テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年10月16日(月)は、加藤諦三&大原敬子。娘が5~6歳から小6の頃まで、子供を殴る蹴る、髪の毛を掴んで引きずり回すなど虐待をしていた母親から相談。自立し家を出た娘から、電話で「さようなら」と告げられる。虐待のトラウマで、電話での会話中、思い出しては責められ続けた。関係を回復したいと言うが、虐待は認めても、事実を隠し続けてはぐらかそうとする。大原敬子が叱責。
加藤諦三氏の〆の言葉『サディズムは、絶望の土壌で育ちます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:55歳女性 夫56歳 二人暮らし 独立した子2人 長男31歳 長女28歳

もしもし?(加藤諦三)

もしもし。(相談者)
はい、テレフォン人生相談・・(加藤諦三)
よろしくお願いします。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それでは・・あの、最初に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
年齢を教えて下さい。(加藤諦三)

えっと、55歳です。(相談者)
55歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

してます。(相談者)

え・・ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)

56歳です。(相談者)
56歳・・お子さんは?(加藤諦三)

えっと、二人で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

長男、31歳・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

長女が28歳です。(相談者)

はい・・で、今は・・ご主人と、二人で暮らしてるんですか?(加藤諦三)
ええ、そうです。(相談者)

はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えっと、娘との関係についてなんですけども・・(相談者)

もう、外に出てるわけですよね?(加藤諦三)
出てます。(相談者)
自立・・はい。(加藤諦三)

・・

えーっと、この娘・・は・・(相談者)

・・

わたし・・が、子育てしてる時に、あのぅ・・すぐ手を出してしまってたんですよね。(相談者)

それで・・(相談者)
要するに・・(加藤諦三)

まぁ、叩いたということ・・(加藤諦三)
叩いたっていうの・・け、蹴ったもう・・こともあるし・・今、思えば、ぎゃく・・(相談者)
・・
叩く・・け・・蹴るもあるわけですか?(加藤諦三)
ええ・・虐待だったと思います。(相談者)

あの・・(加藤諦三)

そうすると、叩く場合には・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お尻を叩くっていうんじゃなくて、顔も叩いたということ?(加藤諦三)

顔も叩きました。(相談者)

うーーーん・・・(加藤諦三)

わかりました。(加藤諦三)

・・・

それでぇ、い・・あのぅ・・(相談者)

・・

今も、なんて言うか、トラウマに・・苦しんでるんですよね、その時の・・(相談者)
それで・・(加藤諦三)

その、虐待をしたのは、何歳ぐらいですか?(加藤諦三)

あな・・(加藤諦三)

・・・

・・・

5~6歳ぐらいからだったと、思うんですよ。(加藤諦三)

5・・5~6歳ぐらいから・・(加藤諦三)
ぇぇ・・(相談者)

・・・

何歳ぐらいまで・・何年間ぐらい、続いたんですか?(加藤諦三)

・・・

ん、ん・・(相談者)

・・・

小学生ぐらいまでだと・・(相談者)

思います。(相談者)

・・・

で・・ということは、1~2年?(加藤諦三)

・・・

いや・・(相談者)

小学校、ろ・・(相談者)

スゥ・・6年ぐらいまでは・・(相談者)
あ、6年ぐらいまで?(加藤諦三)

はい。(相談者)

ということは、結構、長く続い・・(加藤諦三)

そうです・・ね。(相談者)

てますねぇ。(加藤諦三)

ぇぇ・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

それ・・でぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

・・

兄の方が・・(相談者)

・・

兄にも、わたし・・手を出してたんですけども・・(相談者)

この、今、31歳の?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

その兄の方が・・(相談者)

わたし・・あの、パートに出てるんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

その兄が、わたしの見てない所で・・(相談者)

ぃ、妹にこんど、暴力をするようになったんですよ。(相談者)
ああ、ぁぁ・・はいはいはい。(加藤諦三)

・・・

・・・

それで、あの、学校の先生からも、言われたこと、ありまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

あの、主人と話し合って、あの・・(相談者)

・・・

まぁ、兄に・・(相談者)

注意するぐらいしか、できなかったんですよ。(相談者)

うん。(加藤諦三)

・・

どうしても、やっぱり、仕事を辞めること、できなかったもんで。(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・・

・・・

それで、こんなん・・(相談者)
で、お兄さんが、このぅ・・(加藤諦三)

妹の方に、暴力をふるったっていうのは、どの程度の暴力ですか?(加藤諦三)

・・・

・・・

・・・

ウーーン・・結構な暴力だと思うんですよ。(相談者)

もう、その時・・(相談者)

小さい時は、あんまり、言わなかったんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
大人になってから、いろいろ、こんなこともされた、あんなこともされたってこと・・(相談者)

・・

言ってくるんですよね。(相談者)

・・

それで今、あなたの、今日の相談っていうのは・・(加藤諦三)
・・
ええ。(相談者)

・・・

・・・

あのぅ・・娘・・から、で・・(相談者)

あの・・ちょっと、電話かかってきたり・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

は、してたんですけども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

なんかの拍子に・・こう・・(相談者)

・・

昔の・・そういうのが、浮かんでくるらしくって・・(相談者)

ええ。(加藤諦三)

・・

なんかこう・・(相談者)

スイッチが入るとこう・・(相談者)

泣きながら、わたしを、責めたてるんですよね。(相談者)

・・・

でも、良かったねぇ・・(加藤諦三)

・・

良かったんですか?(相談者)

そりゃそうでしょう!(加藤諦三)
ェッ?

・・・

だって・・(加藤諦三)

・・・

ぇぇ・・(相談者)

あなたを、責め・・(加藤諦三)

ることが、救いだもん。(加藤諦三)

ぁぁ・・(相談者)

・・

これで、責められないで・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

・・・

・・・

わたしのお母さん、いいお母さんって・・(加藤諦三)

ウン・・(相談者)
言い張り続ける女の人も・・(加藤諦三)

いるんです。(相談者)
ぁぁ・・(相談者)

ソウデスカ・・(相談者)

いやもう、凄まじい子供っていうのは、いましてね。(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

もう、殴る蹴るだ・・体中、痣・・できてるのに・・(加藤諦三)
ウン・・(相談者)

僕のお父さんは、いいお父さんだって、言い張る・・(加藤諦三)

ぁぁ・・(相談者)
人なんか、いるんですよ、ですから・・(加藤諦三)

あなたのことを、責めるっていうのは、本当に良かったですよ。(加藤諦三)

ハァ・・そうなんですか?(相談者)

うん。(加藤諦三)

・・・

・・・

・・・

それでね、こ・・ほんと・・(相談者)

2日くらい・・前の話しなんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・・

・・・

それもやっぱり、電話中に・・(相談者)

わたしのなんか・・が、気に入らなかったのか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なんか急に、そういう状態になるんですよね。(相談者)

・・・

それは・・(加藤諦三)
でぇ・・もう、お母さんとは・・(相談者)
あなたの・・はい?(加藤諦三)
もう、電話したら・・(相談者)

疲れるから、しないって言うんですよ。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

で、せ・・「さよなら」だ・・って、言われちゃって・・(相談者)
えっ?(加藤諦三)

「さよなら」とかって言って、電話切られて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ズッ・・もう、それから、もう、どうしていいのか、本当・・わからなくて・・(相談者)

・・・

・・・

「さよなら」って、電話切ってくれるなんて、本当にもう・・(加藤諦三)

涙ぐましい事ですよね。(加藤諦三)

そうですか?・・ゥゥ・・(相談者)

そりゃそうですよ、もう・・(加藤諦三)

「糞ババァ!」って言って、蹴っ飛ばしたって、いいわけでしょう?(加藤諦三)
んん・・そうなんです(たぶん、泣きながら)・・(相談者)

・・

それを、「さよなら」って言って、電話切ってるんですよ、あなた。(加藤諦三)

・・・

・・・

・・・

ズゥ・・もの凄い・・気持ちが優しい子なんですよねぇ・・(相談者)

・・

優しい子ですよ。(加藤諦三)

あなた、優しい子じゃなきゃ、あなた・・虐待しないですから。(加藤諦三)

あぁ・・そうなんですか?(相談者)
うん。(加藤諦三)

あなたが・・あのね・・(加藤諦三)

ごめんなさいね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
ちょっと、電話かけてくれた・・きたのに、こんな・・(加藤諦三)
いえいえ・・(相談者)
こんなこと、言っちゃって。(加藤諦三)

はい。(相談者)
あなたね・・(加藤諦三)

ぇぇ・・(相談者)
あなた自身が、弱いから・・(加藤諦三)

ぁぁ・・(相談者)

弱い子・・優しい子にしか、虐待しません。(加藤諦三)

・・

あぁぁ・・(相談者)

・・

あなたが・・今までの、周りに居た人との関係で・・(相談者)

はい。(相談者)
いろんな心に、傷を受けてるの。(加藤諦三)

そっちの方のほうが、強いんですよ。(加藤諦三)

・・

で、あなたがその・・(加藤諦三)

憎しみを・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

一番、優しい人に向かって・・全部、吐き出したんです。(加藤諦三)

・・・

ぁぁ・・(相談者)

・・・

もの凄く、優しい子です。(加藤諦三)

ええ・・それを、もう・・わかってるんです・・(相談者)

・・・

わかってる?(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・・

・・・

だから・・あなた、この優しい子だから、虐待したんですよ。(加藤諦三)

・・・

・・・

ハァ・・そうなんだぁ・・(相談者)

・・・

優しい子じゃなきゃ・・虐待なんか、しないですよ。(加藤諦三)

・・・

ウン・・(相談者)

・・・

で、結構、あなた・・(加藤諦三)

・・・

・・・

規範意識の強い・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
母親と、ぉ、思ってる?(加藤諦三)

・・

ハァー・・(相談者)

思ってたかもしれない・・(相談者)

そうなんですよねぇ。(加藤諦三)

ぃ、一方で、ぎゃ・・虐待してんだけれども・・(加藤諦三)
・・
ええ・・(相談者)

母親とは、こうあるべきだ・・っていうね。(加藤諦三)

ウン・・(相談者)
規範意識が、普通のお母さんより、強いんですよ。(加藤諦三)

ハァ・・(相談者)

・・・

・・・

・・・

だ・・子供・・たまらないですよね。(加藤諦三)

・・・

わたしは・・(加藤諦三)

母親とは、こうあるべきですって、すごい立派な、お母さんを演じて・・(加藤諦三)

ぇぇ・・(相談者)

規範意識を・・唱えていて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

あのぅ・・お嬢さんからすれば・・殴る蹴る、されてるわけですよ。(加藤諦三)

ハァ・・(相談者)

・・

だからさっき、「良かったねぇ」・・って、言ったのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お母さんを責めて・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

だから、お母さんを、責められるようになって、良かったんですよ。(加藤諦三)

はぁぁ・・(相談者)
お母さんを責めないで、これで自分を、責めてるようになってたら、もっと悲惨だった。(加藤諦三)

ハァ・・そうですか?(相談者)

うん。(加藤諦三)

それで今日、あなたの相談は・・この・・(加藤諦三)

娘さんと・・お嬢さんとの関係を、どうしたらいいか?ってこと、今?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

そういうことですね?(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

はい。(相談者)
今日はスタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
ぁ、はい。(相談者)
伺ってみてください。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク