好きなら夫の浮気に気付くはず

テレフォン人生相談
夫の浮気

テレフォン人生相談2016年8月10日は、加藤諦三&大迫恵美子。1ヶ月前に夫の浮気が判明、もう二度としないと誓約書を書かせる。しかしその後、2週間前に、別の女性との浮気のメールを見つける。夫はメールの解釈の間違いだと言い訳するも、浮気を認める。同時に2年間、浮気されていた。離婚を考えているわけではないが、楽しく暮らしていたのにどう対処すればいいか途方に暮れる相談者。大迫恵美子は、本当に好きなら辛過ぎるはずと、夫を好きではないと指摘、好きなら浮気のセンサーが働くはずだが、2人同時に浮気されても働いていない。夫婦とは、こうでなければならないという規範意識で行動と加藤諦三。

テレフォン人生相談2016年8月10日(水)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:44歳女性 夫46歳 長男17歳 次男11歳

加藤諦三氏の〆の言葉『自我同一性の危機が、浮気という形で表現されてきています』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

44歳の女性から、夫は46歳、子供は17歳の男の子と11歳の男の子。

二度の夫の浮気

1ヶ月前に、えっと、主人の浮気がわかりました。(相談者)
はい・・(加藤諦三)
はい、で、その時、気持ちが、ちょっと納得がいかなかったので・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

誓約書を書いて欲しいと言って、あの、誓約書を書いてもらいました。(相談者)
はい・・(加藤諦三)
で、主人は、あの、もう二度としない事だから、どんな事でも書くよと言って、サインしてもらいました。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、その後なんですけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
えーっと、2週間ぐらい前に・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

別の人との・・浮気の証拠になるようなメールのやり取りを、見つけました。(相談者)

浮気メールの言い訳

で、この・・2週間後に見つかったという、浮気の相手は、ま・・とは、どういう・・話しになったんですか・・あなたとは?(加藤諦三)

あ、えっと、昨日なんですけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
えっと、それを・・メールのやりとりを・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

主人に・・見せました。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
そうすると、私の、誤解というか・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

私が違うように、解釈していると言われました。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
それがですね・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

えっと、3年・・半ぐらい前から・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
半年間くらいの・・内容です。(相談者)

あ、今はそうすると、この人とは切れてるんですか?(加藤諦三)
そこは、わからなくて・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
今は・・ラインとかの・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

そういうのを使って、連絡しているようです。(相談者)

同時に2年間付き合う

はい・・それで先ほど、その、お前の誤解だって・・言ったのは・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

あなたの誤解という可能性は、ないん・・ですね?(加藤諦三)
はい・・(相談者)
例えば、どういうことをその・・「そりゃあ、お前の誤解だよ」・・っていうふうに・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

一つなんか例・・教えてもらえます?(加藤諦三)
あぁ・・えっと、ホテルに行こうとか・・(相談者)
はいはいはい・・(加藤諦三)
そういう内容です。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

わかりました、そうすると、この・・メールの方とは、3年半前からっていうのはわかりましたけれど、最初のね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

1ヶ月前ぐらいっていう・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
人は、これはどのくらい続いたんですか?(加藤諦三)

あ、それは・・相手からの・・メールを見ることができて・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
1年くらい・・だったようです。(相談者)
2年くらいね・・(加藤諦三)
はい(※何度聞いても1年くらいと言っているが、2年でまとまる)・・(加藤諦三)

そうすると・・2年くらいの間は・・2人と、浮気をしていたというふうに、考え・・られるわけですね?(加藤諦三)

一応、考えられるんですけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
本人に・・そこのところを聞くと・・絶対に喋りません。(相談者)

浮気を認める

うん・・最初の、話した人については、もう・・二度とこんなことをしないと言っていた・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

そいで、2週間前に・・もう一人、別の人がいるのがわかったと・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
で、この人については、明らかに浮気してるんだけども、本人は認めていないということですね。(加藤諦三)

あ、そうなんですけど・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
あの、本当に、真剣に聞いているから・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あの・・私の目を見て・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
答えて?と聞きました。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

そしたら・・あの、ごめんなさいと認めました。(相談者)
あ、そうすると、誤解だって言っていた、この・・二人目の人の話しも、認めたわけですね?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

この事態が信じられない

うーん・・で、この二人の事件・・こういう浮気の問題っていうのは、今回が、初めてですか?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

ほいで、あの・・ご主人は、仕事は非常に真面目にやってる方ね?(加藤諦三)
すごく真面目です。(相談者)
凄い真面目ですね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

うん・・で、あなたからすると・・そういうことはちょっと、想像できない?(加藤諦三)
はい・・(相談者)
かった、という・・ことですね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

うん・・そいで、今日のあなたの相談というのは・・まあ、こういうように、この浮気ということが・・はっきりしてきたと・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

で、まあ、この二つの事件で、あなたは、もう夫を信用できなくなった、ということ?(加藤諦三)
そうですね、しん・・なん・・あれだけ、あの・・真剣に謝って・・もらったのに・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

なんで・・こういうことになるのかなっていう・・(相談者)
うん、そうすると、別にこういうことがあったから、もう離婚を考えるっていう・・ことではないんですか・・今は?(加藤諦三)

私は・・あの、毎日楽しく・・暮らしてたと、思ってたんです。(相談者)

で、子供達も・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
楽しそうだったし・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

だから・・私だけが、楽しかったのかな?って・・今、思うようになってます。(相談者)
すると、あなとしては・・今の状態が、どうも理解できないと・・(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
いうことですね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

したがって、理解できないから、どう対処していいかもわかんないと・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
ま、いうことですね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

はい・・今日は、まぁ、いろんな、この種の事件を含めて、経験の大変豊かな、弁護士の大迫恵美子先生がいらしているので・・(加藤諦三)
あ、はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

【おすすめ記事】



大迫恵美子アドバイス

もしもし。(大迫恵美子)
もしもし。(相談者)
はい。(大迫恵美子)
よろしくお願いしまーす。(相談者)

誓約書まで書いたのに

うーんっとですね・・あなたはその誓約書まで書いた・・彼の行動と・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
実は誓約書を書きながら、もう1人、別の女性がいたように思われると・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

いうことと・・この事で、悩んでるわけなんですね?(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
えー、一番、何が不思議なんですか?(大迫恵美子)

内容としてはですね。(相談者)
はい・・(大迫恵美子)
慰謝料の金額も・・(相談者)
はい・・(大迫恵美子)

もう二度としないことだから・・家にあるお金を全部って書いてもらっても・・自分は構わないと言って・・サインも・・したんですね。(相談者)

あの・・そのね、誓約書っていうのは・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
この・・まぁ、浮気が発覚した段階で・・結局その、離婚にならなければ・・(大迫恵美子)
うーん・・(相談者)

そこはまあ、なんとでもなると・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
いうふうに、思われてるかもしれませんよね。(大迫恵美子)
・・はい・・その通りだと思います。(相談者)

本当の夫の姿か

うーん、あのね、むしろね、私はね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
先ほどから、あなたのお話しを聞いていてね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

あー、あなたって本当に真面目な人だなぁって思って、ずっと聞いていたんですよ。(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

で、あなたという真面目な人が、あなたのフィルターを通して見ている、ご主人って・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

本当の、ご主人の姿・・だったのかな?っていうのが・・(大迫恵美子)
ああ・・(相談者)
少しね・・(大迫恵美子)
ああ・・そうですかね・・(相談者)

うーん・・ま、あの・・本当に、きちんと、家庭を守ってね・・(大迫恵美子)
あの・・お子さんを育てて・・こられたんだと思いますけど・・(大迫恵美子)

うーん、割と。そのあなたの、世界みたいな家庭を、お家で作ってね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

で、ご主人はまあ、そこを出たり入ったりしながら・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
あなたの・・真面目なご家庭に、取り込まれることがなく・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

うー、外は外でっていうようなね・・要するに、家に入ってきた時は・・あなたに見せなければ・・いいということで・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

嗅覚が働かない

で、あなたは真面目なので・・あの、嗅覚が働かないんだと思うんですよね。(大迫恵美子)
はあ・・?(相談者)

あの、だいたいね(笑いながら)・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
多くの奥さんは・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

ご主人が浮気すると、気付くんですよ。(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
でもまあ、あなたのお話だとね・・まあ、あなたの勘が正しければ・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

二人・・外にいた時も、あったかもしれないわけでしょ?(大迫恵美子)
そうですね、はい。(相談者)
うん・・それなのに、あなたのセンサーが、全然働いてないっていうのが・・(大迫恵美子)
あはははは(笑う)・・(相談者)

ああ、ちょっと、あなたが真面目過ぎるなぁっていうのが、私の印象なんですよ。(大迫恵美子)
あ、なるほど。(相談者)

うん、だから、全然ご主人からすると、あなたは楽勝っていう・・(大迫恵美子)
あはははは(笑う)・・(相談者)
ふふふ(笑う)・・のね、奥さんだったかもしれない・・ですよね。(大迫恵美子)
そうなんですね(笑いながら)・・はい。(相談者)

はあ(ため息?)・・(相談者)
うん、だからそういう意味ではね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
あの・・まあ、なかなかこんなに、おっとりした、奥さんは、今、珍しいなぁっていう・・印象ですよ・・(大迫恵美子)
あははは、あははは・・(相談者)

夫の事が好きでない

本当にね、あの、世間の奥様ってね、ご主人を・・もの凄く細かく・・あの、見ていてね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

で、たちまち気付くっていう人が、多いんですよ。(大迫恵美子)
そうなんですね。(相談者)
ええ・・(大迫恵美子)

あのね、まあ、私はね、その嗅覚が・・センサーが働かない奥さんっていうのは・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
普通はね、ご主人のこと、好きじゃないんだと思っていたんです。(大迫恵美子)
はい・・はい・・(相談者)

ん・・でも、あなた、ご主人のこと好きなんですか?(大迫恵美子)
好きじゃなかったから・・なんか主人の行動を・・きちんと、見てなかったのかなぁって・・(相談者)
ちょっと、思いました。(相談者)

うーん・・(大迫恵美子)
なんか、自分・・が、好きというか、自分が、良ければよかったのかなぁって・・(相談者)

その自分の、家庭の中が、幸せだったら・・主人が、別に・・外で、何してようが・・そんなに関心を持ってなかったのかなぁって・・(相談者)

好きだったら辛い

あのね・・まあそれは、ちょっとあなた、今、考えなくちゃいけないですよね・・ご主人のこと、どう思ってるのかとかね。(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

あるいはまあ・・ま、この年齢ですから・・あなたの人生でも、今・・まあ・・うーん、ひとつのなんか、ターニングポイントっていうかね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

これからの人生も、まだ、たくさんあるし・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
今までの人生で、積み重ねてきたものも、それなりにあるし・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

この時点で、これからの自分の人生を、どう考えるのかをね・・本当に、よくよく考えなきゃいけない、年頃だと思うんですけど・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

まあ、あの、変な言い方ですけどね・・あんたが今、あ、自分の夫のことを、好きだったのかな?って思う感じ・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

もし、あ、好きじゃ・・それほど好きじゃなかったんだなっていう結論に、近づいていったら・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

ご主人を許して・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
ご主人と一緒に、また続けてね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

家庭を・・やってくの、楽ちんですよ。(大迫恵美子)

好きだったらね、辛いと思う、とても・・(大迫恵美子)

そうですね・・(相談者)
うん・・これを忘れて・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
まあ、忘れられないですけど・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

まぁ、許してね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
時々、思い出して、辛い思いしながら続けていくのは・・大変ですよ。(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

うん、好きじゃない方が、楽ちんだと思う。(大迫恵美子)

そうですね。(相談者)
うん・・(大迫恵美子)
そういう・・ふうに・・はい・・(相談者)

加藤諦三まとめ

あの今、大迫先生から、いいアドバイスいただいてね。(加藤諦三)
はい・・はい・・(相談者)

人を好きになったことはない

で、あなた・・その、主人が好きではないかもしれないって・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
ちょっと言いましたけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

あなた、主人ばっかりじゃなくて・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
おそらく・・人を好きになったことはないですね。(加藤諦三)
・・はあ・・(相談者)

だから・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
あなたが・・家庭が好き・・楽しかったっていうのは・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

楽しいと思わなければいけなかったんでしょう?(加藤諦三)
・・はあ・・(相談者)

感情より先に・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
規範意識があって、この・・ここでは、こういうふうに感じるはずだ・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

これは、こういうふうに感じるはずだということで・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
あなた自身の感情っていうのは、なんにもなかった・・(加藤諦三)
・・うーん・・(相談者)

偽りの自分

で実は、ご主人・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
も、ずーっと本当の自分では、生きてこなかったんですよ。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

ご主人は全く・・偽りの自分で、ずーっと生きてきたんでしょうね。(加藤諦三)
・・はい・・(相談者)
そして、あなたも・・本当の自分を・・一度も生きた事がない。(加藤諦三)

そうかもしれないです。(相談者)
ですから・・普通であれば・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

ここで問題は、起きてるんです。(加藤諦三)
ご主人は・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
二人・・女性が外にいるわけですから。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

だけど、何にも起きないんですよ。(加藤諦三)
生々しい人間関係・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
あの、感情が誰にもないから。(加藤諦三)

普通、どっちかが、自然な感情持ってたら、もっと早く破綻してます。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

自分を誤魔化して生きてきたことを認める

じゃあ、どうしたら?(相談者)

いいでしょうか・・(相談者)

どうしたらいいでしょうかって、今そ・・そこなんです・・ね。(加藤諦三)

まず、第一に・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
今までの自分が、おかしかったってことは・・・認める?(加藤諦三)
・・はい・・(相談者)

ずーっと、自分を、誤魔化して生きてきた・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

だからこれ、大変なんですけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

今、ご主人にも・・その事を話して・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

私達、おかしかったんじゃない?と・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

いうところから、出発できません?(加藤諦三)

単に、浮気の処理の問題ではないんです、これ。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

44歳と46歳という、40・・年以上の人生の、長い人生の蓄積の生き方の結果が、今こうなってるんですよ。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

わかりました・・(相談者)

今日、主人に話します。(相談者)

そうですね。(加藤諦三)

ありがとうございます。(相談者)
これでもう・・出発できます、あなたね・・これでちょっと・・いえ、違いますって言われると、ちょっと・・しんどいんですけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

なんか全部、わかったみたいですから・・(加藤諦三)
ありがとうございます。(相談者)
第二の・・誕生日です。(加藤諦三)

がんばります。(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
はい、失礼します。(相談者)

管理人のちょっとひと言

ここまで言い切れるものなのか?
「おそらく・・人を好きになったことはないですね」
うーん、相談者、納得してない感じだけど、「わかったみたいですから」って言っているので

編集でカットされた部分に裏付けられる言葉があったんでしょうか?
加藤先生のアドバイス通りに、「主人に話します」って言ってもいますしね。
ただ、口調やトーンは、そんな感じじゃないんですけど・・・

それにね、ここに居もしない、旦那のことを決めつけるのは、どうかな?って思うけどな。
まあ、現状からの分析でも、そうなったのかもしれないけどね。
偽りの自分を生きてきたってやつ。

それとさ、仕事が真面目でも、女性にだらしないって人、滅茶苦茶たくさん知ってますがね。
それで離婚とかって、普通にアルアルですな。
なんて言うのか、仕事と私生活って、合致しませんけど・・・。

ということで、申し訳ないけど、今回のアドバイスは、どうなんだろう?って思う。

でもね、大迫先生のアドバイスは良かったよね!
弱い者の味方を、真っ直ぐに突き進んだ感じ。
大迫先生の第一優先は、相談者ではなく、当然、旦那でもなく、二人の子供。

おそらく、11歳の次男かな。
だから、遠回しに相談者の事、「好きだったらね、辛いと思う」だって。
つまり、旦那の事、好きじゃないだろうから、楽ちんだってね。

それなら、子供達の為にも、我慢しろよってことかな。
好きじゃなければ、家庭をやってくの、楽ちんだってね。
もちろん、相談者の年齢からも、それならその方がいいってことかな。

まあ、旦那は多分、バレてない浮気は、たくさんあるだろうし、これからもやり続けるかな。
だってさ、もうちょっと慎重に行動すれば、バレないんだから。
今回の事だって、どうやって芋づる式に見つかったのか、わかんないけど。

メールっていうんだから、携帯電話って線が濃厚かな。
油断し過ぎだよ、旦那さん。
証拠を残しておくから、こうなる。

で、ラインって方法を、只今、実践中ってことでしょうか。

人を好きになったことないっていうのが、本当なら。
相当に、大変だと思うし、年齢的にもどうなんでしょう?
生まれ変わって、成熟する前に・・・無駄にならない?

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.