テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年11月8日(水)は、加藤諦三&大原敬子。7歳の娘が母親の財布からお金を盗ったり、親の部屋から物を盗って行く。これを母親は異常行動と言う。ここ1週間ほど、不登校で1日おきに行ったり休んだり、行っても途中で帰ってくる。どうしたらいいか?と父親と相談して人生相談に電話することに。加藤諦三は、異常行動ではない、親の枠組みに子供を押し込んでいると指摘。
加藤諦三氏の〆の言葉『善と悪とに二価値(にかち)判断をする人は、不安な人です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:43歳女性 夫47歳 長男10歳 長女7歳

もしもし?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい、お世話になります。(相談者)
はい・・(加藤諦三)
すいません、よろしお願いします。(相談者)
はい、最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

43です。(相談者)
43歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)

してます。(相談者)
えっと、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)

40・・7歳です。(相談者)
47歳・・お子さんは?(加藤諦三)

10歳の息子と、7歳の娘です。(相談者)

・・・

はいわかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

・・

7歳の娘の・・(相談者)

異常な行動と・・今、それに・・(相談者)

伴う不登校のことで、ちょっとお聞きしたくて、連絡・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
電話をさせていただきました。(相談者)

はい、そのぅ・・(加藤諦三)

まず、異常な行動っていうのは、具体的に言うとどういうふう・・行動ですか?(加藤諦三)

今年になってからなんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

わたしの、おさいふ・・・から、お金を盗んだり・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、わたしの部屋に行って、なにか欲しいものがあると・・(相談者)

こう、コソコソ、隠れながら物を・・(相談者)

持ってくる?(相談者)

はい。(加藤諦三)

うん、それを、隠しもってるような形をしてたりとかして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

え・・(相談者)

やって・・た、行動・・が・・(相談者)
要するに・・(加藤諦三)
異常な行動なんですけども・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

あ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
もう、要するに、物を盗る・・盗るということですね?(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

でぇ、不登校ってのは、いつ頃からの話しですか?(加藤諦三)

一週間・・(相談者)

ぐらいですかね、はい。(相談者)
一週間ぐらい・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
一週間ぐらい、ずーっと・・(加藤諦三)

ぉ、一日行って、また・・行かないって、いうんじゃなくて、ずーっと・・(加藤諦三)

・・

行ってないと?(加藤諦三)

一日行っては休んで・・一日行っては休んでっていうような形なんですけども・・(相談者)

一日・・(相談者)

行けてはないんですけども・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
途中で・・(相談者)

あのぅ、帰ってきちゃうっていう形で・・(相談者)

います。(相談者)

・・・

そいであのぅ・・(加藤諦三)

・・

ご主人は、それに対して・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
どういうふうに・・言ってるんですか?(加藤諦三)

えーっと・・今、夫婦で頭抱えて、ずっと・・(相談者)

相談しつつ・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
今回のこの電話のことも、あのぅ・・旦那さんから・・(相談者)

してみようよ・・っていう話しがあって・・してみました。(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)

でぇ・・(加藤諦三)

やっぱり、このぅ・・行動、異常な行動というふうに見ている・・わけですね?(加藤諦三)

そうですね、まぁ、あのぅ・・(相談者)

お母さんの・・(相談者)

お財布から、お金を・・(相談者)

盗ってくるような子では、なかったんで・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)

どうして・・したかったんだろうね?・・(相談者)
ウン・・(加藤諦三)
っていうところから・・(相談者)
ウンウン・・(加藤諦三)
はい、悩んでるんですけども。(相談者)

ゥ・・あのぅ・・(加藤諦三)

僕の方から見ると、べつに・・(加藤諦三)

異常な行動でもないんですけれどもね。(加藤諦三)

あっ、そうですか?(相談者)
あのぅ・・(加藤諦三)

もう一つ・・伺う・・たいのは、その、10歳の男の子との関係なんですけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

お母さんも、お父さんも、この男の子のほう・・を、すごい可愛が・・の方に、注意がいっちゃって・・という、そういうことはないん・・ですか?(加藤諦三)

それは、どっちかっていうと・・ない・・かな・・(相談者)

逆に・・娘の方に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
目が行っちゃってるから、息子が・・(相談者)

・・

「いいなぁ」って、いつも言います。(相談者)

息子の方が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あの、妹のことをね?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

と・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

親の財布から、お金を盗ったりするっていうのはまぁ・・(加藤諦三)

寂しさ・・(加藤諦三)

の事が、多いんですよねぇ。(加藤諦三)

ハア・・(相談者)
む・・むしろ、僕は、ちょっと・・(加藤諦三)

気になったのはね、あなたの・・(加藤諦三)
はい、はい・・はい。(相談者)
そんで・・(加藤諦三)

まず・・「異常な行動があるんです」・・ってきたわけですよ。(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)

つまり、これもう、とにかく、異常と・・いうふうに・・思ってしまうっていうことは・・(相談者)

ウン・・(相談者)
あなたの中に・・(加藤諦三)

ウン・・(相談者)
子供という・・の、ものは・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
こういうふうに行動して、こういうふうに感じて、こういうことを望んで・・(加藤諦三)

というようにもう・・(加藤諦三)

子供・・に対する、自分の中の・・(加藤諦三)

・・

決まった・・スタイルがあるんですよね。(加藤諦三)

うーん・・(相談者)
それでぇ・・(加藤諦三)

その自分の・・(加藤諦三)

枠組みの中に子供を、強引に押し込むと。(加藤諦三)

はい。(相談者)
だと、それは・・子どもにとっては、極めて・・(加藤諦三)

辛いことだし・・(加藤諦三)
ハイ・・(相談者)
子供は、自分が、自分でないような感じをするし・・(加藤諦三)

ウン・・(相談者)

なんかこう・・(加藤諦三)

子供に対する見方が・・(加藤諦三)

ものすごい、硬直してるような、感じがするんだけども。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

それはないですか?(加藤諦三)

・・・

・・・

まぁ、そのぅ・・はい?(相談者)
10歳の男の子っていうのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
こうあるべき、7歳の女・・の子っていうのは、こうあるのが正常っていう・・ようなね。(加藤諦三)

ウン・・(相談者)
正常とか、異常とかということに・・(加藤諦三)

ウーン・・(相談者)
なんかものすごい、こう・・(加藤諦三)

枠があるんですよねぇ。(加藤諦三)

・・

ウーン・・(相談者)
それで、その枠に・・(加藤諦三)

・・

子供達を、押し込もうとしてるんです。(加藤諦三)

・・・

・・・

ぇぇ・・(相談者)
だから、親子関係が、うまくいっているようだけれども・・(加藤諦三)

親子関係というのは・・こういうものというのが、あなたの中にあってね・・(加藤諦三)

ウン・・(相談者)

その・・(加藤諦三)

枠組に入らないと・・(加藤諦三)

・・・

・・・

異常な行動・・(加藤諦三)

・・・

ウン・・(相談者)

ま、こういうの、二価値判断って言うんだけれども・・(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)
現実の・・・人間っていうのは、二つの・・(加藤諦三)

・・・

あの・・価値で判断できなくって・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ま、正常と、異常との、混ざりあったような、どっちつかずの・・(加藤諦三)

あの・・行動っていうのは、多いわけですけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あなたが、も・・(加藤諦三)

物事を判断するときに、どう・・何かすごい二価値判断で・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・・

・・・

どうですか?(加藤諦三)
ウーン・・(相談者)

・・・

・・・

・・・

・・・

そうです・・えっとねぇ・・(相談者)
ここら辺はね、後でね、専門の先生に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺った方がいいと思う。(加藤諦三)
はい、はい・・はい、はい。(相談者)

じゃあ、もう一つ、あなた自身のことを伺うと・・(加藤諦三)

ハイ・・(相談者)

・・・

なんかあなた今、不安じゃない?(加藤諦三)

・・

すごい不安です・・これでいいのかなぁ・・っていう・・感じで。(相談者)
ですねぇ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

正直に言うと・・(加藤諦三)

僕は・・あ、これは、子供の問題じゃないなと思いました。(加藤諦三)

・・

ああ、そうですか?(相談者)

うん、あなたの問題だ、つまり、ものすごいあなた、不安なんですよ、今。(加藤諦三)

ああぁぁ・・(相談者)

それで、な・・何が不安ですか、今?(加藤諦三)

・・・

・・・

・・・

申し訳ございません、ちょっと、自分ではわかんないんですけど。(相談者)
自分では、わかんないけども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

で、あなたアレですか、このぅ・・子供の見方ばっかりじゃなくて・・だいたい、世の中の見方、みんな、こういう感じですか?(加藤諦三)

・・・

・・・

ウーン・・(相談者)

スゥ・・どっちかっていうと・・(相談者)

・・・

あんまり・・(相談者)

他人のことにこだわってられないっていうか・・自分で、いっぱい、いっぱいになっちゃってるっていう・・(相談者)

あ、自分が、い・・ま、いっぱい、いっぱいね?(加藤諦三)
うーん・・うーん。(相談者)
うーん・・(加藤諦三)

・・

例えばですよ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

お母さんであって・・夫か・・夫であるか・・し・・まぁ、知りませんけど、誰かにね。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

ほんとはこの人、嫌い。(加藤諦三)

・・・

・・・

・・・

だけど、その、嫌いっていう感情に気がついたら、大変なことになる。(加藤諦三)

・・・

・・・

ウーン・・(相談者)
で、その嫌いっていう感情から、目を背ける。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

つまり、自分でない自分になる。(加藤諦三)

・・・

・・・

ああぁぁ・・(相談者)

・・

そうすると、これ、不安になりますから。(加藤諦三)

・・・

・・・

ウーン・・(相談者)

その不安なりに・・(加藤諦三)

自分が、いろんなことを判断するわけですよ。(加藤諦三)

・・

はい。(相談者)
で、それで・・いろんな人に・・(加藤諦三)

・・・

接してくるわけ。(加藤諦三)

・・

はい。(相談者)

・・・

・・・

・・・

でもね、なんか、あん・・(加藤諦三)

あなた自身が、本当の感情から・・(加藤諦三)

・・・

に、気が付くのが、ものすごく怖がってるっていうことないですか?(加藤諦三)

・・・

わたし・・が?(相談者)
うん。(加藤諦三)
自身・・で?(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・・

ハァ・・どうですかね?(相談者)

・・・

・・・

・・・

申し訳ございません・・(相談者)

本当に、わかんないです。(相談者)

うん・・そ・・(加藤諦三)

まぁ、言ってる事が・・僕の言ってる事がちょっと・・(加藤諦三)

あのぅ・・きつ過ぎる・・きつ過ぎるって言うか、的外れなところもあるんだと思うんですけど・・(加藤諦三)

ま、要するに、今日、あなたの・・相談っていうのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
その7歳の子の・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
まぁ、あなたの異常な行動と、不登校。(加藤諦三)

はい。(相談者)
この事を、どうしたらいいんでしょうか・・って、ことですね?(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

今日はあの、幼児教・・(加藤諦三)
申し訳ございません。(相談者)
幼児教育研究の、大原敬子先生がが・・いらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい、よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク