不登校気味の小5の息子

テレフォン人生相談
登校拒否

テレフォン人生相談2016年5月20日は、柴田理恵&大原敬子。小学5年生の次男が不登校気味という相談者。学校で虐めがあるようで、妻が様子を見に学校へ行くと、休み時間も一人で居るらしい。小4の時に分かったのだが、昼休みなど図書室で一人で居た。担任の先生に相談して、月曜日に休むとズルズルと休むことになるので、できるだけ月曜日は登校するように促すようにして欲しい。学校から帰った息子に妻が今日はどうだった?と聞くと、戦いが終わったという感じで話をするとのこと。不登校気味で力を振り絞って登校している息子に対して、どう対応していけばいいのかという相談。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2016年5月20日(金)

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:47歳男性 妻49歳 長男16歳(高1) 長女15歳(中3) 次男(小5) 次女(小4) 三男5歳(年中)

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

47歳の男性から、今、子供の、次男なんですけれども、最近不登校になりつつありまして・・(相談者)
妻は49歳、長男が高1で16歳、長女が中3で15歳、相談したい次男が小5、次女が小4、三男が年中で5歳。

月曜になると学校へ行きたくないと言う次男

で、その次男坊の子が不登校なんですか?(柴田理恵)
不登校気味になりつつあります。(相談者)
気味、はい。(柴田理恵)

学校全然行ってないということですか?(柴田理恵)
あ、いえ、そこまではなってないんですけれども、まあ学校に、これまでは行ってたんですが、月曜日になると、あの・・行きたくないと言い始めまして・・(相談者)

で、いろいろとこう、事情を話しても、なかなか最初は言ってくれなかったんですが、よくよく聞いていくと、実は学校で、ちょっとしたイジメのようなもの受けてるみたいで・・(相談者)

で、それがわかったので、夫婦としても、まあ学校と相談しながらではあるんですが、月曜日なると、どうしても行きたくないというので、あの、その日、ある日、休ませたんですけど・・(相談者)

そうすると次の日はまぁ一応元気になって、あの、本人も勉強しないといけないというのは思ってるみたいで、あの・・火曜日からは行くようになったんですが・・(相談者)

あの・・その時から、だいたい毎週月曜日になると、もうあの、行きたくないんだというような事を言い始めたんです。(相談者)

休み時間に一人

はい、で、1日休むと、なんとか火曜日からは、頑張って行ってくれてるんですけれども、ただその行くのも、なんとか自分で力を振り絞って行ってるような感じなので、あの、このままもしいくと、月曜日から火曜日まで水曜日までというふうに、あの、最終的に不登校にならないかなという思いがありまして・・(相談者)

あの、いじめの実態みたいな事は、先生ともご相談なさったんですか?(柴田理恵)
はい、ま、その深刻ではないんですけども、クラスの中で、ある男の子から、あの、ちょっと、○▽♯がったりですとかね、嫌がらせをされたりとか・・(相談者)

あと・・その、これまあ、いつでもあることかもしれないんですけれども、あの何か、班で、グループで、何かを決める時に、本人が何か意見を言うと、それに対し何か本人だけ、バッシングじゃないんですけども、なんかこう・・(相談者)
ちょっと仲間外れみたいにされたりするんですか?(柴田理恵)
される・・されるんですね・・(相談者)

非常に本人、浮いた感じになっているようでして、なかなかもう・・あの・・ま、実はその・・その事以来、妻も、たまにではあるんですけど、学校に様子見に行ったりするんですけど、そうするともう、まず休み時間はひとりでポツンとおりますし・・(相談者)

学校からのアドバイス

まぁ、あの、実は、その兆候と言いましょうか、小学校4年生の時に分かったんですけど、もう4年生の時はずっと、昼休みの長い時間は、図書室で1人で本を読んでたんです。(相談者)

で、てっきり親としては、ま、それなりに生活していると思ったら、 1人でそういう状況だというのを知ってですね、で、4年生の時に、相談すると、あの、そん時の先生が一生懸命引っ張り出してくれて、で、最終的にはだいぶ仲の・・友達ができたんです。(相談者)

で、それで少し安心していたんですが、やはりまた、小学校5年生になってから、友達がうまくできてなかったのか、で、逆にそういう男の子から、なんかちょっと嫌がらせ的な事を受けたりとか、その・・クラスでもそういう状況になってしまって・・(相談者)

で・・本人も行きたくないんだというふうに、最近言い始めたんですね。(相談者)
うん、あの、割とおとなしい男のお子さんなんですか?(柴田理恵)
あ、おっしゃる通りで、ま、本当におとなしい子です。(相談者)

うーん、なるほど。(柴田理恵)
はい。(相談者)
あ、それは心配ですね・・担任の先生は何ておっしゃってるんですか?(柴田理恵)

あ、はい、担任の先生に相談しまして、あの、数日前なんですけれども、あの・・担任の先生と、あと生徒指導と言いましょうか、先生がいらっしゃるので、相談したんですけれども、そうすると、まず家庭で、やってくださいってことが言われまして・・(相談者)

月曜日休むとズルズル行く

ん?家庭で何をしろって?(柴田理恵)
はい、まず1つは、あの・・実はある日なんですけれども、息子が、母親に、今日一日どうだったと母親が聞くと、もう、今日、1日、戦いが終わったって感じで言ったんですね。(相談者)

ホントに本人としたら、毎日、戦いだなとは思ったんですけど、そういうことを申し上げると、あの、先生から、まず1点目は、毎日お母さんから、よく頑張ったね、というふうに褒めてあげてくださいっていうのは言われたんです。(相談者)

で、もう1点は、ま、月曜日は休むとどうしてもズルズルっと行く傾向があるので、ま、土曜日とか日曜日あたりに、あの、話をして、水曜日はどうしても行けなかったら、休んでもいいんだけども、まずは月曜日頑張ろうねという形で、月曜日は、あの、登校して、どうしても本人が、これ以上頑張れないと思ったら、水曜日休むって形で、あの、取り組んで行きましょうって事になったんです。(相談者)

ふーん、はい。(柴田理恵)
はい、で、今取り組んで、まだ、それは間もないんですけども・・はい。(相談者)
じゃあ、それの取り組みで月曜日に行くようにはなったんですか?(柴田理恵)
はい、実はあの、今週は、実は最初だったんですけど、そういう話しをして、行きました。(相談者)

なるほど、いじめ・・以外に体調不良とか、そういうことはありませんか?・・こう・・だるいとか・・(柴田理恵)

あ、だるいことはないと思うんですが、朝がちょっと弱くて、その、朝なかなか起こしても、起きないところあるんですけども、それにプラスして、たぶん、行きたくない気持ちが強くなる気がします。(相談者)

はい、わかりました、じゃああの、今日のご相談内容は、次男さんがちょっと不登校気味になってるっていうことで、あの、心配だということで、よろしいですか?(柴田理恵)
はい、左様です。(相談者)

はい、わかりました、えっと、今日の先生はですね、幼児教育研究の大原敬子先生です。(柴田理恵)

大原敬子アドバイス

すごく教育熱心なお父様でいらっしゃるので、ズバズバと本音から言ってよろしいでしょうか?(大原敬子)
あ、はい、お願いします。(相談者)

生活習慣

あのみなさん、お子さんがね、イジメに遭うということで、イジメの方に先に、もう目先が行ってしまうんですけども・・(大原敬子)
ああ・・はい・・(相談者)
イジメに遭う、根っ子の部分は、生活習慣と親子関係なんですね。(大原敬子)

で、その生活習慣っていうのは、食生活と、それから基本的な毎日の生活・・では何時に起きて、何時に寝る、根本的に大事なことなんですね。(大原敬子)
ああ、はい。(相談者)

で、生活習慣ですけども、今これ小学校ですね、11歳・・何時ごろ寝ていますか?(大原敬子)
あ、9時から、遅い時は10時になる時あります。(相談者)
で、朝起きれないって、どういうことでしょうか?(大原敬子)

だいたい9時から10時って事は、朝は6時には目が覚めるんですけれども・・(大原敬子)
はい、で、夜、おそらくなんですけれども、たまに、ゲームをしてるようで、それで・・起きれないのかなと、思うんです。(相談者)

ここなんです、問題は。(大原敬子)
はい。(相談者)
あのね、夜中に起きるってこと、それ朝起きられないっていうお子さんのほとんどが、イジメの対象に入っているんです実は。(大原敬子)
ああ・・(相談者)

必ず、ゲームは昼間・・あるいは、学校から帰ってきて、何時まで自由に見せる・・(大原敬子)
でも夜は、ゲームはダメ。(大原敬子)
だけど、土曜日の夜はゲームはいいって、きちっとした、その子の頭の中にですね、自分のやるべきノルマっていうのは必要なんですね。(大原敬子)
ああ・・(相談者)

これがきちんとできてるか、いないかによっては、もうこの次の話はできないですね。(大原敬子)
ほとんど学校へ行ってしまうんですけども・・まずそれが1点です。(大原敬子)

まず、生活習慣、ゲームは、学校、起きれなくなってしまうから、帰ってきたらしようねとか、お父さん決めてください。(大原敬子)
わかりました。(相談者)

親子関係

で、次、親子関係です。(大原敬子)
今、今日何があった?とかって言葉を聞かれた時に、子供は事実は喋らないです。(大原敬子)

それよりも5人いらっしゃるので、5人の事を、お母様、奥様が見るのはとても大変なことはわかりますけれども、ときどきお兄ちゃん・・その子と一緒にですね、スーパーに行くとか、何が欲しいって・・今日、飴で買っていいわよって、そのコミュニケーションが親子関係なんです。(大原敬子)
ああ・・・(相談者)

そうするとね、子供はね、なになにちゃんはね、こう、学校の先生に、こう怒られてね・・心が緩むとしゃべるんです、子供は。(大原敬子)
でも、今日は何があったの?って聞かれたときには、やっぱり・・要するに監視・・尋問になるんです子供は。(大原敬子)

と、うかつなことを言ってしまうと、大変なので・・(大原敬子)
ま、頑張ったよね、もう、努力したよってとこへ、逃げてしまうんです。(大原敬子)
ああ・・(相談者)

で、ほんとにね、子供のことをね、気楽に、子供の心を、心をですよ、開かせるには・・(大原敬子)
おやつ・・学校から、ただいまって帰ってきた時に、あ、そこにあるもん食べたらっていうことで、今日、元気がいいなって時、カステラあげてみてください。(大原敬子)

カステラを食べた時は、お母さん今日手伝うことないって言います。(大原敬子)
そして、堅いおせんべい・・あれをばりばり食べた時っていうのは、怒りがあるんです、凄く。(大原敬子)
ああ・・はい。(相談者)

食べ物の中で、子供をさりげなく見るって事が、あ、お母さん、僕を好きなんだってことわかるんですよね。(大原敬子)
親子関係は長い会話をすることではないんです。(大原敬子)

そして後でね、ひとりで、呼んで、ありがとね、ありがとう、お兄ちゃんいないと、お母さん、ホント大変って言葉をね、かけてあげるんです。(大原敬子)
はい。(相談者)

そしてエネルギーが出ます。これが、まず生活習慣と親子関係の簡単ですけど・・(大原敬子)

月曜日を嫌がる

この上に、さて月曜日に行くんですけども、まず月曜日を嫌がるお子さんというのは2つあるんです。パターンが・・(大原敬子)

両方とも共通しているのは、「愛されたい」なんです。(大原敬子)

そして月曜日、行きたくないっていうのは、僕がいない間に、家で何かあるのが心配なんですね。(大原敬子)
僕がいない・・ければ、妹は、お母さんはって心配になる子。(大原敬子)
ああ・・(相談者)

もう一つは、月曜日、クラスのお友達に注目を浴びたい。(大原敬子)
例えばですね、好きな男の子の前に、真っ白な包帯をしてね、痛々しそうにすると、どうしたの?ってありますね。(大原敬子)
その注目の、空気のようなものが月曜日なんです。(大原敬子)

え?何々ちゃん、休んじゃったよ。なんで?お前、虐めたんじゃないか?って・・(大原敬子)
みんなが僕がいない間に、みんなが僕のことを、何でもいいです話題は・・(大原敬子)
はい。(相談者)
僕のことを、話してるかもしれないな、ってのもあるんです月曜日は・・(大原敬子)

それ一気にね、月曜日イジメで、さあ大変ってことないんですね。(大原敬子)
いずれにしても共通する部分は、僕も、脚光を浴びるスターになりたいんです。(大原敬子)
ああ・・なるほど・・(相談者)

そういう気持ちで、まずお父様が、心をですね、少し緩めて欲しいんですね。(大原敬子)
もう月曜日行かなかった・・もう学校の先生も全員が、月曜日、月曜日は行かせて、水曜日は休んでいいって・・子供はね、同じなんですよ。(大原敬子)
ああ・・(相談者)

なるほど・・はい。(相談者)
私の子供も月曜日、行かない子だったんです。(大原敬子)
ですから、息子が、学校に行きたくない、膝が痛い、あっちが痛いって言うんですよ。(大原敬子)
「わかった、じゃあ、1ヶ月お休みしよう」って言うとね、「いやいやいや、1ヶ月は困る」って言うんですよ。(大原敬子)

ですから是非ともね、休みたいなって言った時、わかった、じゃあお父さんが、先生に嘘言って、休ませてあげるって言った方が、子供は、何でも父親は自分が心配な時は、聞いてくれるっていう信頼が生まれるんですね。(大原敬子)
はい。(相談者)

こんな優しい子、お父さん、守んなくちゃ、お父さん休めたよって言ったら、ドンマイ、1ヶ月か?2ヶ月か?って言うんです。(大原敬子)
ああ・・はい。(相談者)
そうはいかないよ、お父さん、って言った時に、子供は自立になるんです。(大原敬子)

自立は、このお父さん、大丈夫かなって、僕が守ってあげなくちゃって思う時に、子供は強くなるんです。(大原敬子)
はあ・・(相談者)

立派なお父さん、立派なお母さんで、子供が自立するわけないです。(大原敬子)
ああ・・(相談者)
そう思いませんか?(大原敬子)
はい、わかります、はい。(相談者)

応援する

そうなると、この月曜日は・・もし来週ですね、わかった、そうだよね、2回月曜日行ったもんね、OK、褒美だっていうんでね・・もう、ご褒美として・・言ってあげたら、お子さん・・行くと思いますよ。(大原敬子)
あ、わかりました。(相談者)

そしてね、最後に言いますけれど、このお子さんは、プライドが凄く強いです。(大原敬子)
なぜならば、イジメられていても、自分の意見を言うっていう強さですね。(大原敬子)
ああ・・(相談者)
認められたいんです。(大原敬子)

それは、5人いた兄弟の中で、5分の1しか愛をもらえていないんです。(大原敬子)
ああ、はい。(相談者)
だから、うまくもっていくと、非常に感性の豊かなね、優しいお子さんになりますから・・その、虐められても意見を言うという強さをですね、絶対にお父さん、摘み取らないで・・(大原敬子)
ああ・・はい・・(相談者)

この子ね・・一人遊びしていても、図書館に行っていても、自分の面子、保つお子さんですから・・(大原敬子)
これも、不憫と思わないで、知恵と思って・・応援していただきたいな、と思うんですけれども、先生、いかがでしょうか?(大原敬子)

柴田理恵まとめ

いや、本当に親っていうのは、その、子供・・が、世間様にね。(柴田理恵)
(泣き始める)はい。(相談者)
ちゃんとこう、恥ずかしくない、学校の中でもちゃんとして欲しいって、心配のあまりに、やっぱりこう・・思ってしまうのかもしれませんよね。(柴田理恵)
ああ、はい。(相談者)

あの・・お子さん、5人もいらっしゃいますけど、その子、その子一人一人個性が違っていて、それで、その時その時で、やっぱり育て方も違うし・・(柴田理恵)
だから、やっぱり、最初のお子さんと、同じだと思うんですよね。(柴田理恵)
はい、ああ・・はい。(相談者)

だから、もっとおおらかに、楽しく、取り組んでみられてはいかがかなって・・(柴田理恵)
わかりました・・ありがとうございます。(相談者)
はい、あの、奥様とよく、お話になって・・いい子に育ててあげてください。(柴田理恵)
お願いします。(大原敬子)
ありがとうございます。(相談者)

管理人のちょっとひと言

うん、包帯巻いてるのって、なんかカッコよかったな。
ここでの意味は違うかもしれないけど、そういうことで、気を引きたかったのか。
恥ずかしいけど、自分に注目して・・・きっと子供によって注目しての意味は違うだろうけど、そういうことなんだ。

なるほど、そう思ったことがある人は、その人なりの注目して欲しいことがあったはず。
納得してしまうな。
逆に虐待を受けているような子供は、隠すもんな、気を引きたくないから。

まあ、よく聞けば、イジメって程のイジメじゃないような気がしなくもない。
ただ、放置しておけば、ここからエスカレートしていくかも。
そう考えると、学校側の対応の方が、難しそうなんだけど。

予防線は、張っておく必要ありそうな気がする。
班で意見を言って、バッシングみたいになるってことは、周りも影響を受けてることは間違いなさそう。
小学5年生だから、やる事は陰湿になってくるだろうから。

逆に、図書室で本を読むのが安全なら、そこに居させてあげればいいのに。
居なければ、何かあったかもしれないって、分かりやすいし、目が届きそうだ。
先生も万能ではないし、何よりも業務が多過ぎるから、この程度だと、目を配り続けるのは難しそうだし。

こう、微妙なところって、分からないので、ここは大原先生の言う通りにしてみるのがいいのかな。
カステラとか、堅いせんべいとか、意味わからないけど、たくさんの事例を知ってるでしょうから、きっとそうなんでしょう。
他に手がないのなら、信じてやってみるしかないか。

ただ、家庭内というか、生活習慣と親子関係だけでは、解決しない気がするんですけど・・・

親としては心配だろうけど、友達作るの下手で、図書室でずっと本を読んでるなら、それでもいいと思うけどなぁ。
まあ、集団生活を学ぶ場でもあるのだろうから、それではいけないのかもしれないけど。
その集団生活だからこそ、イジメってあるんだよね。

学校へ行きたくないのって、居場所がないのもあるんじゃない?
日曜日は、家という安全な居場所があるけど、学校に行けば、それがない。
憂鬱にもなるよね・・・だったら、安全に居られる場所、作ってあげれば、そこに避難できるから、とりあえず学校には行くと思うんだけど。

保健室登校みたいなもんかな。
逃げずに行けることこそ、頑張ってるんじゃないかなって気がする。

相談者である両親も、しっかり子供を見てるから、孤独じゃないって分かれば、きっと大丈夫だ。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.