テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年4月10日(火)は、今井通子&マドモアゼル愛。子供の頃からイジメを受けていた娘。ストレスによる脱毛症なのか、眉毛やまつ毛までほとんど髪の毛が抜けるほど。治療していた為、また生えてきたが、ウイッグをつけていた。会社に入ってからもウイッグをつけていたが、ずっとバレなかったが、部署の異動でイジメにあい、ウイッグの事でイジメられるようになる。ウイッグは悪い事なのか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:66歳女性 夫71歳 娘42歳(会社員・独立し家を出ていると思われる)

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)
はぁい。(相談者)

ぃ・・今日は、よろしくお願い致します。(相談者)
はい、こちらこそ。(今井通子)
・・
今日は、どういったご相談ですか?(今井通子)
はい、あの、娘の事についてなんですが。(相談者)
はい。(今井通子)

・・

あなたは、おいくつですか?(今井通子)
はい、わたくしは、あの、66歳です。(相談者)
66歳・・(今井通子)
はぁい。(相談者)

お嬢様は、おいくつ?(今井通子)
はい、42歳になります。(相談者)
42歳・・はい。(今井通子)
はい。(相談者)

ウイッグをつけてるのがバレる

でぇ?(今井通子)

どういうことでしょう?(今井通子)
はい、あの実は、あのぅ・・(相談者)

娘があの、ウイッグ・・(相談者)

を、付けてるんですね。(相談者)
うん。(今井通子)
それで、仕事・・(相談者)

先で・・(相談者)
はい。(今井通子)
あの、今まであまり・・気にしてなかったみたいなんですけど。(相談者)

なんか、ウイッグをしたってことが、なんか・・わかって、しまった・・っていうことなんです。(相談者)
うん。(今井通子)

それで・・あの、娘はもう・・前からちょっと、ウイッグつけてる・・子なんですけども・・(相談者)
・・
いつも・・「そんな、わかんないよ」って、言ってたんですけども・・(相談者)

なんか、会社で・・急にあの、ウイッグを・・してるのが、わかったらしくて・・(相談者)
・・
みんなの視線が・・うちの子に・・(相談者)
・・
注がれちゃって・・(相談者)

でぇ、わざわざこう、見に来るっていうような、感じに捉われてるらしいんですね。(相談者)

はい。(今井通子)

それで・・近くの人達が・・「あっ、かぶってる、かぶってる」とか・・(相談者)

そういう話をするもんですから・・(相談者)
・・
もう・・(相談者)

本人としてはもう・・(相談者)

あ、バ・・バレちゃったのかしら?とか・・(相談者)
・・
すごい・・(相談者)

気にしてるんですね。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、別に、わたしは、えっと、「いいじゃないの」・・っつって言ったんですよ。(今井通子)
・・
わかったってね。(相談者)
うん。(今井通子)
「世の中には、みんな、そういう人、いっぱいいるんだから」・・(相談者)
うん。(今井通子)
「かえってあなた・・そうやって、あの、みんなに分かった方が・・あの、気が楽になるんじゃないの?」・・って・・(相談者)
うんうん。(今井通子)
わたしは言ったんですよ。(相談者)
はぁい。(今井通子)

「で、お母さん、そんな・・ウイッグって、そんなに・・悪い事なの?」って言い始めたもんですから・・(相談者)
ええ。(今井通子)

「だから・・そんなことないよ」・・っつって、言ってるんですけども・・ねぇ。(相談者)
はい。(今井通子)
なん度、言ってもねぇ・・こう、わからないんですよね。(相談者)
はい。(今井通子)

ええ・・(相談者)

それでぇ・・あのぅ・・(今井通子)
はい。(相談者)

今日のご質問はなんでしょう?(今井通子)

ええ、あのぅ、実はそれを・・あの、娘にどういうふうに・・わたしがいくら言っても・・本人が・・(相談者)

あの、こう、納得しない・・っていうか・・(相談者)
はい。(今井通子)
あの連絡する・・その、わたしの言い方とかそういうのが・・(相談者)

どういうふうに言っていいのか・・ってことを、ちょっとお聞きしたいなぁ・・と思ったんですよ。(相談者)
ああ・・なるほどねぇ。(今井通子)
はぁい。(相談者)

・・

ウイッグをつけて会社でイジメ

あのぅ・・ご主人は、いらっしゃる?(今井通子)
はい、います。(相談者)

ご主人は、なん・・あぁ、おいくつですかね?ご主人・・(今井通子)
はい、あの、主人は、70・・1になります。(相談者)

はい。(今井通子)

ご主人は、なんて言ってらっしゃるの?その話。(今井通子)
そんなの、気にしなくてもだい・・いいんだから・・って。(相談者)
そう・・ふふふ・・そうね。(今井通子)
もう、ほんと、そう言う・・言うしかないんですよね。(相談者)
うん。(今井通子)

あのでもねぇ・・小っちゃい時から・・(相談者)

こう、イジメ?(相談者)
・・
イジメで、ちょっとそういう・・ちょっと、あの、髪の毛について・・(相談者)

ちょっと、問題になったこと・・時があったんですよ。(相談者)
あっ・・(今井通子)

っていうことはアレ?(今井通子)

なんか、髪の毛に・・(今井通子)

支障があったの?(今井通子)
あったんです。(相談者)

中学の時・・(相談者)

うん。(今井通子)
中学の、ちょっとイジメにあって・・(相談者)
うん。(今井通子)
髪の毛が、だんだん抜けてきちゃったんですね・・(相談者)

かなり・・(相談者)
あのぅ・・ちょっと待って、そうすると・・円形脱毛症になっちゃったっていうこと?(今井通子)
っていうか・・円形じゃないんですよね、ほとんどなくなっちゃった。(相談者)

ああ・・(今井通子)

それで・・あのぅ・・その次、中学の時の先生は・・すごい心配してくださって・・(相談者)
はい。(今井通子)
あのぅ・・ 保健室の方に行って・・1日、すま・・過ごすっていうような・・状態にはしたことあったんですけども・・(相談者)
はい。(相談者)
学校を・・休むってことは、なかった子なんですね。(相談者)
はい。(今井通子)
だから、強い子だと思うんです。(相談者)
うん・・(今井通子)

うん・・それでぇ・・その時に、あのぅ、少し、あのウイッグをかぶらせたんです。(相談者)
・・
ええ。(今井通子)

でぇ、あのぅ・・(相談者)

そうしたら、あのぅ、ちょっと、あのぅ・・あの、治療してたもんですから・・(相談者)

そうしましたら、全部、生えてきたんですよ、きれいに。(相談者)
・・
はい。(今井通子)
また・・それからまた・・(相談者)

仕事・・をした時に、やっぱ・・(相談者)

また、抜けてきちゃって・・(相談者)
・・
なるほど。(今井通子)
ええ・・でぇ、その時には・・あのぅ・・(相談者)
今回も・・(今井通子)
ええ。(相談者)

え・・全体に、もう・・(今井通子)
ええ。(相談者)
抜けちゃったんです・・(今井通子)
そうですねぇ・・あのぅ、眉毛もまつ毛も、なくなっちゃってきたんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)

最近は、それもまつ毛が、生えてきて・・(相談者)
うん。(今井通子)
・・
眉毛も生えてはきてるんですねぇ。(相談者)
なるほど。(今井通子)
ええ・・(相談者)

でも、あんまり・・(相談者)
でも、あのぅ・・結局だから、その会社に居る時には、ずっとウイッグをかぶっていて・・(今井通子)
はい、はい、そうです。(相談者)
でぇ、それがもう・・(今井通子)

え・・ずーっと、続てるわけね。(今井通子)
そうです。(相談者)
始めっから。(今井通子)

うん・・でぇ、あのぅ・・異動・・になったんですねぇ。(相談者)

はい。(相談者)
で、その部署を変わった時は、別にどうってことは・・別に・・良かったんですけど・・(相談者)
うん。(今井通子)
今度、他の部署になった時に・・(相談者)

あの、結構、シャッフルしたみたいなんです、会社・・あのぅ・・部署・・みんな。(相談者)
・・
はい。(今井通子)
こうね・・(相談者)

それで、今まで何十年もやった人の部署に、うちの子が入ったわけですよ。(相談者)

はい。(今井通子)
そうしたら、仕事・・を、なかなか、いろいろ、教えてくれないっていうか・・(相談者)
・・
引き継ぎもしてくれなくって・・(相談者)
うん。(今井通子)
すごい、苦労してたらしいんです。(相談者)
・・
はい。(今井通子)
ほいでぇ・・(相談者)

その人と一緒にやっていた女の人が、いるんですけども・・(相談者)
・・
その人にこう、いろいろ、仕事を教えてくれないとかってこう、愚痴を言ってたらしいんですよ。(相談者)
・・
うん。(今井通子)

でぇ、その、もう一人の聞く人も、「わかる、わかる、あの人は・・」とかって、一緒になって言ってたもんですから・・(相談者)

うちの子も、あんまり人の事を言う子じゃなかったんですけど、やっぱ・・(相談者)

ストレスがたまったらしくて、その人に・・言ったんですよね。(相談者)

うん。(今井通子)
そうしたら・・(相談者)

いつの間にか、その、ぃ・・言った人が・・その・・(相談者)

他の人と・・仲良くなっちゃって・・(相談者)
・・
うちの子が、なんかすごく、こう、悪者になるような感じらしいんですよ。(相談者)

えっ?・・結局なに?それで・・髪の毛の話しは・・どうなっちゃったの?(今井通子)
髪の毛は、結局、その髪の毛・・のことを、なんか・・(相談者)

急に・・言い始めたんですよ。(相談者)

はい。(今井通子)

それでぇ、なんかあのぅ・・他の部署の人達も・・遠くから、見るらしいんですよね。(相談者)
・・
ほいで、うちの子、結構、勘が強い子なんで・・なんか・・(相談者)

視線があるなぁ・・って、わかるんですって・・こう・・そーっと、こう・・(相談者)

見ると・・やっぱり見られてるとか・・(相談者)
うん。(今井通子)
すごい気にしてるんですよ。(相談者)

・・

要は、だから・・(相談者)

髪の毛・・の、ことだけじゃなくって・・(相談者)
うん、うん。(今井通子)
もともと・・(相談者)

うん。(相談者)
会社の中で・・(今井通子)

ウーーン・・(相談者)

イジメ・・に、あっちゃう・・(今井通子)
ウーーン・・どうか・・(相談者)
時期になってしまい・・(今井通子)

ええ・・(相談者)
その、イジメの延長として・・(今井通子)

ウン・・(相談者)
その、髪の毛の事があるっていうことね。(今井通子)
ウン・・あるんだと思います。(相談者)
・・
そうだと思います。(相談者)
なるほど。(今井通子)

ええ・・(相談者)
でぇ、それについてそのぅ・・気にしないようにするための・・(今井通子)
はぁい。(相談者)

その、どういう言い方をしたらいいかを・・(今井通子)
はぁい。(相談者)
っていうことですよね?(今井通子)

ただ・・先生にお聞きしたいのは、そんなにウイッグってそんなに・・罪悪・・罪悪感があることなのかしらと、思ったんですよ。(相談者)
・・
うん。(今井通子)

まぁ、じゃあ、それも含めて・・(今井通子)
はい。(相談者)

え、今日はですねぇ、心についてのエッセイストとしてお馴染みの・・(今井通子)
はい。(相談者)
マドモアゼル愛先生がいらしてますので・・(今井通子)
はい。(相談者)

伺ってみたいと思います。(今井通子)
よろしくお願い・・(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。

この記事へのコメントはありません。