テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018月6月1日(金)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。両親と息子26歳と同居している54歳の女性からの相談。離婚をして一人息子を育ててきたが、息子が中学生の頃に生死に関わる大病を患い実家の両親に息子を預けることになる。病気の為に仕事も辞めたので自身も実家に身を寄せることに。息子は高校の頃から人付き合いの苦手となり、今現在まで引き籠り状態で働いたことがない。どうすれば働くか?
加藤諦三氏の〆の言葉『引きこもる人は、隠された攻撃性があるということを理解しない限り、絶対に解決はつきません』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:54歳女性 15~6年前に離婚 息子26歳(働かずに家に居る) 実家の両親と同居

もしもし・・テレフォン人生相談です(珍しい始まり)。(加藤諦三)

よろしくお願いしますぅ・・(相談者)
はい・・最初に・・年齢を教えてください。(加藤諦三)

えーっと、わたし・・あのぅ、54歳です。(相談者)
54歳・・結婚しています?(加藤諦三)

いえ・・してません。(相談者)
ああ、そうですか・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
なんであの離婚して・・一人なのか、それとも、ずーっと一人なのですか?(加藤諦三)
あっ・・離婚して、一人です。(相談者)

はい、独身です。(相談者)
何年前ぐらいですか?おおよそ?(加藤諦三)

15~6年・・ですね。(相談者)
はぁい、わかりました・・はい、それでど・・なんの相談ですか?(加藤諦三)

息子が引きこもり状態で働かない

息子がいるんですけども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)
何歳ですか?(加藤諦三)
え・・20・・6歳になるんですが・・(相談者)
20・・は、はい。(加藤諦三)

その息子が・・ま、世間で言う、そのぅ・・引きこもり状態?(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
え・・でぇ、あのぅ・・(相談者)

まぁ、就職・・を、したことがないんですね。(相談者)

ああ、そうですか。(加藤諦三)

どのぐらい、続いてんですか?(加藤諦三)

もう・・完全にそのぅ・・社会と、と、繋がらなくなったみたいになってるのがぁ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
はたち(20歳)・・(相談者)
・・
ぐらいからなんですねぇ。(相談者)

ああ、そうですか。(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
そうすっと・・(加藤諦三)

それまでは、要するに・・コンビニに買い物に行くとか、なんかそういうようなことは、していたわけですね?(加藤諦三)

あっ、そういうのは・・(相談者)
あなたとは、せっし・・(加藤諦三)
今もするんです。(相談者)
あっ・・(加藤諦三)

あ、今も・・その、完全に、その部屋に・・(加藤諦三)

閉じこもってるわけではないんですね?(加藤諦三)
あっ、あのぅ・・(相談者)

じゃあ、引きこもりというより、働かないって感じ?(加藤諦三)

ああ・・そう、そうなんですねぇ、あのぅ、世間的には・・引きこもりって、言われるのかなぁ・・と、思いまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・そういう表現したんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あのぅ、要するに・・人付き合いがね・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
非常に、苦手でぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
わたし・・が、見てる感じだと・・お友達はゼロです。(相談者)

はぁい。(相談者)
その・・(加藤諦三)

人付き合いが苦手だというのは・・(加藤諦三)

いつ頃からの話ですか?(加藤諦三)

高校ぐらいからでしょうか?(相談者)
高校ぐらいですか?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
ということは、小学生の時は・・(加藤諦三)

普通に・・(加藤諦三)

あっ、活発で。(相談者)

はぁい・・(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)
・・
中学・・までは・・(相談者)
・・
学校に、普通に行き、クラブ活動し・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

あ・・学習塾にも行きという・・(相談者)
・・
感じだったんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
高校に、はい・・ってからは(入ってからは)、もう・・(相談者)

特にですけどね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
もうあのぅ・・一人でぇ・・(相談者)

ずっと過ごしてる・・っていうような・・(相談者)
・・
うん・・(加藤諦三)
人と・・関われない・・っていうか・・(相談者)
それはそうすっと、不登校とは違うの?学校には、行ってるんですか?(加藤諦三)

いや、もうそれが・・あのぅ・・結局高校で、それが辛くってね、もう、行きたくないとか・・(相談者)

あのぅ、「辞めるんや」・・っていうことでぇ・・(相談者)

あのぅ・・もう、すったもんだ・・した・・3年間だったんです。(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

息子が働くには

でぇ・・こういうような・・考えられない?あなた・・「活発な子」って、言いましたけどねぇ、自分の孤独をねぇ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
隠すために・・(加藤諦三)

ものすごい活発に、ふ・・(加藤諦三)

振る舞うと。(加藤諦三)

ぅ・・ぅ、まあ・・(相談者)

・・

シィ・・う・・う・・(相談者)

・・

だってぇ、そうすっと、そうでないと・・(加藤諦三)

こ・・高等学校になって、突然こう、人付き合いが・・(加藤諦三)

なくなって・・さっきの話しの反対・・と・・(加藤諦三)

と、一人で・・(加藤諦三)
あっ・・(相談者)
っていうことですよねぇ。(加藤諦三)
ああ・・そうですねぇ・・あのぅ・・ぅ・・(相談者)
が・・はぁい?(加藤諦三)

ん・・遡るとね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
やっぱりその、安定しない、その、家庭環境、言うか、まぁ、両親がぁ・・あの、揉めてることが多くて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ、今・・ぇ、ニコニコ笑って、今、いい・・ぁ、あの、仲良くやっていけてるかと思えば・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
またぁ、お母さんが怒ってる・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

お父さん・・お父さんは、なんかこう・・なんかまぁ、悪い事してるんやろうなぁ・・というね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

夜中に・・あのぅ・・喧嘩してるところ・・あの、聞かしたこともあったりとか。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

あのもちろん、そういことは、わたしも覚えてるんです。(相談者)
ええ。(加藤諦三)
でぇ、傷つけたなぁ・・と、思ってもいます。(相談者)
うん。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
離婚した後に・・息子がその中学校の時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしが大病をして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
ちょっと、もうあのぅ・・もしかしたら、タヒんでしまうかもしれないというところぐらまで行ったのでぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

***それ・・でぇ、そん時にぃ、あのぅ・・わたしの方の、そのぅ・・親に・・まぁ、預かってもらったんです。(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)

でぇ、入退院したもんですから・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
・・
例えば、一ヶ月入院してて・・(相談者)

でぇ、退院したら・・(相談者)

わたしも実家の方に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・行って・・療養するっていう・・(相談者)

のが、一年・・ぐらい、続いたんですね。(相談者)
うん、うんうん、ウン・・(加藤諦三)
でぇ・・その時・・(相談者)

の、出来事も、違ったかなぁ・・と、思うんですけど・・(相談者)
・・
わたしの親・・(相談者)

との、だから、おじいちゃん、おばあちゃんとも・・(相談者)
・・
あの、コミュニケーションが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ、ちょっと、うまく・・行かなかったんですねぇ。(相談者)

うん。(加藤諦三)
でぇ、両親っていうのは、精一杯の愛情のかけかたというのが、少し違うんですね。(相談者)
・・
あのぅ・・(相談者)
う・・(加藤諦三)
ぬくもりとか、そういうのを・・たぶん、感じられなかったと思うんです。(相談者)
うん。(加藤諦三)
わたしの子供がぁ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、結果、今も一緒に・・暮らしているんですね。(相談者)
あっ、そうですか。(加藤諦三)
ええ、ず・・もう、それ以降、ずっと・・あのぅ・・(相談者)

暮らしているんです。(相談者)
でぇ・・今あなたは、この26歳の・・(加藤諦三)

ぉ・・息子をどうしたらいいか?ということですか?(加藤諦三)

そうです、どうしたら、うーん・・(相談者)
そういう、そう・・相談として・・(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

仕事・・をして、自分でぇ、そのぅ・・稼ぎだす・・(相談者)

ようになってくれるかなぁ・・と。(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
はい、わかりました、あのぅ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
心についての、エッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
・・
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。

この記事へのコメントはありません。