テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年7月7日(金)は、今井通子&坂井眞。次男だが寺院を継いだ夫、隠居所に住む姑の所に住み始めた独身の義兄。足が痛いと義母が呼び寄せた。20年ほど前、義兄の入れ知恵で、姑から「自分の言う事をきかない」という理由で家事調停を起こされる。結果、取り下げられるが、以降、絶縁状態。なんとか、出て行って欲しいのだが、何かよい方法はあるだろうか?

パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:53歳女性 夫59歳(次男だが寺院を継ぐ) 先代(義父)24年ほど前に他界 義母87歳 義兄62歳(独身)

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

今日は、どういったご相談ですか?(今井通子)

あの・・義理の母の所に・・(相談者)
はい。(今井通子)
長男(義兄)が、まぁ、住みついてしまっている。(相談者)
義母は、入院してしまっているようなんですが、出て行ってもらうことができないのか?っていうようなことです。(相談者)

まず・・あなたは、おいくつ?(今井通子)
・・
53です。(相談者)
53歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

ご主人は?(今井通子)
・・
59です。(相談者)
59歳、(今井通子)
はい。(相談者)

それで、お義兄さんが、いらっしゃるの?(今井通子)
はい、62です。(相談者)
62歳の、お、お義兄さんが、いらっしゃる・・(今井通子)
独身です。(相談者)
・・

隠居部屋に住み付いた義兄

でぇ、そのぅ・・(今井通子)

住みついているっていうのは・・(今井通子)

ええ。(相談者)
あなた達は、別に住んでるのよね?(今井通子)
ええ、そうです・・(相談者)
うん。(今井通子)
あのぅ・・(相談者)

わたし達、寺院なんですね。(相談者)

お寺さん?(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ、先代さんは・・(相談者)
・・
20・・4年ぐらい前に、亡くなっています。(相談者)

お義母さんの・・ご主・・(今井通子)
あ・・そうです、ぎ、ぎ・・いわゆる、義父ですね、義父は・・(相談者)
うん。(今井通子)

それで、お義母様は、おいくつなの?(今井通子)

87です。(相談者)
87歳で・・(今井通子)
はい。(相談者)

そうすると、跡、継いで・・(今井通子)
ええ。(相談者)
62歳のお義兄さんは、跡、継いだわけ?(今井通子)
継がないです。(相談者)

あのぅ、わたしの主人が・・次男なんですけど、寺を継いだわけです。(相談者)

でぇ・・(今井通子)

そうすると、その、お義兄さんは・・(今井通子)
はい。(相談者)

なにしてらっしゃるんだろう?(今井通子)

ええ、以前は・・塾か、なにかの講師をやっていたようなんですが、詳しい事は、わたしも、あの、はっきりは、わからないです。(相談者)

あ、じゃあ、今はなに?(今井通子)

あの、無職で、住みついてるの?(今井通子)
・・
たぶん・・たぶん、そうだと思います。(相談者)

絶縁状態というか・・なにも情報がわか・・ない、ないと言うか、なにも・・言葉を交わさないので・・(相談者)
はい。(今井通子)
そういった・・ことが、プライベートなことが、ちょっと、わからないんです、わたし・・も、主人も・・聞いても・・あのぅ、なにも・・かかわっていないというような言い方、するんですね。(相談者)

ご主人は、でも、ご住職を、継がれたわけでしょう?(今井通子)
そうです。(相談者)

そうすると・・あなた達も、お寺に住んでらっしゃるわけ?(今井通子)
そうです。(相談者)

住んでいるけど・・(今井通子)

その、どっかの部屋に、お義兄さんが・・(今井通子)
ええ、あの・・(相談者)
居着いた・・(今井通子)
いわゆる、あ・・(相談者)
・・
裏側に・・(相談者)
うん。(今井通子)
あの・・(相談者)

隠居所というか・・ま、名目上は・・研修所というような名目で・・(相談者)
うん。(今井通子)
あの、先代さんが・・(相談者)

自分の、お金で・・(相談者)
・・
ま、いわゆる小さな・・(相談者)

隠居部屋というかね、小さなと言っても、居住できるような・・(相談者)

隠居部屋を・・(相談者)
ああ・・(今井通子)
建ててあって、裏・・まったく、すぐ裏です。(相談者)

そこに、お義兄さんが住んでる?(今井通子)

ま、来てしまってるって・・感じですねぇ。(相談者)
うん。(今井通子)

いつ頃から、住みついてるんですか?(今井通子)
2ヶ月ぐらい前です。(相談者)

それは・・(相談者)
2ヶ月前に・・(今井通子)
・・
ええ。(相談者)
どっかから・・(今井通子)
それは義母がなんか、足が痛いということで、呼び寄せたようなんですね。(相談者)

でぇ、お義母様の、世話をされてるわけ?(今井通子)

世話というか、義母を、病院に・・(相談者)

連れて行って、そのまま、入院したようです。(相談者)
・・
うん。(今井通子)

・・

嫁姑問題

実はあの・・20年ほど前に・・(相談者)
はい。(今井通子)
義母親が・・(相談者)

調停を、起こしてるんですね。(相談者)

わたしの言う事を、きかないというような状態で・・(相談者)

調停を、起こしたんです。(相談者)
これも、その時に・・長男が、そういったことを、まぁ、入れ知恵というと変ですけど・・そういうものを、やった方がいいというようなことで・・弁護士もつけて、調停をやりました。(相談者)

相手っていうのが、あなたのご主人?(今井通子)
・・
わたしと、主人です。(相談者)
・・
わたしが、結婚して間もない頃ですけど。(相談者)

理由はなに?(今井通子)

まぁ・・(相談者)
あ、言う事きかない(笑いながら)・・って、ちょ・・(今井通子)
たぶんそうなんですよ、義母が、あの、わたしの言う事を、きかないというような事を・・それから、まぁ、かかわ・・関係が、上手くいかないっていうようなことで・・(相談者)

呼ばれました。(相談者)
・・
うん。(今井通子)

で、それは、どういう形で解決したの?(今井通子)
・・
これはですね、あのぅ・・義母親が、調停を、取り下げるということで、終わってしまったんです。(相談者)

なるほど。(今井通子)

で、今、わたしの言い分だけになってしまうと、アレなんですけど・・(相談者)
この、お義母さんは・・あの、我儘が、強いので・・治らないでしょう。(相談者)

あの、この、状態で、なるべく軋轢をもたないように・・双方、関わりを持たないでください・・ってなことだけが、取り決められて・・(相談者)
はい。(今井通子)
結局・・(相談者)

あのぅ、この調停を、取り下げてくださいというようなことで・・裁判所の方が、お義母さんに言って、取さ下げということで、話が・・終わってしまったんです。(相談者)

これは、そうすると・・(今井通子)

俗に言う、嫁姑問題だった?(今井通子)

たぶん、そうだと思います。(相談者)
うーん・・(今井通子)

で、長男を、毎週、毎週・・家に呼んで・・(相談者)

二人で、ま、やってた・・7年間、長男が来てましたね、その頃も。(相談者)

なるほど。(今井通子)

絶縁状態

で、それなりに、波風を立てないように・・(相談者)
・・
きたんですが・・ここで、え・・二ヵ月程前に・・(相談者)
・・
ぇ、義母が、足が痛いというようなことで・・(相談者)

長男を、呼んだようなんですね、そして・・長男が、わたし達の方には、来たことも知らなかったし・・ま、その・・後、今度は、いわゆる見舞いに、義母の所に見舞いに行って・・(相談者)

夜・・ここへ・・寝泊りするようになってしまったんですね。(相談者)
ふーん・・(今井通子)

でぇ、わたし達からすると、不愉快・・(相談者)

であるということなんですが・・(相談者)
・・
この、義兄に・・ここは・・自分の所有・・権もないし・・ここに居られても困るので・・(相談者)
・・
ここに居ないでもらう方法は、ないか?ということなんですが。(相談者)

はぁい。(相談者)

ま、絶縁状態ですから・・(相談者)
・・
お互い、関わらない方がいいって気持ちなのかもしれませんけど・・(今井通子)

ま、こういう、緊急の事はね。(相談者)

わたし達・・としては、やっぱり・・言ってもらうこと・・わたし達も・・最低限の・・必要なことは、言ってる・・つもりでいるんですよ・・(相談者)
最低限の・・(相談者)

うん・・(今井通子)
ほんとに、誰かが亡くなった・・とかね。(相談者)
うん。(今井通子)
言うっていうか、貼り紙をしたりしてる・・状態なんですけど・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

で、そもそも・・(今井通子)

その、お義兄さんに、ここに居て欲しくない。(今井通子)

はい。(相談者)
・・
で、出て行って欲しい。(今井通子)
・・
そうですねぇ、で・・(相談者)
というのが・・(今井通子)

できれば・・(相談者)
どうしたらいいか?っていうのが、ご質問じゃないですか?(今井通子)
そうです、ただ・・(相談者)
・・
先生、それがね・・この、言葉で言って・・それを、「わかったよ」って言ってくれるような・・(相談者)

相手でないので・・困ってるんですね。(相談者)

なるほど。(今井通子)

家庭内の事なので、穏やかに、ほんとは話し合いをして・・(相談者)

こう、解決すれば、いいんですけど・・それを、言っても・・(相談者)
・・
その、歩み寄らない・・(相談者)

っていうか、その・・「なに、言ってるだ!」っていうような感じで・・(相談者)
うん。(今井通子)
もう、居れば、喧嘩になる・・(相談者)
・・
っていう・・感じですよね。(相談者)
うん・・(今井通子)
で、今、現状ね、義兄が、わたし達に、なにかをしてくるのかって言ったら、そういうことではないんです、ただ・・もう、前のことがあるので、やっぱり、ふ・・不愉快・・(相談者)

うん・・(今井通子)
不愉快である・・ってその・・見るだけでもストレスが溜まるので・・この方に・・(相談者)
・・
その、自分で・・どちらかで、やってもらうようなことをする・・(相談者)
・・
なにか手立てがないか?っていう・・とこなんです。(相談者)

ご主人も、そう思ってらっしゃるの?(今井通子)
はい、それは、思ってます。(相談者)
・・
ま、それは、義兄弟なので・・(相談者)
・・
多少はね、わたしよりは・・あの、仕方がないと思ってる部分は、あるかとは思うんですが・・(相談者)
やはり、気持ち的には、いいものではないと思います。(相談者)
・・
なるほど、わかりました。(今井通子)

そうすると・・あなたとしては・・(今井通子)
・・
法律的な、解決法も、求める?(今井通子)
要するに、あなたのご主人の、ものですからねぇ。(相談者)
・・
そうですねぇ・・だから・・(相談者)
相続・・(今井通子)
調停を、起こすしかないと。(相談者)
まぁね、実はね、人から言われているんですが・・(相談者)
うん。(今井通子)
まぁ、その・・(相談者)

前になにか・・こう、貼り紙をしてね、聞いてもらうとか・・(相談者)
なにか、違った・・ことがまず、出きないかなぁ・・っていう・・ところがあるんですが・・(相談者)
これ、ご質・・ご質問の内容ね?(今井通子)
ええ。(相談者)
はい。(今井通子)

わかりました、今日はですね・・(今井通子)
はい。(相談者)
弁護士の、坂井眞先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(相談者)
はい、すいません・・はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク