テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年9月2日(土)は、加藤諦三&塩谷崇之。一人娘は7年前に乳癌で他界、妻は重度の認知症。独身姉は施設に入り、金銭トラブルになった兄弟の音信普通の甥姪には遺産を渡したくない。市町村等、公的機関は、管理できないので、先祖代々、引き継いできた土地は貰えないと断られる。信託銀行に信託財産として運用してもら相談してみたらどうか?というアドバイスあり。
加藤諦三氏の〆の言葉『人間、最後に求めるものは、人との繋がりです』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:77歳男性 妻80歳(重度の認知症) 娘(7年前に37歳で乳癌により他界) 存命の兄弟姉妹4人(相談者は末っ子)

もしもし?(加藤諦三)

こんちはぁ・・(相談者)
・・
は・・はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あ・・(相談者)

わたし、娘が一人、いましてねぇ・・(相談者)
はい、あのぅ・・最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)
ぇ、77歳。(相談者)
77歳・・(加藤諦三)
・・
結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)
え・・奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)
80歳です。(相談者)

奥さん・・80歳・・(加藤諦三)
・・
はい、ほんで、お子さんは?(加藤諦三)

一人娘が、いましたんですけども・・(相談者)
はい?(加藤諦三)

7年前に、あの・・乳癌で亡くなっちゃったんです。(相談者)

はい。(加藤諦三)

それでですねぇ・・(相談者)
んでぇ・・その時、お嬢さん、何歳ですか?(加藤諦三)

ぇ、37歳。(相談者)
37歳・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

受取らない

はい、それで?(加藤諦三)

それでぇ・・相続人が、今、居なくなっちゃったんでぇ・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

そんでぇ・・親から・・の、遺産が・・土地がありましたんで・・(相談者)
・・
はい?(加藤諦三)

先祖代々のもんですから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・できるだけ・・(相談者)

市町村に、あのぅ・・使ってもらえば・・いいと思いまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

電話・・(相談者)
要するに、公の所という・・うん、使ってもらいたいという・・(加藤諦三)
うーん・・そう、公の所で・・永久に使ってもらいたいのが、り・・理想なんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

電話しましたら・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
今・・どこの行政もねぇ。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

不動産では・・あのぅ、いた、いただかない・・(相談者)
・・
って言うんですよ。(相談者)

あ・・あぁ・・(加藤諦三)
「どうしてですか?」・・って、言ったら・・(相談者)

そのぅ・・(相談者)

草取りとか、事故があると・・責任とらなきゃいけない・・っていうんで・・(相談者)

あぁ・・(加藤諦三)
そういうわけで、行政は今、受け取らないって言うんですよ。(相談者)

市が必要として・・用地が、必要として・・なんかに・・使う、目的があれば・・(相談者)

あ、ぃ、いただきます・・ってことで・・(相談者)
あぁ・・(加藤諦三)

なるほどねぇ。(加藤諦三)
うん・・(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

で、どのぐらいの・・大きさなんですか?(加藤諦三)

え・・坪数で、120坪ですねぇ。(相談者)
120坪ねぇ・・(加藤諦三)
ほれでぇ・・その内の50坪が・・月極の・・駐車場に・・今、8台、使ってるんですけどねぇ。(相談者)
あ、今・・(加藤諦三)

現在、駐車場ですね?(加藤諦三)
現在、駐車場ですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ほれでぇ・・(相談者)

二世帯住宅の・・まったく、あのぅ・・(相談者)

え・・ィ・・ィ・・一軒・・二世帯住宅の家がありまして、120坪の中に・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ありまして、そこ・・に、姉が・・独身の姉が居たんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

施設に入っちゃったんですよ。(相談者)

はい。(加藤諦三)

で、今、空き家なんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それでもう一つ、わたしが今いる所は、30坪の・・(相談者)

自分達が、買ったんです。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

・・

それの他に、あのぅ・・投資と・・現金で・・(相談者)

約7千万が、あるんですよ・・(相談者)

ねぇ・・(相談者)

はいはいはい。(加藤諦三)
・・
で・・すからあのぅ・・甥や姪が居ないこともないんですけど、普段・・ふつ・・あのぅ・・全然・・(相談者)

音信不通ですしね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・・ん・・・あげたくないんだけども・・(相談者)

結局、誰に、あ・・い・・ぇ・・あげたらいいかが・・ん・・そう、悩みの種でねぇ・・(相談者)

あげたくない

そうすると、あなたの中にね・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
が・・まぁ、77年間、これだけ・・(加藤諦三)

いろんな方に、お世話になってきたから・・(加藤諦三)

例えば・・まんぞ・・お金を必要なところは・・いっぱい、あるでしょうから・・(加藤諦三)
はあ・・(相談者)

7千万といえば・・ま、個人としては・・大きなお金ですよねぇ。(加藤諦三)
はあ、はあ。(相談者)

それで、いろんな・・施設が・・(加藤諦三)

欲しいってところは、沢山あると思うんですけど、そういうところに、あげる・・(加藤諦三)

・・

のも・・気が・・進まないわけですか?(加藤諦三)

・・

いや、そこが悩んでんですよねぇ・・もう・・(相談者)

音信・・あの、音信不通な・・ぉ・・甥や姪に・・法定相続人に、あげ・・あげた・・方がいいか?・・施設か、どっか・・うん・・その、民間に・・あげて、そこ・・そこが悩みで、そこが決まれば・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
遺言状を、書いとくんですけどねぇ・・(相談者)

ああ、なるほどねぇ・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
そうすると、今日の相談っていうのは・・要するに・・(加藤諦三)

このぅ・・(加藤諦三)

まぁ、現実に、あまり付き合いのない、甥とか姪に・・渡すのか・・(加藤諦三)

それとも・・(加藤諦三)

まあ、行政の方がね・・公のもので、難しいとなれば・・(加藤諦三)

民間の、いろんな、様々の・・(加藤諦三)

それを必要としている施設が、たくさんあるわけだから・・(加藤諦三)

そちらに、あげ・・あげようか、悩んでいると・・そういうことですね?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)

今日はあのぅ・・(加藤諦三)

スタジオに、弁護士の、塩谷崇之先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
あ、はぁ・・(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
どうも、すみません・・お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク