう気持ちで・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
自分は、どう対応・・この状況に、どう、対処して・・したらいいんだろうか?っていうことですもんねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

そうです・・(相談者)
はい、わかりました、あのぅ・・(加藤諦三)
今日はスタジオに、弁護士の、中川潤先生が、いらしてるので・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい、お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. ja6whm(ジェイエイ シックス ダブリュウ エイチ エム)

    更生ねぇ  無理でしょう 手を差し伸べたい気持ちもわかりますが 絶対接触するべきではありません 幸いご主人も理解なさっておられるのですから 今の家庭を大切になさったほうが 良いですね。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.