テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年11月9日(木)は、ドリアン助川&坂井眞。一人暮らしの姉が半年前に他界。マンションは引き払い、荷物は田舎へ引き揚げることに。そんな折、日本年金機構から未収年金の手続きのハガキが届く。社会保険事務所へ出向いたりして手続きするも、支払済で払えないとのこと。理由を聞いても個人情報で教えてもらえない。なぜ未支給年金の案内が来たのか?年金が受取れないのが納得できない。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:74歳男性 姉80歳(マンションに一人暮らしで半年前に他界・最初の結婚で子供2人・再婚した相手とは子供なし)

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)
あ、大変お世話になります。(相談者)
あ、よろしお願いします。(ドリアン助川)
よろしく、お願い致します。(相談者)

今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)
えーっと、実はあのぅ・・(相談者)

わたしの実の・・姉の・・(相談者)

年金の、ことについてちょっと・・(相談者)

わからないことがあるもんで・・教えて、いただきたいと思ってお電話・・差し上げました。(相談者)
お姉さんの年金?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

はい、えーっと、あなた様おいくつですか?(ドリアン助川)

74です。(相談者)
74歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

お姉さんは?(ドリアン助川)

80です。(相談者)
80歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

未収年金

えーっと、具体的には、どういうことで?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
実はあのぅ・・わたしの姉が・・(相談者)

半年前に、ちょっと、亡くなりまして・・(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)

え・・それであの・・(相談者)

うーーんっと、一人暮らしだったんです。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

それで・・亡くなって・・(相談者)

あの、マンションに実は・・(相談者)

一人で住んでたんですけども、亡くなったもんで・・(相談者)

ぅ、全部、田舎の方へ、あのぅ・・(相談者)

荷物を・・(相談者)

・・

引き揚げたんですよ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そいでぇ・・(相談者)

うーーーんっと、しばらくしたらあのぅ・・日本年金機構さんの方から・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

未収年金の手続きをしてくださいね・・っていう、お葉書を・・(相談者)

いただいたんです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それで、あのぅ・・わたし、まったく、年金のことがあんまり詳しくなくて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

いろいろあのぅ・・社会保険事務所へ行ったりなんかして、聞いて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

書類を揃えて・・(相談者)

社会保険事務所で未収年金の・・(相談者)

手続きを・・済ませたんです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そしたらあのぅ・・日本年金機構さんの方から・・(相談者)

実は、あのぅ・・未収年金の・・(相談者)

ん、支払いの手続き、していただいたんだけど・・(相談者)

なんか、お支払い・・(相談者)

・・

できません・・っていうことで、またお葉書が来たんですよ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・・

・・・

なんで?・・ってこう・・で、せっかく、あんな思いして、手続きしたのに・・(相談者)

なんで・・来ないのかなぁ?・・と思って・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

社会保険事務所さんの方へ、また、わたしが出向きまして・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

聞いたら・・(相談者)

そのぅ・・わたしの姉の年金が・・(相談者)

なんかもう、その振込まれているってことなんですよ。(相談者)

お姉さん宛にですね?(ドリアン助川)
・・
ええ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

だから、わたしほら・・姉の年金がどうなってるか、まったく、わからないんですけども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

社会保険事務所さんの方で、そうやって言われました。(相談者)

はい。(ドリアン助川)
だからあなたが、み・・み、あの、未収年金の手続きしても・・(相談者)

おりないんですよ・・もう、振り込まれてるから、おりないんですよ・・って、そういう回答だったんです。(相談者)
はい、はい。(ドリアン助川)

でも、うちの姉が亡くなった後に・・(相談者)

日本年金機構さんの方から、手続きしてくださいねって、手紙が来たのに・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

じゃあ、その前に・・(相談者)

うちの姉が、もう、亡くなってるんだから、なんでこういうの、寄こしたのかなぁ・・と思って、もう・・(相談者)

不思議でしょうがなかったんですけども・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

そいでわたし・・(相談者)

どこも、ほら、うちの姉が、どこの銀行で・・(相談者)

年金受け取ってるかっていうの、わかりませんので・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

電話して・・実は、聞いたんです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そしたら、それは、個人情報だから・・(相談者)

教えられませんっていう・・電話なんですよ。(相談者)
教え・・はあぁ・・はいはい。(ドリアン助川)

だけど、きちっと入ってますって・・そういうことなんです。(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

・・

音信不通

ちょっとあのぅ・・わたしも・・ウン・・この辺りのことは、さっぱりわからない事ですので・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

話しを・・シンプルに、今から・・あのぅ・・整理しますとね。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

え・・6歳上の、お姉さんがいらっしゃった。(ドリアン助川)

でぇ・・お姉さんが、亡くなったわけですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
半年前に?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

でぇ、お姉さんの・・ま、受け取るべき年金。(ドリアン助川)

はい。(相談者)

え・・これが、未収・・ぅ・・(ドリアン助川)
未収年金。(相談者)

未収年金ですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

で、これ・・の、手続きをして下さいと・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

それで、え・・でも、大変な・・この事務処理をしたのに・・(ドリアン助川)

え、受け取れませんよ・・というのが来た。(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)

で、その、心はというと・・(ドリアン助川)

いや、実は・・え・・ン、ン、何月何日に、もう既に、振込んでると。(ドリアン助川)
そういうことなんです!(相談者)

じゃあその、振込んでる・・口座は、どこかということが・・(ドリアン助川)

え・・お姉さん、どこの銀行のどの口座か、それは、わからなかったってことですね?あなたにとっては。(ドリアン助川)
そうなんです、わたしは、まったくわかんないんです。(相談者)
わからない?(ドリアン助川)

ええ、それでねぇ・・(相談者)
そ・・ええ?(ドリアン助川)

電話したら・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ、わたしの姉が・・離婚してるんですよ。(相談者)
はい。(相談者)

あの、最初の結婚ですよねぇ・・(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

その時あのぅ、二人・・子供がいるんですよ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そいでぇ・・(相談者)

再婚してるんです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そんでその、再婚した夫との間には子供はいないんですよ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そうすると、その日本年金機構さんの・・方の話しだと・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

最初に・・(相談者)

ほら、結婚した時に二人、子供さんがいるから・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

この・・お姉さんの年金は、その子供さんが、受け取る権利があるんですって。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

で、実のわたしが弟でも・・(相談者)

・・・

・・・

受け取ることができないんですって。(相談者)

でぇ・・(ドリアン助川)

この・・お子さん二人というのは・・(ドリアン助川)

え・・あなたは、面識あるんですか?(ドリアン助川)
わたし、あの、一度だけ、あの、会ってるんですよ。(相談者)

今、おいくつですかね?お子さん。(ドリアン助川)
もう50・・過ぎてると思います。(相談者)

でぇ、それでわたし今・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
どこに住んでるかもわからないです。(相談者)

全くわからない?(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
連絡先もわからない?(ドリアン助川)
ええ、そんで姉が亡くなっても・・(相談者)

・・

わたしは、電話番号もなんも、まったくわかりませんので・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

位牌

いや、大変でした、ほんとに・・(相談者)
あのぅ・・もしもし?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

失礼ですけども・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)

このぅ・・(ドリアン助川)

ぅ・・ぅぅ、振り込まれた年金というのは、だいたい、額、わかります?(ドリアン助川)

その額は、わかんないんですよ。(相談者)

額もわかんない?(ドリアン助川)

あのぅ・・教えてくれないんです、いくら言っても・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

だいたい月が・・(相談者)

10・・3万、いくらぐらいですよ。(相談者)
13万、いくらぐらい?(ドリアン助川)
だから・・二ヵ月分が、入りますよねぇ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

だから、。まぁ、ざっと計算しても、20・・6万・・ぐらいじゃないですかぁ?(相談者)
あっ・・まぁ、そのぐらいのお金だと。(ドリアン助川)
うん・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

あのぅ・・(ドリアン助川)

ぁ、ぁ、あなた様としては、どうしたいんですか、今後?(ドリアン助川)

どうしたらいいって、もう、手続き全てやっちゃって、もらえないんだもん、どういうふうにしていいか、わかんないんで、それで・・(相談者)

電話したんですよ・・(相談者)

手続き・・頑張ったのに、もらえないんで・・(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)
憤懣やるかたないと?(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

あのぅ・・(ドリアン助川)
もう、その・・(相談者)

最初の姉の子供が、権利だって、だって、どこ居るんだかもわかんない、葬式も来ない・・(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
マンションの引き払いも、ぜーんぶ、わたしがやって、大変な金額が、実はかかってるんです。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

でも、それはいいんです・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あのぅ・・わたしの姉だから・・(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

ただ・・(相談者)

位牌を作ってやりたいんですよ。(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

位牌と、あと、戒名つけてくれた、お寺さんのご住職が・・(相談者)

わたしの・・なんかこう・・話しを聞いて・・(相談者)

「大変だったねぇ」・・って言ってあの、戒名代も、1円もとってくれないんですよ・・(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

だから・・気持ちをやっぱし・・(相談者)

やりたいもんで・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

それに使いたいと思って・・(相談者)
なるほど・・(ドリアン助川)
一生懸命、やってるんです。(相談者)

まぁ、これ、なんかその、お金の事も含めて、打開・・策が、あるか?ということですね?(ドリアン助川)
そうなんです。(相談者)

わかりました、え・・それでは、今日の先生、紹介いたします。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
弁護士の、坂井眞先生です。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク