テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大原敬子アドバイス

こんにちは。(大原敬子)

あっ、よろしくお願いします。(相談者)

たぶん、息子さんはですねぇ・・(大原敬子)
ふぅ(大きく息を吐く)・・はぁい・・(相談者)

・・

自分自身が・・(大原敬子)

はい。(相談者)
まだ・・(大原敬子)

親のすねをかじってますよねぇ。(大原敬子)
はい。(相談者)
働いていても・・(大原敬子)

はい。(相談者)
だって、あなた・・(大原敬子)

お弁当、持ってったり・・(大原敬子)
はい。(相談者)
「勝手にしなさい!」っていう、タイプですからねぇ、あなたは。(大原敬子)

あっはははは・・(相談者)

もう見ない・・チャイルドシート、嫌、こんなの見ない、見ない・・(大原敬子)
ああ・・ん、いやぁ~ん・・(相談者)
ってやってるわけでしょう?(大原敬子)
うん・・(相談者)
そういうお母さん。(大原敬子)
うん・・(相談者)
息子を、まだ子供と思っています、あなたは。(大原敬子)
うん・・うん・・(相談者)

息子さんは・・(大原敬子)

21歳で・・(大原敬子)

その子と、結婚するしないは、抜きにして・・(大原敬子)

偉いなぁ・・って。(大原敬子)

事実、わたしは、こういう子供産んだの。(大原敬子)

・・

相手の男性と、こういう関係だったの。(大原敬子)

・・

自分の生き様を、しっかり喋ってますよね。(大原敬子)
・・
いい悪い、抜きですよ。(大原敬子)

はい・・(相談者)

そして・・子供を・・(大原敬子)

・・

・・

自分で・・(大原敬子)

・・

育てている・・(大原敬子)

・・

・・

21歳です。(大原敬子)

・・

・・

はい・・(相談者)
これが・・(大原敬子)
・・
僕と同じ年齢の子だろうか?と思った時に・・(大原敬子)

はぁい・・(相談者)
惹かれるものがありますよねぇ?(大原敬子)

・・

ウン・・(相談者)

・・

惹かれるんだ・・(相談者)

いや、惹かれませんか?(大原敬子)

助けようとか、そういう・・(相談者)

・・

っていうんですかねぇ・・(相談者)
あなた、なんでそこまで行っちゃうの?(大原敬子)
・・
ふっ・・(相談者)
いや、もうあなた・・(大原敬子)
ははは・・(相談者)
あなたはもう・・そこ・・(大原敬子)
ええ・・?!・・はははは・・(相談者)
どうーしてそこまで行っちゃうの?(大原敬子)

ええ・・?!・・はははは・・(相談者)
だいたいですねぇ・・(大原敬子)

勝手にしなさいって方はねぇ・・(大原敬子)

自分の世界観に、押し付けちゃうんです、子供を。(大原敬子)

うーーん・・(相談者)

でぇ、子供が勝手にするとねぇ、もう許せないの。(大原敬子)

よくもわたしのその、感情を逆撫でたって怒るんですよ。(大原敬子)

あ・・ん・・(相談者)
「でも、お母さん、勝手にしなさい」って、言ったでしょ・・って言ったら・・(大原敬子)
・・
「この、反抗期」ってなるんですよ。(大原敬子)

今のお母さん・・って。(相談者)
あぁ・・(相談者)

今のお母さんの・・この子の、坊やちゃんとの関係は・・(大原敬子)

はい。(相談者)
勝手にしなさい・・って教育論(?)ですよね、間違いなく。(大原敬子)

・・

ぁぁ・・(相談者)

(この間、編集でカット)

このお子さん、ほんとに素直にしゃべてますよ。(大原敬子)

・・

・・

うん・・(相談者)

なん・・のねぇ・・(大原敬子)

・・

曇りもなく話してますよねぇ。(大原敬子)

はぁぁ・・(相談者)
その曇りの・・ないお子さんを・・あなたがしっかりと・・曇りガラスにさせちゃったの。(大原敬子)

・・

あぁ・・(相談者)
そして・・これは、あの女のがいけない・・になるんですよ、あなたみたいなお母さんは・・(大原敬子)
ああ・・(相談者)
キツイけど。(大原敬子)
思・・思った・・あはは・・(相談者)

違う、違う、だって・・(大原敬子)

思います・・(相談者)
最初の段階・・あなたがしたんです、あの女に。(大原敬子)
ええ・・(相談者)

あーん・・(相談者)
だって、最初の段階、息子さん、隠れたわけじゃないじゃないですか、息子さん。(大原敬子)

・・

そう・・ですねぇ・・(相談者)
全部、しゃべってるじゃないですか・・(大原敬子)

・・

・・

いや・・そう・・(相談者)
お母さんに・・(大原敬子)
そうなんだよねぇ・・(相談者)

・・

そうですよ・・(大原敬子)

どうすんの、ここまでしちゃって?(大原敬子)

曇りガラスの子供の心にしてしまって。(大原敬子)

自分でしょ・・これ?(大原敬子)

悪い事しちゃったなぁ・・(相談者)

・・

悪いことしちゃったなぁ・・(大原敬子)
ふははは・・(相談者)
認めます?(大原敬子)
・・
ふふっ・・うん・・(相談者)

・・

・・

そうだよねぇ・・(相談者)

・・

そう・・(大原敬子)

・・

あと、どんなことしちゃったの?(大原敬子)

・・

「悪い事しちゃったなぁ」・・っていうのは?(大原敬子)

これだけじゃないですよねぇ・・っていうことは。(大原敬子)

ひ・・日々・・(大原敬子)

そのお嬢さんと・・デートの、そのチャイルドシート以来・・(大原敬子)

あなたは息子さんに、どういう対応をしたの?(大原敬子)

・・

ご飯・・作んなかったり・・(相談者)

悪い事しちゃったねぇ・・(大原敬子)
あははは・・(相談者)
ねえ。(大原敬子)
****・・(相談者)
おやつをあげないって、あなた、大変よ・・(大原敬子)
だって・・ふふふ・・(相談者)
それでぇ?(大原敬子)

どうせ、遊んでくるんだろうなぁ・・とか・・(相談者)
ねぇ・・(大原敬子)

ぁ、いるんですよ、教育ママは・・(大原敬子)

どうせ、遊んでくるならばね・・(大原敬子)
うん・・ふふふふ・・(相談者)
もう・・ご飯もなにも、あげない・・(大原敬子)
ご飯・・ご飯作るのもいいや、作んなくても・・(相談者)
女の感情、そのもの。(大原敬子)

今日は・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)
もう、とにかく、息子さんの冷たさが、あなたに耐えられないんです、今日。(大原敬子)

・・

はぁい・・(相談者)

違う?(大原敬子)

寂しい・・(大原敬子)

・・

・・

うん・・(相談者)

ねえ。(大原敬子)

はぁい。(相談者)
それを、全部、矛先変えて・・あの21歳の娘さんが・・ってなってるんですよ。(大原敬子)

・・

うん・・(相談者)
もう、全部抜きにして・・(大原敬子)

曇ったガラス、どうするか?って・・(大原敬子)
・・
母の愛で、できるんです。(大原敬子)

・・

はぁい。(相談者)
やったことは・・あなたは・・(大原敬子)

息子さんに、謝ることないですよ。(大原敬子)

お母さんとして・・(大原敬子)

裸のまんまのお母さんと息子さん来てるわけですから、今日まで。(大原敬子)

・・

あれは、間違えていないと・・(大原敬子)

うん・・(相談者)
自分では、思っているけれども・・(大原敬子)

時間が経つにつれて・・(大原敬子)

もっと、話しを聞いてあげれば良かったな・・って。(大原敬子)

・・

・・

ご飯をねぇ・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)
出さなかったことは、キツかったな・・って。(大原敬子)

親としては、やってはいけなかったな・・って。(大原敬子)

一番、可愛い息子だったんだから・・って。(大原敬子)

じゃあ、どうしようか?(大原敬子)

・・

・・

今は黙って・・「お帰り」ってメモを書いて・・(大原敬子)

はい。(相談者)
おにぎり置いとく。(大原敬子)

はい。(相談者)

次の日、食べてなくっても・・(大原敬子)

うん・・(相談者)
そのまま置いとく。(大原敬子)
・・
次は、お味噌汁、置くんです。(相談者)

はぁい。(相談者)
おにぎりにしないのよ。(大原敬子)

はい・・(相談者)

ずーっと逃げるお母さん、いるんですよ。(大原敬子)

・・

・・

子供、イラつくの、すごく。(大原敬子)

なんかお母さん・・(大原敬子)
・・
はぁ・・(相談者)
相手の・・(大原敬子)

・・

大きなものじゃない・・ほんの小さなものなんですよ。(大原敬子)

はぁい。(相談者)

それを・・繰り返していくと、この息子さんは・・(大原敬子)

四日も経たないうちに・・(大原敬子)

いいよ・・あんな無理しなくてとか・・(大原敬子)

ねぇ・・(大原敬子)

うん・・(相談者)

わかってるから・・って。(大原敬子)

絶対、歩み寄ってきます。(大原敬子)

はい。(相談者)
そっからです、あなた。(大原敬子)

はい。(相談者)
もう一回、仕切り直しは。(大原敬子)

わかってる?(大原敬子)
わかりました。(相談者)

はぁい。(相談者)
今日の問題、誰が作ったの?(大原敬子)

・・

わたし。(相談者)

あっはははは・・(相談者)
どういうことを作ったの?あなた・・(大原敬子)
わたしです。(相談者)
わたしです。(大原敬子)
はい・・ふふふ・・(相談者)

ふふっ・・(相談者)

わたし・・(相談者)
何を気を付けるの?(大原敬子)

・・

マニュアル通りには・・いかないってこと・・(相談者)

でぇ・・(相談者)
なに?マニュアル通りって?(大原敬子)

え?それ、子供・・(相談者)
・・
っていうのは・・(相談者)

・・

・・

いや・・(大原敬子)
ふふふふ・・(相談者)
このお子さん・・(大原敬子)
・・
順調にいってますよ。(大原敬子)

・・

うん・・だけど・・(相談者)
なぜかって言うと・・(大原敬子)

全てを喋ってるから。(大原敬子)

・・

・・

うん・・(相談者)

・・

しゃべってくれたんですよねぇ・・(相談者)
あなたを信・・そう、信じたんです、このおか・・お子さんは。(大原敬子)

そっか・・(相談者)
ほんとに信じてしゃべったら・・(大原敬子)

なんだ、お母さん・・(大原敬子)

僕の、そこまでを信じてるのに・・(大原敬子)

だから言ったのよ・・(大原敬子)
・・
「マジかよ?」って。(大原敬子)

「そんなに重要なの?」・・って言ったの、そこなんです。(大原敬子)

だから、本人にとったら・・もうほんとに・・青天の霹靂なんです、(大原敬子)

・・

うん・・(相談者)

・・

でぇ、「えっ?」って、言った間に・・ご飯はなくなっちゃうわ・・(大原敬子)

・・

あはっ・・ふふふ・・(相談者)
もう、兵糧攻めで、ひどいものですよね。(大原敬子)
あはっ、あはっ、あはっ・・(相談者)
ねえ、でも言えることはねぇ・・あなたが、息子さんを好きだってわかりました。(大原敬子)

うん・・(相談者)
すごく好きだってことが。(大原敬子)

はぁい。(相談者)
夫よりも好きですよ、きっと。(大原敬子)

・・

・・

だから、逆上したんです。(大原敬子)

はぁ・・ん・・(大原敬子)

それを、あなた認識すれば・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)

あなたの愛でね・・(大原敬子)

はい。(相談者)
もう、最初は純粋なお子さんでしたから・・(大原敬子)

・・

・・

もう、絶対にこれからですねぇ、もう、どんなことがあっても・・(大原敬子)

食べ物だけは・・(大原敬子)

・・

**切っちゃだめよ。(大原敬子)

はぁい・・わかりました。(相談者)
ねえ。(大原敬子)

はぁい。(相談者)

今から間に合いますから。(大原敬子)

はい。(相談者)
その後、息子さんと・・じっくり話すことですよ。(大原敬子)

はぁい、わかりました。(相談者)
ね、先生、いかがでしょうか?(大原敬子)
・・
ええ・・(加藤諦三)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1.  加藤先生の仰せのとおり ご相談者さん 一つの価値観にとらわれていますネ!
     柔軟に対応し  次は 子供も一緒に  などと言う 対応だったら なごむのになぁ。