跡を継ぎたい

テレフォン人生相談
%e8%b7%a1%e3%82%92%e7%b6%99%e3%81%90

テレフォン人生相談2016年11月9日は、ドリアン助川&坂井眞。小さい頃から、父の仕事の跡を継ぎたいと思っていた相談者。今は製造業で正社員として働いており、仕事が終わってから、父の会社でアルバイトをしている。子供も生後半年でお金が必要、今の職場では赤字続き、アルバイトをしてやりくりしているが、父の会社へ入りたくても、今は余裕がない。他の人に相談しても他人事で、転職すればという。どうすればいいのか、第三者のアドバイスが欲しい。

テレフォン人生相談2016年11月9日(水)
パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:23歳男性 妻(年齢不詳) 生後半年の男の子

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

23歳男性から、将来のことについての相談。

父の仕事を継ぎたいが、生活苦で転職か迷う

今、ちょっと、製造業に入ってまして・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
小さい頃から、父親の跡を継ぐのが夢でして・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

父もちょっと、もう、あとちょっとしたら、定年・・っていうか、3・・60になるんですけど・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

そこに入りたいんですけど、今、あの、子供と嫁さんがいて・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

今の状況だと、生活が苦しいと・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

今、あの、父の所に・・アルバイトとして、仕事、終わった後に・・行ってるんですね。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

それでもちょっと、生活が苦しいん・・ちょっと、赤字だねぇっていう話しを・・ちょこちょこ、言われるんで・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

で、転職を、考えてるんですけども・・転職をすると、今度は父のとこに、入れなく・・なるっていう・・リスクがありまして・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

あの、いろんな会社の人とか、いろんな人に、相談してるんですけど・・で、周りは自分のことじゃないんで、転職した方が、いいんじゃないか・・っていうんですね。(相談者)
うん、はい。(ドリアン助川)

で、あのぅ、嫁の方は、あの・・自分の気持ちは、わかってくれて・・父んとこに・・継ぐのも、いい、いつも言ってくれるんですけど・・今の現状が、ちょっと、厳しいんですよ。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

これはやっぱり、転職した方がいいのか・・待って、父のとこにはい・・入るまで、待つのがいいのか・・っていう・・どっちつかずな・・気持ちなんで・・ちょっと第三者から・・いろいろ、アドバイスが欲しいなっていうのがありまして・・(相談者)

はい、今、判断に苦しんでるということですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

父の会社にアルバイトで行っている

じゃあ、もう少し、具体的に教えてください。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
えー、まずあなたさま、おいくつでしょう?(ドリアン助川)

えー、23です。(相談者)
23歳?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

でぇ、今、製造業・・と、おっしゃっいましたけども・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
え、お父さん・・は、なにかこの、個人経営で、その製造業をやってらっしゃるんですか?(ドリアン助川)

そうですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
自営でやってます。(相談者)

兄弟で・・(相談者)
兄弟で・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

お父さんが、社長さんっていうことじゃ、ないんですか?(ドリアン助川)
違います。(相談者)
違います・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
でも、兄弟で、そのぅ・・工場(こうば)のようなもの、やってらっしゃる?(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

で、それ、お父さんも、ずっとやってらっしゃる?(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
はい、で、あなたは・・えー、そこへ、アルバイトで入ってるって、おっしゃいましたよね?(ドリアン助川)

アルバイトで、入っているが・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
あの、仕事を覚えるために・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

仕事をしに行って、アルバイト料は、もらってます。(相談者)
で、えー、昼間は、違う仕事を、してらっしゃる?(ドリアン助川)

はい、自分の、正社員で働いてるとこで・・(相談者)
正社員で、製造業をやってらっしゃる?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

えー、昼間は正社員で、製造業をやってて・・お父さんは、えー、ご兄弟で、その、仕事をしてらっしゃる?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

で、そこに、お父さんの跡を継ぎたくて、アルバイトで夜も入っていると・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

今の職場にいては生活が苦しい

ところが・・現状でも・・家族を養っていく、支えていくのが苦しい・・(ドリアン助川)
そうですね、ちょっと・・あの、正社員で働いてる方で・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

残業が・・つけてくれないんですけど・・(相談者)
えええ・・(ドリアン助川)
ちょっと、そういうふうに、時間が遅れたりすると・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

あ、もう今日は、終わるからいいよ・・っていうので・・(相談者)
ふーん・・(ドリアン助川)

なかなか、行けれなかったりとか・・子供・・が・・今、半年になるんですけども・・(相談者)
男の子、女の子?(ドリアン助川)
男の子です。(相談者)

男の子、あの、お子さん、一人ですね?(ドリアン助川)
はい、一人です。(相談者)
男の子、生まれて半年の子が、いらっしゃる・・はい。(ドリアン助川)

はい、半年なんで、あの、病院に連れて行かなきゃいけなかったりとか・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

奥さんの方、病気になったら、ちょっとそっちを・・面倒をみなきゃいけなかったりとかで・・(相談者)
ええ、ええ・・(ドリアン助川)

なかなか・・父の方に、行けない時も、あって・・(相談者)
ええ、ええ・・(ドリアン助川)

そうなると、やっぱり・・赤字が、増えていってしまって・・(相談者)
あのぅ・・奥様は今は、働かれてないわけですよね?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

で、お子さんも、いらっしゃれば、そこそこのお金は、必要だとは思うんですけども・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

これ、仮に、お父さんのとこの、アルバイトではなくて・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
その、製造業の仕事を目一杯やったとしても、苦しいんじゃないですか?(ドリアン助川)

あの・・今、いるところですか?(相談者)
ええ、ええ・・(ドリアン助川)

今、居る所・・では、やっていけないんです。(相談者)
やって、いけないんですよね?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
正社員なのに?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

転職すれば跡を継ぐのを諦めることになる

でぇ、ということは、いずれにしろ、ここは出なきゃいけないわけですよね?・・今後、たぶん・・(ドリアン助川)
あ、ここはもう、あの、ずっといることはないです。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

んで・・転職というのは・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
えー、今やってる仕事は、いずれは、辞めなきゃいけないだろうという・・とこにいらっしゃるわけでしょ?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

で、転職というのは、いずれにしろ、じゃあ、しなきゃいけないわけですね?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

その上、お父さんのとこで働くのも、もう、辞めようかということですか?(ドリアン助川)
いや、あの・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

お父さん、父のところで、働きたいんですけど・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

今、転職すると・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
あとあの・・3年は、やっぱ、働かなきゃねっていう・・話しが・・前々からあって・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

今、働いてるのは、3年経つんですけど・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
今、転職したら、また3年・・またなきゃいけないんですけども・・そうなると父も・・その、兄弟の社長の方も・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

60超えちゃって・・(相談者)
この、お父さん・・のところ・・に、正社員として、朝から晩まで、入るっていうのは、無理なんですか?(ドリアン助川)
今は、ちょっと、無理みたいです。(相談者)

無理?(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
そこの、お父さんのとこの会社も、今・・やっとっていうとこなんですかね?(ドリアン助川)

一応、僕が行って、アルバイトする仕事はあるんですけど、正社員までの、量はないみたいな・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

なるほど・・(ドリアン助川)
感じです・・(相談者)
しかし、お父さんも、いずれ定年で、そこ、出て行くわけですから・・(ドリアン助川)
そうですね・・(相談者)

その後、自分としては、入りたいっていうことに、なるんですね?(ドリアン助川)
うん、できれば、父と一緒に、入ってから・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

父は・・引退してもらいたいなっては思ってます。(相談者)
ふーん・・(ドリアン助川)

まあ、でも・・なんか、そのぅ、思うようにいかないことが多いのが、人生ですからね。(ドリアン助川)
そうですね。(相談者)

全て、あなたの理想のようには、ならないと思うんですけども・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

今のままでは未来がない

もう一回整理しますよ、えー。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
今、あなたは、お子さんと、お嫁さん・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
が、いて、生活苦しいと・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

でぇ、今の製造業の仕事を続けていても、未来がない。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
でぇ、本当は、お父さんのとこで、一緒に仕事がしたい。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

でぇ、でも、お父さんのところも、いや、今、正社員とる、余裕はないよと。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
というとこで、今、ちょっと、どうしたらいいのか、わかんなくなっちゃってるということですね?(ドリアン助川)

そうです、他の人に聞いても、やっぱり、自分のことじゃないから・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
次の会社に、行けばいいじゃん・・みたいな・・(相談者)
うん・・うん・・(ドリアン助川)

その・・僕の思っている、この、その、やりたい仕事ができなくなるっていう、うちの長男&%$にも言われるので・・うーん、どうしたらいいのかなぁっていう・・相談です。(相談者)

はい、じゃあ、なにか妙案が生まれるかもしれませんので・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
えー、今日の先生に、相談してみましょう。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

弁護士の、坂井眞先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)
よろしくお願いします。(相談者)

【おすすめ記事】



坂井眞アドバイス

よろしくお願いします。(坂井眞)

やりたいことと生活苦

今、あなたがその、非常に、悩んでいることの中身を分析するとね・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

まったく、あの、種類の違う2つのことが、交じり合って、出てきていると思うんですね。(坂井眞)
はい・・(相談者)

で、1つは・・やりたいこと・・(相談者)(坂井眞)
はい・・(相談者)
自分の人生、さっきあの・・お話になっておられたけれども、自分は、どういう風に人生を進めていきたいのか、やりたいことは何なのかっていう話が1つあって・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

それはあの、あなたの場合、幸いなことにはっきりしているんですよ。(坂井眞)
はい・・(相談者)

あのぅ、23歳っていうと、まだ、よく分からないっていう人も、最近は結構、いるような気がするんですけど・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

23歳にして・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
お父さんのやっている、仕事を・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

まあ、継ぎたいというのかな、一緒にやっていきたいっていう、こう、はっきりした、お気持ちがあるじゃないですか。(坂井眞)
はい・・(相談者)

で、それは、あの・・今ご相談されている部分の、1番重要なテーマ、テーマのうちの1つなんですね。(坂井眞)
はい・・(相談者)

でもう一つは、生活費の問題。(坂井眞)
はい・・(相談者)

生活苦しいですっていうの、最初のご相談で、あの、はな、ご相談された、最初のところで、言っておられたでしょ?(坂井眞)
はい・・(相談者)

えー、製造業に従事してるいて・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
終わってから、アルバイトに、お父さんのところに行ってますと・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

で、そのアルバイト代を入れてもまだ苦しいんですと。(坂井眞)
はい・・(相談者)

でぇ、まあ、今のところは、残業しても、つけてくれないみたいなこと、言ってましたっけね・・(坂井眞)
あ、はい・・(相談者)

そういうところだと。(坂井眞)
はい・・(相談者)
で、ここに、えー、長くはいられませんっていうことも、はっきりしていて・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

でぇ・・最初のやりたいことはこうだという話と・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
全く別にね・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

生活苦しいから、子供も生まれたし・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
なんとかそのぅ・・苦しくないレベルのね・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

収入を、得なくちゃいけないと、こういうお話が・・(坂井眞)
あ、はい・・(相談者)
2つ目のテーマですよね。(坂井眞)
そうです。(相談者)

やりたいことは、はっきりしている

で、よく考えると、それって全然違う・・話しじゃないですか・・(坂井眞)
そうですねぇ・・(相談者)

ねぇ、なんとなく、それ、一緒になっちゃって悩んでいるんだけど・・(坂井眞)
あ、はい・・(相談者)
最初のテーマは、あなたの場合はハッキリしてるのよ。(坂井眞)
・・はい・・(相談者)

23ぐらいの人だと、ま、大学出たてぐらいの歳ですよね、大学、もし、卒業されてたら・・(坂井眞)
ああ、そうですね、はい。(相談者)

ええ、いや、会社入ってみたけど、どうしようって思ってる人も、いっぱいいると思うんだけど、あなたは、違うんですよ。(坂井眞)
はい・・(相談者)

はっきり・・はっきり、お答えになってるから、それはきっともう・・ずーっと、考えて・・はっきり、考えが固まってると思うんですね。(坂井眞)

まあ、幼稚園の頃から、やりたかったんで・・(相談者)

で、今、今も、変わってないんでしょ?(坂井眞)
ずっと、変わってないです。(相談者)

だったらまあ、それは・・やるべきだろうと、私は思いますよ。(坂井眞)
はい・・(相談者)
まずね・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

優先順位は

だとしたら、それが実現できるには、どうしたら良いかっていうふうに、考えなきゃいけなくて・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

で、プラス、生活費を稼ぐためには、どうしたらいいか?(坂井眞)
で、それプラス、できるだけ今の、昼間の仕事も、そのお父さんの仕事と、共通する仕事にしたいって、気持ちはわかるけども・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

そういう転職先がないんだったら・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
転職の話しってのは、生活費の為のように思うので・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

もっと、転職先を広げて・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
探す先をね・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

あのぅ、みたらどうだろうか?と・・お父さんの、生活費は、最低限ちゃんと、赤字にならないだけ貰えて・・夜、お父さんの工場の、手伝いができるような・・転職先っていうところで・・業種を、広げるってことは、できないのかなぁっと、思うんだけど、どうだろうか?それちょっと、中身がわかんないから・・ズレてるかもしれないけど・・(坂井眞)

聞いてると、優先順位決めないと、しょがないのかなぁと、思うんですけどね。(坂井眞)
うーーん・・(相談者)

他の職種は・・続けれるのかな?っていう、自信もあるんです、自分の中で・・(相談者)

だって・・そこでね・・(坂井眞)
はぁい・・(相談者)

それは、今このね、1年2年のことで・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
小さい頃から、思っていた、自分の夢を実現するために、我慢するんだと、思えないですかね?(坂井眞)

ちょっと、中身がわからないから・・あはっ・・あの、ズレてるかもしれない、どうでしょうかね?(坂井眞)

うーん・・あの、そんな、1年2年、その、我慢するんだったらっていうんでしたら、僕はその、今の会社に・・例えばもう、定時でバシっと帰って・・(相談者)
はい・・(坂井眞)

父親んとこに・・行って・・(相談者)
はい・・(坂井眞)
でも我慢して、そのぅ、あと3年なんで・・5年になった時に・・(相談者)
はい・・(坂井眞)

もう、父親のとこに、ボンっ・・と、入るのもアリかなっと、思ってるんですよ、その・・(相談者)
それもあるんじゃないですか?(坂井眞)

それもすごく、合理的な、2年、経済的に、保つんだったら、合理的な選択肢だと思いますけどね。(坂井眞)

夢を諦めていいのか

はぁ、なんでもう、それ・・か、もう・・転職か・・っていうとこまで・・(相談者)

あのね・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
そこも最初の、それで、お電話いただいてるんだと、思うんだけれども・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

もうひとつの方の道っていうのは・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

実際、お父さんの会社、継げなくなっちゃうんですけどっていう、ご説明なんですよ。(坂井眞)
はい・・(相談者)

それでいいんですか?っていうのが、私の・・今、話してることなの。(坂井眞)

わ、わかりますよね?(坂井眞)
はい?(相談者)

転職しちゃうと、お父さんの仕事、継げなくなっちゃうと・・(坂井眞)
はい、はい、そうです。(相談者)
あのぅ・・ホントに60で引退しちゃうのか?と思うんだけど・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

まだ、早いだろうって気がするんだけど、まあ、それはねぇ・・別としてね・・でも、そういう話しだから・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

仕事の内容も、わからないんでね。(坂井眞)
はい・・(相談者)
だとしたら・・生活費が、苦しいから転職する、それも合理的だけど、でもあなたは、一番優先したいのは、話し聞いてると・・父の仕事、父と仕事、一緒にしたいと、継ぎたいと仰っているので・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

ホントにそれでいいんですか?そこはもし、そうするんだったら、重大な決断で、小さい頃から持っていた夢は、ちょっと、諦めるっていう選択肢なんだけど、本当に、それでいいんですか?っていう、そういう問いかけなんですけど。(坂井眞)

いや、それは、あの・・諦めないです。(相談者)

うん・・(坂井眞)

どうですかね?(坂井眞)

ドリアン助川まとめ

そうですね、あ、もしもし・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

覚悟を決めて、一歩踏み出す

じゃ、お父さんの仕事は諦めない、これ、やるって決めてらっしゃるんであれば・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

自ずから答えは、今、聞いてて、見えてきたような気がしたんですよ。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

ええ、要はね・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
あとは、決断の時の、覚悟の問題ですね。(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
覚悟。(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
うん・・どっちがいいんだろう?ってとこで・・え・・あ・・あっち行ったり、こっち行ったりして・・いろいろ比較して、わかんなくなっちゃってるような、気がするんですが・・(ドリアン助川)
あ、はい・・(相談者)

今、坂井先生と・・お話されてるの、伺ってて・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

お父さんの仕事・・ま、それだけあの、強い意識もってらっしゃるなら・・最終的には、どんな道を辿ろうが・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

そこに到達するような、気はするんですけども・・(ドリアン助川)
はい・・(相談者)
なんとか・・今の仕事の中で、やりくりして・・(ドリアン助川)
ええ、はい・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

という・・もう、決めたらそうするっていう・・なにかその、覚悟をして、一歩踏み出すっていう・・ところに・・行けば、気持ちの上では、少し楽になるんじゃないのかなって気がしました。(ドリアン助川)

そうですね、じゃあ・・残ります。(相談者)

よろしいでしょうか?(ドリアン助川)

今の会社に残って・・(相談者)
はい、頑張ってください。(ドリアン助川)
&%$に、入ります。(相談者)

何よりもあなたは、カラダが、大丈夫なんでしょ?・・健康なんでしょ?(ドリアン助川)

大丈夫です。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
12時まで働いても、元気なんで、大丈夫です。(相談者)

うん・・頑張ってください。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
はい・・失礼します。(ドリアン助川)
ありがとうございました。(相談者)

管理人のちょっとひと言

これはもう、本人の中では答えは決まってる話しです。
冒頭から、はっきりしてますよね、
『いろんな人に、相談してるんですけど・・で、周りは自分のことじゃないんで、転職した方が、いいんじゃないか・・っていうんですね』

いろんな人に相談して、返ってきたのが『転職した方がいい』という答え。
嫁だけは、自分の気持ちを、わかってくれて云々。
つまり、跡を継いだ方がいいって言ってくれなければ、他人事。

背中を押して欲しいだけじゃない。
だから、それに沿って、坂井先生や、ドリアンさんは、背中を押したと。
何度も、坂井先生が、『ちょっと、中身がわからないから、ズレてるかもしれない』って言いながら。

ちゃんと保険を掛けてますよね。
跡を継いで、大丈夫なのか?ってところでね。
よく考えてみなくても、わかると思うけど、相談したいろんな人達。

口を揃えて転職っていうのなら、跡を継ぎたがってる会社って・・・見通し暗いんじゃない?
それは、辞めておいた方が、いいよってことだろと思うんだけどね。
例えそうだとしても、その事で、坂井先生を責めることはできない。

だって、中身がわからないんだから。

そう、転職した方がいいって、言ってる人達は、身近な人。
当然、中身を知ってると、踏んでいいよね。

嫁はまあ、旦那の意向に沿っただけ・・・だって、明らかに跡を継ぐって方向で意思は固いのだから。
まずは、やってみたらってことかな。
23歳、十分に取返しのつく年齢だし。

で、待機時間が2年?
今の会社で、待ち続けると。
良かった、良かった。

2年間、まだまだ、じっくり考えることができるじゃん。

その頃には、だいぶ、世間が見えてくるだろうしね。
会社の状況も、わかってくると思う。
夢を追い続けられるのは、素晴らしい事だと思うけど。

夢は夢、現実との乖離は、かなりなもんだと思うけどね。

スポンサーリンク

コメント

  1. そもそもWワークでも赤字ってなあ…..いったい幾ら貰ってるやら。
    夢目指してる俺カッケー、とか思ってそうな(笑)
    家業継ぐ(と言うか、兄に使われるだけでしょう)とか大きい事言ってますが
    継いだ後、増収の保証が有るのか….現状でも怪しいのに(苦笑)
    嫁と子供のため、もっと地に足の付いた将来を考えるべきだと思いますがねぇ。
    家業を目指すなら他同業で修行する覚悟は無いのか?
    それしても食えないなら、先の見込み無い業種だと思うけどね。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.