テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年1月5日は、加藤諦三&坂井眞。昨年他界した義父、遺言書が見つかり、夫に定期の500万のみ、残り全ては義妹にと書かれており、その遺産、約2億弱。遺留分として4分の1をもらう。6年前までの20年間、夫は義父の仕事を手伝ってきたが、親子間のいさかいからクビ、会社と家を追い出される。女々しい夫は愚痴ばかり。どう慰めればいいのか。

テレフォン人生相談2017年1月5日(木)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:57歳女性 夫61歳(単身赴任中) 娘2人(独立し別に暮らしている) 長女24歳 次女21歳 8年前に義母他界 昨年義父他界

加藤諦三氏の〆の言葉『愚痴と後悔は、意思を持たない人の専売特許です』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

もしもし?(加藤諦三)
あ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
よろしくお願い致します。(相談者)

はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)
わたしは、57歳です。(相談者)
57歳・・えーっと、結婚してます?(加藤諦三)
はい。(相談者)
えー、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)
61歳です。(相談者)
61歳・・お子さんは?(加藤諦三)
娘が2人おりまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
長女が24歳。(相談者)
はい。(加藤諦三)
次女が21歳。(相談者)
はい。(加藤諦三)
独立して別に暮らしております。(相談者)

そうすると今、お二人で暮らしているんですか?ご主人と・・(加藤諦三)
えっと・・主人は、単身赴任で、仕事しておりますんで・・(相談者)
あ、はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、お一人で、暮らしているんですね?(加藤諦三)
はい、そうです、はい。(相談者)
で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

義父の遺言

昨年、義父が亡くなったんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
で、義母は・・その8年ほど前に、亡くなっております。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで・・ま、遺産相続が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あったんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

遺産の・・内容言いますと・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ、長男に・・あっ、主人は・・妹と2人兄弟です。(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、長男に、500万円、定期・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
その他すべてを・・(相談者)

長女に、継がせる。(相談者)
はい。(加藤諦三)
で・・会社をやっていたんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

会社は・・えー、自分が亡くなった後には、解散とする。(相談者)
はい。(加藤諦三)
ということが書かれてありました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

で・・実を申します・・(相談者)
この、すべてを長女に任せるっていうのは、妹さんの話しですね?(加藤諦三)
そうです、はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで・・あのぅ・・実を言いますと・・(相談者)

6年ほど前までは・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
その20年・・ぐらい前から・・(相談者)

夫が、義父の会社を・・手伝って・・一緒にやっておりました。(相談者)
・・はい。(加藤諦三)

それで、そのぅ、6年ほど前に・・(相談者)

親子の間で・・(相談者)
ん?(加藤諦三)
いさかいがあったので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

突然、あの、クビになりました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで・・あの当時・・一応、義母が亡くなってから・・専務という肩書きだけを、もらっていましたので・・(相談者)

あの、役員のため、失業保険も、何もなしで・・(相談者)
あ、あの・・義母が・・あの、亡くなってから、専務という、立場っていうのは・・誰が専務?ち・・あなたの・・(加藤諦三)
主人です、主人です、ごめんなさい。(相談者)
ご主人・・ご主人が・・せ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あの、専務ということですね、はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・に・・だったんです・・ので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
失業保険も、一切なしで・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

わたし達は、まあ・・路頭に迷うことに・・なったわけですよ。(相談者)

はい。(加藤諦三)
それで・・わたしとしましては・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、いつか・・(相談者)

お義父さんの・・(相談者)

あの、気持ちが変わって・・和解する日が来るだろうということで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・様子を見ていたんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで・・まあ・・(相談者)

義父と、妹で・・(相談者)

会社を、続けて、いたんですけれども・・(相談者)
はい。(相談者)

それでまあ、5年ほど経ちまして、昨年・・(相談者)

義父が、亡くなりまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・その遺言が、出てき・・きたんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

愚痴り続ける夫を、どう慰めるか

で、やはり主人にしますと・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
自分が、20年間手伝ってきた・・会社で・・を・・(相談者)

20年間という・・あの、正確に言うと、14年・・っていうことですね?(加藤諦三)
いえ、ごめんなさい、その、クビになるまで20年間です。(相談者)
あ、クビになるまで、20年間・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
それが・・6年前の話しっていうことですね?(加藤諦三)
そうです、はい。(相談者)
はいはい、わかりました、はい。(加藤諦三)

を、やってきたのに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

とても、悔しい思いが・・あります。(相談者)
ええ。(加藤諦三)
そして・・そのぅ・・(相談者)

自分には・・500万円の定期・・(相談者)

一つということで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
その他、全てっていうのは・・まあ、おおよそ・・2億弱の、財産があります。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それを、全て、娘の方にやる・・っと書かれたこと。(相談者)
はい。(加藤諦三)
それは・・「俺は、500万の価値しかなかったのか?」っていう・・主人の気持ちですよね。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

あのぅ・・遺留分を請求しまして、実際には4分の1をいただいたんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そう書かれたっていうことの・・(相談者)

ああ、はあ、はあ・・(加藤諦三)
悔しさで・・(相談者)
あ・・(加藤諦三)
その他、全てをっていう・・書かれてあったので・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

妹は・・(相談者)

家も・・(相談者)

墓も・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
全部、自分が、継ぐと言い出したわけです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで・・その、主人は・・悔しいわけですよね。(相談者)

・・はい、はい。(加藤諦三)
長男で・・あるのに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

何も悪いこともしていないのに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

会社を追い出され・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
家を追い出され・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・墓までも・・(相談者)

妹に、とられて・・っていうことで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

この何年間、ずーっと、ま、愚痴り続けるわけですよね、わたしに対して。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで・・(相談者)

そのまぁ、本当に本人の気持ちになったら、大変だっていうことは、よくわかるので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ、聞いてきたんですけども、やはり私も人間なので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
いつもいつも、そういう話を聞かされると・・もう「しょうがないじゃん」(相談者)

あっそう・・(加藤諦三)
「だって、しょうがないじゃん」っていうふうなことで・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

うん、夫婦喧嘩に・・なっていく・・っていう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
日常なわけですよ。(相談者)
はい、はいはい。(加藤諦三)

それで・・まあ、終わってしまったことは、仕方がないんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

これから・・夫を、どうやって慰めて・・(相談者)

いったらよいか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
っていうことを・・(相談者)

お聞きしたいんですよね。(相談者)
ああ・・(加藤諦三)

自分の意思を貫けない、女々しい夫

それで、あなたから見て・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そのぅ、あなたのご主人の性格っていうのは、どうですか?(加藤諦三)

えぇ、まぁ、一言で言うと、女みたいだなという感じ(笑いながら)・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)
やっぱり、愚痴が・・多い・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

そして・・そうですね、決断・・(相談者)

が、なかなか、できなくて・・(相談者)
できない。(加藤諦三)
人・・に言われる・・と・・そうかな?っていう感じで、動くので・・(相談者)

自分の・・意思で・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
動かな・・で、例えば・・(相談者)

進学や就職、そういう事を、決める・・時であたって・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
あ、父が、こう言ったから、母が、こう言ったから・・(相談者)
う、うん・・(加藤諦三)

お婆ちゃんが、こう言ったから・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

っていう感じで・・やっぱり、自分・・の、意思を貫かないので・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
生きてきた中にも・・満足感がなくて・・(相談者)
あっ、あ・・(加藤諦三)

凄い、正確にあなた、ご主人理解してるんだねぇ。(加藤諦三)
やっぱり、自分の意思で、動いて来ない人は・・(加藤諦三)

もう、60っていうか、50過ぎた頃から、もう、凄い・・(相談者)

生きている意味を見失うっていうか・・(相談者)
生きがいがない・・なくなりますよね。(加藤諦三)

はい・・(相談者)

で、結構、心配・・するでしょ、いろんなことを・・(加藤諦三)
そうですねぇ。(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

だから、心・・配はするし・・(相談者)

過去のことを、こう、いろいろ・・ま、ああだこうだ・・(相談者)

よく、「たられば」って言いますけどねぇ・・(加藤諦三)
んん・・(相談者)
愚痴を言う・・(加藤諦三)

そうすると、この人を、こう、あなたが・・どう慰めるか?っていうことですね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

これは、大変難しい・・あの・・ご相談だと、思いますけれどもですね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

今日はその・・相続のこと・・遺産相続のことを含めて、いろんな、問題が絡んでおり・・いると思いますので・・(加藤諦三)
あの、スタジオに、弁護士のですね、坂井眞先生がいらしているので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク