テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年2月14日(火)は、今井通子&高橋龍太郎。都会で大学を卒業した娘が、偽名を使う50前後の男性と恋愛中。男と同棲する為なのか、高いマンションを借りようとしている。働いたこともない娘で、これまで月に20万以上の仕送りをしていた。アルバイトをしながら大学院を受験すると言うが、2度のチャンスを逃している。男とは会わせてもらえず、注意すると激怒し心を閉ざしてしまった。どうすれば娘が心を開いて接してくれるか。

パーソナリティ:今井通子
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:57歳女性 夫60歳 二人暮らし 長男28歳(外に出ている) 長女22歳(都会の大学に進学し卒業 大学院への進学希望)

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

※クリックすると、本ページ内の指定した場所へ移動します。
※「目次に戻る」をクリックすると、ここに移動します。

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

57歳の女性から、娘との接し方について、教えていただこうと思いました。

はい、あなたはおいくつですか?(今井通子)
はい、57です。(相談者)
57歳・・お嬢さん、おいくつ?(今井通子)
はい・・えーっと、娘は22です。(相談者)
22歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

御主人、いらっしゃいますか?(今井通子)
はい。(相談者)
おいくつですか?(今井通子)
60歳です。(相談者)
60歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

お子さんは、この22歳のお嬢さんだけ?(今井通子)
いえ、長男が・・(相談者)
はい。(今井通子)

28で、おります。(相談者)
28歳・・(今井通子)
はい。(相談者)
おたくにお住まいなのは・・(今井通子)
夫婦です。(相談者)
夫婦だけ?(今井通子)
はい。(相談者)

はい、そうです。(相談者)
ご長男・・外へ出てらっしゃる?(今井通子)
はい、出てます。(相談者)

あと・・お嬢さんは?(今井通子)

都会の方の大学・・に・・(相談者)
ああ、なるほど・・大学に、行ってらっしゃるのね?(今井通子)
ええ、あの・・卒業に・・なってしまったんですけれど・・(相談者)

そうなんです・・あの・・それで、ま・・そのことで・・(相談者)
あ、今年でもう、卒業されたっていう・・こと?(今井通子)
はい・・はい・・はい、そうです。(相談者)
わかりました。(今井通子)

偽名を使う男

それで・・(今井通子)
はい。(相談者)
はい・・お嬢さんのことは、どういったことでしょう?(今井通子)

偽名を使う男の人と、恋愛中なんです。(相談者)

偽名?(今井通子)

はい・・それで・・大学を卒業しまして、大学院に行きたい・・んですが・・(相談者)
はい。(今井通子)

いろいろあのぅ・・(相談者)
支障があったらしくて・・(相談者)

2ヶ月前・・とか、半年前の、あの、受験チャンスを逃したんです。(相談者)

それで・・フリーターをしながら・・(相談者)
また、大学院の試験を受けたいって・・(相談者)

本人が言うんです。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・すが、あの・・いろいろと・・こちらも、考えまして・・(相談者)

「限られたお金しか、仕送りはできないのよ」・・って・・(相談者)
はい。(今井通子)
い・・言ったところ・・(相談者)

予定のお金よりも・・さん・・(相談者)

フリーターにしては、あの、高過ぎる部屋を、彼が・・彼女のことを思って選んだのか・・(相談者)

そこ・・に、したいらしいんです。(相談者)

はい。(今井通子)
で・・彼女の・・ところに行った・・ら、メールボックスの中にですね、その、仮契約書の・・あの、書いてくれっていうものが、入ってまして・・(相談者)

わたしに、バレまして・・(相談者)

でぇ、その申込み用紙に・・保証人が、その偽名の男、契約者が娘の名前となってたんです。(相談者)

で・・(相談者)
はい。(今井通子)
それを、問い詰め・・て・・もうあのぅ・・その男とたぶん、同棲はするんではないかとか・・(相談者)

いろいろあの、考えまして、その・・わたしをその、男の人と、会いたいって言ったんですが・・(相談者)

あの、娘を通して頼んでもらったんですが、忙しいから会えない・・と・・(相談者)

でぇ、わたし・・は、娘から、次の日に、お母さんが居たら、息もしたくないと・・(相談者)

超過保護なのが嫌だと・・(相談者)

んで・・ただちに帰ってくれと・・(相談者)
わたしが、はん・・その男と別れるか、別れないか、判断すると・・(相談者)

もう、とにかく帰ってくれ・・(相談者)

って言われて、わたし・・帰ってきて・・る、今日この頃です、はい。(相談者)

はい。(今井通子)
で・・今度、あの・・娘とどのようにね・・接していったら・・いいのかなぁと思って・・お知恵・・(相談者)

下さればと思って電話しました。(相談者)

はい。(今井通子)

会わせてもらえない

はい。(相談者)
まずですね・・(今井通子)
ええ。(相談者)

ご本人は・・(今井通子)
はい。(相談者)

マンションの部屋を借りて・・(今井通子)

アルバイトかなんかをなさるわけ?(今井通子)
そうです。(相談者)

そ、それを・・(相談者)
ちなみに・・(今井通子)
ええ。(相談者)
その、今までは・・親御さん・・あなた・・たちから・・(今井通子)
はい・・はい。(相談者)

あの、いくらか仕送りはされてたの?(今井通子)
ああ・・全部、仕送りしておりました。(相談者)
アルバイトしたことない娘です。(相談者)

で・・(相談者)
じゃあ、仕送り、どれくらいされてたの?(今井通子)

ちょっと高いんで、17万です。(相談者)
17万円・・(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

17万円じゃ足らなくって・・(相談者)
うん。(今井通子)
お母さん、あと、2万円とかなんとかって・・言ってたから・・後半は、20万円以上は、いってたと思います。(相談者)

20万も?(今井通子)
はい。(相談者)
そして・・えー、大学院に行きたいっていうのは、もともとの・・(今井通子)
はい。(相談者)
お話だったの?(今井通子)

はい・・はい。(相談者)
それで・・大学院に行くってことは・・(今井通子)
はい。(相談者)
ご本人としては、諦めてないのね?(今井通子)

そうなんです。(相談者)
はい、それで・・(今井通子)

はい。(相談者)
フリータをしながらの、フリーターは・・(今井通子)
はい。(相談者)

これは・・何をされる・・つもりだって・・(今井通子)
まだなにも決まってないです・・(相談者)

そこで・・(今井通子)
はい。(相談者)
なにも決まってない・・のにも関わらず・・(今井通子)
あ・・そう・・(相談者)

お母様が見たら・・(今井通子)
はい。(相談者)
ちょっとかなり高いマンション?(今井通子)

9万円・・近くのマンションでした。(相談者)
9万円ぐらいね?(今井通子)

で、借りるにあたって・・(今井通子)
はい。(相談者)

あなたのお嬢さんのお名前で借ります・・(今井通子)
はい。(相談者)

だけれども・・(今井通子)
はい。(相談者)
保証人としては・・(今井通子)

こ、この人は、彼氏と言っていいの?(今井通子)

そうだと思います。(相談者)

彼氏ですって紹介されたの?(今井通子)

だからあの、会わせてくれって言っても、会わせてくれないし・・(相談者)

このぅ、男性の方っていうのは・・おいくつぐらい?(今井通子)

50前後だそうです。(相談者)

どこで知り合ったのかしら?(今井通子)

1年生の時に・・合コンかなにかで・・(相談者)
某大学の・・4年生っていう、偽って・・(相談者)

知り合いになったらしいです。(相談者)

んん・・ん・・(今井通子)

不審だらけ

それで・・ええ・・(相談者)
ってことは、50歳前後っていうのは・・(今井通子)

嘘?(今井通子)
本人・・本人が言うには、若く見えて、全然そんなあの・・(相談者)

大学生だと思ってたって言うんです。(相談者)

で、このぅ・・(今井通子)

ええ。(相談者)
そうするともう、1年生の時から、ずっと、お付き合いされてるわけね?(今井通子)
えぇ、それがですね、その、大学4年生で、就職するのに・・(相談者)

研修かなにかで・・外国に行かなきゃいけないと・・(相談者)

はい。(今井通子)

男が・・(相談者)
はい。(今井通子)
それで、あのぅ、3年ぐらいは・・LINEとか・・そういうやり取りをずっと・・してたようです。(相談者)

会わないで?(今井通子)

はい・・それであのぅ・・(相談者)

最初のうちは、あのぅ、不安なこととか、おかしいことを・・わ・・わたしとか、友達には・・あのぅ、相談のってもらって・・(相談者)

彼女はいたんですけれど・・(相談者)
ええ。(今井通子)

だんだんと、みんなが誰もが、そんなのは、おかしいから、やめろ、やめろって言われるせいか・・(相談者)

はい。(今井通子)
あの、わたしも本当に・・彼女の言葉だけ聞いてたら、その男の人、ちょっと・・(相談者)

不審だらけになってしまって・・よくない、よくないって言って・・(相談者)

しまったのが悪かったのか・・言わなくなって、自分の殻に、閉じこもるように、とうとうなっちゃったんですよね。(相談者)

その頃じゃあなに?・・どういう相談を受けてたんですか?(今井通子)

例えば、あの・・偽名だとか・・(相談者)

これはじゃあ、お嬢さんが偽名と言ってるの?(今井通子)

彼が偽名なのって、言ったらしいんです、そのうち本当の名前、教えてあげるねって言ったらしいんです。(相談者)

で・・(今井通子)
それから歳も・・誤魔化していると・・(相談者)
うん。(今井通子)

じゃあ、お嬢さんは・・(今井通子)
はい。(相談者)
その人が、どこに住んでて・・(今井通子)
ええ。(相談者)
どの会社に勤めてて・・(今井通子)

家族は、どんな人達でというのを、知ってらっしゃるの?(今井通子)

住所もあまり知らないみたいです。(相談者)

姪っ子と住んでいるようなこと、チラっと、言ってたようですけれど・・(相談者)

それも、わたし、わかりません。(相談者)

それで・・(今井通子)

はい。(相談者)
あなたとしては、その・・(今井通子)
はい。(相談者)

お嬢さんの、今後の全体の・・(今井通子)

はい。(相談者)
将来性っていうよりは・・(今井通子)
はい。(相談者)
この彼・・(今井通子)

と、お嬢さんが、付き合っていることについて・・(今井通子)
はい。(相談者)
心配で・・(今井通子)

もし・・(相談者)
なんとか・・(今井通子)

別れさせたいなと思ってるってこと?(今井通子)
いや・・(相談者)

別れさせたいけれど、別れないと思うんです。(相談者)

それで・・(相談者)

これからわたしは、どうやって、あの・・接したら・・娘は心開いて話してくれるのかと・・(相談者)

そういうことをお聞きしたいんですけれど・・(相談者)
わかりました。(今井通子)

はい。(相談者)
今日はですね、精神科医の・・(今井通子)
はい。(相談者)
高橋龍太郎先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)
ああ・・はい。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

目次に戻る

高橋龍太郎アドバイス

はじめまして、高橋です。(高橋龍太郎)
はじめま・・はい。(相談者)

修行と思え

えー、お困りのようですよね。(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
あのぅ、まぁ・・(高橋龍太郎)

えー、どう見ても・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
普通、大人の感覚からすると、怪しげな人物で・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
自分の、名前も、名のな・・名乗らない・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
年齢も不詳であると・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)

これ、姪っ子と叔父さんが、普通、住むなんてことあり得ないから・・(高橋龍太郎)

同棲相手がたぶん、いるんでしょう、既に。(高橋龍太郎)

ええっ?そうですか?(相談者)
普通、そんなもんですよ、姪っ子と一緒に、男性が住むなんて、普通ないもの。(高橋龍太郎)

で・・(高橋龍太郎)

はい・・(相談者)
まあ、そんなレベルの男性に・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)

引っかかってしまうとすれば・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)

それはもう、本人が悪いので・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)

これは、しばらく放っておくしかないですよ。(高橋龍太郎)

親が介入すれば介入するほど・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
逆の目で・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
意固地になって、そっちにしがみつくようになるから・・(高橋龍太郎)

ええ。(相談者)
ここ、1~2年はもう、放牧しておきなさい。(高橋龍太郎)

・・・

ああ・・(相談者)
ああ。(高橋龍太郎)
はい。(相談者)

でぇ、とにかく困った時は、うちはいつでも・・あの、待ってるよと・・いう姿勢じゃないと・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
えー、世の中の、勉強をしてもらう・・時間が・・まだまだ、22だからね。(高橋龍太郎)
はい。(相談者)

女性として鍛え上げられるのは、25過ぎてからでしょう。(高橋龍太郎)

・・・

これから3年間は、修行してもらわないと多分・・手酷い目にあうと思うけれども。(高橋龍太郎)

修行ですかこれ?・・はい。(相談者)
うん・・修行だと思います、親御さんにとっても修行だね。(高橋龍太郎)

世間を舐めてる

ああ・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
そうですか・・(相談者)
ただ、幸いね・・(高橋龍太郎)
ええ。(相談者)

まあ、そんなに・・(高橋龍太郎)

悪党ではなさそうなので・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)

単に・・歳とった中年のおっさんが・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
若い女性好きで、何人かと遊んでるってパターンだと思うので・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
そりゃいずれ、目が覚めるでしょう・・娘さんも。(高橋龍太郎)

ああ・・はい。(相談者)
そうならない限りは、目が覚めない限りは・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
親御さんの忠告は、いくら言っても、向こう側に、相手を追いやるだけだと思いますよ。(高橋龍太郎)

はい。(相談者)

うん・・(高橋龍太郎)
いくら言ってもダメですね、じゃあ。(相談者)
ご・・んん・・そうねぇ・・(高橋龍太郎)
そーっと・・そーっとしといて、じゃあ、お金がないって言ったら、そうすると・・そうすると、送るしかないですね?(相談者)

ん・・まあ、だけど、お金がないって言った時には、話し合いを、そのたんびに、するってことになります。(高橋龍太郎)
ああ・・そうですか・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

ああ・・(相談者)
ただただ送ってたら・・馬鹿みたいでしょう?(高橋龍太郎)

そう・・いや・・わ・・本当に馬鹿みたいだな・・(相談者)
んん・・(高橋龍太郎)
情けないなって思ってます。(相談者)

そもそもね・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
大学院に行きたいって人が、2回のチャンスを・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
2つとも・・パスしちゃったっていうあたりから、やっぱり・・(高橋龍太郎)
そうなの。(相談者)

はい。(相談者)
娘さんは、相当、緩く生きてますよ。(高橋龍太郎)

はい!(相談者)
世間を舐めてるので・・少し、世間から、冷たいしっぺ返しを喰らうこと、勉強しないと、目が覚めないと思うなぁ。(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

わ・・っかりました。(相談者)

目次に戻る

今井通子・高橋龍太郎アドバイス

おわかりいただけましたか?(今井通子)

はぁい、わかりました。(相談者)
あのぅ・・(今井通子)
ええ。(相談者)

婚約者?

まあ、先生はね・・(今井通子)
ええ。(相談者)
やっぱり、放っておいた方がいいって、おっしゃるん・・だけど・・(今井通子)
はい。(相談者)

なんか・・その・・相手の方がね・・(今井通子)
はい。(相談者)
雲を・・掴むような・・(今井通子)

はい。(相談者)
状態ですよね?(今井通子)

そうです。(相談者)

その・・(今井通子)

保証人の、前・・な・・サイン欄のところ?(今井通子)

ええ、ええ。(相談者)

そこだけは見て・・(今井通子)

しっかり・・(今井通子)

どういう方なのかは・・(今井通子)

抑えておいた方がいいですね。(今井通子)

・・・

いやぁ・・(相談者)

そうですか・・(相談者)

いや・・(相談者)

婚約者って書いてる!?(相談者)

へえ・・(相談者)
ふふふ・・(高橋龍太郎)

見たの?(今井通子)

今、いや、コピーとってきましたから、今、広げて見てたんです。(相談者)
ええ?!・・名前、書いてあるの?(高橋龍太郎)

ああ、名前は偽名を書いてます。(相談者)

あのね・・(相談者)
うん。(高橋龍太郎)
あの、娘はね・・あのぅ、昨日だか、聞いたから・・送るからって言われたんですよ、その・・(相談者)

本当の住所と名前と・・(相談者)

生年月日が、わかったから・・(相談者)

って言うんですけど、それを信・・(相談者)
送るからって、誰が、誰に、何を・・(高橋龍太郎)
娘がわたしに送るからって・・(相談者)

その人の名前と・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
ふーん・・(高橋龍太郎)

情報だけ抱えて待つ

で・・って、それを、信用してく・・方がいいでしょうかね?(相談者)

まあ・・少なくともまあ・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
方法とすれば・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)

頼んで・・(高橋龍太郎)
そう・・(相談者)
相手を調べてもらって・・(高橋龍太郎)

で、尚且つ・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
目を覚めるのを待つ。(高橋龍太郎)

うん。(今井通子)
うん・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
情報が・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)

こんな、結構ひどい状態で、危ないですよって言ったらもう、警察がらみで・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
どんどん・・(高橋龍太郎)

親御さんとしては・・出ていかないと、それは娘さんが、どうなるかわからないけれど・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
そうじゃなくて、単なる遊び人で・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
会社にも、とりあえずは所属してるような人だったならば・・(高橋龍太郎)

はい。(相談者)
無理強いして、ギャアギャア言っても・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
結局、心が離れちゃうので、その場合は緩く・・(高橋龍太郎)
はい。(相談者)
情報だけ抱えながら、待つっていう・・(高橋龍太郎)

ああ・・(相談者)
ことになるんじゃないんでしょうか?(高橋龍太郎)

そうですか?(相談者)
うん。(高橋龍太郎)

わかりました。(相談者)

ありがとうございます。(相談者)

目次に戻る

今井通子まとめ

そうですね・・(今井通子)
ええ。(相談者)
要するに・・お嬢さんが、今後、危ない目に遭わないようにするには・・(今井通子)

はい。(相談者)
セキュリティとしては、いいと思いますよ。(今井通子)

そうします。(相談者)

はい。(相談者)
ただし、お嬢さんには、言わない方がイイと思う。(今井通子)

わかりました。(相談者)
うん。(今井通子)

はい。(相談者)
で、お嬢さんは・・(今井通子)
ええ。(相談者)
本当になんか、お嬢さんなんですよね?(今井通子)

はい。(相談者)
お母さん達の心配なんて、全然・・思い描いてないんだと思うよ。(今井通子)

はああ・・(相談者)

ほ・ん・と・・ええ・・(相談者)
そして、自分がやりたいように・・(今井通子)
はい。(相談者)
やれないからって言って・・(今井通子)

はい。(相談者)
ヒステリックに、もう嫌だ・・(今井通子)
はい。(相談者)
帰ってよって、生きてるぐらいで・・(今井通子)

はい。(相談者)
で、お金だって・・(今井通子)

はい。(相談者)
言われれば、あなた方が、出しちゃうんだから・・(今井通子)
はい。(相談者)

うん、蝶よ、花よと育てられて・・(今井通子)
はい。(相談者)

うん、なんの・・防御もせず・・(今井通子)

はい。(相談者)
親の愛も、相手の愛も、みんな自分のものだと思って育ってんじゃないですかね・・今?(今井通子)
うわぁ・・(相談者)

そうかもしれません。(相談者)
だから、へたにお母さんが・・(今井通子)
はい。(相談者)

あの、いろいろ調べて、相手の男性の素性・・(今井通子)

はい。(相談者)
しゅ・・す・・じょうとかが・・(今井通子)
ああ、はい。(相談者)
わかったよ・・っていうの、なんにもない時に、お嬢さんに言ったら・・(今井通子)

はい。(相談者)
お嬢さん、本当に裏切られたと思って・・(今井通子)

ええ。(相談者)
親とはもう、二度と口きかないなんて・・いう方向に行っちゃう可能性もありますよね。(今井通子)

はい。(相談者)

わかりました。(相談者)

わかりましたって言っても・・(相談者)

頑張ります・・はい。(相談者)

やってみます。(相談者)
はい。(今井通子)
はい。(高橋龍太郎)
はい、どうも、失礼します。(今井通子)
お大事に。(高橋龍太郎)




YouTube

管理人のちょっとひと言

高橋先生、お風邪ですか?
無理しないようにしてください
それにしても、SW(スペシャルウィーク)かと思うような相談、ぶっ込んできましたね

世間知らずなのは、娘だけじゃない
母親も、どうかと思う
「姪っ子と一緒に住んでいる」と言われて、言葉通りに理解するって、こっちが驚いた!

どう考えたって、同棲だよな
それも、たぶん、ヒモだなヒモ
大学院進学だって、怪しいもんだ

親から、お金を引っ張るため
そうとしか、思えない
それも、偽名を使う男を養う為にだろうね

世間をなめてるんじゃない
住んでる世界が違うだけ
俗世界に、足を突っ込むからこうなるんだな

ま、確かに、50歳にして、若く見える人がいることは確かだけど
大学4年生と間違えるって、どうなんだ?

おまけに、3年間、LINEだけの繋がりで
放置されてたのに、悩んで相談するって
ほぼ、洗脳されてるのと、同じか

偽名という嘘をついて、堂々とあれは嘘だよって言うことで、相手を信じさせる
よく、本当のことを言ってくれたってね、思わせる(全然、言ってませんけどね)
好意を持ってくれている相手には、有効な方法

パターンを変えると、いろんなことに応用がききます
いやいや、詐欺とか、そういうことでなく
勝手に、相手を勘違いさせるんですけど・・・(汗)

どちらかと言うと、性善説の日本人は
騙されやすいだろうなぁ・・・ぶつぶつ

ま、それより凄いのは、たぶん、たぶんだよ
偽名を使う男じゃなくって
この娘さんだと思う

純粋培養ってやつね
無菌室で、育った、典型的なやつか
俗世間の垢にまみれた自分には、まったく無縁な人

それと、この相談者の母親
緩いんだけど、重要なポイントは掴んでる

『別れさせたいけれど、別れないと思うんです。』

そう、その通りだと思う
だから、最初から、相談は、娘とのこれからの接し方
心を開かせるって方向

高橋先生の言う、「放牧」が
いいのかどうか、わかりませんけど
まずは、相手の素性を掴んでから

それから、いろいろ考えるしかないよね
月、20万円以上を仕送りできるんだから
興信所の一つや二つ、楽勝でしょう

・・・

で、お父さんって、何してるの?

追記
書き忘れたけど、最近の賃貸借契約って
身元の確認しないの?
特に、保証人なんだよね

契約書に偽名使ったら
私文書偽造だよね、ね、ね

これってチクったら
アウトじゃない?
目次に戻る

スポンサーリンク