テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2014年3月13日(木)は、加藤諦三&大迫恵美子。MRIインターナショナルの詐欺で4千万円の被害にあった64歳女性からの相談。一口150万円を5年預ければ利子が倍になるという投資で、実際に利子が入ってきた息子から勧められて自分達も始めた。現在MRI被害弁護団に任せて、お金が戻ってこないか要求しているが、難しい様子。ファンドに入れたお金は、架空であれ配当金が出ている形になっているので、貰っていないお金に対して税金が発生して納めている。
この税金だけでも、なんとかならないだろうか?という相談。
加藤諦三氏の〆の言葉『詐欺の決まった手口の1つはローボールテクニック、つい手を出し易いことです』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:64歳女性 夫64歳 息子(40くらい)夫婦と孫二人と同居

もしもし?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
はい、ありがとうございます。(相談者)
最初に・・最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)
はい、わたくし60・・4。(相談者)
64歳・・結婚してます?(加藤諦三)
はい。(相談者)

ぇ、ご主人は何歳ですか。(加藤諦三)
60・・4です。(相談者)

64・・同い年ですね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

お子さんは?(加藤諦三)
もう成人してます、働いて・・所帯持っております。(相談者)

ああ、そうですか。(加藤諦三)
はい。(相談者)
何歳ですか。(加藤諦三)

・・

40くらいになるかと思います。(相談者)
40くらいになる。(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい・・あのぅ、男の子、女の子?(加藤諦三)
男です。(相談者)
男の子ね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ今は、お二人で暮らしてるんですね・・(加藤諦三)
いえ・・(相談者)
あなた・・あなた達。(加藤諦三)
息子夫婦と・・生活しております。(相談者)

そうすると・・(加藤諦三)

四人で暮らしてるってこと?(加藤諦三)
ま、息子・・夫婦と、わたし達夫婦です。(相談者)

はい・・四人ですね?(加藤諦三)

孫がおりますので。(相談者)
あっ、お孫さんが二人いるんですね?(加藤諦三)
はい・・六人おります。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい、わかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)
はい、あのぅ・・MRIと言って詐欺に遭ってしまいまして。(相談者)

詐欺に遭った・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

その・・額が大きいんですけども。(相談者)

はい。(加藤諦三)
そういうのっていうのは・・税金の申告はどのようにしたらよろしいんでしょうか?教えて頂きたいと思いまして。(相談者)
はい・・その、いつ、どういうふうな詐欺に遭ったんでしょう?(加藤諦三)
えーっと、わたし達は・・(相談者)

よくわかんなかったんですけど、息子が「こういうのがある」って、新聞か何かで知ったらしいです。(相談者)

お金を一口150万円を・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

5年ぐ・・らい預ければ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

利子が・・(相談者)

倍になるって、も・・入ってくるっていうんですよ。(相談者)

はい。(加藤諦三)

でぇ、それでぇ・・(相談者)

最初は・・(相談者)

息子がやってたんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それに対して利子が入ってきたらしいです。(相談者)

はい。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
「遊んでるお金あったら・・やってみない?」って言うんで、始めは信用してなかったんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

んじゃあ・・やってみようかなぁ・・って言うんで、それが膨らんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
せくせく、せくせく無我夢中で働いて・・(相談者)

そこへお金をつぎ込んでしまったんですよ、わたし達は。(相談者)

そしたら・・(相談者)
そ、その一口150万円っていうのは、何口も・・かっ・・(加藤諦三)
そうです、できるんです。(相談者)

そんでぇ・・(相談者)

それ・・(加藤諦三)
1千万円以上になると・・なんだか・・話によると・・(相談者)

歩合が、いいみたいんだか、何かで・・(相談者)

金額を多くやるんでぇ・・欲はかきすぎちゃいまして、それが詐欺だっていうのがわかりまして。(相談者)

それが詐欺だというのは・・どこで・・(加藤諦三)
あ・・(相談者)
要するに最初、息子さんが勧めたわけですよね?(加藤諦三)
そうです。(相談者)
ふぅーん・・(加藤諦三)
でぇ、今、詐欺だっていうのがわかって・・(相談者)

弁護士団みたいな方たちに、お願いして立ちあげて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ・・(相談者)

返済の・・(相談者)

要求をしてんですけど・・(相談者)

外国へ逃げちゃってんだかなんだかで・・難航しちゃって、戻ってこない状態なんです。(相談者)

・・

ふぅーん・・要するに・・被害者の方たちがもう・・(加藤諦三)

かなりの数に上っていて。(加藤諦三)
はい。(相談者)

それで弁護士・・(相談者)

会の方・・に、お願いして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
今、立ちあげて・・戦って頂いてんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)
恐らくそれはゼロになるだろうっていう・・(相談者)

まぁ・・推測なんです。(相談者)

それで何人くらい被害に遭ってるわけですか?
なん、なんだか、す・・ごく・・新聞見ましたら・・(相談者)

何百人もいる・・ように書いてありましたね。(相談者)

はぁぁ・・(加藤諦三)

でぇ、その額がわたし達の家では大きいんです、みんなが家族が、みんなが夢中になっちゃって、そこへ走りだしちゃったから。(相談者)

そんな話は最初、信じなかったんですけども。(相談者)

でぇ、息子・・はい。(加藤諦三)
最初はちょっと利子が入りましたので、ああ本当だ・・っていうふうに信じちゃったんです。(相談者)

うーん・・そんな利息・・はい。(加藤諦三)
それが・・はい。(相談者)
息子さんのところに・・5年で倍になるっていうのを・・つまり、150万買ったら・・(加藤諦三)
はい。。(相談者)

300万・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

ちゃんと5年後に返って来たということですね?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

それで、あなたも・・(加藤諦三)
それが、元金が戻ってこなくなっちゃったんです。(相談者)

あなたの方はどのくらい・・(加藤諦三)

わたし・・と主人で4千万ですよ。

4千万・・(加藤諦三)
4千万。(相談者)

・・

・・

これはあなたち老後・・の・・(加藤諦三)
そうです。(相談者)

資金をみんなつぎ込んじゃったわけですね。(加藤諦三)
つぎ込んじゃったんです。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)
せっせせっせ、何十年も働いたお金・・節約、節約で・・(相談者)

なんだったんだろうと、思いますよ。(相談者)
でぇ・・64歳で、ご主人はもう定年になってんですか?(加藤諦三)
もう定年で働かないで・・(相談者)

そうすっと・・(加藤諦三)
もう・・家にいます、疲れちゃったんでしょう。(相談者)

そうすっと今・・(加藤諦三)

年金・・(加藤諦三)

ということです・・(加藤諦三)
年金もわずかですよ。(相談者)

もう・・主人も、「どぶに捨てたものは、戻ってこないよ」なんて言ってますけど。(相談者)

うーん・・(加藤諦三)
はい・・ま、そういうの、どのようにしたら・・(相談者)

何か申告・・する際にでも。(相談者)

まぁ、少しでも税金でも安くなればと思って。(相談者)

今どういう方法があるか、ちょっと・・(相談者)

お願い・・(相談者)
っていうことは、税金が安くなるっていうことは、他に収入がかなりあるわけですね?(加藤諦三)
いや、収入は・・あの・・(相談者)

いくらかわたしがパートで働いております。(相談者)

はい。(加藤諦三)
あ・・それと・・本当に・・年間20万足らずの年金です、わたくしは。(相談者)

ええ。(加藤諦三)
主人も・・(相談者)

そんなに変わんないかと思います、国民年金ですから。(相談者)

ええ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

それで・・も、取られてる税金というものを、どうしたら安く・・(加藤諦三)

はい・・詐欺にあった金額っていうのありますね。(相談者)
はい、ありますね。(加藤諦三)
そういうものは、どのように・・(相談者)

なにか良い方法、あったら教えて頂きたいんですけど。(相談者)

はい、わかりました、今日はスタジオに弁護士の大迫恵美子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい、ありがとうございます。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。

この記事へのコメントはありません。