テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年3月17日(金)は、加藤諦三&大原敬子。社会人になった3人の息子、優しい子で反抗期がなかった。自営業なので、29歳の長男に跡を継いでもらう話しをした時、「今は違う」と言われる。夫の社会人として務まらないに、背を向けた長男は、「居場所がない」と言って疎遠になってしまう。夫婦で話し合うも、育ちの事で夫から「パワハラ」と言われ、家族仲良くしたいが、こじれた関係の対処の仕方がわからない。

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:55歳女性 夫60歳(自営業) 子供は息子3人 29歳(会社員・独立) 28歳(会社員・独立) 23歳(会社員・同居) 三男と同居の3人暮らし

加藤諦三氏の〆の言葉なし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

55歳の女性から、夫は60歳、子供は男の子3人で、29歳、28歳、23歳で、みんな社会人で、一緒に暮らしているのは三男だけ。

それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えー、うちの家・・が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
え、家族・・みんなで・・仲良くできるようになるには、どうしたらいいか?・・っていう相談なんですけれど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・長男が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ええ、ちょっと、家を・・ま、あのぅ・・独立してまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えー、社会人で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
一人で住んでるんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

家の自営を、手伝わないかっていう話しを、もちかけましたところ・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
ちょっと・・(相談者)

今、自営をやってるわけですね?(加藤諦三)
ああ、うち・・は、ですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

自営は・・え、わたしと・・主人と・・(相談者)
あ、ご主人と2人で、やってるの?(加藤諦三)
はい、会社・・してまして・・(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)

で、長男は、違うところの会社員で、次男も会社員・・あ、三男も会社員です、みんな・・(相談者)
あ、そうです?はい。(加藤諦三)

はい、で、一緒に住んでるのは、三男だけなんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ええ、長男・・が・・えー、うちの家・・会社を継がないかっていう話しが、最初、出て・・もちかけましたところ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ええ、話しが、こじれてしまったんですね。(相談者)
話しが、こじれるったって、の・・その、継がないか?・・って言った時に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

そこの29歳の長男は・・(加藤諦三)
あの・・(相談者)
要するに、継ぐつもりはないという・・(加藤諦三)

そういうふうに・・言えばいいんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そうじゃなくて・・今は、違うっていうのと・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

自信がないっていうのと・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

だけなんで・・ぇ、それ以上の事は、言えなかったんですね。(相談者)

で・・(相談者)
ああ・・「今は違う」ということは・・(加藤諦三)
継ぎたいんだと思うんです。(相談者)
取り方によっては、あと・・まあ、5年、10年したら・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

継いでもいいよ、という意味にも・・(加藤諦三)
そうです。(相談者)
とれるということですね?(加藤諦三)
そうなんです。(相談者)

で、自信がないっていうのは・・要するに、自分で仕事をやるっていう・・(加藤諦三)
そうです。(相談者)

ん、ん・・(加藤諦三)
自信がない。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

で、えっと・・男の子3人だったんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
うち、子供達に、反抗されたことがないんです。(相談者)
ああぁぁ・・(加藤諦三)

ん、わたしも・・なにも言われたことないんです。(相談者)

反抗期がなかった?(加藤諦三)
なかったんです(ちょっと涙声)。(相談者)

ふーん、そうすると・・やっぱり・・あなたも友達やなんかで、息子さ・・(加藤諦三)
そうです。(相談者)
お・・お母さんの仲間でね・・(加藤諦三)

そうですね・・(相談者)
息子の反抗期で、苦労しているっていう仲間の、お母さんの話しなんかを、よく聞く・・(加藤諦三)

そうですねぇ・・それと・・(相談者)
事は、あったわけですよね?(加藤諦三)

ありました。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
うちは・・いい子だな・・っていうのと・・(相談者)
ああ、はあ・・(加藤諦三)

まあ、わたし自身も・・ちょっと、問題があったんだなっていうふうに、今となっては・・(相談者)
思います。(相談者)

うん・・あの・・(加藤諦三)
で・・(相談者)
今ね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなた・・自身が、問題あったんだなぁと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
いうふうに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
思う、その問題・・あった・・な、どう・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
わたし自身の問題ってのは、どういうことですか?(加藤諦三)

あの・・はい・・あの、先生がよく、おっしゃって・・おられるような、劣等感とか、ちょっと、恩着せがましかったり・・(相談者)

ああ、はい。(相談者)

まぁ、あとは・・子供もちゃんと・・(相談者)

ぅ・・ぅ・・守ってあげられなかったんかなぁ・・と思って(泣く)・・(相談者)
う、うん・・(加藤諦三)

で、わたし自身が、調子が良かったんかなぁ・・とか・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

そういうのが全部、当てはまるんじゃないかなぁっていうのもありまして・・(相談者)
うーん・・うん。(加藤諦三)

んで、主人も、割と・・子供に、口うるさく言うんで・・(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)

未だに、今、やっぱり・・子供には、世間に恥をかかないように・・っていうので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まだ・・言わなくてはいけないっていうふうに、思っているタイプ・・なんですね。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

で、その部分で、まあ・・(相談者)

子供に、そうやって、継ぐっていうふうな話が出た時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

せい・・精一杯、言ったのが、「今が違う」っていうのと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あと、ちゃんと言えなかったから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
主人が、もう、そんなんじゃあ・・(相談者)

会社、務まらんっていうふうに、言ってしまったら、もう、子供は、背中を向けて・・で、「居場所がない」っていうふうに・・言って、疎遠になったんです。(相談者)

あ、「居場所がない」って言葉は・・(加藤諦三)
言ってました。(相談者)
あの、長男自身が、言った言葉?(加藤諦三)
言いました。(相談者)

ズッ・・言いました。(相談者)
ああ・・はい、はい、はい・・(加藤諦三)

でぇ・・次男、三男も・・ま、すごく優しいんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、たぶん、3人・・こういうの、考えると、寂しい思いしたり・・(相談者)

ま、優柔不断なとこもありますし・・(相談者)
ああ、そりゃそうでしょうね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、一人・・(相談者)
決断するのは、怖いからねぇ。(加藤諦三)

そうですね、ズッ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

で、人付き合いで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なんか、いい人になってるんじゃないかなっていう・・(相談者)
ああ、そうです。(加藤諦三)
ふうに思います。(相談者)
そうですよねぇ。(加藤諦三)

はい、そうなんです。(相談者)
みんなに、いい顔をするんですよねぇ。(加藤諦三)
そうですよね・・(相談者)
ふん・・(加藤諦三)
それを・・(相談者)

上手く・・(相談者)

やっていくには、どういうふうにして・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
すればいいのか・・わたしのすること、そして夫・・が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

しないといけないこと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ほいで、子供に、どうしてあげたらいいのかなっていうのと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あと、今・・ぁ・・夫と二人で話をすると・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

やっぱり・・あの、葛藤が・・起きるんですね。(相談者)
うん・・あの、葛藤が起きるっていうことは・・(加藤諦三)
わたしが・・(相談者)
要するに、理解し合えないってことですか?(加藤諦三)
そうです、そうです。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

育ちの話しとかもなるんで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
夫に言うと、「パワハラや」っていうふうにも、言われますし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま・・(相談者)

ぞう・・わたし上手い事、いきたいなって思うんで、主人もそれは、ある・・多々ありまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でも・・どうしていいか、わからないっていうふうな、状況なので・・と、思いまして。(相談者)
うーん・・(加藤諦三)

ま、どう対処したらいいかっていうことまで、含めてね。(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

あのぅ・・伺ってみてください。(加藤諦三)

はい。(相談者)
あの、今日は、幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
あ、はい。(相談者)
うかがってみたいと思います。(加藤諦三)
ぁ、すいま・・よろしくお願いします(泣きながら)。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク