テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年4月14日(木)は、加藤諦三&塩谷崇之。夫は20年間不倫中。不倫相手は夫が亡くなったら、お金をもらう権利があると言い始め、家のひとつも建ててもらう、要求した分だけのお金をもらいたいと言っている。20年連れ添って、尽くしてきたのだから、当然の権利だと言うので不安になってきた相談者。夫には資産はない。離婚も考えたが、夫の両親から、愛情を注いでもらい、養女になったので、離婚はできないし、家を守っていかなければならないという使命感で耐え忍んできた相談者。今からでも道を切り拓いていけるかと問う。

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:70歳女性 夫69歳 男の子2人、独立して孫がいる 夫の不倫相手65歳女性

加藤諦三氏の〆の言葉『幸せになるのに、遅すぎることはありません』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

加藤諦三聞き取り

70歳の女性から、主人が50歳ぐらいから、スナックに入った女性と知り合いになり、この女性と3回ほど会って説得したことがある。

説得というのは、別れてくれという説得?と加藤諦三。
はい、もうお会いしません。という事は私にはおっしゃるんですけども、なかなか踏ん切りきれなくって、ずるずると20年余りすぎているとこなんです。と相談者。

私も最初は、カッカ、カッカとアレしたんですけども、今は孫が居るようになったら、いくら話しても、なかなか別れそうもないので、もう好きなようにしなさいよってことで、今は全然、触れてはいないんですね、と相談者。

お金を貰う権利がある

いないんですけども、最近、女性の方がですね、主人がもし亡くなった場合には、私は旦那さんからお金をもらう権利があるとかっておっしゃって、家のひとつも建ててもらうとか、お金も私が要求した分だけもらいたいとかって言う事、主人に言ってるらしいんですね、と相談者。

私は、妻があるっていうのとわかっていて、お付き合いですから、かえって私の方からあなたに慰謝料、私、女性にいただくぐらいの、私は権利があるんだわって、そういうふうに言ってくださいって私、言ったんですね、と相談者。

そんで・・・ところ、20年連れ添って、私もその、尽くしてきたんだから、だから私は貰うっていうようなこを、最近言い出しててるらしいんですね。
で、私もそう聞いたら、心配になってきまして、お電話させていただきました。と相談者。

我慢の日々

この女性は、何歳くらいの女性ですか?と加藤諦三。
この人、65歳の方で、子供さん、男の子がいらして別れて、旦那さんの方に子供さんはとられて、自分は今現在、アパートに居ります、と相談者。

そいで今、ご主人は、毎晩家に帰ってきてるんですか?と加藤諦三。
はい、夜はね、お家に居るんです。
当初、10年ぐらい前は、もう夜2人で、タクシーでお出かけっていうのが、ほとんど毎晩のようでしたけども、やっぱり、自分の体もえらくなって、結局、夜出てくってのが、ちょっと困難になってるような状況で、朝、お出かけになりまして、2~3時間、毎日会ったら帰ってくるんです、と相談者。

で、かなりその・・・経済的には、豊かだったんですか?毎晩のようにタクシーでもって・・・と加藤諦三。
もうね、家に給料を入れてもらったことがないんです。
もう自分のものは全部自分で使って、足りなきゃ寄こせってもんで、自由奔放で一人息子でわがままに育った方ですから、そういう人なんですね、と相談者。

私もですね、もう、ほとほと疲れてしまいまして、もうお別れしようかなってことを何度思ったかわかんないんですけども、まぁ子供がいるから我慢しよう、しょうがないって思ってた時にお爺ちゃんがですね、私がこの家から出ていってしまうと、困るっていうようなことで、私を養女にされたんです。と相談者。

でまぁ、それに対して、親を泣かせたらいけない、自分が我慢すれば、まぁいいのかなぁと、子供さえいなきゃ、別れたんだけど、子供が居るし・・するから、まあ我慢しよう、我慢しようっていって、だんだんこれがこう、ずーっと、何十年もこのままで来てしまっているんですよね、と相談者。

不倫相手に貢ぐ夫

うーん、この女性はもう65歳ってことは、今はもうスナックで働いてないんですか?それとも・・・と加藤諦三。

いえ、全然何十年と働いてません、と相談者。
という事は、あなたのご主人は経済的には・・支えていたっていうことですね、と加藤諦三。
ええ、もう今でも、家賃電気お支払いしてると思うんです。
毎月5~6万ぐらいは彼女にお支払いしていると思うんです、と相談者。

う~ん、だけど5~6万だけでは・・・と加藤諦三。
いえ、あの、自分が若い時に働いた年金がありますよ、それを・・・と相談者。
わかりました、こういう場合どうなるかということですね、と加藤諦三。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク